愛知県名古屋市のN様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

モケット ラシーン

ザ・モケット

ラシーントラベラー 前方正面姿見

ラシーントラベラー 前方正面姿見

この度は、愛知県名古屋市のN様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラー、ダークブルーをご覧頂くコトに致そう。

先日は宇宙的ブルーと言ったラシーンのカラーではあるが、

ザ・モケットの輝きがなんとも銀河団の恒星の塊のように見えて美しい。

ナルディ×ラシーン

ナルディウッドステアリング×ラシーン絵図

ラシーンの純正エアバックのハンドルデザインは、当時の日産の共通であり

ラシーン専用にデザインされたものではない。

ナルディ×ラシーン

ナルディウッドステアリング×ラシーン絵図

ラシーンのメーターパネルは一つの見せ場であり、

1連メーターを3連に仕立てたその雰囲気に

往年のハンドルが良く似合うという構図である。

ラシーン ザ・モケット

ラシーン ザ・モケット

最高級のモケット生地を使用したラシーン専用モケットシート。

素材感が楽しめるという感覚が新しく感じるよう。

ラシーン専用 リプレイスメントマフラー

リプレイスメントマフラーが鎮座した

ラシーン専用に5ZIGENと共同で開発されたウェルリプレイスメントマフラー。

SUS305,SUS436と適材を適所にまとめて仕立てられている所がこだわりである。

ラシーントラベラー 後方姿見

ラシーントラベラー 後方姿見

この度は、N様ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。

現代の自動車はどれもこれもみな同じという感覚は理解出来ます。

のんびりゆったり、これからはラシーンを人生の一部に加えて頂き

楽しんで頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

他人が舞台を作ってくれやせぬ

by坂本龍馬

本当に坂本さん、素敵な方だね。

大阪府堺市のN様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

補色調和

補色調和のコーディネート

ラシーンのイエローとジーンズのブルー。赤い靴と緑の芝生。

これらは色相環で補色(反対色)であり、より際立って見える。

そんなコーディネートはラシーン女子には良く似合う。

ラシーントラベラー イエロー

ラシーントラベラー イエロー姿見

この度は、大阪府堺市にお住いのN様に納車された、ラシーントラベラー

イエローをご覧頂くコトに致そう。

イエローのボディーカラーにチョコレート色の内装カラーで張替えを施した

非常にキュートなカラーリングはN様のお気に入り。

ラシーントラベラー フロントフェース

ラシーントラベラー フロントフェース

グリルやバンパーまでラッカーフィニッシュが施されて製作されたトラベラー。

前期モデルのラシーンでは、ウィーンカーがオレンジ色であって

ノスタルジックな雰囲気が良く映える。

ナルディウッドハンドル

往年のナルディ

時代の流れだろうか、往年のナルディを新しく感じる世代。

エアバックを信仰せず、安全運転でジュピターハンドルを楽しむのも良い。

カンパミアータ 60スタンダードレザー

カンパミアータ 60スタンダードレザー

茶色のカラーに黄色いパイピングが気を利かす、60デザインレザー。

長時間の運転も疲れにくいよう、内側のスポンジの厚さまで調整が施されている。

のんびりラシーンタイムを楽しむのがマイブームである。

タイヤカバー 張替え

タイヤカバーの張替え

内装色にならひ、タイヤカバーも張替えが施されている。

タイヤステーなどは、アイボリーにラッカーフィニッシュが施され、

やさしい印象に。

アイボリーホイールラッカーフィニッシュ

Old English ホイールラッカーフィニッシュ

装飾的なホイールキャップを取り外し、スチールホイールの意匠を

可愛らしく見せるオールドイングリッシュのホイールラッカーフィニッシュ。

スチールホイールのまんまがカッコいいという雰囲気は

当初から考えていた、というデザイナー平林氏の話であって、

その通り、スチールホイールが良く似合う。

ラシーントラベラー 後方姿見

ラシーントラベラー 後方姿見

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度は、N様ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

