京都府京田辺市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

金粉漆繕い

金粉漆繕い

いわゆる金継ぎは、割れてしまった陶片を漆で張り合わせ

金粉をまぶして装飾したものである。

代表的な作に江戸時代初期の芸術家 本阿弥 光悦の「雪峰」

があり、これは誠に修理という概念では考える事の出来ない、

美術芸術へ昇華した金繕いの技法と言える。

さらに古田織部は大井戸茶碗を十字に割り、裁断して

体積を減らした上で金繕いで再びつなぎ合わせた『十文字』

など、これなんぞは退屈な大井戸茶碗が見事に芸術の域へ

昇華させた、前衛的な芸術活動であったと、わたしは思う。

わざと傷をつけるというのは、前時代の千利休の精神とは

全く対極にあって、自然体としての不完全さを肯定する

侘茶の中心的な美意識ではなく、

意図的に不完全にするというところが芸術的で面白い。

しかし、どちらも本質は、不完全を愛でるということであって

今日の日本が目指す『完全』という事柄や物は、

まったくもって面白くはない。

茶道の世界ではひびが入ったり割れたものをくっつけたりした

お道具が珍重されることが往々にしてある、という文化を紡ぐ

日本という国は実に世界でも稀な美意識であり、日本人は

今一度美意識をせんたく致し候、というくらいの革命を起こし

美しい思想の社会を形成出来れば素敵だと思う。

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル

この度は、京都府京田辺市にお住いのK様の元へお届けに

あがられたPAOトラディショナルをご覧頂きたい。

アイボリーに禅塗装して製作されたPAOトラディショナル。

誰が見ても、どう見てもアイボリーの車両である。

メーター左脇差しにはマグノリア時計を封入し、

純正風の塗装で仕上げが行われているところが小憎い演出。

フロントフェース PAO

フロントグリル周辺

バンパーのシルバー色、グリルのガンメタリック色が

PAO本来のカラーである。

写真にはないが、PAOのワイパーは左右非対称で、

右側のみフィンが装着されて少し大型となっていた。

この左右非対称が気に入らないから左側のワイパーを

右に装着する市井の人は、もっと不完全を

楽んでみては如何だろう。

コップ&缶受け

コップ&缶受け

ドアレギュレーター、インナーハンドル、と一直線上から

少し下に設けられたコップ&缶受け。

この不完全さも、面白さのひとつであって、

完全ほど面白くもかゆくもないものはない。

PAO内装一具

PAO 内装一具

ダッシュパネル上下とシートの張替えはシックに決まり、

純正ハンドルが栄えている。

PAO 写真

PAOちゃんと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車

誠におめでとうございます。

エンジンから何から部品の交換を行ったPAO。

10年、20年と長くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

何にても 道具扱ふたびごとに 

取る手は軽く 置く手重かれ

by利休居士

奥の深い名言ですね。

愛媛県西条市のF様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

日本の原風景

日本の原風景

日本の原風景

日本の原風景。この場合、個人単位によっての原風景の

イメージは異なって当然であって、それは「茅葺屋根の

民家が建ち、よく手入れされた田畑のある農村風景」で

あるかもしれないし、ある人にとっては「東京のビル街」

である場合もあれば、夕暮れ時に味噌汁の匂いのたち

込める低い軒の立ち並ぶ下町の町かもしれない。

しかし、日本の原風景となると、その最大公約数を

表す事となるから、稲作定住が行われた紀元前300年から

変わらない農村の風景は日本の一番の原風景と

言っても過言ではない。

パオトラディショナル 後方姿見

PAOトラディショナル後方姿見

この度は、愛媛県西条市にお住いのF様の元へ

お届けにあがられたPAOトラディショナルをご覧頂きたい。

パオ まつ毛

パオとヘッドライトピーク

ヘッドライトピークは、角度を変えるとパオちゃんの

雰囲気もがらりと変えることが出来る。

パオ60スタンダードレザー

Wells60スタンダードレザー

タンレザー一色で仕立てられた、60DESIGNのレザーシート。

ダッシュパネル上部は少し濃い茶を選定し、

一連の空気の流れをつくっている。

パオちゃんとご夫婦の記念撮影

PAOちゃんとご夫婦の記念撮影

この度はF様、パオトラディショナル納車

おめでとうございました。

末永くお乗り頂けます様に、心を込めて製作致しました。

西条で元気に走る姿を、また拝見させて頂ければ幸いです。

美容室 マジョラム

マジョラム 美容室

とてもお洒落でこだわりのある美容室を営まれておる

という事で、ご覧頂く事に致そう。

マジョラム

完全予約制

それでいて、お一人様づつのご案内。

昨今の数をこなす理美容ではなく、

丁寧にお客様思いである。

