千葉県船橋市のO様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

モケット パオ

ゴールデンオリーブ

というモケット生地の称号は、阪急電車の座席にのみ使用が許される訳であるが、その生地で製作されたカバンやクッションなどが販売されており、鉄道マニアにはたまらない存在である。スピードウェルでもこの色味に近い生地を使用して張替えたモケットシートは特に人気があり、ウッドハンドル等に合わせると、カリモクソファーのような印象にもなる。モケットシートは出来た時がスタート地点であり、使用感が深い味わいとなって時を重ねてゆくわけである。

パオ 船橋市
パオ
日産パオ
パオ 納車

この度は千葉県船橋市にお住いのO様の元へお届けにあがりました、PAOトラディショナルをご覧頂きました。アクアグレイの車体はボディーレストアがほどこされピカピカに、ホイールやワイパーは純正からではなく、オーナー様のセンスにより調整。内装ではオリーブのモケットがCOOLに決まっております。この度は、製作に多大なお時間を頂き、誠に有難うございました。また、お土産まで頂き恐悦至極に存じます。末永くお乗り頂けます様にお祈り申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

雨の日には雨の中を

風の日には風の中を

by相田みつを

神奈川県鎌倉市のO様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

建長寺
けんちんじる

誰にでも、いつでも、開かれている

けんちん汁と云われる野菜ががさっと入っは吸物は、ご存じの方もおられるであろうが、鎌倉の建長寺の修行僧が作る精進料理のことである。建長寺の汁が訛りになまってけんちん汁となったと言われてはいるが、出雲の神在(じんざい)が訛って今日のぜんざいになったのと同じことである。話は戻るが、建長寺は 鎌倉幕府第5代執権 、北條時頼が開基した禅寺である。ご本尊は地蔵菩薩で、この菩薩は大地のように広大な慈悲で生あるもの全てを救うという。それでも、閻魔大王に裁かれて地獄に落ちる人もいるのだから、いよいよけんちん汁を喰らい日々精進しながら生活しなければならない。

鎌倉 パオ
鎌倉でPAO
パオ用モケットシート
日産 パオ
パオ
パオ
パオ 鎌倉 納車

この度は、神奈川県鎌倉市にお住いのO様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナルをご覧頂きました。オリーブの車体にアイボリーのルーフキャリアが良く似合います。内装はゴールデンオリーブ色のモケット生地を50デザインで仕立てあげました。整備にもこだわり製作さしあげましたので、末永くお乗り頂ければ幸いです。また、お土産を頂き恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

出来ない理由を探すな!

青森県むつ市のI様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

尻屋岬 パオ

ぼくとパオ

人の心に残る日本車は、はたしてどれだけあるのだろうか。もちろん、個人の主観によって変わる話である。しかしながら、子供心にハイブリッドカーやエコカー、ミニバン、ワンボックスに乗って楽しいと思う気持ちを大人と共有することはそこまでないであろう。それほどPAOは強烈に大人だけでなく、子供心を心底くすぐるクルマである事に間違いはないだろうし、大人になった時に蘇る記憶、それも今以上に美化されて蘇る事は約束されている。そしてこの写真を大人になって見た時、故郷の匂いと親のあたたかさを思い出す、いわゆる琴線に触れるわけである。題名は『ぼくとパオ』であるが、こたえは『ぼくの家族とパオ』だったのかもしれない。

パオ 青森
パオ 青森
むつ市 パオ
青森県むつ市
青森県むつ市
青森県 パオ
パオ
むつ市 パオ
パオ
パオ 青森県
パオ
パオ レストア

この度は、青森県むつ市にお住いのI様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナルをご覧頂きました。なんと、オーナー様はフィガロからパオにお乗換えで、さらに、もう一台パオをレストア中ということで、そしてそして、今回撮影に参加して頂きました、宮司様もパオ2台お持ちで、日本の最北端はPAO密度が日本一かもしれません。写真撮影にも長くお付き合い頂き、本当にありがとうございました。末永くお乗り頂けます様に。

尻屋岬

尻屋崎

シリアにいかれますか、とお話を頂いて、おいおい内戦状態で恐ろしいなと思いきや、本州最北端の岬であった。ここはまっことさいはてである。尻屋崎には、野生の馬が生息しているという事で、パオと馬がうまく写ればと思ったが、お馬さん達は別の場所に移動していたようだ。この馬は寒立馬(カンダチメ)と呼ばれているようで、実に面白い。平安時代に源義家がこの地を訪れており、摂政・関白・太政大臣・左大臣・右大臣 などを上達部(カンダチメ)と総称していたことを考えれば、当時とても重要な動物である馬はカンダチメと呼ばれても不思議ではない。まさに源義家が残した言葉だと、わたしはそう思うのである。今回は、その義家が残した、横浜八幡神社の宮司さんのPAOに同行させて頂き撮影させて頂きました。この場をお借り致しまして厚く御礼申し上げます。

