北海道函館市のA様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

貿易風

貿易風

まるで、PAOがトレーラーを引っ張っているかのごとく撮影

されているが、それはまさかどである。函館には赤レンガの

金森倉庫群があり、それらはリノベーションされお洒落な商

業施設になっている訳であるが、PAOをそっと留めおけば、

なるほど文明開化、異国の風を感じる事が出来る訳である。

PAOトラディショナル 妻姿見

PAOトラディショナル 妻姿見

この度は、北海道函館市にお住いのA様の元へお届けにあがり

ました、PAOトラディショナルをご覧頂く事に致そう。アクア

グレイのカラーはPAOの代名詞となるカラーではあるが、走行

距離も少なめのMt車両で、かなりの希少車両がベースである。

フロントフェース

PAOトラディショナル フロントフェス

純正オプションとして用意された、シビエのビサージュといふ

フォグランプ。こちらはドライビングランプ(クリアレンズ)

も用意されていたが、イエローのが人気である。

PAOトラディショナル 後方姿見

PAOトラディショナル 後方姿見

なんともシックで大人らしいPAOな風景。こうして観ると、

PAOはただ可愛らしいだけではないことが伺える。

函館山とPAO

函館山と煉瓦とPAO

景色になる車、画になる車、やはりPAOは日本の風景の一部

、それも美しい風景の一部になるクルマであり、これが、昨

今のクルマでは残念ながら、実現することはない。

PAOと記念撮影

PAOと記念撮影

この度はA様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござ

います。大変長くお待たせ致しましたが、大変お喜び頂け幸

いです。これからは、函館の景色として長くご使用ください。

今日はコレマデ。

本日の名言

皆、自分の道をゆこう。

by土方歳三

岐阜県岐阜市のN様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

岐阜の街並み

岐阜の城下町

齋藤道三がガマの油を売って早450年、岐阜の城下町は今日

でも、沢山の商いがされている。ちなみに岐阜城と現在では

呼ばれているが、齋藤道三の時代は稲葉山城であり、稲葉山

は金華山という呼称で、もう頭が筋肉痛になってしまう。き

んかざん、という山の名前から想像するに、金のように華や

かな山であったのだろうか。司馬遼太郎が書いた本によると

織田信長がこの稲葉山城を落城させたその頃、明智光秀が、

もう髷を結えないくらい薄毛だったので、きんか頭と呼ばれ

ている。これはキンカンのような風合いだったのだろうか、

それとも、この金華山との繋がりがあるのであろうか。謎が

謎を呼ぶ。

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

この度は、岐阜県岐阜市にお住いのN様の元へお届けにあがり

ましたPAOトラディショナルをご覧頂きたい。アクアグレイの

ノーマルルーフ、MT仕様、そして低走行距離という、なかな

かお目にかかれないPAOである。

フォグランプ パオ

フォグランプ在中

シビエビサージュという13㎝が直径のフォグランプは、純正

オプションではあるが、塗装をし直して装着された。バンパ

ー、グリルの塗装と合わせて、かなりの仕上がりである。

ナルディウッドハンドル

ナルディウッドハンドルとパネル廻り

ハンドルコラムとセンターコンソールをレザー張りのカラーと

合わせて塗装を行い、挿し色にシフトブーツをホワイトに。

パオ 内装

Wells 50 スタンダードレザーシート

やわらかいライトタンカラーのスタンダードレザーシート。パ

イピングに赤茶色を入れてとてもお洒落。

テンションレスシートベルト

テンションレスシートベルト

PAOのシートベルトはなんと、テンションが体にかからないよ

うにするメモリー付のシートベルトである。PAOのなかでも技

術はおしみなく投入されていた。ただし、このタブが残ってい

る車両は非常にめずらしく、用法を知る人はパオイストと呼ば

れている。

岐阜の街並み

岐阜の街並み

PAOと記念撮影

PAOと記念撮影

この度はN様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござ

いました。かなりの部品を追加で交換差し上げましたので、

末永くお乗り頂ければ幸いです。また、素敵なお土産もあり

がとうございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

流行とは

時代遅れになるものよ。

byココ・シャネル

北海道札幌市のS様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