こだわりの美容液

こだわりの美容液など、

センスは抜群

価格

西条からお近くの方は、一度ご来店なされては

如何でしょうか。

PAOも停まっているので、お話も弾む事間違いはない。

今日はコレマデ。

本日の名言

人生という試合で最も重要なのは、

休憩時間の得点である。

byナポレオン・ボナパルト

昨今、ブラック企業やら、長時間労働など巷では

賑わせておりますが、日本人は働き過ぎで

その時間分の対価がない、いわゆるワーキングプア

とはうん十年前から言われておりました。

今に始まったことではなく、そもそも不要なサービス

も多いわけであります。24時間営業や盆、正月なども

営業するという仕組みは自由経済主義と超資本主義の

中で起こって当たりまえ。

そこに、国家がメスを入れ、人間らしい社会を構築

しなければなりません。まだまだ、日本の社会は

未熟という事ですかな。

千葉県君津市のS様 ラシーントラベアー納車おめでとうございます

伝統的工芸品

七宝焼

伝統的工芸

一定の地域で主として伝統的な技術又は技法等を用いて製造される物が

伝統的工芸品、俗に言う伝統工芸である。

日本各地にはそうした工芸を次世代に受継ぐために新たな試みが

繰り返されている訳である。これは世界中でも同じ現象が起こっており

古きを温め、新しきを知るという事に他ならない。

昨今伝統的工芸品が自動車を彩る風潮もあり、漆、煤竹や印伝などを

取り入れたスパイスの効いた内装の製作に、わたしも取り掛かろうとしている。

しっかし、上の写真の通り、エンリコ・ナルディやエンツォ・フェラーリという

伊太利亜人らはとかくにセンスが良く、ロングライフな伝統工芸品を作る訳である。

フェラーリのエンブレムに至っては、金属工芸の一種で伝統工芸技法のひとつである

七宝焼で製作してたり、同社のマフラーの音質はイタリアの交響楽団が

味付けをしているというのだから、すでに芸術の域に到達していると言える。

以前面白いテレビを見た。それはイギリス人が日産のGTRの工場を

リポートするという内容だ。

イギリス人は、なぜGTRは箱型の形をしているのか?!と日産のエンジニアに

質問をすると、日産のエンジニアは『四角いからと言って、空力が悪いとは

限りません。』という回答であった。

これにはさすがにわたしも日産も終わりだなと思った。

要するに、イギリス人は『速そうな雰囲気を感じたい』訳であって、

この箱型の自動車が本当に速いとか、そんなの関係ねぇである。

フェラーリのようにジェット戦闘機のような機能美からくる

美しくエロチックなフォルムがあってこそ、速いクルマはより輝くのである。

パオやラシーンのような『気分』を造った日産ではあるが、これは日産が

造ったのではなく、当時のデザイナー人のセンスが上質であっただけだ。

※七宝焼・・・金、銀、銅、鉄、青銅などの金属製の下地の上に釉薬

(ゆうやく:クリスタル、鉱物質の微粉末を水とフノリでペースト状にしたもの)

を乗せたものを摂氏800度前後の高温で焼成することによって、

融けた釉薬によるガラス様あるいはエナメル様の美しい彩色を施すというもの。

七宝焼のフェラーリなどと比べると金額の比ではないから

そこまでは出来ないかもしれないが、国産メーカーの高級車でさえ

エンブレムがプラスチック製である事を考えれば、現在の国産車種メーカーの

モノづくりのお粗末さが伺い知る事が出来る。

全ての物を大量生産、大量消費。そして低価格、低価値を追求する姿勢は

三流国家であるという事を、日本人は理解する必要がある。

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は千葉県君津市にお住いのS様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。

ドラえもんブルーと称される、美しいブルーのラシーンは

実は自然体のブルーカラーであって、本来の名称はブルー、なのである。

昨今の自動車の意味不明な何とかレッドや、何とかホワイトとか

いちいち不必要な名称が多い中、ストレートな表現で現されている事に

ラシーンの素朴さ、自然さ、雄大さが伺う事が出来るであろう。

ナビゲーションのプロダクト

プロダクト感とナビゲーション

ラシーンのプロダクト感とは、全体的に外付けのパーツが

立体的に見えるというアプローチであって、

ラシーンデザイナー平林俊一氏のお話では、『ガンダムについている

何かの排気口だとか、そのような物に感じるでしょ』である。

『フロントグリルは空気を取り込みますよ、というような雰囲気』

このお話はとても面白い。

ナビも然り、埋め込みではなく、ラシーンらしく飛び出しているのが

ラシーンらしい訳である。

フロントフェース

フロントフェース

空気を取り込みますよ、というフロントグリル廻り。

リヤタイヤカバー

デニムタイヤカバー

生地の素材感を楽しみ、デニム調タイヤカバーは

3色がラインナップ。近日ネットで公開予定。

ラシーン記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はS様、ラシーントラベラー納車おめでとうございます。

