兵庫県三木市のH様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル ネオラッダイト

ネオ・ラッダイト

イギリスの産業革命にともなう機械使用の普及によって、失

業のおそれを感じた手工業者・労働者が起こした、産業革命

に対する反対運度が『ラッダイト』である。当時は、トンカチ

やら、ツルハシをもって産業機械を叩いて壊すという、なんと

もアナログな運度であったが、産業革命後は大量生産、大量消

費によりモノの価値が下がっただけで、資本主義者の一握りが

大儲けするという仕組みを作っただけであると、わたしは思う

。そして、現在ではITやAIという技術革新によって、産業革命

以上に人類の雇用の喪失につながるおそれがあり、本当にこの

ままでは人類は滅亡するのではないかという危機さえ感じてき

た。クルマで言えば自動運転である。日本人は無知であるか

ら、実に海外ではすでに自動運転化は進んでおり、日進月歩

の勢いである。日本にこの波が来れば、すでにタクシーの運

転手やトラックの運ちゃんは今後ほぼ失業する始末であろう。

自動運転化は第二のスマホとも呼ばれており、クルマの概念自

体が変わってしまう。カーシェアリングで、必要な時に自宅に

クルマが勝手に到着する。必要な時だけクルマがあれば十分な

時代になる訳である。もちろん、メーカーは売りたいから色々

なデザインで販売促進するが、たとえばリンゴのスマホみたい

に、それで十分であるという感覚になってしまうとわたしは思

う。すでに、人間が電気を手に入れた時点で、それがパンドラ

の箱であって、自分たちで自分の首を絞める為に一生懸命に研

究をしているという、本当にばかばかしい世の中である。ただ

これから出来る事がネオラッダイトという運動であり、必要以

上の便利を使わない、人間がらしい生活が出来る丁度良い所で

もって暮らす。と言う運動である。PAOやラシーンのように、

これ以上の便利を望まず、愛着をもって産業機械と調和したい

ものである。

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、兵庫県三木市にお住いのH様の元へお届けいたしま

した、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。実に、フォルク

スワーゲンのポロのブルーにペイントが施された車体は、内装

にはアイボリーで仕立てられ、ピカピカである。

パオ 内装

ハンドルはノーマルを維持

フロントグリル バンパー

グリルやバンパーはノーマルカラーを維持

ヘッドライトピーク(まつ毛)は洒落である。

マフラーはリプレイスメント

マフラーはリプレイスメント

テールエンドのカールは純正の美しさを彷彿とさせる。

イメージ

イメージ

ワンちゃんと記念撮影

ワンちゃんがこっち向かず記念撮影

この度はH様、長らく製作させて頂きどうもありがとうござい

ました。末永くお乗り頂けます様に。

今日はコレマデ。

本日の名言

馬鹿と便利はほどほどが良い。

馬鹿もほどほどにとは良く言われた言葉であるが、そこに

便利も加わりましたなぁ。

三重県度会郡のH様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

エコ 三角窓

本当のエコとは何か

電気自動車は、本当にエコなのか。化石燃料を燃やして発電

された電力が、送電線を伝って充電されるシステムであれば、

さしてエコではないだろう。しかしながら太陽光発電や風力、

水力発電で得た電力で走らせればエコである。ただ、そもそ

もそういうエコなクルマを10年や10万キロで乗り捨てて、ま

た新しいエコカーを買うなどしているようであれば、エコでは

無くなる。結局、部分を切り取って見ればエコであっても全体

を通してみてみれば、まったくエコではなく、メーカーのエゴ

である事が見えてくる。PAOというクルマのエコは、やはり、

四半世紀と1台で何十万キロも使いつづけられた、というのが

一番である。日産がこれからも消耗品などを造りつづけてくれ

るなら、ずっと乗り続けれるのだから。わざわざ新しいクルマ

を創り出す必要性が無いわけであるから、新型車を造るなどの

かなりのエネルギーを、消費しなくて済むわけだ。トヨタさん

には申し訳ないが、新車のプリウスを5年で乗り換えませんか

というディーラーの販売手法は、エコカー減税泥棒であると言

いたい。エコカー減税を受けるのであれば、20年ほど乗って

こそ、その減税対象とならなければ、とわたしは思うのであ

る。しかし、長く乗られた車には重税を課すのであるから、

さすがは三流国が日本だ。

※クーラーを切って風を感じて気分にひたれる三角窓は、まさ

にエコそのもの。

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、三重県度会郡にお住いのH様の元へお届けにあが

