奈良県大和郡山市のI様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、奈良県大和郡山市にお住いのI様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。

『さいはてにて』という映画で使用されたライトブルーのカラーの

ラシーンは非常に優しいカラーであり、映画のような絵になるクルマである。

フロントフェース ラッカーフィニッシュ

フロントフェース ラッカーフィニッシュ

ベージュのシートに杢ハンドル

ベージュのシートに杢ハンドル

タイヤカバーの張替え

タイヤカバーの張替え

ラシーンとご夫妻の記念撮影

ラシーンとご夫妻の記念撮影

この度はI様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

新婚ほやほやということで、ラシーンと共に美しい第二の人生を

歩んで頂けます様にお祈りいたします。

今日はコレマデ。

本日の名言

福島県伊達市のA様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ナルディウッドハンドル

伊達男

伊達男とは忠義立て、操を立てる、など表現と同様の

「立て」の使い方で、「男立て」とは「男らしく振舞う」

という意味である。

「男らしい男」という意味で、「立て男」と上方の人が言い始めた。

話の前後は知らないが、戦国武将の伊達政宗(イダチマサムネ)

があるとき秀吉に呼ばれて、上方に上洛したとき十字架を

背負うという派手な姿格好で行進したので、

「伊達政宗はダテ男だ」とそう言われるようになったわけである。

それで、伊達(イダチ)と「ダテ男」との混同が生じ、

「立て男」は「伊達男」と書かれるようになった。

また、伊達政宗のほうもイを落され、ダテ・マサムネと

呼ばれるようになった。

ラシーントラベラー 前方正面姿見

ラシーントラベラー 前方正面姿見

この度は、福島県伊達市にお住いのA様の元へお届けにあがられた

ラシーントラべラーをご覧頂く。

サンドベージュは、スコブル人気カラーであって

総台数も少ないことから、今となってはもはや希少車。

ザ・モケット ラシーン専用

ザ・モケット ラシーン専用シート

ボタンで4隅を締められたモケット製のラシーン用シート。

職人が一脚ずつ手作業で仕上げる様には

ただただ感動を覚える訳である。

使えばつかうほど味わい深くなることから、

ただ今人気急上昇中。

ラシーントラベラー 後方姿見

ラシーントラベラー 後方姿見

キルティング仕様のタイヤカバーもクール!

納車おめでとうございます。

ラシーンと記念撮影

この度はA様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

末永くお乗り頂けます様に。

今日はコレマデ。

本日の名言

北海道河東郡上士幌町のU様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

上士幌町

北の朝

北の朝とは、昨今騒がしている北朝鮮の事でなく北海道の朝である。

夜更けと共に降り出したこな雪は、一夜の晩に40㎝も50㎝とも

降り積もるのであるから、4WDが日常使用されているのには

こうした理由があるわけだが、

しかし、共産党のシイさんも、さすがに北朝鮮の水爆は脅威になると

認めることは出来ないようであるから、いかに理由があっても

おとなの事情を優先する姿勢にはただただ感服である。

ラシーントラベラー 後方姿見

ラシーントラベラーと北海道

この度は、北海道河東郡上士幌町にお住いのU様の元にお届けにあがられた

ラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。

白銀の世界に映えるダークブルーのラシーンは、エンジン廻りや足回りを

北海道寒冷地仕様に変更を加えて、さらに防錆塗装も施して製作が行われた。

ラシーントラベラー 右舷前方

ラシーントラベラー 右舷前方

スタッドレスタイヤにホワイトのホイールキャップ。

フロントグリルはオリジナルモデルを忠実に再現した塗装を。

今回は、なんと内装の写真を撮り忘れてしまったのでご容赦。

マイナス20度の世界

マイナス20度の世界

超零下による不具合をなくすために、各部分にグリスアップを施し、

ラジエーターなど凍結防止を踏まえて整備も行われた、北海道仕様。

特に、関東以北と北陸地方にも同じような整備内容で

寒冷地の方々には特別仕様として製作をしている。

牛舎

牛舎

牛さんたちも寒い冬を超えるのに大変だろうと思うので、

元気でねと声をかける。

ラシーン納車おめでとうございます。

U様とラシーンの記念撮影

この度はU様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。

ご用意差し上げましたスタッドレスですがなかなかのグリップ力で、

何とか冬をしのいでください。

今日はコレマデ。

本日の名言

美しいものとともに生きてきた人だけが

美しく死ぬことができる

by岡倉天心

これは、私の座右の銘になりましょう。

三重県伊賀市のH様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーントラベラー

往年

今回は往年と言って過ぎ去った年という訳であるが、

時間軸の中で横軸である経過時間を楽しむという感覚は

今に始まったものではない。

経過した時間はお金では買えるものでもなく、

それゆえに価値のあるものに変化もしていく訳である。

往年のDESIGNに対する概念は、そのような価値のある気分に

させてくれるという事に、ほかならないのであろう。

フロントフェース ラシーン

ラシーントラベラー フロントフェース

この度は、三重県伊賀市にお住いのH様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラーをご覧頂きたい。

