第三十五回 大阪樂所 雅楽演奏会

樂所_1

雅楽

雅楽(ががく)とは、大陸(中国、朝鮮半島)を経て、日本で

花開した伝統的な音楽である。古い文献などを読み解くと、聖

徳太子の時代に遣隋使を派遣した頃に大陸の音楽が輸入され、

それらが平安時代には芸術的に昇華し、大成されたのである。

今では世界最古のオーケストラ(管絃楽)と言われる雅楽であ

るが、実になじみは少ない。なぜなら、明治までは天皇、公家

や大名の一部、そして楽家にしか演奏することが許されておら

ず、一般的にふれる機会がなかったからである。現代では結婚

式や、各団体の雅楽演奏などでお耳にかかる事が出来るから、

教養のためにも一度は鑑賞されては如何であろうか。

IMG_1439_1

宮内庁式部職楽部

皇居内にある楽部は江戸城の隣に位置し、当時は大奥の屋敷が

あった場所である。左右にある大太鼓は太陽つ月を表し、陰陽

の思想なども音楽に取りこまれている事が伺い知る事が出来る。

という事で、本日はわたしが所属している大阪樂所の雅楽演奏

会が来る7月2日に大阪国立文楽劇場で開催されるから、少しの

コマーシャルである。

今日はコレマデ。

本日の名言

一オクターブ弱しか出ないからこそ、

一つの音にこだわるんです。

by東儀雅季

雅季先生の篳篥の音は、心が洗われます。

愛知県豊田市のO様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ブラックデニムタイヤカバー

素材で楽しむ

ラシーントラベラー 前方正面姿見

ラシーントラべラー 前方正面姿見

この度は、愛知県豊田市にお住いのO様の元へおとどけにあが

られたラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。シダーグリ

ーンと言われる深緑色のカラーリングは当時の販売台数が少な

く、現在は超希少価値の高いモデルとなった。

フロントフェース ラシーン

ラシーントラベラー フロントフェース

ラシーンのフロントグリルは2モデルが存在する、というのは

ある程度ラシーンを勉強すれば解る。そして、平成8年末、9

年初頭に横穴式から竪穴式に変更があった、という事はもう

少し勉強すれば解るはずだ。また、タイプSというグレードは

グリル中央部がガンメタリックで塗り分けられていた、という

所までくると、立派なラシーンイストである。

ナルディクラシックウッド

ナルヂクラシックウッドステアリング

Wells 60 スタンダードレザー

Wells 60 スタンダードレザー

Wells タイヤカバーの張替え

Wells タイヤカバーの張替え

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はO様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござい

ます。長らくお待たせ致しましたが大切にお造り致しました。

末永くお乗り頂ければ幸いです。それでは、人生の旅に。

今日はコレマデ。

本日の名言

弱っているときにしか見えないものがある。

調子のいいときには飛ばしてしまっている。

よしもとばなな

茨城県つくば市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

スピードウェル 諸国民藝店

諸国民藝の旅

諸国民藝

以前金沢21世紀美術館で開催された、工芸とデザインの境目

という展覧会の影響もあって、工芸とデザインのバランスを

熱心に研究している。パオというクルマは、その工芸とデザ

インの丁度中央部にあるような、なんとも奇妙奇天烈摩訶不

思議な恰好で、遠い未来に向けて発射された工業製品である、

というのは少し難解な伝え回しである。それはともかく実に

パオのデザインの草案時には用の美という概念が取り入れら

れ、柳宗悦が唱えた、日曜の雑器が使えば使うほどに味わい

が増すというエッセンスが自動車というインダストリアルデ

ザインに初めて適用されたものであると推測する事が出来る。

パオデザイナーの古場田良郎氏は、後にそのことを、ホーロ

ーの鍋の日常使いの傷の味わい深さが、パオで言う、バンパ

ーが鍍金ではなくシルバーの半艶の塗装とすることで、洗車

をしながら味わい深くなるだとか、傷がついた時にホームセ

ンターでラッカーを買ってきてオーナー自身で気軽に補修が

出来る、そういう風な感覚というイメージを私達に伝えてい

る。誠に発想がユニークで、当時の最先端はパオであった事

に間違いはない。

※トップ写真右はスピードウェル諸国民藝店所蔵品 

布志名焼 船木研児作 ガレナ釉 湯呑

関連イベント

【ギャラリートーク「舩木研兒の人と仕事」】
ゲスト:舩木伸児(布志名舩木窯当主)井上一(出西窯陶工)
日時:4月29日(土・祝)14:00〜15:00
会場:出雲民藝館 本館
料金:無料

