エゲレスからの贈り物

霧の街 ロンドン

この言葉を聞いて、エゲレスは雨が多く、霧もよく発生するのだなぁ、とわたしは想像していたのである。ロンドンのガス灯のイメージもあいまって、クルマには波長が長いイエローのフォグランプが装着されている、とさらに情景を膨らませていた訳である。しかし、ここ数年、とある記事を読んでいたところ、なんとその霧とは、半分、産業革命のスモッグであったという事を知ってしまった。もちろん、自然に発生する霧はロンドンでは多い訳であるが、スモッグが混ざり、もすかすれば現在の北京に近いのかもしれない。なんとも、霧の街ロンドンと言えば聞こえは良いが、ロンドンスモッグと健康障害が背景にあったとは。今日の四方山話である。

レイヨットフォグランプ

レイヨットDL91

当時物デッドストック新品である。パオやラシーン、Be-1やフィガロにも装着は可能。雰囲気のあるフォグランプは、造りがとても良く、やはりグラスレンズに縦のスリットと潔いところがCOOLである。リムは上質のクロムメッキが行われ、ボディーはシルバーの縮み塗装がされているところがなんとも小憎い。

パオ フィガロ

パオとフィガロの共演

今回製作をおこなっておりますPAOは、コンセプトがアメリカンでドリーム感漂う西海岸仕様。ボディーカラーはめずらしくグレイにホワイトパールの3コート。スイッチ類もフィガロの鍍金仕上げの物をおしげもなくおごる。

パオ フィガロ

フィガロの鍍金スイッチ

台座はパオのオリジナルに明るいシルバーのペイントをプラス。細かなこだわりにより、フィガロの鍍金スイッチレバーとの相性も良い。製作車両のオーナー様にはお任せ頂いており、あくまでSWのわがままかもしれないが、必ずお気に入りの物を造ってみせると意気込む訳である。

という事で、本日はレイヨットフォグランプにフィガロのスイッチレバーをパオにおごるという記事をご覧頂きました。SWはパイクカーやラシーン、エクストレイルの製作に関して、より美しく、洒落た、大人らしい、バランスのとれた自然なカスタマイズをご提供出来ます様に研鑽致しております。販売車両の在庫も沢山そろえておりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

今日はコレマデ。

本日の名言

努力は夢中に勝てない

by孔子

東京都江戸川区のN様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

浅草寺でパオ

ライジングゲート

松下幸之助が奉納した雷門の大提灯。こちらばかりに目が行ってしまうのであるが、左右には風神と雷神が安置されており、風雷神門が正式名称である。いつしか雷門という言葉に変化していったのであるが、文化年間の川柳に「風の神雷門に居候」という言葉がみえる。時と共に変化しつつ、その変化が楽しめる。日本とはなんとも奥深く、麗しい国である。

パオ 浅草寺

PAOトラディショナル 浅草寺姿見

この度は、東京都江戸川区にお住いのN様の元へお届けにあがりましたPAOトラディショナルをご覧頂きたいと思います。ボディーは外板をオールペイントを施し、これから長く使用に耐える仕上がりに。走行3万キロ台の車両をベースとして製作致しましたので、エンジン廻りはタイミングベルトからウォーターポンプ、エアコンのコンプレッサー、パワーステアリングのラック、キャブレーター、ラジエーター等交換。オルタネーターとセルモーター以外はほとんどが交換となりました。しかし、振り向きたくなるんです。

内装 パオ

オリジナルデザインを踏襲したシートの張替え

座面表にはドンゴロスのような麻布風生地で仕立てたパオ純正デザインを意識したシートの張替え。背面はポケットも忠実に再現されており、沢山の荷物も詰め込む事が可能。座面、側面、ポケットの蓋、ベルト等、それぞれにカラーはオーナーの思い描く仕様に。

キャンバストップ

キャンバストップの風景

キャンバストップの張替えはスピードウェルでは、全車標準であり、カラーも選べる。さらにルーフレールやリヤハッチガラスの蝶番などのリペアもしっかりおこなわれ、美しい。

テールランプ

江戸の車夫

江戸の車夫は肉を食べない。肉を食べると、徐々に疲れて最後には走れなくなるらしい。これはベルツという独の医師が実権を行った結果でもある。江戸時代までの日本人は肉を食べず、玄米、梅干し、たくあんなどの菜食で非常に体力はあったのだという。パオのテールエンドの造形は美しい。

パオ マフラー

ウェルリプレイスメントマフラー

前後ともウェルリプレイスメントマフラーを装着する。燃費良し、馬力よし、見た目良しの三方良し。

パオとビートル

パオとビートル

パオとビートルその両方にキャンバストップの仕様と、これまたオーナーN氏のこだわりが伺えます。ビートルはかなりローダウンされておりましたが、パオは車高が高く、どちらも楽しめてうらやましい限り。

