兵庫県南あわじ市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

モケットシート パオ

往年の

PAOと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度は、淡路島にお住いのK様の元へお届けにあがり

ましたPAOトラディショナルをご覧頂きたいと思います。

アクアグレイの車体を全体的にレストアを施し、ぴかぴ

かに仕上げ、錆止めなども含めて製作致しました。

フロントフェース

ドライビング&フォグ

ドライビングランプとフォグの2連は、これも往年のパ

ターン。山坂道や濃霧も一安心ですなぁ。しかし、この

フォグランプはどちらも1980年代のデッドストックであ

り、なかなか簡単には見つかりません。

ナルディウッド

ナルディウッド

こちらも往年の、ナルディウッドステアリング。イタル

所に、往年のイメージをあてはめて製作が進められてい

ます。

モケットシート

上質なモケット60

かなりの上質なモケットシート。60デザインで張替えも

超クール!!

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとう

御座いました。長くお待ち頂きましたが、内外装も含め

レストア差し上げました。また沢山のお土産もいただき、

恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

自分に打ち込めるものがあるうちは、

まだまだ青春期。

by平山郁夫

京都府南丹市のK様 ラシーンフォルザ『GOVI-SAND』納車おめでとうございます

ラシーン 園部

生身天満宮

ラシーン

ラシーンに菅原道真公

市井の人が正月に学業祈願に訪れる天満宮。京都は北野、

福岡は大宰府、山口には防府、大阪は日本三大祭の一つ

に数えられる大阪天満宮に、菅原道真の宝物の9割を所有

している道明寺天満宮がある。そのそれぞれの創建は、

道真公が大宰府へ左遷され、お隠れになられた後に数々

の天変地異が朝廷内に起こった事による天満信仰が発端

であり、天神様の対象となった事に由来するのである。

実に人が神になったというのは少なからずあるが、菅原

道真が学問の神様として崇められているのは、誰もが知

る訳である。その天満宮にも最古となる天満宮が、京都

府丹南市園部にある生身天満宮であった。生身というの

は、道真公が左遷される折、生きているまゝ祀られた事

に由来する。今日は、そんな天神様の信仰の場の一部を

ご覧頂いた。

ラシーン 記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度は京都府南丹市にお住いのK様の元へお届けに上が

がりました、ラシーンフォルザをご覧頂きたい。今回の

車両も、内外装にリペアと塗装が施されて、SWのLTDカラ

ー『GOVI-SAND』での仕上げが行われた。

ラシーン フォルザ

フロントフェース

フォルザはその丸目4灯のヘッドライトが特徴的であるが、

どうもバンパーのバランスが少し不自然さがあり、という

のはわたしの個人的な感覚であって、ブラックにペイント

する事と、ナンバー下部のアンダーガード風の表現を本当

のアンダーガードらしくアルミ風にアレンジしてあげれば

モノモノしくカッコはヨロシイ。手前味噌であるが、ブラ

ックペイントの艶を消した感覚は絶妙である。

ラシーン シート張替え

ラシーン シート張替え

ツイード生地による張替え

英国ハリスツイードの生地でと言いたいが、そのような

イメージで張替えが行われたラシーンのシート。質感も

良く肌触りも良し。

ラシーン 右舷後方姿見

クォーターグラスのペイント

各部のブラックペイントに合わせ、クォーターの小窓も

ペイントを施し埋めてしまうという。

ラシーン 後妻姿見

ボディーとタイヤのバランス

オーバーフェンダーが着いているから、その際ギリギ

リまでタイヤを出す、いわゆるツライチは美徳とされ

てきたが、このようにタイヤを内々に入れるのが、ス

ピードウェル的美徳であると、わたしは考える。

ラシーン フォルザ

フォルザGOVIの雄姿

この度はK様、ラシーンフォルザGOVI納車、誠におめで

とうございました。現代の遣唐船のような雄姿は、菅原

道真公も驚きの様子でしょうか。末永くお乗り頂けます

様に!