ドラえもんブルーと言われるラシーンのカラーだが、

正式名称は『ブルー』である。

当時どこでもドアと一緒にドラえもんがラシーンを

宣伝していたところから、そういう所以である事は

伺い知る事が出来る。

ザ・モケット ラシーンシート

ザ・モケット ラシーン専用

高級素材、モケットを使用して製作した

ラシーン専用ザ・モケットシート。

後方正面 ラシーントラベラー

後方正面姿見

ラシーントラベラー 納車おめでとうございます

ラシーンちゃんと記念撮影

H様、この度はラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

大変長くお待たせ致しましたが、大変お喜び頂き有難うございます。

末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

感謝の心が高まれば高まるほど、

それに正比例して幸福感が高まっていく。

by松下幸之助

これは間違いありませんなぁ。

何事にもまさに感謝でございます。

大阪府柏原市のY様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

真田丸

誉田八幡宮

誉田八幡宮
幸村が布陣した誉田八幡宮

ヒノモトイチノツワモノ

新春から始まるNHK大河ドラマ『真田丸』。

真田源次郎信繁は幸村という通称で親しまれ、戦国時代最後の

ヒーローであるのはご周知の通り。

今回の配役も素晴らしく、幸村役に堺雅人氏なのだから

市長率30パーセントも可能かもしれない。

信州上田から始まるこのお話は、大坂夏の陣で終焉を迎える訳であるが、

GSW近隣は大阪夏の陣の幕が開ける地域であって、地元の鎮守の森に

幸村が布陣し、後藤又兵衛や薄田隼人正らが伊達正宗隊と衝突した。

地域では、すでに大河ドラマ用のノボリが掲げられ、休日となると

ウォークラリーなども開催され多くの観光客が押し寄せている。

大河ドラマが地域の観光資源としても活用される時代となったのは

現代日本人が、自国の歴史に興味をもちだしたという事の、

一つのバロメーターであるのには違いはなく、

ましてや400年前の事を『アメリカはまだ存在しない』

あれこれ井戸端会議出来るのも、日本の歴史の

奥深さによるものである。

最近は、何かと考え方を世界に合わせるような風潮が存在するが、

日本人として、古来から連綿と続く文化や風俗など

時代に合わせて見直す一方で、伝統は受けついで

行かなければならないものでもある。

著作家のドナルド・キーン氏曰く、

『日本人は伝統、文化があるのだから、それらを知って、

自分のものにして、これを昇華させることに

喜びを覚えないといけない』と言っていたが、

その言葉はわたしの脳裏から永遠に離れないコトだろう。

ラシーントラベラー ブルー

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、大阪府柏原市にお住いのY様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラー(ドラえもんブルー)をご覧頂く事に致そう。

