愛知県春日井市のO様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーン

夢の25年

ラシーンが発売されてはや24年である。年があけると、いよ

いよ四半世紀という。これは自動車としては本当に素晴らし

い記録である。どれだけの車が25年人気があって、そして、

日常でも安心して乗る事が出来るであろうか。今一度、各

大手自動車メーカーは本当に大切な物、事を考えて欲しい。

とその前に、日本という国に問題があるとわたしは考えて

いる。第一に新車から13年経過すると税金が高くなる制度

は、如何なものか。大切する事を否定して、新しい物ばか

り買わすための政策など浅はかである。一流国、ドイツを

見てみたら、新車から30年乗りづつけたら税金がタダにな

るではないか!!メーカーは30年乗り続けれるモノづくり

もしないといけないし、されとて新しい物も販売したいと

いう、この究極のジレンマの中で良い物が生れるわけであ

る。だから、トヨタもフォルクスワーゲンに抜かれたのは、

残念ならが当然の結果である。

ラシーン ドラえもん

ラシーン ドラえもんカラー

この度は、愛知県春日井市にお住いのO様の元へお届けにあが

りました、ラシーンドラえもんカラーをご覧頂きたい。

ナルディウッドハンドル

ナルディクラシックウッドステアリング

3連風メーターには古典的なステアリングが良く似合う。

ラシーン モケット

ラシーン専用 モケットシート

ベージュ色の美しいモケットシート。ウッドハンドルなどと

合まって優しい印象。

タイヤカバー

タイヤカバーの張替え

これまたベージュ色で張替えられた、背面のタイヤカバー。

オーナーの個性が光るところ。

ラシーン 納車

ラシーンと記念撮影

この度はO様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござ

います。ウッドパネルが間に合わず、また点検の際に取付け

差し上げますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

人の偉さというのは、いかに世の中に奉仕したかということだ。 

by 本田宗一郎

宮崎県東臼杵郡門川町のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

みそぎ池

みそぎ池

筑紫ノ日向ノ橘ノ小戸ノ阿波岐原

日本には神代の時代があった。そんなことを真面目に話すと

この人は少し頭がくるってるんじゃないのか、と思われる昨

今。しかし、あったのである。笑。まあ古事記、日本書紀を

お読みになられた方なら理解はして頂けるが、日本の教育か

らは戦後ぬけおちてしまっているのでしかたがあるまい。で

はイザナギ、イザナミという言葉を聞いたことのある方は少

しは居るはず。日本、オオヤシマが誕生する段である。イザ

ナギ、イザナミが天の橋にたち矛で混沌としたものをかき混

ぜ島をつくる。そして最初に誕生したのが淡路島なのである。

とココで、うそだろっとおもった方はまだまだ驚くのは早い。

さて、そこから少し話は流れ、残念な事にイザナミが死んで

しまう。その姿はけっして見てはならないのに、イザナギが

怖い物見たさで見てしまうのだから、神話も面白い。さらに

話は続くが、イザナギはイザナミが居た黄泉の国の穢れを祓

うためにみそぎを行ったのが、この写真にある筑紫の日向の

橘の小戸の阿波岐原にある(みそぎ池)なのである。宮崎県

はこのほか、沢山の神話の場所が存在するから、パオに乗っ

て日本を探しに旅に出たいものである。
 

パオ

パオトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、宮崎県東臼杵郡にお住いのK様の元へお届けにあ

がりました、PAOトラディショナルをご覧いただきたい。ア

クアグレイの車体に茶色いキャンバストップ。さらにはルー

フキャリアを装填しての登場である。

パオ

パオ トラディショナル フロントグリル

SWでは、フロントグリル周辺も新しく塗装がほどこされて納

車される。純正色はもっともPAOらしいが、その他のカラーに

も変更は可能だ。

パオ シート張替え

パオ シート張替え

2トンカラーで張替えられたレザーシート。最近は新しいレ

ザーも仲間入りして、皆様には楽しんで頂ける。

パオ ルーフキャリア

パオ 純正ルーフキャリア

なんとか納車日までに入荷した純正ルーフキャリアにも、再

度塗装が行われて取付された。

パオ

パオ トラディショナル テールエンド

PAOのこのカタチ、未来の車にはもうないのだろうか。

パオ

パオ トラディショナル 右舷後方姿見

パオと記念撮影

パオと記念撮影

この度はK様、パオトラディショナル納車誠におめでとうござ

います。内装などいろいろとこだわって頂き、美しいPAOが出

来上がりました。末永くお乗り頂ければ幸いです!