とても可愛らしいラシーンが仕上がりまして、うらやましく思います。

これからはラシーンを相棒にしてあげてください。

今日はコレマデ。

本日の名言

酒が人間をダメにするんじゃない。

人間はもともとダメだということを教えてくれるものだ。

by立川談志

さすがの切り口にはただただ脱帽であります。

奈良県天理市のN様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ダークブルー

『昴』 画 中村和洋

『昴』 画 中村和洋

宇宙的で神秘的ブルー

ラシーンはネイチャー(自然)、という考え方が根本に存在した。

その源流には、ラシーンデザイナーの平林俊一氏の持つエネルギーがあり

わたしはこの力をひしひし感じるわけであって、

自然と宇宙へとつながって行くことを理解している。

これは平林氏に直接会った方でないとわからないかもしれないが、

ラシーンに乗っている方なら、もしかしたらクルマごしに感じている方もいると思う。

そのような概念でラシーンのカラーリングを読み解いていくなら、

ダークブルーは暗黒のブルー、いわゆる宇宙的で神秘的なブルーとなる訳である。

上の油絵は海外でも活躍される画家、中村和洋氏が描いた『昴』であって

これもまた、宇宙を芸術的に表現したものあり、ブルーにブルーをかさねた

とても神秘的な絵画である。

だからわたしは、ラシーンのダークブルーを宇宙的ブルーと命名した。

ラシーントラベラー ダークブルー

ラシーントラベラー ダークブルー 前方正面姿見

この度は、奈良県天理市にお住いのN様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラー宇宙的ブルーをご覧頂くコトに致そう。

昨今人気色であるダークブルーは、磨けば磨くほど光り輝くカラーであり、

ワックス掛けに余念は無い。

フロントグリルラッカー

フロントグリルラッカーフィニッシュ

カンパミアータ 50スタンダードレザー

カンパミアータ 50スタンダードレザー

ナルディウッド クラシックハンドル

ナルディクラシック ウッドステアリング

背面タイヤカバー 張替え

背面タイヤカバー 張替え

ラシーントラベラー

ラシーントラベラー フロントグリルラッカー

ラシーントラベラー 左舷後方姿見

ラシーントラベラー 左舷後方姿見

ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーンと記念撮影

この度は、N様ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

宇宙的な内外装のカラーリングで、すこぶる神秘的なラシーンになりました。

これからも末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

人は一つの舌と二つの耳を持っている。

それは、話す事の二倍、聞くという事だ。

byゼノン

これもまた素晴らしい名言であります。

日産ラシーン ENGINEチューニングの巻

ラシーンエンジンチューニング

チューニング

ラシーンのエンジンの根本的な味付けは、そのラシーンの1,5トンという

重量に対して、如何に燃費良く走れるかというところで調整が行われている。

1500㏄のエンジンではリッターあたり12㎞ほどの走行が限界であるのは、

1,5トンという高級車並みの重量から考えると素晴らしい燃費特性とも言え、

忘れてはいけないのは、やはりラシーンは高性能な四駆なのである。

しかし、いろいろな特徴のある中で少しでもストレスなく走りたいと思う

のも必然的であり、今回は圧縮比を上げるエンジンのチューニングを行った。

それ自体は乗りやすさとか、燃費が良いとか、という訳でなく、

(もちろん動体の性能はアップするが)他とは違った物に対する

所有する喜びをプラスするという観点が正しいのだと思ふ。

今日はコレマデ。

本日の名言

「目を閉じて、じっと我慢。怒ったら、

怒鳴ったら、終わり。それは祈りに近い。

憎む人は人の業にあらず、裁きは神の領域。」

そう教えてくれたのはアラブの兄弟たちだった。

byジャーナリスト 後藤健二

素晴らしい名言です。本当にお悔やみ申し上げます。

 

