大阪府高槻市のM様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

わたしのどこでもドア ラシーントラベラー

わたしのどこでもドア

どこでもドアとは片開き戸を模したドラえもんの道具であって、

目的地を音声や思念などで入力した上で扉を開くと、その先が目的地になる。

このドアのノブには意志読み取りセンサーが組み込まれているため、

場所の指定は「いつもの空き地」と言えば野比家の近所の空き地になったり、

「どこでもいいから遠く」と言えば適当な場所になるなど、曖昧な指定が可能である。

しかし、のび太がしずかの家へ行こうとすれば、のび太の気持ちが読み取られて

行き先が必ず風呂場になるのだからけしからん。

ラシーンは発売当初のCMがドラえもんであって、ぼくらのどこでもドアというキャッチが

付けられていた。

ラシーンに乗って思ったところに行きましょうということなのだが、そこには

非日常というキーワードが隠されている訳である。

以前、ラシーンは旅行カバンであるという話をしたが、それにも通じる概念であって

ラシーンに乗ればいつも非日常に連れて行ってくれるような、そんな楽しい気分が

ラシーンというドアの向こうには必ず存在する。

ドラえもんブルー ラシーントラベラー

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

この度は、大阪府高槻市にお住いのM様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラーをご覧頂くコトに致そう。