柏原市の国分は伊達正宗隊が布陣した場所であり、コマツ山で

後藤又兵衛が暴れまわった所。頂上には又兵衛の碑が在り

こちらも観光スポットとなっている。

フロントグリル廻り

フロントグリル廻り

GSWの製作車両にはグリルの化粧直し塗装が着いてくる。

ラシーンは樹脂で成型された、グリルや、ホイールキャップ、

リヤクォーターの上部の塗装が悪くなりやすく、

すでに現在のラシーンは全てが劣化しきった状態である。

それらは、今一度綺麗に塗装をすることにより見事に復活する。

ナルディウッドハンドル

ナルディクラシックウッドステアリング

三連メーターのDESIGNに、ナルディのウッドは良く似合う。

というのは、すでに自動車の文化であると言える。

カンパミアータ ラシーン50DESIGN

カンパミアータ ラシーン50DESIGN

上品なカラーで仕立てられた50DESIGNスタンダードレザーシート。

シートカラーはオーナーの個性を最大限に表現できる。

タイヤカバーの張替え

タイヤカバーの張替え

すっと溶け込むようなイメージで、グレイのタイヤカバーに

張替えが行われた。

最新型ラシーンマフラー

5ZIGEN×GSW 最新型のラシーンマフラー

省燃費と耐久性、そして姿見を追求したラシーン専用

ステンレスハイブリッドマフラーを装着。

ラシーン納車おめでとうございました。

家族で集合写真。

この度はY様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。

内外装のカラーリングはとてもお洒落に決まりましたね。

また、地元のお土産まで頂き恐縮でございます。

それでは、末永くお乗りください。

今日はコレマデ。

本日の名言

関東勢百万と候え、男は一人もなく候

by真田信繁

大阪夏の陣で真田信繁勢は伊達政宗勢と相対し、

両軍は道明寺で激突しますが結果は真田信繁の勝利。

この時に発せられた言葉であるといわれております。

茨城県土浦市のS様 ラシーンジョルジェット納車おめでとうございます

スチールホイール

ラシーンのスチールホイール

現代の自動車の純正ホイールはアルミが主流であって、それも

一昔前までの3流メーカーがやんちゃな車に向けて製作したような、

3流のDESIGNが、それに近い訳である。

ブレーキランプのLED球の配置やDESIGNもそれと同じく、

現代の国産車は本当に下品であるのには間違いはない。

本日は少し辛口かもしれないが、

ラシーンはスチールホイールが似合うような感覚で

イメージして製作されたというのは、ラシーンデザイナーの

平林俊一氏のお話であるが、その何気もないような姿勢が

美しいと感じるのは、センスの悪いギラギラした現代の

純正アルミホイールに対するアンチテーゼだったとも受け取れる。

ラシーンジョルジェット

ラシーンジョルジェット 左舷前方姿見

この度は、茨城県土浦市にお住いのS様の元へお届けにあがられた

ラシーンジョルジェットをご覧頂く事に致そう。

S様は、お子様とラシーンを共有されるようなので

内外装のカラーリングは家族会議で煮詰められたようである。

ナルディなウッド

ナルディ クラシックウッドハンドル

オレンジ色のパネルラッカーがダークブルーの車体色に

良く似合うのは、色相環が証明している訳であるが、

ウッドハンドルもクールに決まっている。

ラシーンジョルジェット 後方姿見

ラシーンジョルジェット 後方姿見

タイヤカバーは本体とパイピング色も内装に合わせて製作。

ラシーンとお母様をガシャ

ラシーンとお母様の記念撮影

この度はS様、ラシーンジョルジェット納車誠におめでとうございました。

たいそうなお土産まで頂き、恐悦至極に存じます。

これからは、ワンちゃんの弟?としてラシーンを

よろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

直して、直して、使う事をおぼえなはれ。

by松下幸之助

また、直して使う事によって価値があがるような、モノづくりが

行われなければなりません。

栃木県宇都宮市のY様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

宇都宮餃子

餃子県

たとえば、牛肉にしても実は日本人は近年まで食べることはなかった。

牛は大八車を曳かせ物を運ぶ、畑を耕す、など牛にしかできない仕事を

していたのだから、大切にされていた訳である。

はたして、欧米、西欧、アジアの国々が諸国のグルメを食べだしたのも

近年の事であると思うが、餃子にしてもしかりである。

日本での餃子は文献で見る限り、先の大戦中に宇都宮に駐屯していた陸軍が、

中国の餃子の味を帰国後に宇都宮ではじめたという説が支持されており、

日本の餃子の幕開けが宇都宮にあると言える。

中華本国では、餃子といえば水餃子の事である。※焼き餃子もあるが。

そして、餃子消費量が一番も宇都宮であるのは、わたしのような

ご当地グルメを味わうミーハーな人間が消費に貢献しているから

ではなく、地元の人に愛されている大阪で言えばたこ焼きのような

存在であるという事が伺えた。

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、宇都宮市にお住いのY様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラー、オパールブルーをご覧頂く事に致そう。