兵庫県神戸市のK様 ラシーンカスタムワーク納車おめでとうございます

ホワイトメーター&革巻き

モノの価値

ラシーンカスタムワーク

ラシーンカスタムワーク 

この度は、兵庫県神戸市にお住いのK様の元へお届けにあがられた

ラシーンカスタムワークをご覧頂くコトに致そう。

ベースとなる車両は、一般的にはタイプ1と呼ばれる、ラシーンの原型である。

この原型を基に、フロントグリルを変更し、天井にはルーフレールを増設して

オーナーの好みに仕上げが施された。

カンパミアータ 60スタンダードレザー

カンパミアータ 60スタンダードレザー

象牙色と藍色のツートーンで製作された60デザインのスタンダードレザー。

外装のカラーなどにもすこぶるマッチしている。

ラシーン用 ナビゲーション

ラシーン用 ナビゲーションキット

ラシーンにナビを装着する場合、この方法がスマートに収まる。

配線なども隠れるし、DVDやバックモニターも接続は可能だ。

ラシーン

オールドイングリッシュルーフ

オールドイングリッシュ ルーフラッカーフィニッシュ

ノスタルジックな印象を受ける、ルーフラッカーフィニッシュ。

こちらはオプションで選択が可能である。

ホイールキャップ ホワイトラッカーフィニッシュ

ホイールキャップ ラッカーフィニッシュ

SWでは、ホイールや、背面ステーなどのラッカーフィニッシュが

着いてくるコトにより、新しいオーナーの思ひの形に仕上げる事が出来る。

ドアミラー ホワイトラッカーフィニッシュ

ドアミラー ラッカーフィニッシュ

ラシーン納車おめでとうございます。

ラシーンちゃんと記念撮影

この度はK様、ラシーン納車誠におめでとうございました。

お土産まで、頂きまして恐悦至極に存じます。

また、帰りはわざわざ駅までお送りもいただき、重ね重ね御礼申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

チャンスは貯蓄できない。

by樋口廣太郎

素晴らしい名言、間違いありません。

さいはてにて  2月28日全国ロードショー

ラシーン

さいはてにて

2月28日公開予定の映画、『さいはてにて』にラシーンが登場したのだが、

これが映画のスロウなイメージに寄り添って素晴らしい演出なのである。

登場するラシーンは程よく使い込まれており、運転席のドアのヒンジにガタがあるようで

その影響によりドアが下がった状態であることから、女性なら一生懸命ドアを閉めなければ

閉まらない状態。

PVの最初の3秒、そんなドアを永作博美さんが一生懸命閉めるところから始まるのが素敵である。

また、劇中に使用されている大道具、小道具なども、ラシーン好きにはたまらない感覚。

舞台は美しい奥能登、そしてのんびりした雰囲気だから、ラシーンなのだろう。

キャスト

永作博美 佐々木希 桜田ひより 保田盛凱清 臼田あさ美

イッセー尾形 村上淳 永瀬正敏 浅田美代子

という豪華な顔ぶれである。

東映上映劇場案内

本日の名言

日本の最果てにある、船小屋珈琲焙煎店。

ここが本当の自分に戻れる場所。

byさいはてにて

埼玉県朝霞市のK様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーントラベラー

ぎゃっこう

走らないし、空力などもいらない、燃費もそこそこでいいラシーン。

エコカーでないということが時代の逆光となる昨今

大量生産、大量消費を続けるほうが時代の逆行であるわけだ。

1990年以降第三次産業が発展し、空気や天然水といった、

値段が付かないと考えられていたものすら、

商品として売られる消費社会が成熟した「超資本主義」の段階にはいり

このままでは、日本人はなにも求めなくなってしまう恐れもある中、

文化的な香りとか、アート的な感じを常に漂わせている

ラシーンは、実はこれからの時代に必要なものなのかもしれない。

ラシーントラベラー 所沢航空博物館

ラシーントラベラー 所沢航空博物館

この度は、埼玉県朝霞市にお住いのK様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラーをご覧頂きたいと思ふ。