ドラえもんブルーなどと比喩されるブルーカラーのラシーントラベラー。

現在の新型車(現行車)にはない素敵なカラーである。

ナルディ ウッドクラシック

ナルディウッド クラシックを装着

伊ナルディ製ウッドクラシックハンドルはラシーンには特によく似合う。

エアバックを外すという行為自体はためらいはするが、

より安全に運転すれば、さらにおしゃれ感は増すわけである。

謹製ウェルレザー 60スタンダード

weLLms INTERIOR 60スタンダードレザー

アイボリーのレザーを大きくあつらえてお洒落にまとめられた

60デザイン・スタンダードレザーシート。

謹製ウェル帆布はブランド名を改め、weLLms INTERIORとなり

さらなる素敵な仕上げが施されて製品づくりが行われるコトとなった。

謹製ウェルレザー タイヤカバー

weLLms INTERIOR 製 ラシーン専用タイヤカバー

タイヤカバーも設計が徐々に変更が加えられ、より長く使用できるように

裏打ちなどが追加されている。

ラシーンはどこまでもドアである。

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

ラシーントラベラーとM様ご夫妻の記念撮影

ラシーントラベラーとM様ご夫妻を記念撮影

この度はM様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。

内装色もお洒落で、あとウッドパネルが残すところ。

それでは、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

他人が笑おうが笑うまいが、

自分の歌を歌えばいいんだよ。

by岡本太郎

素敵な岡本さんのお言葉。しかし、全身全霊本気になって歌うことが肝要ですね。

愛知県豊田市のS様 ラシーンジョルジェット納車おめでとうございます

ラシーン白黒

ラシーンは旅とともにあり

ヨハネ福音書の冒頭には「はじめに言葉ありき。言葉は神と共にあり…」

と書かれているのであって、それがスピードウェルに置いてある

ラシーン福音書の冒頭では「はじめにラシーンありき。ラシーンは旅と共にあり…」

となるわけである。

毎朝起きて、靴を履いて玄関を出てラシーンに乗り込めば、

すでに人生の旅が始まっている、そんな楽しい感覚がココにある。

さらに欧米人の殆どが知らない、私たちは極東と呼ばれる日出ずる島国に

生息していると云うことを自覚すれば、尚更ミステリアスな旅になる。

この人間存在の根本を解放してくれるのが偉大なラシーン旅の功績である。

やはりラシーンに乗っていると極東での移動時間も充実する。

これが現今のエコカーだったら移動中スピードメーターの脇にある

エコメーターと常に睨めっこしながら、

どれだけエコに走るか苦闘するしかないのだから困ったものだ。

もちろんエコが悪いわけではない。

ラシーンの場合、マイお箸やマイ風呂敷などでエコ活動に賛同すればそれで良い。

そこには、おシャンティーな箸や風呂敷などを持つという魅力が存在する。

人生の旅は、モノの捉え方ひとつで良くも悪くもなるものだ。

ラシーンジョルジェット サンドベージュ

ラシーンジョルジェット 前方正面姿見

この度は、愛知県豊田市にお住いのS様の元へお届けにあがられた

ラシーンジョルジェットをご覧頂くコトに致そう。

サンドベージュの人気色ラシーンにジョルジェット仕様となれば鬼に金棒である。

今回はご主人様がディフェンダーにお乗りということで、奥様のラシーンは

負けず劣らず製作させていただいた。

ジョルジェット70 レザーシート

謹製ウェル帆布 ジョルジェット70レザーシート

アイボリーのパイピングが美しく映えるジョルジェット70レザー。

専用のCOXレザーを使用して張り替えられた様は、まさにテーラーメイドである。

凹凸の中にはそれぞれ強弱をつけたフェルトを使用しており

長らくの使用でも型崩れは起きにくく、長年の愛用となるコト間違いはない。

ラシーンジョルジェット 側面姿見

ラシーンジョルジェット 側面姿見

ホイールはキャップを取り外し、シルバーにラッカーフィニッシュを

施すところが、何か大人らしさを演出するようである。

よりモノ感が増した印象は本物志向の現れだ。

ラシーンジョルジェット 後方姿見

ラシーンジョルジェット 後方正面姿見

ラシーン納車おめでとうございます

ラシーンジョルジェットとS様ご家族の記念撮影

この度はS様、ラシーンジョルジェット納車誠におめでとうございます。

長らくお待たせ致しましたがお喜び頂けまして何よりです。

これからはディフェンダーと一緒にラシーンを可愛がって頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

仕事というものは、全部をやってはいけない。

八分まででいい。八分までが困難の道である。

あとの二分はだれでもできる。

その二分は人にやらせて完成の功を譲ってしまう。

それでなければ大事業というものはできない。

by坂本龍馬

いやぁこれは坂本さん、さすがに日本初の株式会社を作られただけあります。

新型ラシーンのDESIGN

新型ラシーンのデザインは現在進行形

本日のメイキングムーヴィーはその初期段階のデザインイメージが

ラシーンにあてがわれて検討する、いわゆる品定めの風景である。

大阪府大阪市のI様 ラシーンジョルジェット納車おめでとうございます

ジョルジェット70 ラシーンデザイン

革製の旅行鞄

ラシーンは旅行鞄と比べてデザインがイメージされた。

それは17年前のラシーン開発時の一つのキーワードとなっていたのだから

ラシーンが旅行鞄のように各地に携帯されて行くさまは微笑ましい。

