全国津々浦々納車の旅

全国津々浦々納車の旅

全国津々浦々

9月もとても忙しく、ブログの更新が滞っており、本日はダ

イジェストをご覧頂き候。後程皆様のお車拝見と成りますか

ら、ご期待頂きたい。という事で、それではまず最初に。。

ラシーン

ラシーン

栃木県下都賀郡のT様 ラシーントラベラー 寿納車

サンドベージュのカラーは塗装が施されて製作されたモノ。

森に帰りたくなるのは人間の本能なのか、ラシーンは自然

が良く似合います。

ラシーン

ラシーン

愛知県名古屋市のI様 ラシーントラベラー 寿納車

トップを飾る壁画はI様が渾身の力作。念願のラシーンと共

に死ぬまで生きてもらいます。

ラシーン

ラシーン

鹿児島県鹿児島市のM様 ラシーントラベラー 寿納車

シダーグリーンのラシーンに天井にルーフキャリアが鎮座。

キャンプもこれで安心ですわな。

パオ

パオ

宮城県石巻市のY様 PAOトラディショナル 寿納車

レストアを行い製作が施されたPAOトラディショナル。モン

カルロルーフキャリアも装着され、なかなかの仕上がりに笑

顔がこぼれます。

パオ

パオ

徳島県板野郡のT様 PAOトラディショナル 寿納車

こちらもレストアしたボディーにMTのキャンバストップの

アイボリーPAOは非常にめずらしい!!オーナーは藍染の

職人さまで、民藝とPAOは同じにほいでございます。

ラシーン

千葉県佐倉市のM様 ラシーントラベラー 寿納車

ペールグリーンのタイプ2がサンルーフ仕様という珍しい

ラシーンがこのトラベラー。ラシーンと生きる、はロハス

でございます。

という事で、まだまだずずいと納車させて頂きます。そして

、なんと9月16日、17日が誉田八幡宮のだんじり祭りでござ

いまして、お仕事をお休み致しますので、ご不便おかけ致し

ますが、よろしくお願い申し上げます。20日からは平常通り

作業を致します。

誉田 馬場町

誉田 馬場町

試験曳きの風景

誉田のだんじり祭りはだんじりの発祥と称され、今も地域

総出で曳行しています。12月1日金、歴史ヒストリアでの

放送には、何かが映りますので、是非ともご期待ください。

栃木県下都賀郡のH様 PAOミントコンディション納車おめでとうございます

PAOトラディショナル

ミントコンディション

PAOフロントフェース

PAOフロントフェース

この度は、栃木県下都賀郡にお住いのH様の元へお届けに

上がりました、PAOミントコンディションをご覧頂きたい。

アイボリーに仕立てられたボディーは時を重ね入念に仕上

げが施され、ピカピカである。

時計

マグノリアクロック

埋め込み型のSMIS製マグノリアクロックをPAOのメーター

仕様に変更を加えた。時計はアナログ式で、四六時中動い

ている。

Wells50 スタンダードレザー

Wells50 スタンダードレザー

50designスタンダードレザーシート。乗り心地などは60ス

タンダードと共通である。

PAO リヤビュー

PAO リヤビュー

PAOのリヤビューはとても美しい。テールレンズのdesignは

しゅっと立ち上がった感覚で、ただの球状ではないところが

実にクールである。

PAOちゃん記念撮影

PAOと記念撮影

この度はH様、PAOミントコンディション納車おめでとう御

座いました。長らくお待ち頂きましたが素敵な車両が出来

大変うれしく思います。これからはPAOと共に楽しいカーラ

イフをお過ごしください。また、沢山のお土産まで頂き、恐

悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

号外!!全国へのお届け近況のご報告の巻

木梨サイクルの雑貨

木梨サイクルの店長

東京都世田谷区のH様 ラシーントラベラー

お盆までが本当に忙しく、先日ブログで書きかけていた、木梨

サイクルの店長H氏にお届けに上がりましたラシーントラベラ

ー。H氏はお休みの日にはサイクリングに出かけられるという

事で、ラシーンに自転車を乗せてこれから夢が広がります。

岐阜県美濃市のH様 パオトラディショナル

岐阜県美濃市のH様 PAOトラディショナル

和紙の里、美濃市にお住いのH様の元へお届けに上がりまし

た、PAOトラディショナル。世界遺産にも登録されている和

紙は、古くは奈良の正倉院の宝物にも使用されているほどの

歴史あり。うだつが上がる街並みにPAOが良く似合います。

札幌の時計台

札幌の時計台にPAO

北海道札幌市のT様 PAOレストアトラディショナル

2年という歳月をかけて、製作が進められた北海道雪害対策仕

様のPAOトラディショナル。アイボリーの涼しげな色合いに、

北海道の景色が良く似合います。

ラシーントラベラーOF山梨県

ザ モケット シート

山梨県南アルプス市のS様 ラシーントラべラー

甲斐武田氏の領地であるこの地に、ラシーントラベラーが

参りました。オーナーのS様には、外装のカラーから、シー

トのあつらえまでを練りに練ってこだわっていただきました。

ホイールラッカーフィニッシュ

モトリタウッドフラット

大阪府東大阪市のF様 PAOトラディショナル

オリーブグレイのカラーにアイボリーのホイールが良く似

合う、F様のPAOトラディショナル。ステアリングには拘り

のモトリタフラットウッドを装填し、気分は上々である。

沖縄にラシーンが良く似合う

やちむんの里

やちむんの里にラシーン

沖縄県うるま市のO様 ラシーントラベラー

オーナーO氏はやちむん北窯の陶工である。金城次郎の流れ

をくむ北窯は年4回登窯を行うという素晴らしい集団である。

手作業で作られる味わい深い器たちは、若い女性にも人気。

民藝の極意がココにもありました。

香川県観音寺市のI様 ラシーントラベラーS

漫画家がご職業のS様、ラシーントラベラーSのカラーリング

は、なんとアメリカの軍艦色である。トラベラーSのベースは

フォルザであって、その分厚いイメージがカラーリングとクロ

スオーバーして、なんともクールである!