今日はコレマデ。

岡山県岡山市のM様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

PAO パオ

日本の道

日本はいったいどういう道を選ぶのだろうか。あまりにも便

利になりすぎて、身体を動かす事が少なくなったので、フィ

ットネスクラブでモルモットのように機械の上で走るのであ

る。しかも大切な時間を使ってだ。そもそも、日常の生活で

身体を動かしていると、フィットネスなど通う必要はないの

である。だからと言って、便利を否定しているわけでもない。

必要な便利だけを手に入れ、その他の便利は使わなければ

良いだけである。その精神性の先にPAOが在る訳であって、

現代のクルマには本当に滅多と使わない便利が沢山ついてい

る。たとえばハンドルの裏のパドルシフト。スポーツカーに

はまだしも、ワゴン車にも装着されているのには痛々しい。

電動スライドドアもしかり、パワーウィンドウもしかり、

手があるのだから、自身で動かせば下手な事故も起こらない

わけである。しかしメーカー側としては、他メーカーが装着

したならつけないと売れないというのだから、これはもう買

う側の問題であって、いまや日本人の価値観やセンスが悪く

なったから、わざわざメーカーが合わせてくれていると言っ

たほうが良いだろう。

パオ

PAOトラディショナル グリーンペイント

この度は、岡山県岡山市にお住いのM様の元へお届けに上が

りました、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。ハイセン

スなグリーンにオールペイントを施して製作されたPAOは、

小物や内装も、こだわりを見せている。

レイヨット

レイヨットフォグランプ

デッドストックのレイヨットフォグランプ。英国の納屋から

偶然発掘されたフォグを特別に用意して装着された様子。

黄色く輝くフォグランプはPAOの水先案内人である。

パオ フォグ

パオ フォグ

レイヨットフォグランプ

この物々しさによりPAOの存在感がマシマシである。

モケット パオ

パオ モケット

パオ専用 ザ・モケットシート

グレイカラーがグリーンのボディー色をひきたてている。

なかなかの味わいである。

パオと記念撮影

PAOと記念撮影

この度はM様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござ

います。内外装の仕上げだけでなく、末永くお乗り頂けます

様に、整備にも力を入れて製作さしあげました。どうぞPAO

ライフをお楽しみください。また、駅までお送り頂きありが

とうございました!!