【スリップウェア実演】
ゲスト:小島鉄平(てつ工房・出雲民藝協会員)
日時:3月18日(土)1回目:11:00〜 / 2回目:14:00〜

主催:出雲民藝協会、出雲民藝館
後援:山陰中央新報社

パオトラディショナル 左舷前方姿見

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、茨城県つくば市にお住いのK様の元へお届けにあが

られたPAOトラディショナルをご覧頂きたい。

パオ フォグランプ

PAO フロントフェース

シビエビサージュという直径13センチほどのフォグランプは

濃霧の時に活躍する。

モトリタフラット MK2ハンドル

Moto-Lita フラットMK2ウッドステアリング

パオのカラーに合わせてホーンモチーフもグリーンであしら

という細部の拘りが重要。

Wells 50 Design パオシート張替え

Wells 50 Design パオシートの張替え

こげ茶一色で統一されたパオレザーシート。落ち着いた雰囲

気が大人らしさを演出している。

アイボリー ホイール

ホイールラッカーフィニッシュ

バンパーやグリル、ホイールなどはオーナーの好みにより、

塗装のカラーが選択出来る。

パオと記念撮影

パオちゃんと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうご

ざいました。急遽キャブレーターも新品いたしましたので、

長く長くお乗り頂けますようお願い申し上げます。またお土

産まで頂き、恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

「名もなき職人が実用のためにつくり、

庶民の日常生活の中で使われてきたものこそ美しい」

使われてきたという事は、長く愛用しているということに他

ならないわけであり、PAOのような車が美しく見えるのは、

この名言からも伺う事ができます。

香川県木田郡にお住いのM様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーンと西欧風

ラシーンと西欧の風

非日常を意識してdesignされたラシーンというクルマの物語は

西欧にあって、南仏あたりのリゾートな気分がロケーションで

あるという。プロヴァンスの昼下がりにサンドイッチを片手に

運転している姿を想像すると、容易にラシーンな雰囲気を味わ

う事が出来る訳である。何度も紹介するがここで重要なのは、

あくまで気分であって、それが人間を幸せにしてくれるエネル

ギーの源であるという事に、DESIGNの本質が隠されている。

ラシーントラベラー フロントフェース

ラシーントラベラー フロントフェース

この度は、香川県木田郡にお住いのM様の元へお届けにあがら

れたラシーントラべラーをご覧頂きたい。サンドベージュ色で

製作された前後のバンパーは、ラシーンの四駆感をスポイルさ

せた、とても優しい仕様。オーナーの拘りは細部に及ぶ。

ラシーン 内装張替え

Wells50 スタンダードレザー

ラシーン専用のスタンダードレザー仕様で張替えられたシー

ト。座、側、パイピングのそれぞれにカラーを選定し縫製が

される。

ラシーン タイヤカバー

Wells タイヤカバーの張替え

シートとは少しのアレンジを加えて、タイヤカバーが製作。オ

ーナーのオリジナリティーが主張される部分である。

ラシーン 西欧の風

ラシーンと西欧の風

ラシーン 納車

ラシーンとご家族の記念撮影

この度はM様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござい

ます。沢山のお土産もいただき、更には高速バス停まで、お送

り頂き、恐悦至極に存じます。末永くお乗り頂けます様にお祈

り申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

日本の美術品と西洋の美術品のもっとも大きな違いは、

観賞用の西洋に対して、日本は用の美を愛でるところ。

茶器のように茶会に使われてはじめて美が完成する。

by柳宗悦

山梨県笛吹市のO様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

作陶

作陶

PAOトラディショナル

陶芸の春

陶芸といってもいろいろな種類があって、日曜の雑器から飾り

皿や壺、茶道に使われるお茶碗まで幅は広い。比較的に扱いや

すいのは、日曜の雑器であって、モーニングカップはコーヒー

を飲む人であれば、毎日のことであって特別に大切にしている

モノが存在するわけだ。料理は7割が視覚的な味わいだけあっ

て、コーヒーなんかは器で味が変わる恰好の物であると言える

。個人的には、バーナードリーチがデザインした持ち手の支え

が何とも扱いやすく、工芸とデザインの境目にあってお洒落さ

を演出している、とそう感じるわけであるが、日曜の雑器は、