走行6万キロ台となかなか上質なラシーンは、多くの製作期間を経て

新車とは違う美しさが味わえるラシーンに仕上げられた。

今回、わたしのテチでフロントグリルが角目で納車が出来ず、

次回、グリルとマフラーを入替えして初めて完成となるから

出来上がりもご覧頂きたいと思う。

シックなナルディウッド

シックなナルディウッドステアリング

官能の美学が見え隠れする、ナルディクラシックウッドと

カスタマイズドなラシーンの内装。

ジョルジェット70レザー

上質さを彷彿とさせるジョルジェット70レザー

折り紙DESIGNをイメージしてDESIGNされた

ジョルジェット70レザーシートがラシーンのイメージを覆す。

スチールホイール

ラシーン用 スチールホイール

純正とは少しだけ趣を変えたスチールホイールを新調。

タイヤはDESIGNの良い萌える石である。

ラシーントラベラー 後方姿見

ラシーントラベラー 後方姿見

リヤゲートはスムーシング加工を施し、タイプ1と2の間。

タイプ1,5というモデルと言えばよいだろうか。

Y様ご家族と記念撮影

Y様ご家族と記念撮影

この度はY様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。

お子様のお宮参りをラシーンに乗って行かれるという事で、

晴れ晴れしい一日となりました。

この度はどうもありがとうございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

雑用こそ、芸術的に仕上げる。

by千田琢哉

この言葉は本当に美しい!!

福井県福井市のH様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ドローンではない

ラシーン

ドローンではない

ラシーントラベラー ホワイト

ラシーントラベラー 前方妻姿見

この度は、福井県福井市にお住いのH様の元へお届けに上がられた

ラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。

ホワイトカラーのボディーに、バンパー類はブラックペイントを

施し、より一層大衆感が増した印象で面白い。

ラシーン フロントフェース

ラシーントラベラー フロントフェース

前期モデルのフロントグリルDESIGNは、機能美を演出しており

後期モデルになると少し色気が出た印象である。

この両者ともに人気はあり、好みは分れるところ。

その他、前期モデルのラシーンに後期モデルのグリルを装着した

中期モデルなどは、SW独自の視点で製作されている。

カンパミアータ 60DESIGN

60DESIGN ラシーンレザーシート

一般的なPVCレザーとは一味違ったjapan madeの

高品質な生地を使用し、縫製されて張り替えられる。

レザーカラーはオーナーの個性が表現される、とても重要な位置を占めている。

ウッドパネル ラシーン

バール杢 

ラシーンの純正限定仕様、バール杢によるウッドパネルは

国の重要文化財に指定などはされていないが、

とても希少な杢目の仕様である。

ファイヤーストーン

ファイヤーストーンという選択

185・65 R14 専用のラジアルタイヤは各銘柄に設定は存在するが、

ブリジストンの廉価版、ファイヤーストーンのタイヤのDESIGNが

ラシーンにすこぶる似合う。

ラシーンさんと記念撮影

ラシーンさんと記念撮影

この度はH様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

たいそう素敵なお土産まで持たせて頂き、さらには駅までお送り頂き

恐悦至極に存じます。

走行距離1万キロ台という事で、これから末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

敬神崇祖

by大村智

ノーベル医学生理学賞受賞おめでとうございます。

大村氏が座右の銘でありましょうか、敬神崇祖。

日本人が古くから温めてきた感覚は素晴らしいものですね。

福岡県福岡市のO様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーンの雨上がり

雨上がりのラシーン

ラシーントラベラー 

この度は、福岡県福岡市にお住いのO様の元へお届けに上がられた

ラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。

この日はあいにくの天気であったが、納車頃には少し雨は上がり

おかげで雨上がりのラシーンが撮影することが出来た。

走行2万キロ台という、スコブル美しいラシーンの納車には

オーナーもテンソンが上がる。

フロントフェース ラシーン

前期モデルのフロントグリルをラッカーフィニッシュ

すでに20年という年月(人間であればようやく成人した感覚であるが)が経ち

お化粧直しを施したフロントグリル。

SWの販売車両では、全車に最高級のウレタン塗料で塗装が施されるから

今後末永く美しく保つことが可能である。

カンパミアータ 50DESIGN スタンダードレザー

カンパミアータ 50DESIGN スタンダードレザー

伝統の8093カラー一色で仕上げた、50DESIGNスタンダードレザーシート。

ラシーンのシート形状にDESIGNがすこぶるマッチしているのは

黄金比による割り付けの仕業である。

タイヤカバー ラシーン

タイヤカバーの張替え

全体気にカラーをコーディネートして

オーナーが選ぶタイヤカバーカラー。

今回は、純正アルミホイールにブラックペイントがほどこされ

それに合わせてタイヤカバーもブラックに。

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度は、O様ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

すこぶる走行距離も浅く、これから先10年いや50万キロ走行を

目指してメンテナンスしながら長くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

師の跡を求めず、師の求めたる処を求めよ

by孔子

孔子さんは紀元前552年10月9日生まれ。

こんな古くから素敵な教えを説いていたんですから、

文化大革命前の大陸の文化は素晴らしかったんですね。