ジブリみたい

ジブリみたいなライト

小樽運河の道路わきに煉瓦造りの倉庫群があって、そこいら

はリノベーションされてお洒落なレストランや居酒屋等に使

用されている。丁度雪山のような除雪された雪の前で撮影し

た訳であるが、この雪山の上に子供たちが乗って遊んでいた。

気温は零下ではあるが、湿度は50パーセントを超えており、

まったく寒くないのである。これも摩訶不思議。

パオ

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、北海道札幌市にお住いのS様の元へPAOトラディシ

ョナルをお届けにあがりましたので、ご覧頂きたい。足元は

すでにアイスバーンと化しておりますが、ブリザックは凄い。

氷でもある程度しっかりしたグリップが効く事にただただ脱

帽。

パオ

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

外観はキャンバストップのカラー以外には純正風の仕上げを

施している。さらに夏用タイヤはこれまたPAO純正アルミホ

イールが装着されるという、なんとも贅沢な仕様。

パオ シート張替え

Wells 60 スタンダードレザーシート

これもまたお洒落に、アンダートレイとハンドルのカラーが

気を効かせてくれます。フロアカーペットには当時物の状態

の良い物をチョイス。

パオ 北海道

PAOの記念撮影

この度はS様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござ

います。娘様の愛車とされるという事で、何ともうらやましい

限りでございます。また、駅までお送り頂き、非常に助かりま

した。どうも有難うございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

明日死ぬかのように生きよ。

永遠に生きるかのように学べ。

byガンジー

兵庫県神戸市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ PAO

色相環の反対色

反対色、いわゆる補色といわれる色の組み合わせは、互いの

色を引き立て合う相乗効果があり、これは「補色調和」とい

われる。赤に対して緑がそれであり、オリーブグレイの車両

がブレーキランプを踏むと、色が引き立つ訳である。今回は

シートの張地をその補色で製作されており、1950年代の飴車

のような感覚で色が引き立っている。

PAO トラディショナル

PAOトラディショナル オリーブグレイ

この度は、兵庫県神戸市にお住いのK様の元へお嫁入りした

PAOトラディショナルをご覧頂きたい。

パオ フロントフェース

PAO フロントフェース

純正カラーでしたためられたフロントフェースのラッカーフ

ィニッシュ。パオの顔は本当に美しい造形である。

パオ シート張替え

補色での張替え

パオ納車 記念撮影

PAOと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうご

ざいます。すこぶるボディーにも手をかけましたのでピカピ

カに仕上げさせて頂きました。末永くお乗り頂けますと幸い

です。

今日はコレマデ。

本日の名言

服装が人をつくる。

丸裸になった者の社会での影響力など殆どないか

全くない。

byマーク・トウェイン

香川県高松市のT様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ 鬼無の伝説

犬、猿、雉

鬼無の桃太郎伝説

桃太郎の鬼退治、と言えば岡山を連想するのは、一般的では

あるが、実にここは四国の高松。鬼無という地名に桃太郎神

社がある。こちらの伝承は当時讃岐国守であった菅原道真が

漁師にこの海賊征伐の話を聞き、おとぎ話としてまとめ、全

国に「桃太郎伝説」を広めたようである。登場人物の背景は

桃太郎:第七代孝霊天皇(前342 – 215年)の第八皇子であ

る稚武彦命。鬼:高松市沖にある女木島を本拠としていた海

賊。お爺さん・お婆さん:安徳(鬼無町)の大古家(おおふ

るや)に住んでいた宇佐津彦命の後裔。お婆さんは実は年頃

の美しい娘である。2人は海賊を恐れ、約1.5km内陸にある神

高(かんだか鬼無町山口)に避難し「やらい屋敷」と呼んだ。

犬・猿・雉:実在した勇士達で「犬」は岡山県犬島の住人で、

「猿」は香川県綾川町陶の陶芸師猿王(さるおう)、「雉」は

鬼無町雉ヶ谷の住人。お爺さんが芝刈りに行った山:高松市香

西北町の「芝山」。お婆さんが洗濯に行った川:本津川。当時

鬼達は周辺各地に出没して非道の悪事を重ね、住民は恐怖の毎

日を過ごしていた。その頃、地方開拓のためこのあたりに立ち

寄った桃太郎は本津川で洗濯をしていた美しい娘(お婆さん)

