三重県四日市市のI様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーントラベラー

ラシーントラベラー

ラシーントラベラー

パイプ

コンビナートに萌え

ラシーントラベラー フロントフェース

ラシーントラベラー フロントフェース

この度は、三重県四日市市にお住いのI様の元へお届けに上がれた

ラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。

出だしから、どぎつい映像と写真が並ぶが、この度のラシーンはそのまぎゃくで

とてもかわいらしい存在であーる。

ラシーン パネルラッカーフィニッシュ

ラシーントラベラー パネルラッカー&ナルディクラシックウッドステアリングをセット

weLLms INTERIOR 製 60スタンダードレザーシート

weLLms INTERIOR 製 60スタンダードレザーシート

ホイールキャップラッカーフィニッシュ

ホイールキャップ ラッカーフィニッシュ

weLLms INTERIOR 製 タイヤカバー

weLLms INTERIOR 製 タイヤカバー

ラシーン納車おめでとうございます

ラシーンと記念撮影

この度はI様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

大変のながらくお待たせいたしまして、ご足労おかけいたしましたが、

お喜び頂けまして幸いです。

また、名物のながもちまで頂き、本当に恐縮です。

今日はコレマデ。

本日の名言

そして僕は、決してあきらめない。

by栗城史多

決してあきらめないところが本当に素敵です。

新潟県佐渡島のH様 ラシーントラベラー納車おめでとうござます

佐渡島にラシーンで旅に出る

どこ いこう

ラシーンは僕たちのどこでもドアであって、それは旅のクルマという意味が込められている。

だから、日常を忘れてお気に入りのカメラや時計、その他の道具をラシーンというカバンに

詰め込んで、行き先を決めず旅にでるだなんて、とてもオシャンな生き方であって

まるでそれが自分探しであるかのように、人生の旅になることに間違いない。

ラシーンは現代にはない、本当に素敵なコンセプトのクルマなのだ。


ラシーンで旅に出る

この度は佐渡島にお住いのH様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラー、ライトブルーをご覧頂くコトに致そう。

今回は新潟よりフェーリーに乗って2時間半の佐渡島にお届けということで

ムーヴィーが2倍2倍に増量されている。

ラシーントラベラー ライトブルー

ラシーントラベラー ライトブルー 前方正面姿見

ラシーントラベラー フロントフェース

ラシーントラベラー ライトブルー フロントフェース

weLLms INTERIOR 製 50スタンダードレザー

weLLms INTERIOR 製 50スタンダードレザー

ホイール ホワイトラッカーフィニッシュ

ホイール ホワイトラッカーフィニッシュ

背面タイヤ ホワイトラッカーフィニッシュ

背面タイヤステー ホワイトラッカーフィニッシュ

佐渡島にラシーンが走る

ラシーントラベラーと佐渡の街並み

この度はH様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。

貴重なお時間を割いていただき、地元のオシャンなカフェまで連れってくださり

感謝いたします。

また、カフェで濃いお話なんかしたいですね!

昭和の雰囲気漂うお洒落なカフェ

のらいぬカフェ

http://norainu.sunnyday.jp/menu/

ここのオーナーさんは以前PAOにお乗りで20万キロ以上を走破されたとか!!

