沖縄県那覇市のH様 ラシーントラベラ―納車おめでとうございます

ラシーン 沖縄

やんばるにラシーン

やんばるとは山原と書いてそう読むわけであるが、現在は名護市より北東の事を指す。以前はもう少し南の方もそうであったが、開発が進み、そう呼べなくなったのである。なので、やんばるにラシーンという言葉は語弊がある。そして、ラシーンは一歩手前で降りて、そこから自身の足で歩いて旅や探検をするのが良い。けっしてジープやランクルのようなジャングルや砂漠を走るクルマでは無い、と声を出さずにラシーンは言っているのである。

ラシーントラベラー

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、沖縄県那覇市にお住いのH様の元へお届けに上がりました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。外装はほぼオリジナル状態を踏襲してリペイントが行われ、各部には錆止め等、沖縄仕様での製作である。

ラシーン 塗装

ラシーン フロントフェース

フロントグリルや、バンパー、ホイールキャップ等もリペイント。純正塗料よりも質の良い物を使用して塗装を行っているので、より長持ちすることが出来る。

ラシーン 内装

内装の張替え

当車両走行5万キロと少なく、さらに室内は新車の薫りも残っている。ドアヒンジやその他摺動部にも、グリスアップを施し、こちらも塩害対策は万全だ。

ラシーントラベラー

ラシーンとカワラヤー

なんとも沖縄の景色の溶け込んでいる。この一言に尽きる。

タイヤカバー ラシーン

タイヤカバーの張替え

ジャーマン生地を使用して、直射日光に配慮。これが一般的なビニール系素材であれば1年も持たないであろう。

沖縄 ラシーン

いつものブルーシールでの撮影

丁度、陸運支局からルート58にでると、そびえ立つブルーシール。いつものことながらココでかならず記念撮影してしまう。

この度はH様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。クーラーも調整して、またボディーのレストア等、沖縄で長く使用に耐えますよに努力致しましたので、末永くお乗り頂ければ幸いです。この度は誠にありがとうございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

慶良間見しが、まつげ見らん

発音:けらまーみぃしが、まちげーみぃらん

意味:遠くの慶良間島は見えるが、近くのまつげは見えない

灯台もと暗しということですわなぁ。

栃木県小山市のO様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーントラヴェラー

梅雨のラシーン

わたしが小さな頃、すでに40年も前の話であるが、梅雨となると毎日しとしと雨が降り続いたものである。昨今の梅雨は中休みが多く、このブログを書いている今は太陽が雲間より顔をのぞかせている。おそろしくも気候変動を感じざるを得ない訳である。また近年まで、北海道には梅雨というものが無かったのだが、遂に北海道も梅雨入りするという事態になり、いよいよ温暖化の影響は否めない。しかしながら、恐竜が生きていた時代は二酸化炭素は現代より20倍、平均気温は7度も高かった。だから、あくまでも人間の基準という、とても勝手な話なのである。現に二酸化炭素が多く暖かいと植物は喜び、そして繁栄するだろう。いかに人間の都合というフィルターを通してこの世の中を生きているか、考えさせられる訳である。

ラシーントラベラー

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、栃木県小山市にお住いのO様の元へお届けにあがりました、ラシーントラベラーをご覧頂きます。ライトブルーという名の空色のラシーン。外装はほぼ純正を踏襲したカラーリング。リヤのステーや背面タイヤカバーはオーナーのセンスで可愛らしくアプローチ。

ウッドハンドル ウッドパネル

ウッドハンドル ウッドパネル モケットシート

内装は茶系のカラー。ナルディウッドやウッドパネルはようやく入荷し、組み込むことが可能となった。

ラシーン グリル

フロントフェース

バンパーや、フロントグリルなどもリペイントが行われる。お色直しが行われる事によって、また長く使用に耐えるというわけだ。

ラシーン タイヤカバー

タイヤカバーの張替え

今回は、タイヤカバーのパイピングとボディー側のステーのカラーを統一して可愛らしくアレンジ。オーナーの細かな要望にもお応えできますように、心掛けております。

この度はO様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。また、素敵なお土産まで頂き、恐悦至極に存じます。それでは、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

すべて八分目。

by小林一三

滋賀県近江八幡市のT様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーン キャンプ

気分

ラシーン トラベラー

この度は、滋賀県近江八幡市にお住いのT様の元へお届けに上がりました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。サンドベージュカラーの車両をレストアを施し各部はオーナーの好みのカラーでペイントをして製作差し上げました。スチールホイールのブラックペイントにより、無骨な印象が、現在のもりもりデザインのクルマとは違って超クールです。

ラシーン ウッドパネル

ウッドパネル&ウッドハンドル

ウッドパネルは1500㏄用と1800㏄用は共通、さらに前期モデル、後期モデルは助手席正面の化粧の違いである。バーズアイという杢目であり、高品位なギターやベースの化粧に使用される。