今日はコレマデ。

本日の名言

努力して結果が出ると、自信になる。

努力せず結果が出ると、傲りになる。

努力せず結果も出ないと、後悔が残る。

努力して結果が出ないとしても、経験が残る。

千葉県印西市のI様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ

夏、冬

30年前までは、春夏秋冬をあたしは楽しんだ記憶がある

。卒業、入学シーズンには桜が美しく咲きこぼれ、雨が

よく降り出したなと思えば梅雨になり、今日も明日も、

明後日もしとしと雨を楽しんだのである。そして、朝

顔と蝉の声を聴いて、暑い夏を額にいっぱいに汗をかき

夕暮れには雷と通り雨が、昼の厚さを吹き飛ばしてくれ

るのである。蝉もツクツクボウシが泣きはじめると、秋

祭りのタイコが町中響き渡り、そして鈴虫の鳴き声を聴

きながら、三五夜を団子と共に愛でるのである。そうこ

うしていると銀杏の葉が地面一杯に黄色く染めあげて、

冬へと向かう。本当に四季は風情があり、移り変わり

を楽しんで生きてきた訳であるが、ココ10年はめっき

り二季といっても過言ではない。人々はどこへ向かう

のだろうか。PAOはその先をじっとみつめている。

パオ 記念撮影

この度は、千葉県印西市にお住いのI様の元へお届けに

あがりました、PAOトラディショナルをご覧頂きたいと

思います。アクアグレイのPAOに、フィガロのような、

ホワイト一色でキャンバストップも内装も仕立てられ

納車されました。

フロントグリル パオ

お色直しされたフロントフェース

毎度の事ではあるが、バンパーやグリルを純正に準じて

お色直しを施した状態。これがまさにPAOの顔である。

内装 パオ

ホワイトで統一された内装

フィガロのレストアの際に使用するホワイトの生地を使

用して仕立てられたPAOのシート。汚れは付けば台所用の

白いスポンジでさらっとふきあげると綺麗になる。

パオ 平姿見

パオ 平姿見

すでに、スタッドレスタイヤを装着して冬支度である。

今年は寒くなりそうだが、これは温暖化の影響で、極地

の氷が解けだし、その冷気が南下しているだけであろう。

パオ 千葉

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

この度はI様、PAOトラディショナル納車誠におめでとう

ございました。色々とお気遣い頂きありがとうございま

した。

今日はコレマデ。

本日の名言

どんなに悔いても過去は変わらない。

どれほど心配したところで未来も

どうなるものでもない。

いま、現在に最善を尽くすことである。

by松下幸之助

愛媛県今治市のH様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

PAO教

仏教

シルクロードにPAO

愛媛の松山から今治に抜ける道中に、石手寺という遍路の

寺があった。そこをPAOで通りぬけた訳であるが、巨石に

よる仏塔がわたしを出迎え、まさに現代のシルクロード

(絹の道)の様である。このシルクロードにPAOをそっと

留め置けば、カールヴァーン達が原野に※PAOを広げて明

日の夜明けを待っていると言わんばかりだ。と、かなりの

妄想である。して特に気に入ったのは石灰岩を型で作った

仏像で、それは日本では見慣れないからだ。良く見るとこ

の仏像の髪型は螺髪(らほつ)という、いわゆるパーマ状

であり、シルクロードでは比較的新しい仏像の形である。

これがなぜ新しい仏像の形であったかと言うと、そもそも

ギリシヤのアレクサンドロスの東征から流入したギリシア

彫刻より、仏教の仏像製作が盛んになったと言って良いほ

どで、その時代から紀元2世紀前後の仏像は螺髪ではなく

、ギリシア人の髪型のウェーブ状であったのである。わた

しはひょんなところからハッダ遺跡の仏頭を手にしている