という事で、北海道から沖縄まで納車が続いており、随時の

アップが遅れておりますが、後日、ズズイとアップさせて頂

着たいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

群馬県高崎市のN様 PAOフルオリジナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル

ナチュラルなPAO

自然なPAO。それはエンスージアスト達の言語ではOG,

オージーであって、フルオリジナルの略である。PAO

が発売されてから、月日は経ち、文明も進化し、人の

心も変化するなかで、多様なクルマの使い方も現れた

わけであって、それぞれのオーナーの思い入れが、入

っても当然である。その上にたって、一週してくると、

原初のコンセプトを楽しもうという風潮も現れる。PAO

フルオリジナルという形、これもまさしく逸品である。

フロントフェース

テールランプ

テールランプの仕上げ

PAOの裏の顔でもある、後方姿見。テールランプの仕上げ

にもこだわり、最近は磨きあげながらクリアー塗装を施し

これからの経年の劣化にも耐えうる仕上げに。

PAOとオーナーと赤城山

PAOとオーナーと赤城山

この度はN様、PAOフルオリジナル納車おめでとうございま

す。ご実家は高崎でも有名なラーメンがあるという事で、

ごちそうまでなり、恐悦至極に存じます。それでは、末長

くお乗り頂けます様に。

今日はコレマデ。

愛知県田原市のO様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル 前方正面姿見

PAOトラディショナル 前方正面姿見

この度は、愛知県田原市にお住いのO様の元へお届けに上がり

ました、PAOトラディショナルをご覧頂く事に致そう。オリー

ブグレイの車体は、レストアを施して製作が行われ、ナチュラ

ルなカラーリングで内装も彩られた。

純正カラーを踏襲

純正カラーで復元されたフェイス

バンパーやグリルは純正カラーを再現するためにこだわりを尽

くして調色を行っている。これぞまさしくPAOの顔である。

PAO テールエンド

PAO テールエンド

持ちあがったお尻が、PAOの證。シトロエンの2CVなどのよ

うなイメージは、機能的な美しさを表しており、PAOが機能的

であるかどうかは別として、気分であるから、そこと比べてい

るようであれば、まだまだPAOの奥深さを味わえていないと言

える。そう、あくまでも気分なクルマである。

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影。

この度はO様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござ

いました。点検もお越し頂き感謝致します。末永くお乗り頂け

ま様にメンテナンス致しましたので、長く大切にして下さい。

今日はコレマデ。

本日の名言

過ぎたるは、なお及ばざるが如し。

by孔子

何事も度が過ぎると不足するのと同じように良くない、という

言葉ですが、クルマのカスタマイズも同じ事が言えますね。

東京都世田谷区のT様 PAOトラディショナル納車おめでとうございま

PAOカフェ

PAOカフェ

パオの中に住みたいという意見を取り言えると、お洒落な

カフェのようなシートが出来上がりました。

PAOトラディショナル アイボリー

PAOトラディショナル アイボリー

この度は、東京都世田谷区にお住いのT様の元へお届けに

あがられた、PAOトラディショナルのアイボリーをご覧く

ださい。グリーンのモケット仕様はたくさんご覧頂きま

したが、今回はブルーのモケットで、オーナーのご希望

を叶える事ができました。

モトリタウッドステアリング

モトリタディッシュ ウッドステアリング

シート側にでぱった極細のモトリタウッドステアリング。

昨今のエアバック車とは違い、安全運転第一になれる、

これは不便益であるかもしれません。

