パオ四重連納車速報!!

皆様、如何お過ごしでしょうか。秋も少しずつ進み、天候も穏やかになって参りましたが、昨今の台風はとてつもないくらいに傷跡を残すようで、私も昨日は東京発、大阪の夜行バスで静岡で立ち往生して一夜過ごしました。それでは、パオの全国納車四重連をどうぞご覧下さい。

パオ メーター

990㎞

鹿児島県鹿児島市にお住いのI様の元へお届けに上がりました、フルオリジナルのパオ。なんと走行は990㎞と、ほぼ新車でございます。マニュアルのキャンバストップというこれまた、希少な車体が新車よりほぼ屋内で冬眠していたものをオリジナルパーツを使用して生還させました。どれもこれもが新車の域であり、詳しくはあらためてブログをアップ差し上げますのでご覧頂きたいと思います。

鹿児島 パオ

鹿児島県鹿児島市にお住いのI様の記念撮影。

この度は、PAOフルオリジナル納車誠におめでとうございました。すべての摺動部が新車の触り心地で、奇跡のパオである事は間違いありません。末永くお乗り頂ければ幸いです。

おつぎは

パオ 大阪市

大阪府大阪市にお住いのW様のパオ。SW指定のジャーマングレイに塗装を行い製作されました車両はW様の拘りが沢山詰まっております。

パオ 納車

おつぎは

大阪府大阪市にお住いのW様に納車されました、PAOトラディショナル、ジャーマングレイ。カラー配合は絶妙であり、他のグレイを圧倒する事間違い御座いません。このような素敵なPAOの製作をさせて頂きまして、この場をお借り致しまして、W様には厚く御礼申し上げます。

パオ シート張替え

山口県岩国市にお住いのT様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナル。内外装のレストアもしっかり行われ、オシャンでシック。シートの張替えにはレザーとファブリックのハイブリッドで純正風。

岩国市 パオ

この度は、山口県岩国市のT様、PAOトラディショナル納車、誠におめでとうございます。内外装の各に拘り頂き誠に有難うございました。ボディーの状態もすこぶる良い個体であり、これから長くお乗り頂ければ幸いです。

おつぎは

パオ 内装

兵庫県尼崎市にお住いのK様へ納車されました、PAOトラディショナル。内外装ともすこぶる拘りをもって、製作さしあげました。ボタン留めのシートはなかでもクールなところ。

パオ 納車

この度は兵庫県尼崎市のK様、PAOトラディショナル納車、誠におめでとうございました。ぴかんぴかんに仕上げましたPAOをご覧になられ驚かれてとても嬉しかったです。

以上、パオ4重連納車おめでとうございました。次はラシーンの4重連納車と参りますが、今回は速報という事で、それぞれに皆様の車両のご紹介を差し上げたいと思いますので、是非ご期待ください。

今日はコレマデ。

本日の名言

毎日毎日の足跡が

おのずから人生の答えを出す。

きれいな足跡には

きれいな水がたまる。

by相田みつを

和歌山県紀の川市のN様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

和歌山県 パオ

夏の最後の木漏れ日

パオが幻想的に木漏れ日に浮かび上がる、夏の終わりの一枚である。この木漏れ日という言葉はとても情緒的であって、わたしたちの目には木の葉の隙から覗く光が心温まる訳であるが、実に英語では直訳が無い。簡単に言うと言葉が無いのである。海外には無くて、日本人がそのようなセンスを持ち合わせているのは、日本の四季の移りゆく様を愛でる心があるからであろうか。わたし的には、木立より日が漏れ、風に葉がたなびき、光と影が地面に映し出されるさまは、まさに自然に対する芸術性すら感じる。ZINJAGAKU的にはアマテラシマススメオオカミとイソタケルの共演に感動をおぼえると言えば良いだろう。

パオ トラディショナル

PAOトラディショナル

この度は、和歌山県紀の川市にお住いのN様の元へお届けにあがりました、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。アクアグレイのボディーに内装はタンレザーでまとめた今回のPAO。オーナーの拘りをふんだんに製作が進められました。

パオ 内装

PAOのインストルメントパネルの図

ナルディクラシックウッドハンドルとマグノリアクロックが装填。ダッシュ上下張替えと、オーディオにはブルートゥースが選定。マグノリアクロックはパオのスピードメーターと同色にリダンが施され、純正風の様子。

パオ 内装張替え


パオの内装張替え図

50デザインを採用して張替えが行われたクラシックレザーシート。最上級のシートマテリアルを使用した本物志向。昨今他中古車店等で、スピードウェルのパオ、ラシーンのシートデザインをまるままパクッた被せシートを発見。真似をされるのはありがたい事でもある。