が、これも初期のウェーブ状の髪型である。これが、ガン

ダーラに入り、さらにマトゥラーで現地の位に高い人の髪

型と融合して螺髪となった訳である。今日の授業はこれま

で。

※PAOという名はモンゴルの遊牧民が使用している移動式

住居(ゲル)を中国語読み(包)を指しているというのは

知る人ぞ知る。

パオ 今治

PAOと記念撮影

この度は、愛媛県今治市にお住いのH様の元へお届けにあが

りましたPAOトラディショナルをご覧頂きたい。アクアグレ

イの車体でMTと言う、すでに珍しい個体である。

パオ フロント

フロントフェース

バンパーやグリルは純正カラーを踏襲しており、ザ、パオ

である。グリル中央のバッジのPAO文字の左右にはゲルが

描かれているのはPAOの七不思議の一つであった。

パオ 内装

PAO内装

PAOの内装風景

ハンドルコラムやセンターコンソールにはアイボリーのセ

ミグロスで塗装が行われ、ベージュのモケットの優しさに

マッチしている。

テールランプのリペア

テールランプのリペア

一般的なPAOはテールランプは樹脂製であるがため、経年

の劣化により艶も失われ、決して綺麗な状態ではないが、

ご覧の通りリペアを施し美しい状態に。

PAO 今治

PAOと今治の様子

この度はH様、PAOトラディショナル納車、誠におめでとう

ございました。造船の街、タオルの街、今治に元気よく走

っているPAOの姿は、皆さんに美と勇気を与えることだと、

思います。長くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

日本文化は決して東海の孤島に孤立したものではなく、

ユーラシアに吹きわたる風の中に呼吸し続けたものだった、

とわれわれは言いたいのだ。

by栗本慎一郎

栗本氏はパオイストのための冒険シミュレーションの中で、

PAOの事をメトロノーマッド、都会の遊牧民と讃えていた。

新潟県新潟市のS様 ラシーントラベラー納車おめでとう御座います

スムージング

スムージング

ラシーンのカスタマイズの中で、背面のタイヤと天井の

ルーフレールを取り除く、いわゆるタイプ1仕様という物

がある。それらは、ボディーから取り外された後、穴埋

と板金が行われ、今一度塗装を行うという工程であるが

匠の技でないと、そのパネル自体がうねりを生じてしまい

綺麗に見えないのである。今回は、そのトランクパネルの

スムージングをご覧頂いたが、全くの歪もなく綺麗に仕上

げが施されている。これぞ正しく逸品である。

ラシーン 新潟

ラシーンと記念撮影

この度は、新潟県新潟市にお住いのS様の元へお届けに上

がりました、ラシーントラベラーSW-LTDをご覧頂きたい。

トヨタの70ランクルと近いベージュはSWのオリジナルカラ

ー。バンパーやホイールもクロムト仕上げを行い、これか

ら長く使用に耐える事であろう。

ラシーン バンパー

ラシーン フロントフェース

後期モデルの縦型グリル。中央の日産マークもキラリと

輝いている。バンパーや、リップスポイラーには程よく

艶消しが行われたブラックペイントでフィニッシュ。

ラシーン ウッドパネル

ラシーン ウッドパネル

縞杢のウッドパネル。ナルディウッドステアリングとの

カラーもしっかり合わせている。

ラシーン シート張替え

ウェル50デザイン レザーシート張替え

特別なレザーで仕立てられた50デザインのシート。単色

でも十分雰囲気があり、それでいて肌触りも良い。

ラシーン 新潟

ラシーントラベラー 平姿見

15インチの純正アルミをブラックペイントして、リムのみ

アルミポリッシュ。この少しの差で足元がひきたつ。

ラシーン トラベラー

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

ドアアウターハンドルはボディー同色にすることによっ

て、ハードさがスポイルされてこれもCOOL.