パオ ホイール

伝説のトミーカイラ ブリジストン製アロイホイール

ブリジストンが競技用に製作したスーパーラップというてっちん風アルミホイールの、さらにトミーカイラ版。手に入れたくても手に入れる事は出来ない伝説のアロイホイールである。

パオと記念撮影

PAOと記念撮影

この度はN様、PAOトラディショナル納車おめでとうございます。大変長らくお待たせ致しましたが、お喜び頂けまして嬉しく思います。また、貴重なビートルも拝見させて頂き大変勉強になりました。ビートルと肩をならべてパオも誇らしげでした。それでは、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ビートル

スモールスクウェア―ウィンドウのビートルは、フロントピラーも分厚い。これがそれ以降のビートルにはない可愛さの隠し味である事に間違いはありませんね。この度は、N様貴重な車両を拝見させて頂き、重ねて御礼申し上げます。

富山県射水市のO様 パオ納車おめでとうございます。城野レーシングチューンドミッション搭載の巻

知る人ぞ知る。

城野レーシングは知る人ぞ知る。F1において、中嶋悟が活躍した時代にタイレルのメカニックとして活躍された城野氏が代表を務めた会社である。日産マーチのワンメイクレースでは数々の優勝。タイトルも数々。 城野レーシングは富吉レーシングから派生した黒木レーシング、香月レーシングと共に当時の西日本のレースフィールドにおける常勝レースチームファクトリーで「勝つレース」を行いたいときの登竜門 そして名門。スピードウェルにはその活躍したオートバックスがスポンサードのオートバックスマーチを城野氏より譲り受け、現在保管している。そして城野氏は、何を隠そう日産NISMOの開発技術者でもあった。ということで、今回のO氏のパオには城野氏が直々に製作したレース用のミッションをおしげもなく装着いたしました。特製のLSDも装填されており、日本でただ一台の城野レーシングチューンドミッション車の製作を差し上げる事となりました。

パオ 富山

PAO右舷前方姿見 

なんとも、大寒波襲来の日の納車となり、大阪から富山に抜けるには、なかなか苦難の連続ではありましたが、日々全国へお届け差し上げておりますので、通れる道は十分に御座います。

ミッション

ミッションは中央奥

現在パオの純正ミッションはファーストとサードのギヤが割れや欠けで修理が困難であり、SWではファースト、サードのギヤを製作中。今後、オーバーホールには使用する事が可能です。

タコメーター

マニュアルミッションにはタコメーターが欲しいということで。

タコメーターをデジタルスピードメーターの下部に取り付け差し上げます。

ホールソー

52パイのホールソー

このホールソーさえあれば、52パイのメーターの取付が美しく行えます。

タコメーター パオ

52パイの穴をあけた様子

配線は純正スピードメーター後ろにある配線の塊よりブルーの配線を取出します。この配線はアクセサリーの+電源となります。さらに純正メーターに取り付けられる配線の黒の配線を-(アース)として使用。そして、赤白の配線はイルミネーションの+として取り出します。残りはエンジンの回転パルスですが、インパネうらのバルクヘッドから来ている配線の束よりピンク(エンジン回転パルス)を取り出せば、タコメーターにそれぞれ接続。しっかり動くことでしょう。

タコメーター

電気式タコメーター

今回は、ミッションの載せ替えとあわせて、強化クラッチ、さらに軽量フライホイールを装着して、パオのノーマルエンジンでも子気味良く楽しめるものと致しました。

パオ 富山

SW製ステンレスマフラーも決まっております。

パオと記念撮影

パオと記念撮影

この度はO様、城野レーシングチューンドミッション搭載おめでとうございます。雪道では少しじゃじゃ馬ぶりを発揮するかもしれませんが、パオと走りを楽しんで頂ければ幸いです。それでは今後とも宜しくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

一曲夢々里

いっきょくむむり。人生、歌を歌っている間に過ぎ去るという禅語である。

日産Be-1、PAO専用ステンレスマフラーGEN5完成

蓄積した長年のデータを頼りに、より完成形に近づいたGEN5、ウェルリプレイスメントマフラー。

パオ マフラー

ウェルリプレイスメントマフラー(純正代替品)

サイレンサー部はSUS304という美しいステンレスを、メインパイプにはSUS436という高温で高耐久なステンレスをハイブリッド成型。見た目と機能性を両立致しました。

パオ マフラー
パオ マフラー

5ZIGENが魅せる美しいTig溶接

フォーミュラーなどのレース経験も豊富な5ZIGENが製造を請け負うリプレイスメントマフラー。各部の溶接も息をのむ美しさ。まさしく、スピードウェルが求める工藝の世界に通じます。