シートの紐も強化してお送りいたしましたので、

末永くお乗り頂ければ幸いです。

アウトドアなお洒落センスでラシーンとばっちりお似合いです!

今日はコレマデ。

本日の名言

三重県いなべ市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

笙

従五位 奥行業 製作の笙
従五位 奥行業 明治3年製作の笙

笙 しょう

日本人は古来より自然と共に歩み続けてきた人種である。

そう言われれば、どの人種もそのだと思う訳であるが、

音楽で比べてみればもっとも解りやすいだろう。

たとえば、西洋の音楽は五線譜上であり、しっかりした音階

さらに、拍子や、音の強弱などもすべて五線譜に刻みこまれ、

それらは指揮者が統制するわけである。

これは、人間が自然空間(時間)を掌握せしめんとする行為である事に

ほかならない。

それとは別に、日本の古来より存在する雅楽では、五線譜はなく

音程も口伝で言い伝えられる。さらには、指揮者もいない。

『息を合わせる』とはよく言ったもので、これは雅楽用語であり、

笙、龍笛、篳篥などは息継ぎで拍子を自然に整えて演奏される訳である。

さらに驚く事に、笙はこの画のような雲間から差し込む光を

音で表現しているのであるから、音楽自体の概念が自然(宇宙)である。

はるか昔、日本人の感性はすでに最果てまで辿りついていたのかもしれない。

PAOトラディショナル 前方正面姿見

PAOトラディショナル 前方正面姿見

この度は、三重県いなべ市にお住いのK様の元へお届けにあがられた

PAOトラディショナルをご覧頂く事に致そう。

サルタヒココーヒーでもお馴染みの椿大神社の麓で撮影されたPAO。

雲間から差し込む光は、まさにサルタヒコがニニギを天上から迎え入れた

瞬間とクロスオーバーする。などといううんちくはさておいて、

オーナーの思いのカラーに仕立てて製作が施された。

ナルディクラシック ウッドポリッシュ

ナルディクラシック ウッドポリッシュ

往年と呼べるDESIGNは、最近ではロングライフデザインと呼ぶ事もある。

すでに、柳宗理は使い捨てのデザインはDESIGNにあらず、と仰せられる通り

昨今の新型車はもうどのような形でもよく、燃費と便利であれば何でもよい。

スタッドレスタイヤ

ブリザック 12インチスタッドレスタイヤ

Be-1,PAO,FIGAOR専用にブリジストンに特別オーダーをかけた

12インチのスタッドレスタイヤ。4~5シーズンは使用可能だ。

さるたひこ

PAOトラディショナル 後方姿見

日本の風景に良く映える、PAO。というより

PAOがいろんな風景を絵に変えてくれると言える。

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。

大変長らくお待たせ致しましたが、お喜び頂き恐悦至極に存じます。

また、お土産も頂き、駅までお送り頂き、その瞬間大雨まで、

心より感謝致します。

今日はコレマデ。

本日の名言

瞬間を生きる。いまだけなのよ。

by岡本敏子

今今と今という間に今は無く、

今という間に今は過ぎゆく訳であります。

謹賀新年『暮らしの手帖』の巻!!