ラシーン 新潟

ラシーントラベラー右舷前方姿見

この度はS様、ラシーントラべラー納車誠におめでとうご

ざいます。長らく製作にはお時間頂きましたが、お喜びい

ただけまして幸いです。末永くご使用ください。

今日はコレマデ。

本日の名言

人はなぜ登るのか。

そこに山があるからさ。

byマロリー

熊本県人吉市のH様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

太平楽

豚まん、シューマイの太平楽とPAO

太平楽という中華料理店や焼き肉店は日本中にどれほ

どあるだろうか。そして、これが雅楽という日本の宮

廷音楽の雅楽の内にある舞楽、太平楽という舞である

という事は知る人ぞ知る訳である。この太平楽という

舞は、天皇が即位の大礼の直後に演奏されるというの

が習わしであり、今回の即位の大礼後にも天皇陛下の

御前で宮内庁式部職楽部による演奏が行われた。

テレビのニュースにもその様子が映し出されていたが、

世界各国の王や首相、大使などもご覧になられ、その舞

の勇壮さに驚かれている様子。市井の人がこれらを鑑賞

するというのは、なかなか機会に恵まれない事には難し

いだろうが、毎年秋には皇居の式部職楽部の練習場で、

雅楽鑑賞会が行われ、これは往復はがきを出して抽選で

招待してくれるのである。倍率は20倍ほどと聞いている

が、是非応募してご覧頂きたいものである。

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度は、熊本県人吉市にお住いのH様の元へお届けに

上がりました、アクアグレイのMT仕様をご覧頂きたい。

こちらも、ボディーの内外装にリペアが施され、美しく

仕上げが施され、お家までお届けに。ナチュラルな自宅

の駐車場での撮影。

フロントグリル

フロントフェース

やはりPAOのフェースはオリジナルのカラーが人気であ

る。バンパーやグリルはその少し違ったシルバーでリペ

イントを施し、可愛らしい。

テールゲート

リアエンド

PAOのリヤエンドの形状には沢山のファンが。丸いランプ

も良し。出っ張ったバンパーも良し。ボコッと膨れたフェ

ンダーも良し。三方良し。

パオの内装

ウェル60デザイン シートの張替え

こちらも、特別なマテリアルを使用して張替えが行われ

ている。柔らかいベージュのカラーがアクアグレイのボ

ディーカラーにマッチ!!紺色のパイピングが一癖あっ

てCOOL.

パオ 人吉市

PAOと人吉城跡

この度はH様、PAOトラディショナル納車誠におめでとう

ございました。また沢山のお土産を頂き、恐悦至極に存

じます。末永くお乗り頂けます様に。

今日はコレマデ。

本日の名言

何度も何度も傷つけられたら

相手を紙やすりだと思えばいい。

多少、擦り傷は受けれど、

自分はピカピカになり

相手は使い物にならなくなる。

byクリス・コルファー

静岡県浜松市のS様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

PAOと地球

PAOと地球

PAOと地球人

果たして、人類はいったいどちらに向かっているのだろ

うか。人は生まれて100年という間に死を迎えるだろうが

子孫が繁栄すればその先はどうなるのだろうか。すでに

イギリスの産業革命以降、目覚ましい発展を遂げた人類

であるが、想像もつかない環境破壊、地球を破壊してし

まったのである。そして人類だけでなくすべての生態系

に悪影響を及ぼし、これは良いはずがない。自動車も然

り。PAOとて、環境に良い物ではないはずである。しかし

ながら、現在あるモノを使わずに生きるとなれば、それ

が全体ではなく、個人だけが何かに努力したとて、何も

変わらないのである。であれば、一つの物を長く大切に

してあげれば、ゴミが増える事はないのではなかろうか。

新車から13年で廃車されるクルマ達をよそ目に、一台を

長く使用して地球に貢献することは可能であるはずだ。

PAOと記念撮影

PAOと記念撮影

この度は、静岡県浜松市にお住いのS様の元へお届けにあ

がりました、PAOトラディショナル、オリーブグレイをご

覧頂きたいと思います。内外装は程よくレストアされ、新

車にはなりませんが、新車みたいと仰って頂けるような、

仕上がりに感動して頂きました。

パオ フロントフェース

フロントフェース

グリルやバンパーはグロスラッカーで仕上げが行われ、

新車当時の面影を再現。ヘッドライトリムなども美しく

リペアが施され、これから長くお乗り頂くのには必項。

ウェル50デザイン パオ シート張替え

ウェル50デザイン 内装張替え図

ダッシュ上下もシートと共に張替えが行われた様子。

最近は茶系が多いが、これらのマテリアルが、超が

付くほど高級素材であるため。革より本革というキャ

ッチが良く似合う。

PAOと地球

PAOと地球

まさにモニュメントのような、そして風景の一部である

ような佇まい。これが、昨今の自動車であれば似合うも

のがあるのだろうか。

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル 天竜川

この度はS様、PAOトラディショナル納車誠におめでとう

御座いました。たくさんのお土産も頂き、本当にありが

とうございます。

今日はコレマデ。

本日の名言

最大の幸福とは、幸福など

求める必要のないものだと

知る事である。

昭和レトロカー万博が大阪で開催されました!!

