奇跡のPAO

パオ

伊豆半島からパオが出土した

1989年、1月14日から4月14日までの3カ月間という期間限

定で発売されたPAO。発売からかぞえて31年目を迎える事

になった訳であるが、この度伊豆半島から当時のパオが出

土した。という冗談めいたお話はココまでとして、それは、

アクアグレイのキャンバストップボディーでマニュアルミ

ッションなのである。なんとも保存状態が良く、走行は何

と951㎞というのだから、SWでは1500㎞のPAOが今までの、

最小走行距離であったから、その記録を549㎞も更新したの

である。

パオ エンジンルーム

エンジンルームも新車同然の風景

パオ

内装は、納車された日の面影

なんと、後部座席はビニールがかぶっている物を見る機会は

あったが、前席のビニールがかぶっている姿には驚いた。

パオ

今回、お譲り頂きましたT様ご家族との記念撮影。

また、大切にして頂けます素敵なオーナーに巡り合えます

ように努力致します。ということで、こちらの車両は再整備

を行い、末代まで大切にお乗り頂ける方にお譲り致しますの

で、気になる方はお問い合わせください。

今日はコレマデ。

本日の名言

絶対肯定

by 空海

すべてを受け入れる姿に、仏を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です