ラシーン

ラシーンと自然

ラシーンは自然に優しい。ラシーンは川や海やそのそばには行くが、そこで留め置いて、徒歩でほとりまで向かう。あくまで、本気ではなく気分なのである。

ラシーン 琵琶湖

ラシーンとマイアミ浜

当然ラシーンにはアウトドアは似合う訳である。しかし、そのクルマを所有するだけ、それだけで気分が味わえるのが、ラシーンを所有する本来の意味である。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

T様、この度は納車おめでとうございました。また製作にお時間を頂き誠に有難うございました。これからは、ご家族の一員としてラシーンさんを末永くよろしくお願い申し上げます。また、駅までお送り頂き、さらにはお土産まで、至れり尽くせりで恐縮致します。

今日はこれまで。

本日の名言

失敗なんかしちゃいない。

うまくいかない方法を一万通り見つけただけだ。

byトーマス・エジソン~

愛知県北名古屋市のK様 ラシーントラベラーSW別注モデル納車おめでとうございます

往年
往年

往年のスタイルなのか

自動車という概念ではなく、一つのスタイルとして今後も語り続けられるであろう形状である。これらのスタイルを古典的と捉えるのには少し乱暴である。すでに21世紀に入ってからすべてが出尽くした感覚がある中で、新しいとか旧いとかという議論は必要ない。それぞれのライフスタイルに相応しい感覚で、好きなものが選べるという時代が到来したのである。今夏は黒のレザーシートにウッドハンドルがポイントであるが、それぞれに素材を吟味し、至妙を演出しているのである。とても優しいスタイルだなと、個人的にそう思う。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度は、愛知県北名古屋市のK様の元へお届けに上がりました、ラシーントラベラーは、ボディーはSWグレイジュカラーにオールペイント、機関は長く使用に耐えれますように予防整備も行い製作差し上げました。

ラシーン 名古屋

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

フロントグリルをブラックにという事で、思案した結果、ヘッドライトのリムもブラックペイントを行う。さらに真っ黒では少しきつくなるので、灰色を混ぜたような、少しくすんだ黒を作り、やわらかいイメージに。

ラシーン スピードウェル

ウッドハンドルにウッドパネル

ナルディウッドハンドルに、謹製のウッドパネルを装着。ウッドパネルは深いカラーであって、とても豪華な印象である。

ラシーン 内装張替え

内装の張替え

SWでは、販売車両全車に高品位のマテリアルを使用したレザーシートの張替えが着いてくる。また、形状も選ぶことが可能だ。今回はネオクラシクな印象のボタン留めの形状で張替えを行った。俗にカリモク風である。

タイヤカバーの張替え

タイヤカバーの張替え

タイヤカバーにも特別なマテリアル(ジャーマン)を使用した張替え。ジャーマンは高級外車に使用されるオープントップ生地である。ちょっとした事にも気が利いている。

ラシーンと桜

ラシーンと桜

この度はK様、ラシーントラベラーSW別注モデル納車誠におめでとうございました。内外装のカラーをお決め頂くのに、とてもお考え頂けて嬉しく思います。また、細かな所はお任せ頂けまして、本当に素敵なラシーンが出来上がりました。誠に感謝申し上げます。長くお乗り頂けます様にお祈り申し上げます。また、お土産も頂き、この場をお借り致しまして厚く御礼申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

自分の生きる人生を愛せ

自分の愛する人生を生きろ

byボブ・マーリー

大分県大分市のH様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

薦枕

薦枕

『たがにへびとぞ しぎつきのぼる あみおろし さでさしのぼる』

こもまくらという御神楽の本歌である。 すでに奈良時代、平安時代の言葉であって現在ではインターでググろうとも、意味は見つからない。時は養老四年、西暦でいう720年の事である。朝廷は隼人の反乱を抑えようと出兵。この地を訪れ、三角池に生えている真薦(マコモ)で枕を編んで八幡大神の憑代とし、八幡大神の神託によって隼人は鎮圧されたのである。以降卯酉年の6年に一度に宇佐神宮に神の憑代となる薦枕が送られる事となった。大分県は温泉県でもあるが、古代の神話の伝承地も多く、神秘的な地域である。

ラシーン 大分県

一村一品

この度は、大分県大分市にお住いのH様の元にお届けに上がりました、ラシーントラベラーをご覧頂きたいと思います。ダークブルーの車体をベースに再整備を行い、内外装も十分に手を入れて製作されたラシーン。オーナーH氏の拘りもふんだんに詰め込んで製作差し上げました。