に一目惚れした。そこで、悪事を重ねる鬼の話を知ると2人の

住む「神高」に養子入りして、鬼退治のため援軍を募り、犬・

猿・雉をはじめ多くの強力な軍勢を仲間にした。桃太郎はお婆

さんの作った「黍団子」を腰に鬼の本拠である女木島へ出撃し

激戦の末、大勝利を収め無事凱旋した。後日、鬼は桃太郎軍に

逆襲してきたが、「せり塚」という場所で一人残らず返り討ち

に遭い、全滅させられた。その鬼たちの屍を埋めたのが、今の

「鬼ヶ塚」である。そこでこの里を「鬼無」と言うようになっ

た。という訳である。全国には桃太郎伝説は数々あれど、どれ

も何かしらそういった戦いがあって伝承されているのには、間

違いないだろう。

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル フロントフェース

この度は、香川県高松市にお住いのT様の元へお届けにあがり

しPAOトラディショナルをご覧頂きたい。バンパーやグリルな

ど、すべてクロムトの仕上げがほどこされた今様のPAO。

PAO ノーマル ハンドル

PAO 純正ハンドルは良いデザイン

シートがグレイ色で、純正風を彷彿とさせる佇まい。

パオ レザーシート張替え

パオ

パオ 後方

PAO鬼無を一望

この度はT様、PAOトラディショナル納車おめでとうございま

す。個性あるPAOで、うどん県を走る姿が目に浮かびます。そ

れでは、末永くお乗りください。

今日はコレマデ。

本日の名言

一生懸命だと知恵が出る。

中途半端だと愚痴が出る。

いいかげんだと言い訳がでる。

by武田信玄

広島県広島市のI様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

平和大通りにPAO

平和大通り2108

パオトラディショナル 左舷前方姿見

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、広島県広島市にお住いのI様の元へお届け致しまし

た、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。アクアグレイの

ボディーは全体的にレストアが施され、美しさが溢れている

のが観て解る。

パオな内装

Wells50 スタンダードレザーシート

人気のブラウンカラーで、シートとアンダートレイを張替えて

、オーナーの好みにアレンジが施されている。

テールランプの仕上げ

テールランプの仕上げ

フロントグリルの仕上げで前方正面に仕上げが美しいなら、

ということで、テールランプには磨き直してクリア塗装仕上

げを行い製作。SWが選ばれる理由がココにある。

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

木漏れ日の中、ただたたずむPAOが平和である。

PAOと記念撮影

PAOと記念撮影

この度はI様、PAOトラディショナル納車おめでとうございま

す。お子様のご成長と共にPAOが在る姿。末永くお幸せに。

今日はコレマデ。

本日の名言

災難に遭って 普通の有難き

広島県福山市のD様 PAOトラヂィショナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル 風景

この度は、広島県福山市にお住いのD様の元へお届け致しま