納車風景

PAOと記念撮影

この度はN様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。長らく製作にはお時間を頂きました。それ以上に内外装のレストアと整備には力を尽くしましたので、末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

全徳の人は得難し、一失あれば一徳あり

by徳川吉宗

愛知県一宮市のM様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ 日産

和紙のような

パオはアクアグレイやオリーブグレイというグレイがかったカラーがフランス色のあるイメージではあるが、アイボリーのカラーはなにやら日本的な匂いもするのである。わたしは、和紙のようなと、そう形容してしまう訳であるが、とてもやはらかい綺麗なカラーである。

パオ グリル

PAOトラディショナル フロントフェース

この度は、愛知県一宮市にお住いのM様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナル、アイボリーをご覧頂きます。バンパーやグリル等は純正カラーを踏襲し、ヘッドライトにはピーク、通称まつ毛がおごられております。

パオ 内装張替え

パオの内装

特別なマテリアルを使用して張替えが行われたシートやダッシュパネル。オーナーM氏のこだわりにより、アンダートレイは少し濃いバーガンディーカラーに。中央には最新のナビゲーションがおごられておりますが、左右をブラックのシートで挟むことによって気配を消しております。

キャンバスとプの張替え

キャンバストップの張替え

SWでは、販売車両のすべてに張替えが着いてくる。もちろん、張替えに合わせて各パーツも見直され、組み上げておりますので、こうして使用が可能であります。

パオと記念撮影

パオと記念撮影

この度はM様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。長らくお待たせいたしましたが、お喜び頂けまして嬉しく思います。これからは、素敵な相棒PAOと人生をお楽しみください。

今日はコレマデ。

本日の名言

人間が自分で意味を与えないかぎり

人生には意味がない。

愛知県名古屋市のI様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

熱田神宮
白鳥陵

熱田の白鳥陵

三種の神器である草薙の剣は、熱田に祀られている。先日のNHKの大河では菅田さん演じる源義経が壇ノ浦で平家との戦の際、平家方が安徳天皇と一緒に三種の神器も壇ノ浦の海へと鎮めたのであったが、その後、ヤサカニノマガタマとヤタノカガミは引き上げられた。これはやはり桐などの箱に納められていたであろうから、海に浮いたのであろう。しかし、草薙の剣は金属製であるがため、沈んだとわたしは推測する。という事で、草薙の剣は壇ノ浦で沈んだというお話であるが。実はそれ以前に草薙の剣はヤマトタケルが妻に形見として預けており、それが、熱田神宮の前身である祠で長らく祀られていたのであった。現在は、天皇の皇位継承の際、熱田にも礼拝されるというのはそう言う事なのである。そのヤマトタケルであるが、父である景行天皇の命令で東国の熊襲を平定するため、各地を転々とする訳であるが、伊吹山で遂に命を落とすのであった。そして、白鳥に姿を変えて、伊勢の亀山、大阪羽曳野、そして最後に大阪は堺の鳳に姿を現すのであった。それぞれ地に白鳥陵があり、その中でも羽曳野の陵は一番大きい。わたしの家のベランダからその陵の姿は一望することが出来るが、とても威厳のある陵である。今日はその一つである熱田の白鳥陵にパオが舞い降りたというお話で御座った。

パオ 納車

パオと記念撮影

この度は、愛知県名古屋市のI様の元へお届けにあがりましたPAOトラディショナルをご覧頂きます。オリーブグレイのカラーの車体は、全体的にレストアが施され、新車にはなりませんが、そのような雰囲気でピカピカに。I氏も新車の様でとお喜び頂き、感謝でございます。

パオ内装

オリジナル風内装の張替え

I氏が拘りをもって、ご注文頂きました内装の張替え。表面はファブリック、側面は高品位のレザーを使用して、純正風に仕立てた仕様。とても可愛らしく、ナチュラルである。

パオ

PAOトラディショナル 前方姿見

ボディーはコーティングもあてられてツルツルの自慢の仕上げ。

この度はI様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございました。長くお待たせしましたが、お喜び頂けまして嬉しく思います。また、素敵なお土産まで頂き、恐悦至極に存じます。それでは、PAOちゃんと末永く冒険をお楽しみ下さい。

モトクロス

番外写真

I様のご主人様はモトクロスをされており、お家の裏にはこれまた素敵な小屋を建て楽しまれておりました。人生のだいごみは、やはり楽しむ事である、とそう思う瞬間。貴重なモトクロスを沢山拝見させて頂き、どうもありがとうございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