コーヒーゼリー最高です。

コーヒーゼリーが最高。

徳島県小松島市のK様 RASHEENトラベラー納車おめでとうございます

RASHEENトラベラー つなぐ

RASHEENトラベラー つなぐ

つなぐ

RASHEENトラベラー 左舷前方姿見

RASHEENトラベラー 左舷前方姿見

この度は徳島県小松島市にお住いのK様の元へお届けにあがられた

RASHEENトラベラーをご覧頂くコトに致そう。

前期モデルのイエローがとんでもないくらい可愛らしく、

内装などのカラーコーディネートを上手に行って頂き

オーナーの目指すラシーンが仕上がった。

ラシーン専用 ナルディウッドステアリング

RASHEEN用 ナルディウッドステアリング

RASHEEN専用 ウッドパネル

RASHEEN専用 ウッドパネルキット

weLLms INTERIOR 製 60スタンダードレザーシート

weLLms INTERIOR 製 60スタンダードレザー

weLLms INTERIOR 製 タイヤカバー

weLLms INTERIOR 製 背面タイヤカバー

ホイール ホワイトラッカーフィニッシュ

ホイール ホワイトラッカーフィニッシュ

祝ラシーン納車 記念撮影

祝 ラシーン納車 記念撮影

この度はK様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

とてもバランス良くカラーをまとめて頂きまして、

美しいラシーンが出来上がりました。

そして、これまたお土産まで頂き恐悦至極に存じます。

帰りにK様の職場に足を運びましたので、お写真を追加致します。

PS15 びざん型巡視船

海上保安庁 停泊中の巡視船 PS15 びざん 
目標追尾型遠隔操縦機能(RFS)付き20mm多銃身機関砲搭載

徳島市のシンボル的な山びざんから命名された巡視船。

K様は海上ほわんちょーの巡視船に乗り、日夜海上の安全に努力をされている。

尖閣はもちろん、現在は鳥取県沖のテロ対策に奔走中。

日本領海防衛に自衛隊ではなく海上保安庁が向かわされているという事実に

誠に難儀なお仕事をなされているのだから頭があがらないというのが本音である。

※尖閣沖の衝突は同型の巡視船みずきによるもの。

本日の名言

挫折にしろ、無念さにしろ、
自分の能力の低さにしろ自分というものに出会ってから
人生は始まる。

by武田鉄矢

てつやさんは本当に情熱的ですー。最高。

日産ラシーン ストップランプを交換する

ラシーンストップランプ

スピードウェルブログも遂に1000回を達成。

単衣に皆様にご覧いただけることを楽しみにアップしてまいりましたが、

本日は初心にもどり、また整備的なバイブルの復活であります。

今回はラシーンのストップランプの球の交換ということで、

こちらを参考にDIYで交換してもらえるように解説も含めさせていただく。

ストップランプを交換するサービスホール

ストップランプ類を交換するサービスホール

リヤゲートをOPENすると、ストップランプなどを交換するための

サービスホールが側壁に隠されている。

こちらはクルマの前方から自身の爪もしくは、マイナスドライバーなどで

こじて開けごまと念ずれば開くシステムである。

日産ラシーンのストップランプ球

ラシーンのストップ&スモールランプ球

ストップランプとスモールランプの通称ダブル球と呼ばれるタイプ。

21/5Wのウェッジタイプ(ウエッジとは球の差し込み口の形)

安価なものもあるがSWではJapan Madeの東芝自動車電球を使用する。

ソケットをテールランプから脱着する

ソケットをランプユニットから脱着する

ソケットを時計と反対回しにするとランプユニットから脱着できる。

少し力が必要なので、瞬間的に力を込めると相手がビビり外れやすい。

外した球はこんがり黒く焼けているのがうかがえるだろう。

この球をソケットから雑草をぬかんばかりに引っこ抜くだけで外すことができる。

そして新しい球を差し込めばあとは元通りにして作業は完了だ。

ストップランプを交換した。

ストップランプに灯が入れられた。

ということで、今回はラシーンのブレーキランプはなぜか切れやすいので

交換風景をご覧いただいた。

今日はコレマデ。

本日の名言

いやぁ 人生とは気合だねぇ

by二葉亭四迷

そうですね~。気合という言葉もですが情熱ともとれます。

SWの製作風景

日常の業務はある種極秘に行われているが、限られた時間の中で

終わりのない作業をクラフトマン達は一生懸命行っている。

お客様の手に渡る納車日までその一台に対し時間を費やす姿勢は

これからも変わりはしない。

ご注文を頂きました皆様には多少のお時間を頂いておりますが、

GWも明けまして作業を進めて参りたいと思います。

それでは、これからズズイとブログもアップしてゆくので楽しみにして頂こう。

今日はコレマデ。

本日の名言

高い志を持って

真正面から取り組むことに

躊躇すべき理由はありません。

by 孫正義

皆様が喜んで楽しんでお使いいただける車両の製作に努力し

皆様の日常の生活が豊かなものとなりますように。

岐阜県可児市のK様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーンは特徴的

ラシーンは個性的

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は岐阜県可児市にお住いのK様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラー(ドラえもんブルー)をご覧頂くコトに致そう。

昨今ブルーのラシーンがSWでは特に人気であって、実は発売当時も

人気のモデル(ドラえもんがCMに出演していた)である。

ラシーントラベラー フロントグリル

ラシーントラベラー フロントグリルラッカーフィニッシュ

前期モデルのフロントグリルはプリミティブなデザインで

いかにも空気を吸い込まんとする吸入口がクールである。

前期モデルと後期モデルの違いはこのグリルのデザインの違いから

伺い知ることができるわけであるから、グリルの美しさが

ラシーン自体の出来栄えを決めつけるといっても過言ではない。

weLLms INTERIOR 製 スタンダードレザーシート

weLLms INTERIOR 製 スタンダードレザーシート

アイボリーとブルーのツートーンカラーはトラッドな印象であり

オーナーのイメージとシンクロする。

今回はポケットにはメッシュのアイボリーのタイプをご選択いただいたので

トップの動画ではその仕上げがご覧頂ける。

ラシーントラベラー 左舷後方姿見

ラシーントラベラー 左舷後方姿見

ホイールホワイトラッカーフィニッシュ

ホイールホワイトラッカーフィニッシュ

ホワイトラッカーでフィニッシュが行われる、純正スチールホイールは

ラシーンにはとてもお似合いだ。

それは、プロダクト感の強いデザインに直球を投げかけるのではなく、

どこかやわらかい印象を与えるカラーリングとのミスマッチが

生み出したものだと言える。

K様、この度はラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。

夜分の納車でお写真が上手に取れずもうしわけありませんでした。

それでは、これからラシーンと人生の旅に出かけてください。

今日はコレマデ。

本日の名言

行動に際して、

あまりに臆病になったり神経質になることがないように。

すべての人生が実験なのだ。実験すればするほどうまくいく。

byラルフ・ワルド・エマーソン

そうですね。良い結果は実験を重ねてこそ生まれるもの。

月刊スピードウェル5月号 『ラシーンブラックペイント』が刊行された!!