りました、PAOトラディショナルをご覧頂こう。アクアグレ

イのボディーに茶色のキャンバストップは人気のカラー。

Wells60スタンダードレザー
Wells60スタンダードレザー

Wells60スタンダードレザーシート

なかなかのセンスでまとめられた60designのスタンダード

レザーシート。運転席は長距離でも疲れにくいように、ソフ

とからハードに硬さを変更している。

通称まつ毛

ヘッドライトピーク

通称はまつ毛といふ愛称でしたしまれている、ヘッドライト

ピーク。ろうにゃくにゃんにょ問わず人気のカスタムパーツ

となった。

テールランプ

テールランプ

丸型のテールランプのくすみもご覧の通り、クリアーで仕上

げが施されてつやつやである。細部のこだわりがあるから、

製作時間はお許し頂きたい。

PAOトラディショナル後方姿見

PAOトラディショナル後方姿見

本当に、T社のクルマのデザインは人の心を不快にさせるが

PAOのdesignを見ていると心が和やかになる。もうオラオラ

デザインは御免である。本日は毒舌だ。

PAOと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はH様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうご

ざいます。たくさんのお土産も頂き、恐悦至極に存じます。

末永くお乗り頂けます様に。

今日はコレマデ。

本日の名言

小さきは小さく咲かん

日本の美的センスがこの言葉にかくされておりますなぁ。

山梨県鳴沢村のO様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ富士山

PAOトラディショナル 富士山

パオの車窓から

パオから望む世界は、日常であって非日常のようである。今年

の初冠雪では7合目まで雪が積もったと言う事で、地元の方に

伺うと1カ月は早いらしい。これも異常気象の仕業なのかもし

れない。しかしながら、富士はやはり日本一の山であり、山梨

から望む富士とは静岡とは違い、すでに裾野であるため標高が

1000mほどあるらしいから、富士から富士を眺めているとい

う事になる。この写真の時点で、残り2800メートルで山頂を

迎える。

PAOトラディショナル 平姿見

PAOトラディショナル 平姿見

この度は、山梨県鳴沢村にお住いのO様の元へPAOトラディシ

ョナルをお届け致しましたブログをご覧頂こう。アクアグレ

イ色のボディーにチョコミント色のシートは、お嬢様の好み

。鳴沢村近辺には湖『富士五湖』があり、そこにキャンプな

どには良く似合う。

チョコミントな内装

チョコミントな内装

Wells60スタンダードレザー仕上げのチョコミント内装。ハ

ンドルやメーター廻りはノーマルの状態で、それでいて決ま

っている。手前はSW製、網のコップ受け。

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

バンパー、グリルなどは純正カラーの仕上げで、ホイールと

キャンバストップはオーナーのオリジナリティー。

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

最近のクォリティーは手前みそながら、ボディーにこれほど

移り込むから美しいだろう。

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はO様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござ

います。ご夫婦ともにアーティストであられるから、お洒落

に決まっております。末永くお乗り頂けますと幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

人と比較をして劣っているといっても、

決して恥ずることではない。

けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、

もしも今年が劣っているとしたら、

それこそ恥ずべきことである。

by松下幸之助

残り2か月で今年も終わると思えば、ヤキモキ致しますなぁ。

埼玉県久喜市のT様 PAOレストア納車おめでとうございます

PAO レストア

PAOレストア完成車の姿見

オリジナルを極力崩さない

オリジナルを極力崩さない仕様

美しいシート

シートも程度の良い物に交換

タグもこの通り

タグもこの通り

オリジナルに近い仕様での時計

オリジナルの仕様に近い時計

ボディーのうねりも取り除く

ボディーのうねりも取り除き、張りのある仕上がり

パオ テールランプ

テールランプもご覧の通り

PAO レストア

PAO レストア完成

パイクカーの祭典!!『うなオフ2017開催』のご案内!!