今日はコレマデ。

本日の名言

この世は、考える者にとっては喜劇であり

感じるものにとっては悲劇である。

長崎県大村市のO様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーン 大村湾

ラシーントラベラー ホワイト

この度は、長崎県大村市にお住いのO様の元へお届けに上が

りました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。長崎市より

空港へ向かうと大村は有り、市内と違ってそんなに山坂では

ないが、ラシーンが重宝する街並みである。

ラシーン トラベラー

ラシーントラベラー 前方正面姿見

純正に準じたカラーリングであるがワイパーをシルバーに

、アクセントを効かせている。

フロントグリル ラシーン

ラシーン フロントグリルのラッカーフィニッシュ

SWではフロントグリルはもちろん、ホイール、リヤのタイヤ

ステー、なども塗装のやり直しが着いてくるから、長持ちで

ある。また、ホイールやタイヤステーはカラーがお選び頂け

るから、内装と合わせてお好みに。

ラシーン 大村湾

ラシーンと大村湾

この度はO様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござ

いました。内装のお写真を撮り忘れて申し訳ありません。ま

た大変お喜び頂けましてうれしく思います。末永くお乗り頂

ければ幸いです。

今日はコレマデ

本日の名言

人生はどちらかです。

勇気をもって挑むか、

棒にふるか。

byヘレン ケラー

島根県松江市のH様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

明々庵

明々庵

明々庵

松平不昧公 200年祭

島根県の松江にはいろんなお話があって、あれもどれもこれ

もしたい訳であるが、一昨年国宝に指定された松江城の殿様

第10代、松平不昧のお話である。不昧公は言わずと知れた、

江戸期の大名茶人であるが、この殿様のおかげで、松江は芸

術的にも優れた町になったのである。意外と戦国時代から江

戸時代までの流れを今に伝えているものは沢山あって、茶道

は、千利休が大成させたあと昭和の戦争の苦難を乗り越えて

今でも数寄物やインテリジェンスな大人が嗜んでいるのであ

る。松平不昧公の時代に思いを馳せながら、私は見よう見ま

ねで薄茶を頂き、茶席を出て、眼下に広がる松江城と街並み

に篳篥を奏上していると、茶席の亭主が表れて、良い雰囲気

ですなぁ、もっとやってくださいと仰られたので、源氏物語

にある盤沙調の調子を街並みに響かせた。芸術に熱い町、な

んとも松江とは素敵な国である。

パオ 松江城

PAOと松江城

この度は、島根県松江市にお住いのH様の元へお届けに上がり

した、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。オリーブグレイ

の車体カラーは、松江ではお抹茶色でございまして、松平不昧

公もお茶色のPAOとそう呼んでおります。

パオ フロントフェース

PAO フロントフェース

パオ レザーシート

PAO 内装の張替え

パオ 松江

PAO わんちゃんも気になる。

小泉八雲

ラフカディオ ハーン

小泉八雲も愛した街並み、松江には旧き佳き日本が今も伝

えられており、PAOとの相性も抜群でございます。

パオと記念撮影

PAOと記念撮影

この度はH様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうご

ざいました。製作にはたくさんのお時間を頂きましたが、

それ以上に磨き上げてお持ち致しました。末永くお乗り頂

けますように。また、駅までお送り頂き感謝致します。

今日はコレマデ。

本日の名言

明々百草頭

by明々庵

存在のひとつひとつ、現象のひとつひとつには、

仏の意思があり、意味がある。という言葉。

うどん県高松市のK様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

屋島

屋島

屋島ナウ

平安時代に繰り広げられたのは、源平の戦いである。平清盛

亡き後、平家と源氏の力の構図が崩れ、一気に源氏が平家を

追討してしまうのである。この屋島もその戦火の地であって

都から福原に遷都した平家が、うどん県の屋島の港にて体制

を整えんとする所、源氏がおよび戦が繰り広げられた場所が

この地ではあるが、現在は埋立されて民家が立ち並んでいた。

しかしこの場所は確かに那須の与一が扇の的を射ぬいたその

場所である。『沖には平家船を一面に並べて見物す。陸には

源氏くつばみをならべて是を見る。いづれもいづれも晴なら

ずといふ事ぞなき。与一目をふさいで、「南無八幡大菩薩、

我国の神明、日光の権現、宇都宮、那須のゆぜん大明神、願

はくはあの扇のまんなか射させてたばせ給へ。これを射損ず

る物ならば、弓きり折り自害して、人に二たび面をむかふべ

からず。いま一度本国へむかへんとおぼしめさば、この矢は

づさせ給ふな」と、心のうちに祈念して、目を見ひらいたれ

ば、風も少し吹きよわり、扇も射よげにぞなったりける。』

という平家物語の大切な場所である。平安時代の記憶を辿る

と、この風景はとても残念でならないが、諸行無常、世も移

り変わるのが常であるから仕方があるまい。されとて現代人

はもう少し敏感にならないと、近年まで保たれてきた物や事

を、容易に破壊してしまうから、細心の注意が必要だと思う。

ラシーン イサムノグチ

ラシーンとイサムノグチ

この度は、香川県高松市にお住いのK様の元へお届けに上が

りました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。シダーグリ

ーン色が素敵なトラベラー。今回はボディーをフルレストア