ラシーン 大分県

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

ラシーン ウッドパネル

ラシーン用ウッドパネル Dバーズアイ

ラシーン フロントフェース

ラシーントラベラー フロントフェース

タイヤカバー

ラシーントラベラー 謹製タイヤカバー

ラシーン スピードウェル

この度はH様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。長く使用に耐えれます様に、各箇所に部品交換を行い製作差し上げました。お楽しみ頂ければ幸いです。また、豪華なお昼ご飯をごちそうになり、厚く御礼申し上げます。それでは、ラシーンライフをお楽しみ下さい。

今日はコレマデ。

本日の名言

人間が自分で意味を与えないかぎり、

人生には意味がない。

byエーリッヒ フロム

愛知県一宮市のM様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーントラベラー

若草色

今年は久しぶりに首都圏でも雪が降り、滋賀県の米原では観測史上最大の降雪となったようである。米原から少し行けば、日本一の豪雪を誇る伊吹山がそびえており、熊襲平定に向かったヤマトタケルへと思いを馳せてしまう訳である。という話に頷けるのは歴史好きな証拠である。しかしながら、雪の内ではすでに春が始まっており、今回のそのラシーンはペールグリーンという前期モデルのカラーは、若草であるから、今の季節にぴったりである。

ラシーントラベラー
ラシーン

この度は、愛知県一宮市のM様の元へお届けにあがりました、ラシーントラベラー、ペールグリーンをご覧頂きました。内外装のレストアによりピカピカに復元された車体、ナルディウッドのハンドルやレザーシートの張替えに、外装後部は、背面タイヤレス化しスムーシング加工。オーナーM氏の拘りを詰め込んだ仕様となりました。この度はM様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。お土産も頂き恐悦至極に存じます。末永くお乗りいただけますように。

今日はコレマデ

本日の名言

何歳まで生きたかは重要ではない。

いかにして生きたかが重要なのだ。

byリンカーン

愛知県一宮市のM様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーン

人工という天然自然

はたして、この宇宙はだれがどうやって作ったものであるのだろうか。かの物理学者、アインシュタインは無神論者でも有名であるが、宇宙の始まりだけは神の仕業によるものであるという。人間は、あらゆるものを創造し作り出す生き物であると思い込んでおり、そこで人工という言葉が生まれる訳である。しかし、この地球上では石油を作る微生物もいたり、光合成をして酸素を作る植物たちがいたり、それらは天然、自然という言葉で語られる事に不思議を感じる訳である。あくまで、宇宙の中でラシーンという宇宙船から眺めれば、人間がいくら何を作ろうとも、天然、そして自然なのである。

ナルディ ウッド
ラシーン 内装張替え
ラシーン 一ノ宮

この度は、愛知県一宮市にお住いのM様の元へお届けにあがりました、ラシーントラベラーをご覧頂きました。内外装にオーナーのこだわりの配色でシートの張替えやタイヤカバーの製作、ホイールやワイパーのカラーリングなど、純正よりカスタマイズ。ナルディのウッドハンドルも良く似合います。この度はM様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。

今日はコレマデ

本日の名言

どこに行こうとしているかが わかっていなければ

どの道を通ってもどこにも辿りつかない

奈良県生駒郡斑鳩町のU様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーン 奈良
ラシーン 内装
ラシーン シート張替え
ラシーン シート張替え

この度は奈良県生駒郡斑鳩町にお住いのU様にお造り差し上げました、ラシーントラベラーをご覧頂きます。こちらも後期(平成9年から12年)のモデルに採用されたサンドベージュというカラーのラシーンをベースに内外装の各部のカラーをお選び頂き出来上がりました。今回の見どころは内装で使用されたツイード生地。オーナーが悩みに悩んで、選ばれましたベージュのようなグレイのカラーでございます。U様、この度は納車誠におめでとうございました。

ご家族と共にラシーンとの思いでが沢山出来ます様に、お祈り申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

諦めない奴に誰も勝てっこない

byベーブ・ルース

今年最後の納車の巻

パオ 和歌山

和歌山県 西牟婁郡 白浜町のN様 PAOトラディショナル納車

大阪府泉大津市 H様 ラシーントラベラー シダーグリーンOP納車

パオ モケット
パオ 大阪府

大阪府枚方市 M様 PAOトラディショナル アクアグレイ納車

パオ 阪南市

大阪府阪南市のS様 PAOトラディショナル オリジナルモデル納車

ナルディ ウッドハンドル
ラシーン 奈良

奈良県生駒郡斑鳩町のU様 ラシーントラベラー サンドベージュ納車

パオ リミテッド
パオ リミテッド

埼玉県東松山市のK様 PAO SW-LTD納車

パオ 高知県
四万十市 パオ

高知県高岡郡四万十町のT様 PAOトラディショナル納車

パオ 三重県

三重県松阪市のS様 PAOトラディショナル アイボリー納車

ラシーン

大阪府大阪市のH様 ラシーントラベラー OG40納車

12月31日の先ほど、最後にスピードウェル社屋でH様の納車が行われました。皆様には仕上げに沢山のお時間を頂戴いたしましたが、誠に納車おめでとうございました。今年も最後まで全力で走りましたが、まだまだ皆様のご要望にすべてをお応えできなく、来る年、令和4年1月より初心に返り精進してまいりたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

しかし、本当に急に寒くなりましたので、皆様にはどうかご自愛頂ければ幸いです。

それでは、皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

スピードウェルは新年は1月6日より営業致します!