謹賀新年

暮らしの手帖

皆々様、あけましておめでとうございます。

遂に西暦2017年、神武歴(日本の歴)2677年が始まりました。

本年も今まで以上に仕事に励みますので、ご愛顧のほど

よろしくお願い申し上げます。

さて、2677年第一回のblogからは、パオやラシーンのフィルターを通して

見た日本の美しい物や事、風景を紹介していこうという事で、

新しきコンテンツ『暮らしの手帖』を始めます。

一度きりの人生。同じ時間(とき)を紡ぐなら、美しい物や事に

囲まれているほうが、だんぜん幸せである事に間違いはありません。

必ずといって便利ではないけれど、そこにはウキウキするとか

ワクワクする感覚。人間らしく楽しい生活が沢山待ってます。

それでは1年を通じてやっていきますので乞うご期待ください。

今回はパオ、ラシーンオーナーにはググッとくる

『うつわ』がテーマといたしまして、島根県の玉造温泉街にある

湯町窯をご紹介。

バーナード リーチ

鳥取民藝運動とバーナード・リーチ

民藝がその枠を超えて、現代に通ずるうつわに昇華したのが、鳥取民藝運動である。

柳宗悦を祖とし、河合寛次郎、浜田庄司、バーナード・リーチ氏らは

民藝の美を現代の生活に取り入れるために、日常の生活のための

衣食住に渡る幅広いデザイナーとしての足跡も大きく、

これらは、新しい民藝の世界を開花させ、日本の旧き良き物が

お洒落なもとして見直された瞬間であった。

昨今では、都市部の流行のカフェなどのうつわにも使用されていたり

セレクトショップなどでもちらほら見かけるようになり

民藝がすでに日常の中でお洒落な雑器として扱われているようである。

食器を選ぶお客様

食器を選ぶお客さま

食は至極のひと時であり、好みのコーヒーカップでティータイムは

やはり幸せである。

たくさんのお客様がご来店になられ、椅子に腰をかけながら

食器を選べるのが、湯町窯ならでは。

そうこうしているうちに、お抹茶の一服を点ててくれる。

周辺には日本一の美肌の湯と称される(玉造温泉)があるから

ドライブに出かけた帰りには立ち寄って疲れをほぐしてほしい。

パオのシート

シートやハンドルなどの色選び

こうしてみると、パオやラシーンのハンドルやシート選びなども

自動車に乗っている時間を素敵なひと時に変えてくれるアイテムに

仕立てる仕事である。

自動車のなかの民藝運動と言えば解りやすいだろうか。

湯町窯

うつわのあれこれ

コーヒーカップ

しのぎが入ったコーヒーカップ

パオやラシーンの造形は、その民藝的にたとえやすいのは

プロダクトの真髄が近いところに置かれているからである。

大名茶器や日用の雑器、それぞれどちらもうつわであって

うつわその物や料理を楽しむのはもちろんの事。

しかし、その料理になる前の素材選びから楽しめるのが、

パオやラシーンと共通している所ではなかろうか。

という事で、本日は『わたしの物差しで語る、暮らしの手帖』

(正式名称)第1回目という事で、最後までご覧頂き有難うございました。

今日はコレマデ

本日の調子

ひとつの物を愛で長く大切に使うこと。

月刊スピードウェル新春お年玉号の巻!!

北海道からPAO

札幌時計台のPAO

沖縄県石垣島までラシーン

石垣島にRASHEEN

北海道から沖縄まで

遂に新年を迎える事となり、スピードウェルでは全国各地のお客様の元へ

PAO、RASHEENを製作してお届け致しました。

それぞれのお客様はとてもお洒落で、単にクルマを選択するわけでなく、

人生の一部を彩る、そして個性を主張する物としてお選びになられたと思います。

便利一辺倒で不自由のない社会のなかで、もっと人間らしい生き方をもとめて

PAO、RASHEENに行きつく方もおられます。

冒険や旅をコンセプトにしたPAO、RASHEENだからこそ、人生の旅に出かける

事が出来るのかもしれません。

というわけで、サル年も皆様には多大なるご声援を頂き誠に有難うございました。

くる年も御贔屓のほどよろしく願い申し上げます。

黒島結菜さんとラシーン

黒島結菜さんとRASHEENとcamera

月刊スピードウェル2017だよ新春お年玉号はコチラ

http://www.speed-well.jp/contents/gravure/no062/

東京都世田谷区のO様 ラシーントラベラーsea様納車おめでとうございます

sea ラシーン

シーラシーン

ラシーントラベラーsea

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、東京都世田谷区のO様の元へお届けにあがられたラシーントラベラー