した、PAOトラヂィショナルをご覧頂く事に致そう。アイボ

リーというカラーのPAOは、生成り色(自然)なイメージで

絹のようなという表現がぴったりである。

PAOトラディショナル コックピット

タコメーター

PAOトラディショナル 操縦席

ウッドハンドルに、大小3連のメーターの風景は、往年のと

言いたいカタチである。色々な物を付けたり、カタチを変え

ると、本来のPAOのコンセプトからははみ出してしまう訳であ

るが、オーナーの好みに変更され、末長くお乗り頂けるので

あれば、それはそれで良い。ただ、基本はオリジナルがあっ

ての話であるから、カスタマイズする際は注意が必要だ。

パオ モケットシート

ザ モケット パオシート張替え

木のハンドルとグリーンのモケットシートは、往年のカリモ

クカラーを彷彿とさせる。

パオと記念撮影

パオと記念撮影

この度はD様、PAOトラディショナル納車おめでとうございま

す。なんとPAO所有2代目という事で、やっぱりPAOは忘れら

れませんね。

今日はコレマデ。

本日の名言

たくさん経験をして

たくさん苦しんだほうが、

死ぬときに、

ああよく生きたと思えるでしょう。

逃げていたんじゃあ、

貧相な人生しか送れませんわね。

by瀬戸内寂聴

三重県伊勢市のO様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

伊勢の神宮

赤福

伊勢は津でもつ 津は伊勢でもつ

尾張名古屋は城でもつ、というのは名物伊勢音頭である。伊勢

への参拝が終わり、伊勢古市の遊郭で伊勢音頭を覚えて、これ

が土産になるというのだから、まずしくても裕福な時代が、日

本にはあった。各地に持ち帰られた伊勢音頭は、たとえば愛媛

県の西条市だんじりまつりなども、この伊勢音頭を唄いながら

曳行される。これは西条に限ったことでなく、全国のお祭りに

観る事が出来る。それほど価値のある土産が伊勢音頭であった。

PAOトラディショナル 二軒茶屋前

PAOトラディショナル 二軒茶屋前

この度は、三重県伊勢市にお住いのO様の元へお届けにあがり

ました、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。内外装はこの

ようにばっちりではあるが、実にエンジン内部も新しい物に組

み直されて、これから長く乗れる仕様で仕上げがほどこされた。

パオ フロントフェース

PAO フロントフェース

バンパーやグリルのラッカーフィニッシュは、PAOのお化粧直

しである。しっかり上質なウレタン塗装を行って仕上げが出来

るのは自社のブースで塗装が行われるから。

ナルディなウッド

ナルディなウッド

昨今、見る機会が多くなったナルディのウッドステアリング。

木製は手に温もりを感じるのが良いところ。

パオ ザ・モケットシート

ザ・モケットシート

これまた、人気を博すザ・モケットシートである。座り心地

も安定していて、女性には特に人気のモデル。

100V

100V

PAOと二軒茶屋餅

伊勢の風景

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はO様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうご

ざいます。エンジンも新しくさせて頂き、末永くお乗り頂

ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

なにごとの おはしますかは しらねども

かたじけなさに 涙こぼるる

by西行

ここにどのような神がいらっしゃるのかは存じ上げないが、

身にしみるようなありがたさが、こみ上げてきて、思わず

涙がこぼれてしまった。と西行が詠んだは、伊勢の神宮。

静岡県島田市のA様 PAOレストア・トラディショナル納車おめでとうございます

大井川の渡し

大井川の人足

越すに越されぬ大井川

東海道には難所が2か所存在した。一つは箱根の峠越えであ

り、もう一つがココ大井川を渡る事である。箱根八里は馬で

も越すが越すに越されぬ大井川、と謳われたように、箱根よ

りも難所であるのだから、その中でここが一番の難所である。

明治には木造の橋も渡されたが、その長さは900米と、世界

一長い木造の橋としても有名であった。明治以前では、川越

人足という職業の人達が人を肩車して向う岸まで届けてくれ

る訳である。もっとも、人足には、報酬を支払わなければな

らない。本日の写真は、PAOが人足に運ばれるその順番を待つ

というシチュエーションである。

PAOトラディショナル 前方姿見

PAOトラディショナル 前方姿見

この度は、静岡県島田市にお住いのA様の元へお届けにあが

りました、PAOレストア・トラディショナルをご覧頂きたい。

オリーブグレイの当車両は、足廻り、エンジン廻り、から、

ボディーの仕上げまで、バランス良く仕立てられており、こ

れからも長く乗れるように仕上げが施されて、ご覧のとおり

ピカピカである。

ナルディな日々

ナルディな日々

木製のハンドルを握るなど、未来の自動車にはハンドルすら

存在しないのだから、これが最初で最後となる可能性有り。

ナルディ85THなるも100THはなるか。

PAO シート張替え

PAO シート張替えの図

ブラウンレザーで整えられたシートの図。グリーンとブラウ

ンの2色は、杜の色であって人間の本能を優しく包み込んで

くれる。

PAO フロントフェース

PAO 冬のフロントフェース図

PAO リヤビュー

PAO リヤビュー

心の中にあるPAO

心の中にあるPAO

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はA様、PAOレストア・トラディショナル納車誠にお

めでとうございます。PAOが東海道を練り走る姿を、市井の

人が見て、味わい深いと感じてもらいましょう。

今日はコレマデ。

本日の名言

新聞は世界中で一番便利なものだ。

読むことはできないが、

他のことになら何にでも使える。

えらい言われようですなぁ。

兵庫県三木市のH様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル ネオラッダイト

ネオ・ラッダイト

イギリスの産業革命にともなう機械使用の普及によって、失

業のおそれを感じた手工業者・労働者が起こした、産業革命

に対する反対運度が『ラッダイト』である。当時は、トンカチ

やら、ツルハシをもって産業機械を叩いて壊すという、なんと

もアナログな運度であったが、産業革命後は大量生産、大量消

費によりモノの価値が下がっただけで、資本主義者の一握りが

大儲けするという仕組みを作っただけであると、わたしは思う

。そして、現在ではITやAIという技術革新によって、産業革命

以上に人類の雇用の喪失につながるおそれがあり、本当にこの

ままでは人類は滅亡するのではないかという危機さえ感じてき

た。クルマで言えば自動運転である。日本人は無知であるか

ら、実に海外ではすでに自動運転化は進んでおり、日進月歩

の勢いである。日本にこの波が来れば、すでにタクシーの運

転手やトラックの運ちゃんは今後ほぼ失業する始末であろう。

自動運転化は第二のスマホとも呼ばれており、クルマの概念自

体が変わってしまう。カーシェアリングで、必要な時に自宅に

クルマが勝手に到着する。必要な時だけクルマがあれば十分な

時代になる訳である。もちろん、メーカーは売りたいから色々

なデザインで販売促進するが、たとえばリンゴのスマホみたい

に、それで十分であるという感覚になってしまうとわたしは思

う。すでに、人間が電気を手に入れた時点で、それがパンドラ

の箱であって、自分たちで自分の首を絞める為に一生懸命に研

究をしているという、本当にばかばかしい世の中である。ただ

これから出来る事がネオラッダイトという運動であり、必要以

上の便利を使わない、人間がらしい生活が出来る丁度良い所で

もって暮らす。と言う運動である。PAOやラシーンのように、

これ以上の便利を望まず、愛着をもって産業機械と調和したい

ものである。

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、兵庫県三木市にお住いのH様の元へお届けいたしま

した、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。実に、フォルク

スワーゲンのポロのブルーにペイントが施された車体は、内装

にはアイボリーで仕立てられ、ピカピカである。

パオ 内装

ハンドルはノーマルを維持

フロントグリル バンパー

グリルやバンパーはノーマルカラーを維持

ヘッドライトピーク(まつ毛)は洒落である。

マフラーはリプレイスメント

マフラーはリプレイスメント

テールエンドのカールは純正の美しさを彷彿とさせる。

イメージ

イメージ

ワンちゃんと記念撮影

ワンちゃんがこっち向かず記念撮影

この度はH様、長らく製作させて頂きどうもありがとうござい

ました。末永くお乗り頂けます様に。

今日はコレマデ。

本日の名言

馬鹿と便利はほどほどが良い。

馬鹿もほどほどにとは良く言われた言葉であるが、そこに

便利も加わりましたなぁ。