使えば使うほどに味わい深くなる、用の美を追求する心から生

まれてほしいと願っている。

パオトラディショナル

PAOトラディショナル 遠景姿見

この度は、山梨県笛吹市にお住いのO様の元へお届けにあがら

れたPAOトラディショナルをご覧頂く事に致そう。O様の奥様

が陶芸家とあって、いろんなところをこだわって頂き、製作

が進められた。

パオトラディショナル

フロントフェース

純正仕様での製作がほどこされたフロントフェース。PAOの顔

とはこれの事である。

Well50スタンダードレザー

Well50スタンダードレザー

シートはハンドルと同色であつらわれ、ダッシュ上下パネルの

カラーは渋めの茶色となる。

PAOトラディショナル 遠景姿見

PAOトラディショナル 後方遠景姿見

雪解けと春のかほりに風情を感じるのは、日本人であればその

はず。新しい気持ちでPAOに乗って人生の旅に出るには良い季

節だ。

パオと記念撮影

パオと記念撮影

この度はO様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござ

います。また、沢山のお土産を頂き、さらには駅までお送り

頂き恐悦至極に存じます。末永くお乗り頂けますようお祈り

もうしあげます。

今日はコレマデ。

本日の名言

世界には、

きみ以外には誰も歩むことのできない

唯一の道がある。

埼玉県川口市のA様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

日本民芸館

民藝のうつわ

日本民芸館前

サヨナラ民芸。こんにちは民藝

柳宗悦の「民藝論」が果たした日本近代史の工芸美術における

業績は1つの金字塔と言えるものであるが、民藝思想が工藝会

に残したものは何かは解らない。という話は良く聞かれる所で

ある。わたしが思うに使えば使うほどに味わい深くなる、用の

美という視点が、美徳であるという考え方。長く使えるモノに

は命が宿っているという生命観などが、現在の大量消費のゴミ

社会の時代に一言物申すと言わんばかりであって、民藝という

言葉自体がこれからの時代にさらに大切にされるのではなかろ

うか。ラシーンに乗って、こんにちは民藝と言いたい。

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

この度は、埼玉県川口市にお住いのA様の元へお届けにあがら

れた、ラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。やさしいラ

イトブルーのラシーン色にシックなブラウンで内装を製作。フ

ロントフェースは丸目型に変更が施されCOOLな仕上がりに。

ラシーン 内装

Wells50 スタンダードレザーシート

ナルディウッドに引き締まったブラウン色のレザーシートが大

人らしさを演出。パネルのラッカーはボディー色とし、ノスタ

ルジックな風合いへと味付けがされている。

ラシーン リヤセクション

タイプ2仕様のリヤセクション

背面タイヤのカバーの張替えと、ステーのラッカーフィニッシ

ュ。オーナーの希望のカラーで製作される、まさしく逸品だ。

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

ラシーントラベラー 右舷後方姿見と民藝館西館

この度はA様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござい

ました。末永くお乗り頂けます様に懸命に働きました。これか

らは、相棒として、楽しくお乗りください。

今日はコレマデ。

本日の名言

毎日をその日の収穫高で判断せずに、

まいた種で判断しなさい。

三重県度会郡南伊勢町のN様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

南伊勢

南伊勢 パオ

南伊勢のPAO

PAOトラディショナル 前方やや正面姿見

PAOトラディショナル 前方正面姿見

この度は、度会郡南伊勢町にお住いのN様の元へお届けにあが

られたPAOトラディショナルをご覧頂く事に致そう。アクアグ

レイ色のキャンバストップ、そしてオートマチックといふPAO

の中で一番のスタンダードな形ではあるが、幌とシートや、内

装の一部をオーナーの好みとすれば世界に一台のPAOとなる。

フロントフェース パオ

PAO フロントフェース

ヘッドライトピーク(通称=まつ毛)をそうちんして製作が進

められたフロントフェース。バンパーやグリルは当時のカラー

に復刻されて製作が行われている。

ザ モケット PAO専用シート

ザ・モケット ノスタルジックなシート

使うほどに味わい深くなるをキーワードに、雰囲気のある高級

生地を使用して製作されたザ・モケットシート。オーナーが使

えば使うほどにシートになじみ込んで、風合いが増す。

PAO 阿曾浦