し製作が行われ、ピカピカにして四国に上陸。

ラシーン 前期

ラシーン前期モデルのグリル仕様

平成9年を境に、グリルの意匠が異なるのは、ラシーンオーナ

なら知るところであるが、初めて購入するときには、知るま

でに時間が掛かるところ。シダーグリーンは後期カラーであ

から、この前期モデルを装填してモデルは本来は存在しない

はずであるが、それを中期モデルと勝手に名づけている。

ラシーン レザーシート

ラシーン レザーシートの張替え

ラシーントラベアー 平姿見

ラシーントラベラー 平姿見

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はK様、ラシーントラベラー納車おめでとうございま

す。末永くお乗り頂けます様に整備も行いお届け差し上げ

ました。どうぞ、ラシーンと暮らしを楽しんでください。

今日はこれまで。

本日の名言

運は実力の内にある。

東京都小平市のK様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーン ウッドパネル

工業製品ではない工業製品

大量生産、大量消費とは、いったいどういう事、モノなのか

という事を日本人は理解しているのだろうか。一般的には大

英帝国の産業革命によって機械化が普及し、同じ時間で、よ

り多くのものを造る事が出来るようになった。機械化という

ことは、人件費もカットすることが可能になり、今までより

より安く、より沢山造る事が出来るようになり、いわゆる生

産単価を下げる行為、これが、大量生産である。そして、大

量生産により安く物が買えるようになった為、頻繁に買い替

え(消費)することが可能となった。これが大量消費である。

しかし、21世紀になり果たして大量生産、大量消費は良かっ

たのであろうか。生産単価を下げる行為によってより沢山の

物を造らないといけない、そのために、仕事量も増えてしま

っただけではないだろうか。そして、頻繁に買い替えれる、

価値の低い物を造り続け、大量のごみを出しただけではない

だろうか。価値のある工業製品はどれほど存在するのだろう

と、わたしなりの答えは、やはり長く使えるという点がどれ

にも存在するということである。工業製品でない工業製品。

という言葉を今日あてはめたい。

ラシーン トラベラー

ラシーントラベラー 前方姿見

この度は、東京都小平市にお住いのK様の元へお届けにあが

りました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。サンドベー

ジュのカラーが洒落たボディーカラーにシートと、タイヤカ

バーには黄土色でなかなかのルックスである。

ラシーン フロントグリル

ラシーン ザ・フェース

全車に新しく塗装がされるフロントグリル。いつ見ても美し

いのは良い事である。

ラシーン ウッドハンドル

ナルディ クラシックウッドステアリング

こちらもラシーンに良く似合う、ナルディ製クラシックウッ

ドステアリング。新しく見直したウッドパネルとの相性も抜

群だ。

ラシーン シート張替え

Wells50スタンダード ラシーンのシート張替え

単色で張替えを行ったレザーシート。ウッドハンドルやパ

ネルも考慮した配色である。

タイヤカバーの張替え

タイヤカバーの張替え

タイヤカバーは太陽光によって一つ明るく見える事によって

一段濃いカラーで仕立てられたカバー。パイプピングはシー

トと同色にして、一癖を追加。これがスパイスになる。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はK様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござ

います。東京の都会の街並みにラシーンも良く似合います。

末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

未来とは、

今である。

byマーガレット・ミード

北海道中川郡池田町のA様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ バナナ

バナナ饅頭

バナナ饅頭

バナナリパブリック

バナナ饅頭の発祥とバナナリパブリックなクルマ

丁度美しい銀杏の木の下で、バナナ色に染まった風景とPAOの

写真がクールであるが、北海道の紅葉も11月が見頃となって

は、いよいよ温暖化は現実的なものである。今回は、中川郡

池田町という、帯広と釧路の中間の街にお届けにあがり、そ

こにはバナナ饅頭の発祥のお店があると聞きいたので帰りに

立ち寄ってみた。店内は洋食店も並列して営まれており、バ

ナナ饅頭も頂く事が可能であって、PAOがバナナリパブリック

という米国のアパレルブランドのイメージを基にデザインさ

れているというお話があるので、以前バナリパで販売されて

いたTシャツのロゴがまるのままバナナだったことを思い出し

た。ただそれだけである。

PAOトラディショナル 前方姿見

PAOトラディショナル 前方姿見

この度は北海道中川郡池田町にお住いのA様の元へお届けにあ

がりました、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。アクアグ

レイの車体は、北海道の極寒でも使用できるように、天井のマ

テリアルも見直して製作を行った。

パオ 顔

フロントフェース

バンパーやグリルはパオの風合いを損ねる事のないように、

純正に準じたカラーリングで製作を行った。ただ、天井は黒

茶のジャーマントップで張替えが行われ、耐候性にも十分に

配慮。

ヘッドライトピーク

実はまつ毛を装着。

正面からは何気なくPAOの純正と思いきや、実はヘッドライト

ピーク、通称まつ毛が装填されている。これで、ヘッドライト

に雪が積もる事はない??