うなオフ2017開催のご案内です。
参加表明締め切りは10月17日です。まだの方はお早めに。
今年はBe-1発売30周年。何台集まるかな?
(当ブログでは受付していません。下記要領でお申し込みください。)

【開催日時】 2017年11月4日(土) 10:00~16:30

【開催場所】 〒431-0102 静岡県浜松市西区雄踏町宇布見
雄踏総合公園北駐車場 Googleマップ等で確認してください。
有料駐車場  ¥300  ここ数年開催している同じ場所です。

【スケジュール】
ご参考まで。「うなオフ」スタッフの当日の動きです。

10:00 雄踏総合公園 北駐車場にてスタッフがお待ちしております。   
 ~  各自、歓談・お弁当タイム

10:00 自由時間。気の合う方同士ご歓談を !!
 ~  初めての方は、スタッフと歓談しましょう !!
13:00  話好きなスタッフが多数います。大歓迎 !!

13:00 「うなオフ開会式」雄踏総合公園 北駐車場
 ~   お土産交換会などイベント
16:00 「うなオフ閉会式」予定

【参加費】 車一台につき「500円」を予定しております。
     (参加費で記念品を作り配布する予定です)

【持ち物】 お土産交換会に参加の方は、一人1000円前後
      のプレゼントをご用意ください。
     (同伴の方も、用意すれば参加可能)

【参加申込 期日】 2017年10月17日(火)まで。厳守!!

【申し込みアドレス】 pikecar_unaoff_since2001@yahoo.co.jp

—-以下をコピーして参加申し込みをしてください。—-

お申し込み方法: 1~8を必ず記入してください。

1.メールの表題 『うなオフ2017参加表明』『問い合わせ』『その他』など
2.参加者(代表者)様のお名前(ハンドルネームとご本名) :
3.車名 :
4.参加台数 :    台  (必ず明記ください。) 
5.お住まい(県名、市町村までで可) :
6.参加人数 : 大人  名  子供  名
7.携帯番号(当日連絡用): 
8.プレゼント交換会の参加 : 参加します ・ 参加しません
9.その他、質問、メッセージ等

———————————————————————-          

以上を明記の上 pikecar_unaoff_since2001@yahoo.co.jp までメールをお送りください。
折り返しスタッフの連絡先の携帯番号をお知らせいたします。
(お返事に2~3日かかる場合があります。参加受理のメールがこない場合は、アドレス等を確かめて再送信してください。)
掲示板、mixiのトピック等に参加意思の書き込みをされても参加手続きにはなりません。ご注意ください。

※ 会場までのアクセス及び道中の安全は各自の責任にてお願いします。 時間の余裕をみて参加してください。
※ 緊急連絡用に教えていただく携帯番号等の個人情報は、うなオフ以外の目的には使用しません。
※ 物販やガレッジセールなどの行為は、控えて戴きますようよろしくお願いします。
※ 毎年、締め切り後に参加表明される方が数組いらっしゃいます。
  対応できない場合もあります。申し訳ありませんが、ご理解ください。
※ 参加費とは別に駐車場代が必要です。ご了承ください。
  (公営駐車場は出庫の際に300円ずつ必要です。昼食等で一旦出ると、その都度小銭が要ります。ご注意ください。)