いくら考えても、どうにもならぬときは

四つ辻へ立って、杖の倒れたほうへ歩む。

by徳川家康

愛知県小牧市のN様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

なついあつ

夏のカラー

夏は暑い。しかも唸るように暑い。PAOも日陰に隠れて一息である。

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル アクアグレイ

この度は、愛知県小牧市にお住いのN様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナル、アクアグレイをご覧頂きたい。このアクアグレイというカラーは季節で言えば春、もしくは夏であろうか。風鈴でも着ければ涼しさは漂うであろう。ボディーはレストアが行われ、エンジン等の機関類もメンテナンスは抜群である。

パオ フロントフェース

PAOトラディショナル フロントフェース

フロントグリルバッジもごらんの通り美しい。中央にPAOと英字で書かれており、その左右には羽のような模様があしらわれている。ここで豆知識であるが、この左右の羽のようなものは、大陸の遊牧民族の移動式住居(ゲル)通称PAOなのである。そして、日産PAOとは都会の遊牧民が使用する移動式住居なのである。

パオ

PAOと記念撮影

この度はN様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。この一台を愛着を持って長くご使用頂ければ幸いです。それでは、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

今を生きる

三重県津市のS様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ

冒険がテーマ

フォグ パオ

PAOトラディショナル オリーブグレイ

この度は、三重県津市にお住いのS様の元へお届けに上がりましたPAOトラディショナルをご覧頂きたいと思います。レストアされたボディーにデッドストックのレイヨットフォグランプを装填。やはりグリーンカラーにはイエロのフォグランプは良く似合います。

パオ シート張替え

内装の張替え

シートとダッシュ上下の張替え。浅いタンカラーがオリーブグレイの車体に良く馴染みます。

トノカバー パオ

トノカバーの張替え

シート生地に合わせてトノカバーの張替えも追加。トランクの目隠しでもあり、さらに荷台にもなる、一石二鳥なるオプション。

パオと記念撮影

S様、この度はPAOトラディショナル納車、誠におめでとうございました。長くご使用頂けます様に整備に力を入れて製作差し上げました。今後も、メンテナンス等にご協力させて頂きたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。またお土産も頂き感謝申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

幸福人とは過去の自分の生涯から満足だけを記憶している人々であり、

不幸人とはそれの反対を記憶している人々である。

by萩原朔太郎

沖縄県浦添市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

沖縄とラシーン

いつものルート58

とかくに沖縄は暑いと思いきや、昨今は沖縄は34度を超える事も少なく、避暑地化しているのである。東京や大阪、名古屋、福岡でも35度以上はざらであり、温暖化の影響がひしひしと体に伝わってくる。しかし、日差しは沖縄の方がはるかに射しており、本州より赤道に近い事が伺える。そんな日差しの中、ブルーシールの看板はさわやかな貿易風をたなびかせ、PAOをそっと停めてみれば、必ず撮影してしまう訳である。

パオ 沖縄

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、沖縄県浦添市にお住いのK様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。ボディーは上物のクリアを使用してオールペンが行われ、日差し対策も万全。キャンバストップにはジャーマンがあつらわれ、ガラスにはUVカットフィルム、ゴム類の交換を含め、沖縄仕様として製作が進められた。

パオ 沖縄

PAOトラディショナル 平姿見

とても美しいフォルムである。ボディーの仕上がりの良さも見て取れる。ピカピカなPAOである。

パオ 沖縄

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

やはり質の良い塗料を使用してペイントすると、光が射した時の表情が美しい。テールランプ類もUVカットを行い、表面がざらざらし難いように加工が施されている。

パオ 内装

内装の張替え

アンダートレイとシートのカラ―リングはとてもシンプルでありモダンである。SWで使用するマテリアルは世界的にも最高品質であり、この素材は他ではなかなか手に入らない。

パオ 内装

何気なく100Vコンセントは可愛らしい。

パオ

やんばるにPAOで冒険がしたい。

パオと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。沖縄仕様で製作差し上げました。長くお乗り頂けます様に各部の部品交換などもこだわりましたので、お楽しみ頂ければ幸いです。また、沢山のお土産を頂き、心より感謝申し上げます。それでは、またお邪魔致しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

人間は神が創ったということは僕は信じられない。
神が創ったものとしては人間は無情すぎ、不完全すぎる。
しかし自然が生んだとしたら、あまりに傑作すぎるように思えるのだ。

by武者小路実篤

京都府京田辺市のS様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

一休寺
一休寺

有ろじより 無ろじへ帰る 一休み 雨ふらば降れ 風ふかば吹け

一休さんの名前の由来である。京田辺には一休寺があり、一休さんはココで安らかに眠っている。テレビマンガでは足利義満公との問答が面白い訳であるが、実は一休さん、足利義満の血を引いているだとも云われている。現在、大河ドラマ鎌倉殿の13人が人気を博しているが、その時代のあと室町時代の事であり、時代は刻々と変化してゆくのである。しかし、一休さんのお寺はとても広大で、美しくあり、拝観を是非オススメする。