パオ

PAOトラディショナル 平姿見

北海道の歴史は、実におもしろく、飛鳥時代もなければ、奈

良時代、鎌倉時代もない。縄文時代のあとは、擦文時代とい

う時代が13世紀まで続くのだから、ゆったりとしている。

ホイールとタイヤ

スタッドレスタイヤを装填

ブリザックLV1を装着して、雪道に備える。北海道や青森で

はほとんどがブリザックの装着だと聞く。

パオ

PAOのヒップ

この度はA様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござ

います。末永くお乗り頂けます様に、心を込めて製作致しま

したが、それ以上に長くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

欲の少ない人は苦労が少ない。

欲の多い人は苦労も多い。  

by仏教

三重県伊賀市のY様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

鎧張り

鎧張り

鎧張りとは、木造家屋においての外壁の工法であって、非常

に長持ちする。新築から時間が経つと、日に焼けて木の色も

どんどん移り変わり、味わいが深く出てくるものである。し

かし昨今はサイディングボードという外板をただ単に張った

家がほとんどをしめており、こういった木造の手間のかかっ

た本格的な家は少なくなった。きょうも辛口で申し訳ないが

美的な視点から日本の風景を第一に考えると、サイディング

は一生味わい深くならないという点面白みがなく、汚れるだ

けなのでとてもマイナスである。世界中の街の風景と見比べ

ても、日本の風景がどれほど雑多で、程度が悪いだろうか。

それらは、サイディングボードとアルミサッシという建築素

材を使用して仕上げた外装であるからにほかならない。また

DESIGNか工藝かという視点でいうとサイディングはDESIGNで、

手仕事で仕上げた(漆喰、モルタル、木製外板)などは工藝

である。ココまで話の風呂敷をひろげると、またややこしく

なってくるわけであるが、味わい深いというのは工藝によっ

て表現されるものであって、より味わい深い景観で生きると

いう事は、その人間の心を豊かしてくれるのは確かである。

たとえばイタリア、フランス、イギリス、ヨーロッパの街並

みで育まれた美的センスがあってヨーロッパ人がブランドを

創り出しているのである。入江泰吉という写真家がとった奈

良の写真をご覧になられた方はおられるだろうか。日本らし

い美しい街並みをしっかり記憶させているわけであるが、日

本には日本の歴史と文化がまずあって、そこから育まれる日

本的美的センスを大いに発揮したいものである。其の為には

日本人は、まず日本の歴史と文化を大切にすることから始め

なければならないし、そうしなければなにより日本の未来は

美しくはならないだろう。

ラシーントラベラー 前方姿見

ラシーントラベラー 前方姿見

この度は、三重県伊賀市にお住いのY様の元へお届けに上が

りました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。

ラシーン レザーシート

ラシーン 50スタンダードレザーシート

茶色一色で仕上げたレザーシート。単色の落ち着きが大人ら

しい。

タイヤカバーの張替え

タイヤカバーの張替え

ボディー同色にシルバーのパイプがクールである。

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

この度はY様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござ

います。ピカピカに仕上げたダークブルーの車体は顔も移り

込むくらいですが、今後のワックス掛けなど頑張って下さい

。またお土産まで頂き恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

明日死ぬかのように生きよ。

永遠に生きるかのように学べ。

byガンジー

茨城県笠間市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ 造形美

造形の美しさ

凸凹しているからスマートではないというのは、如何だろう

か。昨今のペタンコなdesignの車からしては、ごんもりした

印象はするが、造形としての美しさをもっと感じて見るのが

ヨロシイと思う。美しいという言葉も、時代によって移ろい

で行くものではあるが、丸とか四角などの形状はある種の不

変性のある形であって、いつの時代も受け入れられる。だか

ら名車をご覧頂くと、ヘッドライトは丸か四角か、といった

感じで、昨今の異形ヘッドライト形状の名車は皆無。知って

もらいたいのは異形ヘッドライトは、すぐに飽きて、新しい

モデルに買い替えてもらいたいというメーカー側のずる賢い

思想でしかないということ。欧州車の凄いところは、異形ラ

イトの形状の中に丸のヘッドライトをしっかり造っていると

言う事である。話は戻るが、所詮日本のクルマは単なる消耗

品でしかなくPAOやラシーンのように長く残したいという思

想のある車と現在のクルマはDESIGN性能に大きな差が存在

する。

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、茨城県笠間市にお住いのK様の元へお届けに上が

りました、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。アクアグ

レイがきりっと決まった車体は、レストアを施してピカピカ

に磨き上げたモノ。

パオ フォグランプ

フロントフェース 

フォグランプはボッシュ製を装填して、濃霧でも安心の仕様。

時代は過ぎて、現在の新車ではイエローレンズのフォグラン

プは使用がゆるされていない、なんとも時代である。

ハンドル 革巻き

ハンドルの革巻き

50スタンダードレザー

50スタンダードレザー

トノカバーの張替え

トノカバーの張替え

パオ 純正アルミ

パオ 純正アルミホイール

純正アルミホイールに、復刻したカラーをペイントして綺麗

に仕立てた様子。

PAOトラディショナル 平姿見

PAOトラディショナル 平姿見

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車、誠におめでとう

ございます。長くお待たせ致しましたが、お喜び頂けて幸

いです。また、お土産も頂き恐悦至極に存じます。末永く

お乗り頂けますように。

今日はコレマデ。

本日の名言