この告知の方が見られない環境の場合は、pikecar_unaoff_since2001@yahoo.co.jp まで直接お問い合わせください。

スタッフ一同、皆様にとって思い出に残る一日となります様 頑張りますので、
いたらない点もあるかと存じますが、ご理解ご協力のほどお願い申しあげます。

高知県高岡郡のY様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

リゾート パオ

パオ リゾート

リゾートな気分

いつも思うところが、PAOのフィルターを通して見える世界は

リゾートであって、わくわくするいわゆる気分にさせてくれ

る。これは、崇高な精神性をまとったdesignがあるからこそ

その気にさせてくれる訳である。だが、最近のそのような形状

のクルマ『あられちゃんが宣伝しているクルマ』などは、やは

り、そういう高い次元でのモノづくりが出来てなく、結局はな

んちゃってで終わってしまう訳である。もしPAOに敵うクルマ

が出てこようものなら、その時代は本当の意味で成熟している

だろう。

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

この度は、高知県高岡郡にお届けにあがりました、PAOトラ

ディショナルをご覧頂く事に致そう。オーナーY氏はPAO歴

2代目という事で、スコブル気合を入れて製作を致しました

がこの車はMTという事で、なかなか希少価値が御座います。

ヘッドライトピーク

通称まつ毛というあだ名。

ヘッドライトピークは丸型ヘッドライトには良く似合う。こ

のカスタマイズは、可愛らしいルックスを求める方には必項

。若干の外側に寝かせてグデタマのような佇まいが人気。

Wells50design レザーシート

Wells50design スタンダードレザー

茶色とアイボリーの二色で製作がなされた、50designのス

タンダードレザーシート。ドライバー席には硬めのアンコを

足して、長距離にも疲れにくいようにカスタマイズ。

PAOのリヤビュー

PAOのリヤビュー

最近の仕上げでは、テールランプにクリアのコーティングを

施し、10年くらいではカサカサになりません。仕上げも日進

月歩の勢いで良くなっております。

PAOと記念撮影

PAOと記念撮影

この度はY様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござ

います。末永くお乗り頂けます様に整備も頑張りました。高知

を時代と共に駆け抜けてください。

今日はコレマデ。

本日の名言

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、

うまく行かない方法を

見つけただけだ。

byトーマス・エジソン -

全国津々浦々納車の旅

全国津々浦々納車の旅

全国津々浦々

9月もとても忙しく、ブログの更新が滞っており、本日はダ

イジェストをご覧頂き候。後程皆様のお車拝見と成りますか

ら、ご期待頂きたい。という事で、それではまず最初に。。

ラシーン

ラシーン

栃木県下都賀郡のT様 ラシーントラベラー 寿納車

サンドベージュのカラーは塗装が施されて製作されたモノ。

森に帰りたくなるのは人間の本能なのか、ラシーンは自然

が良く似合います。

ラシーン

ラシーン

愛知県名古屋市のI様 ラシーントラベラー 寿納車

トップを飾る壁画はI様が渾身の力作。念願のラシーンと共

に死ぬまで生きてもらいます。

ラシーン

ラシーン

鹿児島県鹿児島市のM様 ラシーントラベラー 寿納車

シダーグリーンのラシーンに天井にルーフキャリアが鎮座。

キャンプもこれで安心ですわな。

パオ

パオ

宮城県石巻市のY様 PAOトラディショナル 寿納車

レストアを行い製作が施されたPAOトラディショナル。モン

カルロルーフキャリアも装着され、なかなかの仕上がりに笑

顔がこぼれます。

パオ

パオ

徳島県板野郡のT様 PAOトラディショナル 寿納車

こちらもレストアしたボディーにMTのキャンバストップの

アイボリーPAOは非常にめずらしい!!オーナーは藍染の

職人さまで、民藝とPAOは同じにほいでございます。

ラシーン

千葉県佐倉市のM様 ラシーントラベラー 寿納車

ペールグリーンのタイプ2がサンルーフ仕様という珍しい

ラシーンがこのトラベラー。ラシーンと生きる、はロハス

でございます。

という事で、まだまだずずいと納車させて頂きます。そして

、なんと9月16日、17日が誉田八幡宮のだんじり祭りでござ

いまして、お仕事をお休み致しますので、ご不便おかけ致し

ますが、よろしくお願い申し上げます。20日からは平常通り

作業を致します。

誉田 馬場町

誉田 馬場町

試験曳きの風景

誉田のだんじり祭りはだんじりの発祥と称され、今も地域

総出で曳行しています。12月1日金、歴史ヒストリアでの

放送には、何かが映りますので、是非ともご期待ください。

栃木県下都賀郡のH様 PAOミントコンディション納車おめでとうございます

PAOトラディショナル

ミントコンディション

PAOフロントフェース