PAO 平姿見

パオはどの角度からみても、惚れぼれするデザイン。

南伊勢の街並みとPAO

南伊勢の街並みにPAO

PAOと記念撮影

PAOと記念撮影

この度はN様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござ

います。沢山整備致しましたので、末永くお乗り頂けれると

思います。またバス停までお送り頂き幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

不思議なことに、便利は善であるという完全な幻想が

往々にして存在するものです。

愛知県額田郡のH様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーントラベラーと温泉

龍城温泉

ラシーンと温泉

ラシーントラベラー フロントフェース

ラシーントラベラー フロントフェース

この度は、愛知県額田郡にお住いのH様の元へお届けにあがら

れたラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。すでに、シ

ダーグリーン色のラシーンは国の重文に指定されており、手

に入れることは難しくなってきている。昨今は、オールペン

でそれと同等に製作するという技術も確立しており、オリジ

ナルか否かは精神衛生上の問題となる訳である。

ラシーントラベラー テールエンド

ラシーントラベラー テールエンド

タイヤの無い仕様という事で、スムーシングが行われて製作

されたカタチがこれである。リヤのスペアタイヤ有り無しは

オーナーの好みによるところが大きい。

Wells 50 スタンダードレザー

Wells 50 スタンダードレザー

自動車という工業製品の中で、スピードウェルがこだわるの

は手づくりの部分。それぞれのオーナーの好みにあわせて一

つひとつ手間と隙をかけて仕上げる。

ラシーン フロントタイヤ

リヤタイヤ ラシーン

タイヤ前後

4シーズンタイヤとホイールカバー

オーナーのこだわりにより完成した足回り。内に見えないホ

イールまでアイボリーにペイント仕上げがほどこされている。

バンプラとラシーン

バンプラとラシーンの共存

この度はH様、ラシーントラベラー納車誠におめでとう御座い

ます。バンデンプラスにラシーンが負けていないところが、

見どころですね。ラシーンのDESIGN forceには脱帽です。

末永くお乗り頂けます様にお祈り致しております。

今日はコレマデ。

本日の名言

過去のものといえども

真に価値あるものは

常に新しさを含んでいる

by柳宗悦

いつまでも輝き続ける所以ですね。

金沢21世紀美術館『工芸とデザインの境目』展

21世紀美術館 工芸とデザインの境目

ラシーンデザイナー 平林俊一氏

工芸とデザインの境目展

今回は、ラシーンデザイナー平林俊一氏と共に金沢21世紀

美術館で開催されている『工芸とデザインの境目』展のお

話である。工芸とデザインは何が違うのか?という疑問を

投げかけた今回の展覧会は、プロダクトデザイナーの深澤

直人氏による企画。深澤氏といえば、現在日本民藝館5代目

の館長でもあり、民藝、工藝、デザインの立ち位置をバラ

ンス良く伝えてくれそうだ。果たして工芸とデザインに境

目はあるのか。という疑問から始まる展覧会は、その境目

あえてを見出すことによって、工芸的、よりデザイン的、

はたまた、これは工芸でもありデザインでもあるという風

な視点でモノを見ることが可能となる。沢山の若者

沢山の若者で混雑する。

工芸やデザインに対する展示会で平日にもかかわらず満員

御礼の様子。

左 工芸 右 デザイン

左によるほど工芸 右に行くほどデザインという展示

工芸は作者とつくり手が同じ人物である。もちろん分業の

場合もあるがそれは作者が一つのものに複数存在すること、

という内容から始まるが、これに対しデザインは作者とつ

くり手は異なる。そしてつくり手は人ではなく機械である

場合も少なくは無い。これは工業製品といい、工業製品に

はデザイナーとモノの間にさらに設計者がいる。というお

話から始まるが、前置きに今回の展覧会では手づくりのも

のを工芸とし、量産できる工業製品をデザインとして分け

ようとしは訳ではない。手づくりと言っても工具や機械を

使う事もある、工業製品と言っても手の作業が発生するこ

ともある。しかし、しかし、手でつくるものと機械で生産

するものがそれぞれ工芸的であり、デザイン的であるとい

う解釈は間違えてもいない。まさに、ココに核心があるか

もしれないと、これはわたしの意見である。

工芸的でデザイン的

工芸的でデザイン的

パオやラシーンがどこの位置に存在するのか、という発想

が出来る事がすでに、工芸的であったりデザイン的である

という、発想の対象物となる訳であるが、これが昨今の車

のどれほどが対象物となろうか。話はまだまだつづく。