ザ モケットシート

ザ モケットシート ブルー

美しいブルーの色味が、アイボリーのPAOに清々しく、また

使えば使うほど味わい深くなるのがモケットシートの特徴。

PAOのヒップ

PAOのヒップライン

PAOの造形の素晴らしさはココに在り。フロントはさすがに

新素材のファイバー製であるが、リヤはしっかりした鉄板を

プレスにて成型している。このアールをプレスするのには、

職人の経験、腕が左右するわけであります。

納車おめでとうございます

PAOと記念撮影

この度はT様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうご

ざいます。早速人気があるようんで何よりでございます。

末永くお乗り頂けましたら幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

我、神仏を尊びて、神仏を頼らず。

by宮本武蔵

神仏には感謝の意を表したいものです。

愛知県豊橋市のI様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

ちゃさんぽー
米子のちゃさんぽー

米子のちゃさんぽー

東京は西荻窪ではじまった、ちゃさんぽーというイベント。

鳥取は米子市で開催されて4回目である。趣のある街並みを

歩き回り、行く先々のお店で独自のお茶がふるまわれると言

う。昨今の大型ショッピングも便利でよろしいが、そこでし

か味わう事の出来ないひと時をちゃさんぽーで体験して頂き

たい。スピードウェルはC-Noir(セ・ノワール)という器の

お店で、河井寛次郎、バーナードリーチの展覧会を開催して

いるから、是非本物をご覧になられたい方は是非。週末は、

PAOやラシーンに乗って鳥取の米子へ温泉も兼ねてご旅行は

如何であろうか。

PAOトラディショナル 前方正面

PAOトラディショナル 前方正面図

この度は、愛知県豊橋市にお住いのI様の元へお届けにあがら

れた、PAOトラディショナルをご覧頂きたいと思う。フェンダ

ミラーにも変更が加えられた、愛想の良いPAOちゃんは、オー

ナーの拘りの逸品。

通称まつ毛 ヘッドライトピーク

通称まつ毛 ヘッドライトピーク

フェースもお色直しが行われ、ヘッドライトピークで可愛らし

く。フロントグリルは艶を出してくりくりっとした印象に。

ナルディウッドハンドル

ナルディウッドハンドルにコラムのラッカー

ハンドルコラムは、アイボリー色で可愛らしさが前面に。ダッ

シュ上下面のレザー張替えが手造りの良さをアピール。

ドアポケットも張替え

ドアポケットの張替え

エッジ部はダッシュ上面パネルと同様にダブルステッチで縫い

あわせ、少しのクラフト感を漂わせている。

PAOトラディショナル 後方姿見

PAOトラディショナル 後方姿見

PAOはなんといっても後姿が素敵すぎる。と感じる方はたくさ

んおられますが、テールランプのデザインもお見事。

パオ 記念撮影

PAOちゃんと記念撮影。

この度はI様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござい

ます。磨きに磨き上げましたので、美しく末永くお乗り頂けれ

ば幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

信念、

それは人生を動かす

羅針盤のごとき尊いものである。

従って信念なき人生は、

ちょうど長途の航海の出来ない

ボロ船のようなものである。

信念という目的地が無ければ、ただただ彷徨うのみですなぁ。

青森県八戸市のS様 パオSW-LTD納車おめでとうございます

八戸 漁師町のPAO

漁師町のPAO

パオSW-LTD

パオSW-LTD 姿見

この度は、青森県八戸市にお住いのS様の元へお届けにあがら

れたパオSW-LTDをご覧頂きたい。

パオ シビエビサージュ

シビエビサージュ

マグノリアクロック

マグノリアクロック(パオ仕立)