月刊スピードウェル5月号

月刊スピードウェル5月号が遂に刊行された。

純正のブラックよりさらに艶の深いピアノブラックにペイントされたラシーンブラックペイント。

フロントフェースやリヤビューも変更が加えられ、独特の雰囲気を出している。

背面タイヤ廻りもスムーシングが行われ、4WD感は払拭された。

きゅっと引き締まったラシーンがお好きな方には人気のモデルとなるだろう。

月刊スピードウェル5月号 ブラックペイント

内装はキャメル色のカラーとジョルジェット70デザインで

シートなどがあつらわれ、一クラス上質さを演出。

さらにはウッドハンドルやウッドシフトノブなどで装飾し

気分はチョイ悪オヤジの域に。

月刊スピードウェル5月号

バンパーやルーフレールなどはマットブラックでラッカーフィニッシュが行われ

ボディーと機能パーツとのコントラストを整えた。

ということで、月刊スピードウェル5月号『ラシーンブラックペイント』を

隅から隅までズズイとご覧くだされ。

今日はコレマデ。

本日の名言

美しい唇である為には、美しい言葉を使いなさい。

美しい瞳である為には、他人の美点を探しなさい。

byオードリー・ヘプバーン

本当に素敵な名言ですね。

新型RASHEEN発表のお知らせ

新型ラシーンのデザイン

新型ラシーンのグリルデザイン

新型RASHEENは現在進行形

本日はお詫びと訂正となるわけであるが、2014年4月に開眼されると予想された

新型ラシーンは平林氏によりしっかりしたデザインに仕立てていただいたが、

わたしの力不足により、まだ完成はしていない。

さらに、内装やカラーリングなどの検討もこれから始まるわけである。

ということで、特設ページが本日設けられたから、詳しくは

http://www.speed-well.jp/rasheen/rasheen_speedwell/newrasheen/rasheen.php

新型ラシーン誕生

上記のページにアクセスしてご覧頂きたい。

現時点ではカラーリングもされてはいないし、全くの仕上げも行われていない

無垢な状態であるからいまだベールに包まれているといった様子ではある。

そして、この度は大多数のお客様よりお問い合わせのメールを頂いており

誠に有難うございます。

それでは、これからも進めてゆくので是非とも楽しみにして頂くコトに致そう。

新型ラシーンデベロップメント メイキングムーヴィー

造形

日産ラシーンデザイナーの平林俊一氏によるSW製新型ラシーンの

フロントフェースのデザインが概ね整い出してきた。

フロントグリルにはハニカム形状のデザインが施され、モノらしさが演出されている。

現在は無塗装であるからまだ本当の姿は容易に想像することは難しいかもしれないが

そろそろお披露目の時を迎えそうだ。

新型ラシーンの発表は乞うご期待。

和歌山県和歌山市のS様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーンにはカメラがよく似合う

ラシーンにはカメラが良く似合う

ラシーントラベラー ライトブルー

ラシーントラベラー ライトブルー姿見

この度は和歌山県和歌山市にお住いのS様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラーをご覧頂くコトに致そう。

フロントグリルやホイールなどナイコンFM2に通ずるような

シルバーカラーでラッカーフィニッシュが行われ、

モノものらしさが演出された。

weLLms INTERIOR 製 ラシーンレザーシート

weLLms INTERIOR 製 60スタンダードレザーシート

ユニオンジャックをイメージしてカラーリングが施された内装群。

これらは、いろんな小物をや雑貨を詰め込んで初めて完成するという

オーナーの最後の仕事が待っている。

ラシーントラベラー 左舷後方姿見

ラシーントラベラー 左舷後方姿見

オーナー様とラシーンの撮影

クルマを撮る喜び。

これは現今のクルマにはほとんど当てはまらない、と決めつける訳ではないが

最近のクルマはめっきり絵にならない、いわゆる被写体力が全くないといっても良い。

その点ラシーンは旅行の風景と一緒に撮影したりできるのだから

これはカメラ好きにとっては格好のクルマである。

13_1

ラシーンとオーナー様の記念撮影

この度は、S様ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

ナイコンFM2もこの日のためにご用意いただき恐縮です。

まずはISO400で統一されれば露出が正確に把握できるとおもいますので

これからラシーンとカメラを楽しんでください。

今日はコレマデ。

本日の名言

あなたはいつも写真を撮りたがる

あたしはいつもそれを嫌がるの

by椎名林檎 『ギブス』より

何か心に感じるところがありますねぇ。