海バージョン、をご覧頂きたいと思う。

O様は、だいの海好きということで、湘南に九十九里にラシーンが良く似合う仕様

ということで、製作が進められた。

wells60 スタンダードレザー

wells60 スタンダードレザー

トロピカルなイメージで、美しい海の色といえばこのような風合いになるだろうか、

シートのカラー調整には最大限に努力し、O様の思いを実現したと言える。

網戸仕様

網戸が装着

夏には窓を開けて寝れる仕様ということで、網戸が活躍する。

もちろん日よけにもなる。

フロントフェース ラシーン

フロントフェース 

17㎝の特大フォグランプはラシーンの純正オプション。

夜に走り出して海や山へ向かう途中のおともに最適である。

タイヤカバーもseaブルー

内装に合わせてタイヤカバーも海仕様。

要するにラシーンは気分であり、ワクワクが止まらない

非日常的である事が重要だ。

ラシーントラベラーsea左舷後方姿見

ラシーントラベラーsea左舷後方姿見

この度は、O様ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。

また、手作りのカレーもごちそうになり、駅までお送り頂きまして

恐悦至極に存じます。末永くラシーンと共に。

今日はコレマデ。

本日の名言

できるか、できないか、ではない。

やるか、やらないか、である。

お見事。

石垣島のT様 ラシーントラベラーNS納車おめでとうございます

八重山にラシーンが上陸

八重山にラシーンが上陸

遂にラシーンが八重山に上陸したという事で、本日はその速報でございます。

数日間はお店から出ており、お問い合わせを頂いた皆様には、大変ご足労おかけ

しました。日本中でお喜び頂けます様に努力いたしますので、何卒ご容赦ください。

さて、今回のラシーントラベラーでございますが、すべてに塗装をやり直して、

整備も含め、これからガソリン自動車が尽きるまでお乗り頂きたいという思いで

製作を行わせて頂きました。

12月末には月刊スピードウェルで30枚ほどのお写真もアップ致しますので、

本日はその数枚をご覧頂きたいと思います。

ラシーンIN石垣島

リゾート感がたまらない。

昨今のデザイン自動車では、風景も絵になりません。

ラシーンをそっと留め置くと、美しく見える。

これが美しいDESIGNの所以であり、長く愛される訳であります。

フロントフェース

ラシーンのフロントフェース

けっして本気の4WDのデザインでないところも、ラシーンの素敵な所。

たとえば、スズキのジムニーや、トヨタのランドクルーザーなどの本気車でなく、

いわゆる汗臭くない、オシャンティーさを演出してると言えば解りやすい。

さんぴん茶

さんぴん茶も良く似合う。

ラシーンは、ジュースというよりハーブティー。

とにかく大人らしい、洒落たライフスタイルを演出してくれる

道具なのであります。

ということで、続きは後程。

富山県高岡市のN様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

祝 ユネスコ世界文化遺産

祝 ユネスコ世界文化遺産

ラシーントラベラー 高岡の大仏前

ラシーントラベラー 高岡の大仏前

この度は、富山県高岡市のN様の元へお届けにあがられたラシーントラベラー御車山を

ご覧頂く事に致そう。

高岡と言えばこの大仏さんと、12月1日に晴れてユネスコ世界文化遺産に登録された

高岡御車山のお祭りである。

N様のご自宅のすぐ横に御車山の会館があり、御祝いを兼ねて訪れさせて頂き候。

ラシーンと富山銀行

ラシーンと富山銀行

御車山会館の前には煉瓦造りの富山銀行があり、ここにそっと留め置いても

ラシーンはいつも通り画になるのである。

ラシーントラベラー 後方姿見

ラシーントラベラー 後方姿見

高岡のメーンストリートでのスナップショット。

N氏に聞くところによると、電柱も地中に埋まったということで、

清々しい通りである。日本の空ははいつから電力会社ものになったのか。

美しい景色を見た瞬間、空を取り戻した気分に浸れるわけである。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はN様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

また、沢山のお洒落なお土産を頂き恐悦至極に存じます。

ナガオカケンメイのD&Dがこんなところにもあるだなんて!!

それでは、世界遺産に登録された御車山会館の一部をご覧頂いたいと思います。

御車山

御車山

山車の幔幕

山車の幔幕

陵王の面

舞楽 陵王の面

舞楽 迦陵頻

舞楽 迦陵頻

鳥兜と 大太鼓 三管

鳥兜 大太鼓 三管

舞楽 胡蝶

舞楽 胡蝶

素晴らしい装飾

素晴らしい装飾

御車山の装飾は素晴らしく、漆芸、彫金、織物、のそれぞれが日本の粋を

集めた物でもあり、新調には3億円と掛かるようである。

今回拝見させて頂いた御車山の幔幕には、春秋舞楽図という図柄で雅楽が

描かれており、なんとも雅なあつらえであった。

気になるお囃子も、迦陵頻(カリョウビン)という雅楽の曲目である。

都からは少し遠いが、前田家の美的センスがお祭りからもにじみ出しているよう。

という事で、ユネスコ世界文化遺産登録おめでとうございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

仕事は自分で探して、創り出すものだ。

与えられた仕事だけをやるのは、雜兵だ。

by 織田 信長