PAOフロントフェース

この度は、栃木県下都賀郡にお住いのH様の元へお届けに

上がりました、PAOミントコンディションをご覧頂きたい。

アイボリーに仕立てられたボディーは時を重ね入念に仕上

げが施され、ピカピカである。

時計

マグノリアクロック

埋め込み型のSMIS製マグノリアクロックをPAOのメーター

仕様に変更を加えた。時計はアナログ式で、四六時中動い

ている。

Wells50 スタンダードレザー

Wells50 スタンダードレザー

50designスタンダードレザーシート。乗り心地などは60ス

タンダードと共通である。

PAO リヤビュー

PAO リヤビュー

PAOのリヤビューはとても美しい。テールレンズのdesignは

しゅっと立ち上がった感覚で、ただの球状ではないところが

実にクールである。

PAOちゃん記念撮影

PAOと記念撮影

この度はH様、PAOミントコンディション納車おめでとう御

座いました。長らくお待ち頂きましたが素敵な車両が出来

大変うれしく思います。これからはPAOと共に楽しいカーラ

イフをお過ごしください。また、沢山のお土産まで頂き、恐

悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

号外!!全国へのお届け近況のご報告の巻

木梨サイクルの雑貨

木梨サイクルの店長

東京都世田谷区のH様 ラシーントラベラー

お盆までが本当に忙しく、先日ブログで書きかけていた、木梨

サイクルの店長H氏にお届けに上がりましたラシーントラベラ

ー。H氏はお休みの日にはサイクリングに出かけられるという

事で、ラシーンに自転車を乗せてこれから夢が広がります。

岐阜県美濃市のH様 パオトラディショナル

岐阜県美濃市のH様 PAOトラディショナル

和紙の里、美濃市にお住いのH様の元へお届けに上がりまし

た、PAOトラディショナル。世界遺産にも登録されている和

紙は、古くは奈良の正倉院の宝物にも使用されているほどの

歴史あり。うだつが上がる街並みにPAOが良く似合います。

札幌の時計台

札幌の時計台にPAO

北海道札幌市のT様 PAOレストアトラディショナル

2年という歳月をかけて、製作が進められた北海道雪害対策仕

様のPAOトラディショナル。アイボリーの涼しげな色合いに、

北海道の景色が良く似合います。

ラシーントラベラーOF山梨県

ザ モケット シート

山梨県南アルプス市のS様 ラシーントラべラー

甲斐武田氏の領地であるこの地に、ラシーントラベラーが

参りました。オーナーのS様には、外装のカラーから、シー

トのあつらえまでを練りに練ってこだわっていただきました。

ホイールラッカーフィニッシュ

モトリタウッドフラット

大阪府東大阪市のF様 PAOトラディショナル

オリーブグレイのカラーにアイボリーのホイールが良く似

合う、F様のPAOトラディショナル。ステアリングには拘り

のモトリタフラットウッドを装填し、気分は上々である。

沖縄にラシーンが良く似合う

やちむんの里

やちむんの里にラシーン

沖縄県うるま市のO様 ラシーントラベラー

オーナーO氏はやちむん北窯の陶工である。北窯は年4回登

窯を行うという素晴らしい集団である。手作業で作られる

味わい深い器たちは、若い女性にも人気。民藝の極意がコ

コにもありました。

香川県観音寺市のI様 ラシーントラベラーS

漫画家がご職業のS様、ラシーントラベラーSのカラーリング

は、なんとアメリカの軍艦色である。トラベラーSのベースは

フォルザであって、その分厚いイメージがカラーリングとクロ

スオーバーして、なんともクールである!

という事で、北海道から沖縄まで納車が続いており、随時の

アップが遅れておりますが、後日、ズズイとアップさせて頂

着たいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

群馬県高崎市のN様 PAOフルオリジナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル

ナチュラルなPAO

自然なPAO。それはエンスージアスト達の言語ではOG,

オージーであって、フルオリジナルの略である。PAO

が発売されてから、月日は経ち、文明も進化し、人の

心も変化するなかで、多様なクルマの使い方も現れた

わけであって、それぞれのオーナーの思い入れが、入

っても当然である。その上にたって、一週してくると、

原初のコンセプトを楽しもうという風潮も現れる。PAO

フルオリジナルという形、これもまさしく逸品である。

フロントフェース

テールランプ

テールランプの仕上げ

PAOの裏の顔でもある、後方姿見。テールランプの仕上げ

にもこだわり、最近は磨きあげながらクリアー塗装を施し

これからの経年の劣化にも耐えうる仕上げに。

PAOとオーナーと赤城山

PAOとオーナーと赤城山

この度はN様、PAOフルオリジナル納車おめでとうございま

す。ご実家は高崎でも有名なラーメンがあるという事で、

ごちそうまでなり、恐悦至極に存じます。それでは、末長

くお乗り頂けます様に。

今日はコレマデ。