愛知県蒲郡市のM様 PAOオリジナル納車おめでとうございます

パオ 蒲郡

非日常の非日常

PAOというクルマの一番先にある言葉は、非日常である。人間は非日常に出くわすとワクワク、どきどきしてしまう生き物である、からそんな非日常が集まった写真はやはり、どこかワクワクしてしまうのである。大きなフェニックスの木、大観覧車、青い空、そしてPAO。ワクワクを詰め込んだ、まさに夏のお鍋のように煮え煮えな一枚である。

蒲郡市
パオ
パオ
蒲郡市
パオ

この度は、愛知県蒲郡市にお住いのM様の元へお届けに上がりました、PAOオリジナルイメージをご覧頂きたいと思います。内装の写真が何処へいったのでしょう。レザー風ではありますが、オリジナルに準じた縫製で仕上げており、天井のSWオリジナルキャリアも合わせてまさにノマド風でございます。キャンプなどこの車で行けば、盛り上がるコト間違いは御座いません。末永くお乗り頂ければ幸いです。またお土産まで頂き恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

あなたが転んでしまったことに関心はない。
そこから立ち上がることに関心があるのだ 。

byリンカーン

愛知県北名古屋市のH様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーン ひまわり

暑中お見舞いもうしあげます。

ラシーン 名古屋
ラシーン レザーシート
ラシーン
ラシーンライフ

この度は、愛知県北名古屋市にお住いのH様の元へお届けに上がりました、ラシーントラべラーをご覧頂きたいと思います。いわゆるドラえもんブルーとうカラーのサンルーフ付きのラシーンは、すでに珍しい車体となりました。今回は、少し現代風のアレンジでホイールを1800㏄アロイに変更。ブラックペイントとリムをシルバー加工を致しました。内装のカラーの配色も美しく、オーナー様のセンスが光ります。お子様とワンちゃんと共にラシーンも可愛がって頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

成功の反対は失敗ではなく

『やらないこと』だ

by佐々木則夫

長野県上田市のN様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

姨捨の棚田

姨捨の棚田

西行法師が阿弥陀の四十八願にちなんで名づけたと伝えられる、四十八田という棚田が姨捨にある。 春には田に水のあるその1枚1枚に月が映る美しい光景が古来から「田毎の月」と呼ばれ 、観る人を魅了する訳である。しかし、姨捨という地名は皆もご存じの通り、姨捨山のその場所である。昔、年寄の嫌いな殿様が居て、60歳になったら山に捨てに行くようにというおふれを出したのだという。このお話が実話であるならば、おそろしいのだが、現在の団塊世代は姨捨山にみな集合である。日本は先進国のなかで唯一人口減少がみられ、4人に一人は高齢者という社会を向かえている。人口はその国の国力でもある訳であるから、国力の低下は避けて通る事はできない。未来の日本の姿は、はたして。

ラシーン トラベラー
ラシーン フロント
ラシーン ルーフキャリア
ラシーン ルーフキャリア
ラシーン
ウッドハンドル
ラシーン レザーシート
ラシーン
ラシーン

この度は、長野県上田市にお住いのN様の元へお届けにあがりました、ラシーントラベラー、ダークブルーをご覧頂きたいと思います。内外装のリペアと、機関廻り、足回りの整備を行い仕立てあげられたラシーン。天上にはスピードウェル製のルーフキャリーが装着され、内装では、シートカラーに合わせてモトリタのウッドハンドルを丁度良いサイズとカラーの物をチョイス。雰囲気のある仕上げにこだわりました。N様、末永くお乗り頂ければ幸いです。また、冷たいジュースなど頂き、恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

虹がみたいなら、少しの雨も我慢しなきゃね。

兵庫県神戸市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

灘

くだらない話

我が国の酒造りの歴史は古く、太古では酒は神に捧げそして神と人を結びつける役割のある神聖なものであった。日本書紀に書かれている、スサノオのヤマタノオロチ退治にも酒が使用されており、和酒は弥生時代にはすでに製造されていたのであろうと推測する。時は進み江戸時代の話である。上方には灘、伊丹、伏見の酒があった。わたしの先祖、雑喉屋文衛門は伊丹から灘に移り住み、この地で酒蔵を開いて灘の酒の始まりといわれている。そして灘の酒が本格的に江戸に下ると、 灘の生一本の下り酒は江戸人好みの酒の代名詞となったのである。上方から江戸に下る酒、それにたいし、江戸から酒は来ないという言葉が、くだらないという風になり、くだらないという語源が生まれたという、まさにくだらない話であった。

神戸
パオ
ダッシュパネル
トノカバー
モケットシート
パオ
パオ

この度は、兵庫県神戸市灘区にお住いのK様の元へお届けに上がりましたPAOトラディショナルをご覧頂きます。アクアグレイのボディーをレストアを施し、ヘッドライトにまつ毛や純正のフォブランプをこれもリペアを行い取付差し上げました。内装にもこだわられ、ダッシュ上下の張替え、トノカバーの張替えも行いました。末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

中途半端にやると他人のマネになる。

とことんやると他人がマネできないものになる。

愛知県稲沢市のY様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ

トラディショナル

クルマという概念はその国々の国民性によって変わる、とはクルマ以外でも同じ事が言える訳であるが、クルマは欧州で始まった文化であり、その欧州でのトラディショナルな造り込みが、今回のイメージである。日本では1970年代まではその欧州のトラディショナルに習い自動車のデザインなど行われていたと思う訳であるが、昨今の日本のクルマの概念は家電製品に近くなっている。一概には言えないが、10年10万キロで乗換え、というような消耗品という位置づけにもなっているだろう。果たして数百万円する物がそのような物で良いのであろうか。と常々思う訳であるが。日本人の国民がそれで良いと考えれば、それ以上の物を造らなくて良いというメーカーサイドの感覚もあると思う。また、電気自動車が新しいものである事により新しい形を求めるメーカーサイドと、タイヤが4つ着いていたらそれはクルマであるから、もう少し車らしいデザインを求めている消費者の感覚のずれを相当感じる訳である。PAOがそのまま電気自動車になったほうが既存の電気自動車より売れると思うのはわたしだけであろうか。

パオトラディショナル

PAOトラディショナル 桜の下で

この度は愛知県稲沢市にお住いの、Y様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナル、アクアグレイをご覧頂きたい。内外装もレストアが施され、33年という歳月を取り戻すべく、部品交換も行われ仕立てられた。

パオ 

PAOトラディショナル左舷前方姿見

純正のフォグランプのは位置が少し高いところにあり、ちょいと下げたいという事で、今回はフロントバンパーを加工して、フォグステーを取り付けた。

フォグランプ

ワイパックフォグランプ

鋼をバンパーに直接溶接を行い、左右の間隔は純正に準ずる。前への飛び出しはそこまで大きくはならず、さして問題は無い。

レザーシート

ウェル60スタンダード レザーシート

最高級の生地を使用した60形状のレザーシート。安価なPVCではなく、耐久性も抜群である。同生地でダッシュパネル上とアンダートレイも張替えを行った。

パオ
PAO

PAOトラディショナル 後方姿見

この度はY様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。長らくお待ち頂きましたが、お喜び頂けまして恐悦至極に存じます。また、駅までお送り頂き、感謝致します。末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

今日の我に明日は勝つ

by美空ひばり