わたしはあまり旅行はしないが、日常の業務が旅行のようなものであるから

それなりに鞄が必要になってくるわけである。

以前、古い車に乗っている物好きの友に旅行鞄を用意してほしいと

頼んだら、牛革で使い込まれた鞄を用意してくれた。

これにはいろんな外国のホテルのステッカーが貼ってあって、

どれも超一流のホテルの名が刻んでいて、調べているうちに

1890年代から1940年代まで流行ったトラベルステッカーなる文化に遭遇した。

その当時は政府の要人やお金持ちしか海外旅行なんて出来ないから

しっかりした牛革で出来た鞄が使用されていたのも解る。

ラシーンはどんな旅行鞄と比べられたのかがココで焦点となるわけだが、

角ばっているイメージからすると、ボストンバックではなく

威風堂々とした牛革の旅行鞄であると仮定したときに

ジョルジェット70デザインのシートなどには上手く当てはまる。

ラシーンジョルジェット 右舷前方姿見

ラシーンジョルジェット 右舷前方姿見

この度は、大阪府大阪市のI様の元へお届けにあがられた

ラシーンジョルジェットをご覧頂くコトに致そう。

サンドベージュのボディーに茶色のジョルジェット70シートが

オシャンティーなたたずまいである。

ラシーン フロントフェス

ラシーンジョルジェット フロントフェース

フロントグリルやバンパーなども化粧直し(ラッカーフィニッシュ)が行われ

新車に近い状態に復元が施されている。

特にフロントグリルは現状のラシーンでは褪色が酷い為

ココを美しくしてあげるコトにより全体が蘇るくらいイメージが変わるのである。

ラシーン パネルラッカーフィニッシュ

パネルラッカーフィニッシュ

今回はウッドハンドルが雪の影響で納品がマニアわずだったので

パネルラッカーのみご覧頂く。

トラディショナルな法則として、ボディー外板のカラーもしくは、

シートと同色にすることにより上手くまとまるわけであるが

ボディー外板と同色にまとめて、パネル自体を鉄板のように魅せるコトが出来るし

シートと同色にすることにより、より内装がまとまった印象になる。

この両者の選択に間違いはない。

ラシーンジョルジェット 側面姿見

ラシーンジョルジェット 側面姿見

この度はI様、ラシーンジョルジェット納車誠におめでとうございます。

大変ながらくお待たせ致しましたが、お喜びいただけて幸いです。

それでは、一か月点検もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

一生懸命努力すればするほど、運は味方する。

by コーリン・パウエル

これは間違いありません。

奈良県奈良市のH様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル 側面姿見

PAOは美術品なのか民藝品なのか

もとよりパオは工業製品であるから、美術品でも民藝品でもない。

しかし、工業製品だから美術品に成れないといふ観念には疑問を感じるわけである。

モノ好きのわたしとしては、工業製品であるカメラではライカのM3のデザインは

完全に美術、芸術品の粋に見える。

林檎のスティーブジョブズもイフォン3を発表する場で、クラシックライカのような

美しいデザインと比喩したわけである。

パオの開発者(古場田良郎氏)のお話のなかでは、

「例えば公園などにあるモニュメントだとか、親が子や孫に譲る」

などと云ふキーワードがある。

これはパオは美術、芸術品になる事を目指して造られたと推測できる。

なぜなら、美術品だからこそ残して行くという行為が生まれるのであって、

単なる流行りを狙ったくらいのデザインであれば持ちこたえて3年位が限界で、

子や孫に譲るなど到底可能ではない。

また、「磨きこんで味が出る」という風な発想は「用の美」であり、

柳宗悦やバーナードリーチらが開花させた民藝運動の世界である。

これらから分かるように、何方にしても「美」に対する追求が

パオのデザインにはあったわけだ。

今年はパオがノックダウンされて25周年を迎え、いよいよ自動車博物館入りか?

など想像はするけれど、パオは「美」であるから、

それよりニューヨークのMoMAに入る方が正当だとわたしはそう思う。

iPhoneから送信
PAOトラディショナル 前方正面姿見

パオトラディショナル 前方姿見

この度は、奈良県奈良市のH様の元へお届けにあがられた

パオトラディショナルをご覧頂くコトに致そう。

奈良まちの旧い屋敷にコントラストが映えるアイボリー色のパオ。

住むところで車体色を選ぶといふのは面白い感覚である。

H氏はヘアーサロンを経営されており、パオがその看板の役割も果たしてくれるかもしれない。

PAOトラディショナル 後方正面姿見

パオトラディショナル 後方正面姿見

パオは後方から観るのが好きだ。

テールランプが左右三つずつ独立して配される様は感動である。

ランプ一つ5,000円以上するのだから、合計で3万円也。

現行車や未来のクルマはまずはこんな手間暇はかけて作れないだろう。

PAOトラディショナル ジャーマントップ

謹製ウェル帆布 ジャーマントップの張替え

バーガンディー色がアイボリーの車両に冴える、

ジャーマントップ生地でトップの張替えがおこなわれている。

全天候型で耐久性は抜群であり、メンテナンスさえすれば三十年以上の使用に耐える。
PAOと奈良まち

ならまちとパオ

PAOトラディショナル 納車おめでとうございます

H氏のお店の前で記念撮影

この度はH様、パオトラディショナル納車誠におめでとうございます。

点検もお越し頂きありがとうございます。

末長くお乗り頂けますよう努力致しますので今後ともよろしくお願いします。

今日はコレマデ。