レトロカー万博

昭和レトロカー万博in大阪

オールドタイマー主催のレトロカー万博が大阪の南港で

開催されました。昭和の名車が数百台とひしめき合い、

ステージのトリでは、ラシーンの開発秘話を当時デザイ

ンチームをまとめられていた坂口善英氏と、デザイナー

の平林俊一氏、そしてオールドタイマーの編集長と私で

ラシーンの魅力、パイクカーの魅力について語りました。

スピードウェルのブース

スピードウェルのブース 開場前

レトロカー万博は昭和の時代のクルマたちが主役である

が、PAOとラシーンはそれらに仲間入りさせて頂ける事に

なった。なんとも、すでに名車であるという事だろう。

SWのブースでは、車両の展示に加え昭和の時代の駄菓子

を子供たちに販売しようという事で、駄菓子屋と射的屋

さんに転職。

懐かしむ

沢山の方がシャッターに納めた

モディファイされたPAOは、沢山の方がシャッターに納

め、ラシーンは蒼井優さんがCMで使用した実物で、これ

もまた沢山の方が腰を抜かしておりました。

駄菓子屋

駄菓子屋さんの様子。

色々な自動車の祭典は有りますが、子供たちは親に振り

回されてかわいそうなのであります。今回は子供たちの

オアシスを作ろうという事で、駄菓子屋さんになりまし

た。

射撃

射的ならぬ射撃

こちらも、子供から大人まで楽しめる射撃を行いました

。5発中3発的に当てれば、ラシーンのミニカーがプレゼ

ント!!合計7台も持ってかれました!!

射撃が上手だった皆様の記念撮影!!

この中に陸上自衛隊が2名!!なんとも上手なので逆に

安心致しました!!

なんとも機関銃まで装備されてるとは、こだわりですな。

記念撮影

最後にラシーンdesignチームと記念撮影

という事で、またこの模様は後日動画にアップ致します

ので、是非ご覧ください!!

今日はコレマデ。

本日の名言

生き残ったクルマ達のヘッドライトは

皆、丸かった。

滋賀県草津市のN様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーンな日々

日日是好羅針

日々、ラシーンな人生をあらわした、日日是好羅針。

その極意は、丁度良いという言葉に置き換えられる

だろうか。便利すぎることのなく、されとて滅多に

不便ではない。ただ、少しの不便な所によって、日

常が麗しく感じるという訳である。特に日本人は追

求するのが得意な人種であって、渡来したものも全

て日本の形に変えるという技術がある。さらに、便

利な物はさらにより良くすることも可能である。た

だ、ココに一点のクモリがあるとするならば、追求

スルガ如く、幸福感が失われてしまうという事であ

る。そもそも、自動車は馬車から派生したものであ

って、馬車から工業製品のクルマになった時点で、

それはとてもとても便利になった。しかし、現代に

その時代のたとえばT型フォードを運転して誰が、

便利だ、幸せだと感じるのだろうか。そう、便利と

は負のスパイラルなのである。便利になればなるほ

ど、人は不幸になってしまうという訳だ。そこで、

ラシーンの提案だが、便利もほどほどにと言う発想

が、日日是好羅針となる訳である。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度は、滋賀県草津市にお住いのN様の元へお届けに

あがりました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。

ラシーン 草津市

ラシーントラベラー 琵琶湖のほとり

ライトブルーというさわやかなカラーのラシーンにアイ

ボリーのホイール。リヤタイヤキャリアを省いた、とて

も洒落た仕様がオーナーのこだわり。

ラシーン レザーシート

ウェル60design ラシーンレザーシート

安価なPVCレザーではなく、特別なマテリアルを使用した

ラシーン専用レザーシート。アイボリーのパイプと合わ

せ、カラダにやさしい。

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

スムージングされたトランクの仕上げも美しく、スマー

トで惚れ惚れ。

ラシーントラベラー

この度はN様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござ

います。またコーヒーも御馳走頂き、お父様とのお話も楽し

かったです。末永くお乗り頂けます様に、お祈り申し上げま

す。

今日はコレマデ。

本日の名言

すべてはまぼろしのようなもの

by仏教