パオ

PAOトラディショナル 一休寺

この度は、京都府京田辺市にお住いのS様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナル、オリーブグレイをご覧頂きたい。内外装はオリジナルを踏襲して塗装が行われ、ピカピカである。

パオ 内装

ダッシュ廻りの化粧

吹出し口もやり直し、アンダートレイも張直し、とても綺麗な仕上がりである。

パオ 内装

内装の張替え

オーナーの思いのカラーに張り替えられたシート。特別なレザーを使用しており、アイボリーのマテリアルも汚れにくい。シートの硬さも調整が施されている。

PAO

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

リヤビューは見惚れてしまう。

パオと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はS様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。製作時間を沢山頂き本当に有難うございました。また、素敵なお土産までいただき恐悦至極に存じます。末永くお乗り頂けます様に、サポート差し上げたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

南無釈迦じゃ 娑婆じゃ地獄じゃ

苦じゃ楽じゃ どうじゃこうじゃと いうが愚かじゃ

by一休

兵庫県宝塚市のH様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ

キュービルワーゲンのような

ホイールはそんなイメージである。アルミホイールでこのような形状をしたものは他にはない。それだけ特別なホイールは好みはあるだろうが、わたしは好きである。やはり冒険、アドベンチャーを意識したデザインがPAOには良く似合う。

パオトラディショナル

PAOトラディショナル フォグランプ

この度は、兵庫県宝塚市にお住いのH様に納車されましたPAOトラディショナルのテラコッタをご覧頂きます。フロントフェースにはシビエビサージュのフォグからレイヨットDL91に変更が加えられ、化粧直しを行い製作。

パオ 内装
パオ 内装張替え

内装の張替え一式

シートはボディーカラーテラコッタと、ハンドルなどのアイボリーに合わせてシンプルに製作。コップ受けやアンダートレイの張替えなども行っている。そう、気付いた方もおられるだろうが、テラコッタパオのMTは非常にめずらしい。

ステンレスマフラー

5ZIGENと共同開発 Rステンレスマフラー

純正代替品のR、リプレイスメントである。アイドリング時の音量は純正と同等であるが、走り出すと大人らしいサウンドが特徴である。しかもこのサウンドは音楽家が監修しており非整数次倍音がふんだんであり、ポルシェやフェラーリのような、いわゆる乾いたサウンドが特徴である。

パオと記念撮影

この度はH様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございました。色々なお車をお持ちの中、パオがとても楽しいと仰られて嬉しい限りです。長くお乗り頂けます様にメンテナンスも行い製作差し上げましたので、大切にして頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

何もしなかったら、何もうまれない。

byシェイクスピア

香川県木田郡のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ

other side

すでにPAOが生産されてから34年という歳月が流れ、発売当時のパオグッズ等を大切に持っている人も少なくなってきた。そこでヤッホーオークションやカリメロでの個人売買で出てくるのがPAOSIDEというブランドである。キーホルダーやサングラス、ネクタイピンなどノベルティーグッズや、宇宙のような貯金箱。はたまたチョロQなどもPAOSIDEというブランドで販売されていたのである。昨今はガチャガチャでパイクカー等のミニカーが再現されているが、やはりPAOSIDEのは逸品である。是非探してみては如何だろうか。

PAO トラディショナル

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

この度は、香川県木田郡にお住いのK様の元へ、お届けに上がりましたPAOトラディショナル、アクアグレイをご覧頂きたいと思います。ボディーは内外装もレストアが施され、外装はオリジナルの配色でお直し。長くお乗り頂けます様にこだわりを持って製作致しました。

パオ モケット

モケットシート

ベージュのモケットシートもとてもCOOL.インストルメントパネル周辺を眺めると、マグノリア限定クロックや100Vコンセントなどオーナーの思いも詰め込んで製作。

トノカバー

トノカバー

荷室の目隠しであり、さらに上に荷物を積み込むことも出来るという、優れもの。当時の純正オプションであり、シートと合わせて張替えがおこなわれておわします。

パオ

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

素晴らしい造形美。その一言に尽きます。ルーフレールや細かなシルバーパーツ、ランプ類もリペア済みで美しい。

パオと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。長らくお待たせ致しましたが、お喜び頂けまして嬉しく思います。また、素敵なお土産も頂き、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。それでは、また大阪にお越しの際は是非お立ち寄りください。この度は誠に有難うございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

人間は誰もが胸のなかに、宝石となる石を持っている。

一生懸命磨いて、美しく光り輝く玉になる。

by空海