歳末!続納車日記!!皆々様納車おめでとうございます。

いよいよ令和3年へとカウントダウンとなりましたが、

皆々様、如何お過ごしでしょうか。今年はコロナで始

まり、コロナで終わったと言っても過言ではありませ

ん。がしかし、来る令和3年はいよいよコロナも収束し、

また希望が満ち溢れた年となります様、お祈り申し上

げます。それでは、歳末!続納車日記をご覧ください。

ラシーン 静岡ラシーン
ラシーン
ラシーン
ラシーン
ラシーン
ラシーン モケットシート
ラシーン

静岡県富士市のN様 ラシーントラベラー納車

静岡県富士市のN様の元へお納め差し上げましたラシー

ントラベラー。フロントグリルとヘッドライトは角形

に艤装を施し、各部をブラックペイント。さらに内装

はモケットシートで仕立てられて、N様のご希望の形に。

パオ

京都府舞鶴市のS様 PAOトラディショナル納車

京都府舞鶴市にお住いのS様の元へお届けいたしました

PAOトラディショナル。今回はベアエンジンに載せ替え

てこれからも長く使用できるカタチに。

大阪府枚方市のT様 エクストレイルSW納車

大阪府枚方市にお住いのT様の元へお届けにあがりまし

たエクストレイルSW。各部を今様のブラックペイントで

製作し、タイヤホイールや内装も張替え製作。超カッコ

良し。

パオパオ 愛知パオパオ

愛知県弥富市のK様 PAOトラディショナル納車

愛知県弥富市にお住いのK様の元へお届けにあがりました

PAOトラディショナル。1年かかりでの製作。細かな所まで

繊細にこだわられたK様のお気に入りモデル。

ラシーンラシーンラシーン
ラシーン レザーシートラシーン

静岡県静岡市のY様 ラシーントラベラー納車

静岡県静岡市にお住いのY様の元へお届け差し上げまし

たラシーントラベラー。こちらも各部をブラックペイ

ントで製作し、フロントフェースはスピードウェル発。

内装は特別なレザーであつわわれ、ウッドハンドルも

クールに収まっている。

パオ

パオパオパオ

大阪府大阪市のN様 PAOトラディショナル納車

大阪府大阪市にお住いのN様にお納め致しました、PAO

トラディショナル。バーガンディカラーを基調として各

部が張替えが行われ、ハンドルやルームミラーにもこだ

わりを。

ラシーン

大阪府堺市のI様 ラシーントラベラー納車

大阪府堺市のI様の元へお届けにあがりました、ラシー

ントラベラー。オールペイントのカラー、シートノカラ

ーなど、オーナーが吟味して製作させて頂きました。

ラシーン 滋賀県

ラシーン 滋賀県

滋賀県甲賀市のK様 ラシーントラベラー納車

滋賀県甲賀市にお住いのK様の元へお届けにあがりまし

たラシーントラベラー。オールペイントのカラーはシト

ロエンC3より頂き、内外装共に新車のような仕上がりに、

オーナー様もお喜び頂き感謝感謝でございます。

ラシーン
ラシーン レザーシート

和歌山県橋本市のW様 ラシーントラベラー納車

和歌山県橋本市にお住いのW様の元へお届けにあがりまし

たラシーントラベラー。渋く決めたサンドベージュにアン

ティークレザーでの張替え。

ラシーン 名古屋
ラシーンラシーンラシーン

愛知県名古屋市のK様 ラシーントラベラー納車

愛知県名古屋市にお住いのK様の元へお届けにあがりま

したラシーントラベラー。各部を今様のブラックペイ

ントにラッカーフィニッシュを行い、内装はモケット

シートでの張替え。とても雰囲気のあるラシーンに仕上

げさせて頂きました。

という事で、まだまだ製作は続きますが、納車をお待ち

いただいておりますお客様にはお時間頂き恐縮致します。

製作には今以上に仕上げにお時間を割いて、より長く、

そしてより楽しんで頂けます車両の製作に努力致しており

ますので、ご理解頂ければ幸いです。また、メール等で

お問い合わせ頂いておりますお客様には、ご返信は来年

となりますので何卒ご理解下さい。

それでは、皆様良いお年をお迎えください。

今年はコレマデ。

今年の名言

虹を見たかったら、雨も我慢しなくちゃね