愛知県蒲郡市のM様 PAOオリジナル納車おめでとうございます

パオ 蒲郡

非日常の非日常

PAOというクルマの一番先にある言葉は、非日常である。人間は非日常に出くわすとワクワク、どきどきしてしまう生き物である、からそんな非日常が集まった写真はやはり、どこかワクワクしてしまうのである。大きなフェニックスの木、大観覧車、青い空、そしてPAO。ワクワクを詰め込んだ、まさに夏のお鍋のように煮え煮えな一枚である。

蒲郡市
パオ
パオ
蒲郡市
パオ

この度は、愛知県蒲郡市にお住いのM様の元へお届けに上がりました、PAOオリジナルイメージをご覧頂きたいと思います。内装の写真が何処へいったのでしょう。レザー風ではありますが、オリジナルに準じた縫製で仕上げており、天井のSWオリジナルキャリアも合わせてまさにノマド風でございます。キャンプなどこの車で行けば、盛り上がるコト間違いは御座いません。末永くお乗り頂ければ幸いです。またお土産まで頂き恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

あなたが転んでしまったことに関心はない。
そこから立ち上がることに関心があるのだ 。

byリンカーン

沖縄県宮古島市のT様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ
宮古島
パオ
パオ
宮古島
パオ 宮古島
宮古島
パオ 宮古島

この度は、沖縄県宮古島市にお住いのT様の元へお届けにあがりました、PAOトラディショナル、アイボリーをご覧頂きたいと思います。今回は、アイボリーのパオを沖縄仕様とでも言いましょう、フロントガラスゴムの交換、下回りの錆止め、ガラスはUVカットクリアフィルム施工を行い、さらに細かな所も変更を加え、より宮古島に適した仕様での製作を差し上げました。内装の写真がしっかり写ってなく、申し訳ございません。それでは、末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

私は天才ではありません。

ただ、人より長く一つの事柄と付き合っていただけです。

byアインシュタイン

東京都江戸川区のN様 PAO『SW-LTD MK-2』納車おめでとうございます

スピードウェル

スピードウェルリミテッドMK-2

まずはPAOのオリジナルのデザインに敬意を表します。そして、今回はそのテールエンドの仕上げに、オーナーの思いを投影して製作をおこなったものである。ブレーキランプが丸型から楕円型に変更し、少しボリュームが小降りになったので、あわせてライセンスランプも変更を施したのである。バンパーの下にはバックランプが遷宮されて鎮座します。丸が三つのテールランプがPAOの印象であったがために、これだけ異なる意匠の物を持ちこむと、別のクルマにさえ見えてくるかもしれないが、これはまさしくオーナーの思う壺である。

パオ 東京
パオ
パオ
パオ
パオ
パオ 東京

この度は、東京都江戸川区にお住いのN様の元へお届けに上がりました、PAOスピードウェルリミテッドMK-2をご覧頂きたいと思います。リミテッドのロイアルブルーで製作されたPAO。オーナーの創造を形に落とすべく、スピードウェルの引き出しをフルに活用致しました。それぞれの変更を施したパーツも一つずつバランスをとって配置。粋なパオの完成には、オーナー自らトランクにバッジを貼って頂きました。この度はN様、パオ納車誠におめでとうございました。また、上品はお土産も頂き恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

雨を感じられる人間もいるし、

ただ濡れるだけの奴らもいる。

byボブ・マーリー

長野県茅野市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます



パオ 諏訪大社

奥山の大木、里に降りて神となる

諏訪の大神、タケノミナカタは出雲のオオクニヌシの子として古事記では登場する。遥か彼方、国津神のオオクニヌシは、天津神より国譲りを迫られ、二人の息子 (コトシロヌシとタケノミナカタ) が承諾するなら天津神に従うと言った。コトシロヌシはあっさり承諾するもタケノミナカタは承諾せず、天津神のタケミカヅチに諏訪の地まで追われ、遂にこの地に鎮まる事を約束したのだという。この諏訪の地で行われている日本三大奇祭の一つに7年に一度の御柱祭りがある。人類が知る限り1200年という歴史があり、しかしその起源や由緒などは詳らかではない。奥山より切り出したモミの大木を引き出し、そして木落としといわれる30度近い坂を氏子が曳いて駆け下るのである。わたしは、諏訪大社にそびえ立つ御柱を間近にしこの時、はっとした訳である。これは一つの推理ではあるが、タケノミナカタは諏訪に追われたわけでなく、もしかしたら、オオクニヌシの住む杵築大社の造営に使用される大木を求めて諏訪の地にやってきたのではないか。木曾は良材が多く、切り出した大木を千曲川から新潟を経由して日本海に送り、島根の引佐の浜から曳揚げたのではないか。そうであれば、勾玉に使用される新潟の糸魚川のヒスイも同じ経路で伝わってくるのも容易い。わたしの推理が確かならば、天津神に追われて諏訪に鎮まったという古事記の伝承は、タケノミナカタには大変無礼な話である。