真冬の昼下がりは、すでに斜光であり、それがなんかラシーンの温かなイメージである。

ラシーンは季節も楽しめるクルマであるということ。

本当に日本の美意識がたくさん詰まったクルマである。

ラシーントラベラー 平姿見

ラシーントラベラー 平姿見

鋲打ちステアリングホイール

鋲打ちのステアリングホイールを奉納

オーナーK氏のこだわりにより、鋲打ちのウッドステアリングがたてまつられた。

ハンドルだけでデザインが完結しているところが、現在の車のハンドルの

デザインの視点と違うところ。だから取り外して玄関や応接間にも飾る事が出来る。

カンパミアータ 50スタンダードレザー

カンパミアータ 50スタンダードレザー

オレンジとアイボリーの2色で仕上げた50デザインのスタンダードレザーシート。

張替え時には内部のウレタンまで調整を施して、より長距離でも安らげる仕上がりに。

パネルラッカーフィニッシュ

パネルラッカーフィニッシュ

シートのカラーとコーディネートしたパネルラッカーフィニッシュ。

今回は艶有(グロスフィニッシュ)で製作されているが、半艶、艶無なども選べる。

ホワイトホイールラッカー

ホワイトホイールラッカー

SWのラシーンでは昨今ホワイトラッカーのホイールが大人気。

四駆らしからぬ、肩の力の抜けたところがラシーンのイメージに

シンクロしているようだ。

カンパミアーター製 タイヤカバー

カンパミアーター謹製 タイヤカバー

帆布生地を使用した高耐候タイヤカバー。

純正生地や他製品では、一般的な生地(裏がメリヤス)のモノが

採用されており、湿気るとどんどん縮んでくるが、帆布生地は

そういった心配が少なく長く使用に耐える。

ラシーントラベラーと記念撮影

ラシーントラベラーと記念撮影!

この度はK様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。

大変お気に入り頂き恐悦至極に存じます。

いろんなところにプチ旅行、楽しんでいただければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

簡潔さは究極の洗練である。

byレオナルド・ダ・ヴィンチ

まさにまさに、素敵な名言です。

山梨県甲府市のF様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

甲斐善光寺

ラシーントラベラー 甲斐善光寺

ラシーントラベラー 甲斐善光寺

この度は、山梨県甲府市のF様の元へお届けに上がられた

ラシーントラベラー・ブルーをご覧頂くコトに致そう。

SWでは山梨県初のラシーン納車となったが、

武田領内の風情溢れる街並みに、ラシーンが良く似合う。

カンパミアータ 50スタンダードレザー

カンパミアータ 50スタンダードレザー

ベージュ色のシートカラーがブルーのラシーンに映える。

カンパミアータ タイヤカバー張替え

カンパミアータ タイヤカバー張替え

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度は、F様ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

これからは、ラシーンに乗って日本のあちこちを旅行してください。

それでは、またお会いできる日を楽しみに致しております。

今日はコレマデ。

本日の名言

進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。

by福沢諭吉

力強い名言でございますなぁ。

沖縄県国頭郡にお住いのK様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

14_3_1

美ら海オンザビーチMOTOBU

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

この度は、沖縄県国頭郡にお住いのK様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラーブルーをご覧頂きたい。

真冬でも陽気な沖縄には、ブルーのラシーンがとても良く似合うのは、

より青い空と海の仕業であろうか。

カンパミアータ 50スタンダードレザー

カンパミアータ 50スタンダードレザー

沖縄らしい雰囲気のあるカラーをシートに取り込んで

ラシーン全体で沖縄を楽しめる仕様に。

ホイールキャップ ホワイトラッカー

ホイールキャップ ホワイトラッカーフィニッシュ

SWで購入の皆様にラシーンの足もとの仕上げでは、ホイールキャップもしくは

ホイール単体に塗装が着いてくる。

カラーリングも自由自在であり、ボディーカラーなどにコーディネートして頂きたい。

タイヤカバーのプリント

タイヤカバーのプリント

K様のお仕事場であるコンドミニアムタイプの宿泊施設

『美ら海オンザビーチMOTOBU』のコーポレートマーク。

ウミガメの絵がとても沖縄らしい雰囲気でラシーンには最高に似合う。

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

コチラの場所はトリイキャンプの傍の米兵の住居地区にあるプライベートビーチ。

沖縄の西海岸で夕日がとても綺麗である。

美ら海オンザビーチMOTOBU

美ら海オンザビーチMOTOBUで愛犬と記念撮影

この度はK様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。

これから永くお乗り頂ければ幸いです。

また、美ら海オンザビーチにお泊りもさせていただき、誠に有難うございました。

美ら海オンザビーチMOTOBUはとても素晴らしい場所にあり、

プライベートビーチもある。夕日は絶景のようだ。

写真 14-12-22 17 15 44_1_1

写真 14-12-22 17 16 07_2_1

16_2_1

今日はコレマデ。

本日の名言

生きるとは、呼吸することではない、行動することだ。

いやはや、まいりました。