ザ・モケットシートの張替え

ザ・モケット

ザ・モケットシートの張替え

トノカバーの張替え

トノカバーの張替え

Wリプレイスメントマフラー

ウェル リプレイスメントマフラー

ウェル リプレイスメントマフラー

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

パオの納車風景

皆様、GWも明けまして如何お過ごしでしょうか。SWでは、

沢山の方へ夢のクルマをお届けにあがり、GWが明けてまた

今から北海道へ向かう最中でございます。このブログの沢山

の皆様にご覧頂いているのは承知致しておりますが、少し時

間が足らずなにかとアップ出来ずじまいでおりますので、本

日はその少しを納車風景としてご覧頂き、またそれぞれのお

客様のブログをアップ差し上げますので一部をご覧ください。

青森県八戸市のPAO

青森県八戸市のS様のPAO

ロイヤルブルーを基調として製作が進められた、SW-LTD。

なんと女性オーナーですが、男前のMT車両です。

大阪府大阪市のPAO

大阪府大阪市のN様のPAO

アクアグレイのカラーを一新して製作が行われた、ピカピカ

のPAO。天王寺周辺をのんびり走っています。

栃木県那須塩原市のPAO

栃木県那須塩原市のN様のPAO

那須の御用邸近くのオシャンティーなカフェへお届けにあが

られたPAO。オーナーもただただイケメンです。

愛知県田原市のPAO

愛知県田原市のO様のPAO

オリーブグレイがナチュラルで、農業を営まれてているオー

ガニックなオーナー夫妻の元へお届け。

神奈川県横浜市のPAO

神奈川県横浜市のK様のレストアPAO

エンジンから新品を積んでボデーもレストアされたPAOは、

日産のおひざ元、横浜市のK様のPAO。渾身の力作です。と

いうことで、本日は全国にお住いの皆様へPAOをお届け致し

ました一部のお写真をアップさせて頂きました。

今日はコレマデ。

本日の名言

不合理の合理

by河井寛次郎

不合理だからこそうまくいく。だからこそ楽しい。美しい。

そういった、理屈にとらわれない柔軟な発想が世の中を新

しくそして楽しくしていくのだとわたしは思います。

茨城県つくば市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

スピードウェル 諸国民藝店

諸国民藝の旅

諸国民藝

以前金沢21世紀美術館で開催された、工芸とデザインの境目

という展覧会の影響もあって、工芸とデザインのバランスを

熱心に研究している。パオというクルマは、その工芸とデザ

インの丁度中央部にあるような、なんとも奇妙奇天烈摩訶不

思議な恰好で、遠い未来に向けて発射された工業製品である、

というのは少し難解な伝え回しである。それはともかく実に

パオのデザインの草案時には用の美という概念が取り入れら

れ、柳宗悦が唱えた、日曜の雑器が使えば使うほどに味わい

が増すというエッセンスが自動車というインダストリアルデ

ザインに初めて適用されたものであると推測する事が出来る。

パオデザイナーの古場田良郎氏は、後にそのことを、ホーロ

ーの鍋の日常使いの傷の味わい深さが、パオで言う、バンパ

ーが鍍金ではなくシルバーの半艶の塗装とすることで、洗車

をしながら味わい深くなるだとか、傷がついた時にホームセ

ンターでラッカーを買ってきてオーナー自身で気軽に補修が

出来る、そういう風な感覚というイメージを私達に伝えてい

る。誠に発想がユニークで、当時の最先端はパオであった事

に間違いはない。

※トップ写真右はスピードウェル諸国民藝店所蔵品 

布志名焼 船木研児作 ガレナ釉 湯呑

関連イベント

【ギャラリートーク「舩木研兒の人と仕事」】
ゲスト:舩木伸児(布志名舩木窯当主)井上一(出西窯陶工)
日時:4月29日(土・祝)14:00〜15:00
会場:出雲民藝館 本館
料金:無料

【スリップウェア実演】
ゲスト:小島鉄平(てつ工房・出雲民藝協会員)
日時:3月18日(土)1回目:11:00〜 / 2回目:14:00〜

主催:出雲民藝協会、出雲民藝館
後援:山陰中央新報社

パオトラディショナル 左舷前方姿見

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、茨城県つくば市にお住いのK様の元へお届けにあが

られたPAOトラディショナルをご覧頂きたい。

パオ フォグランプ

PAO フロントフェース

シビエビサージュという直径13センチほどのフォグランプは

濃霧の時に活躍する。

モトリタフラット MK2ハンドル

Moto-Lita フラットMK2ウッドステアリング

パオのカラーに合わせてホーンモチーフもグリーンであしら

という細部の拘りが重要。

Wells 50 Design パオシート張替え

Wells 50 Design パオシートの張替え

こげ茶一色で統一されたパオレザーシート。落ち着いた雰囲

気が大人らしさを演出している。

アイボリー ホイール

ホイールラッカーフィニッシュ

バンパーやグリル、ホイールなどはオーナーの好みにより、

塗装のカラーが選択出来る。

パオと記念撮影

パオちゃんと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうご

ざいました。急遽キャブレーターも新品いたしましたので、

長く長くお乗り頂けますようお願い申し上げます。またお土

産まで頂き、恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

「名もなき職人が実用のためにつくり、

庶民の日常生活の中で使われてきたものこそ美しい」

使われてきたという事は、長く愛用しているということに他

ならないわけであり、PAOのような車が美しく見えるのは、

この名言からも伺う事ができます。