パオ 長野県
パオ
パオ
パオ
お祓い
パオ

この度は、長野県茅野市にお住いのK様の元へお届けにあがりましたPAOトラディショナルをご覧頂きたいと思います。アクアグレイの車体色にアレンジを加えつつPAOのオリジナル風に留めた仕様で製作差し上げました。シートの張替えはアイボリーの特別なレザーで、純正仕立てという格好。最近人気が御座います。諏訪の上社本宮でお祓いも行われ、晴れてK様の元へ。この度は納車大変おめでとうございました。また、お土産まで頂き恐悦至極に存じます。末永くお乗り頂けます様にお祈り申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

自分のしたことより、嫌な事を先にせよ。

この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、

身を滅ぼしたりするようなことは

ないはずた。

by武田信玄

究極のエコカーとは廃車率の低いクルマの事である

ラシーン

究極のエコカー

遂にその時を感じる、時が来たのである。消費者の環境意識の高まりに加え、減税や補助金でお買い得感をくすぐったハイブリッド車。これらは長い目でみてCO2削減 につながるのか検証してみると、同制度はCO2削減効果に乏しく、環境対策というより は、実態は買い替え促進による景気対策であった、というお話は公益社団法人日本経済センターの研究員の報告である。

燃費だけみたら、エスティマ11、6L /km。エリシオン9,1L/km。車格は違うがこんな、パオやラシーンよりも、燃費が悪い車でさえエコカー減税を受けている事自体が違和感でしかない。『国土交通省燃費一覧より抜粋』

はたして、エコカーと呼ばれるクルマが20年、30年、車検を受けて乗っている方がどれだけ居られるだろうか。はたして、どれだけ生産されて、どれだけ廃車にされたのか。そのほとんどは20年も経たずして廃車され続けただろう。

こんな事がまさにエコカーだと、もう叫んではいけない。本来の究極のエコカーはその廃車率の低いデザイン性能のあるクルマである。

たしかに、メーカーは新しい車を造って売らないと、経済も活性化はしないだろう。それ自体は否定はしない。ただ、わたしが言いたいのは、新車から13年以上経過した車に敬意を払わず、軽々も烙印を押して重税を課すという仕組みに問題があるという事を伝えたい訳である。

何度も言おう、究極のエコカーとは廃車率の低い車の事である。

パオは33年、ラシーンは27年、ずっと残ってきた訳である。これは究極のエコカーであるという証明書なのだから、胸を張って乗ろうではないか!!

兵庫県神戸市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

灘

くだらない話

我が国の酒造りの歴史は古く、太古では酒は神に捧げそして神と人を結びつける役割のある神聖なものであった。日本書紀に書かれている、スサノオのヤマタノオロチ退治にも酒が使用されており、和酒は弥生時代にはすでに製造されていたのであろうと推測する。時は進み江戸時代の話である。上方には灘、伊丹、伏見の酒があった。わたしの先祖、雑喉屋文衛門は伊丹から灘に移り住み、この地で酒蔵を開いて灘の酒の始まりといわれている。そして灘の酒が本格的に江戸に下ると、 灘の生一本の下り酒は江戸人好みの酒の代名詞となったのである。上方から江戸に下る酒、それにたいし、江戸から酒は来ないという言葉が、くだらないという風になり、くだらないという語源が生まれたという、まさにくだらない話であった。

神戸
パオ
ダッシュパネル
トノカバー
モケットシート
パオ
パオ

この度は、兵庫県神戸市灘区にお住いのK様の元へお届けに上がりましたPAOトラディショナルをご覧頂きます。アクアグレイのボディーをレストアを施し、ヘッドライトにまつ毛や純正のフォブランプをこれもリペアを行い取付差し上げました。内装にもこだわられ、ダッシュ上下の張替え、トノカバーの張替えも行いました。末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

中途半端にやると他人のマネになる。

とことんやると他人がマネできないものになる。