パオ マフラー
パオ マフラー

リヤピースのパイプと構造

フロントピースは純正ど同径であり、リヤピースは流速のチューニングを行い、一回り径を太く。さらに純正はコーナー部がかなり抵抗となっており、5ZIGENの最新のマシンによる曲げ技術により肉厚を保ちながら同等の形状で曲げが行われる。

パオ マフラー

こだわりの外カール

テールカットは折り返しのR形状を踏襲し、SUS304で見た目にこだわる。Be-1、PAOの後見千両となることだろう。

パオ マフラー

JASMA認定プレートが高品位の証

音量はアイドリング時は純正同等の85db(5ZIGENで測定)であり、サイレンサーの容量を調整する事により、太く、そしてドライな大人らしいサウンドを実現。 音とは1つのように感じても、実はいくつもの音が重なって成り立っており、その音がどのようにして含まれているかによって音色(ねいろ)は形作らるのである。そしてその音色を形成しているのが「倍音」である。また、倍音には整数次倍音と非整数次倍音に分かれ、リプレイスメントマフラーは芯のある音とキラキラする倍音を合わせてドライなサウンドに仕立てている。音楽家監修のサウンドを是非楽しんでもらいたい。

という事で、今回はスピードウェルと5ZIGENが共同開発を行う、ウェルリプレイスメントマフラーの最新ロットGEN5をご覧頂きました。

価格はフロントが39800円、リヤが59600円、それぞれに消費税。全国へ代引きにてご発送差し上げます。

奈良県北葛城郡のY様 PAOトラディショナルレストア納車おめでとうございます

パオ

甦える内装

すべてのエアコンの吹き出し口のリペアパーツ。トグルスイッチのシルバーの台。ダッシュパネルやアンダートレイの張替え。レトロオーディオのオーバーホール。そのそれぞれにスピードウェルの培った技術を惜しみなく投入してレストアされたPAOである。その他、シートの張替え、フロアマット、プラスチックのビス類の新調、内張りのリペア、吊り天井のリペア、灰汁洗いなど、ボディーレストアと合わせて施工されている。

パオ

PAOちゃんと記念撮影

この度は、奈良県北葛城郡にお住いのY様の元へお届けさしあげました、PAOトラディショナルレストアをご覧頂きたいと思います。オリーブグレイにペイントされたボディーはバンパー、フロントグリル、ヘッドライトリム、ルーフレール、ホイール、見えているパーツはすべてリペイントされ、新しい時代に生まれ変わった姿となった。

内装 パオ

内外のカラーの変更

パオは外装のカラーが内装になっており、レストアに合わせて、内外を他色に変更。今回のような内装がアイボリーの仕上げは特に女性に人気である。さし色に優しいキャメルカラーをダッシュ上下とあわせてシートのパイピングにあしらい、とてもバランスの良いコーディネートだとあたしは思う。

ドア内張り

ドア内張りの仕上がり

内張りの質感、そして、シルバーパーツのリペア。それぞれが美しい。

パオ

PAOちゃんと記念撮影

この度はY様、PAOトラディショナルレストア納車誠におめでとうございます。末永くお乗り頂けますよに、バックアップさせて頂きたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

禅心

禅定の心であって、心を一つの対象に集中して乱れない状態の事でございますが、そのような気持ちでパオやラシーンの製作に打ち込み、さらにぜんしん(前進)して参りたいと思います。

大阪府和泉市のN様 PAOトラディショナルレストア納車おめでとうございます

パオ レストア

常若 トコワカ

パイクカーデザイナー、古場田良郎氏。「クルマを消耗品にしたくはなかったのです 」その言葉のデザインがこの写真からも滲み出ているとわたしは思う。来る正月14日で生誕36周年を迎えるパオ。工業製品で言えばおじいちゃんかもしれないが、レストアとよばれる常若の精神で若返りが可能である。純正のオリジナルの状態に戻す事も可能。カスタマイズを施して、たった一つのパオを製作する事も可能。現在の出雲大社のおおやしろでも江戸時代から60年に一度の大修理により現代でも木は生き続けている訳であるから、パオも35年に一度の大修理により、また長く乗り続ける事が出来ることだろう。

パオ レストア

パオトラディショナル レストア

この度は、N様の元へ納車されましたパオトラディショナル、レストアをご覧頂きたいと思います。内外装がかなりお疲れのパオちゃんでありましたが、新車のような雰囲気でお乗り頂けます様に製作さしあげました。

パオレストア

パオ レストア 内装

内張りや釣天井、フロアカーペットの灰汁洗い、さらに新調のマット。気になるプラスチックパーツの表面処理。新しい気分で操縦することが出来る。

パオ レストア

パオ レストア デフロスターグリル

エアコンの吹き出し口のすべてにリペアパーツを準備。特にサイドデフロスターグリルはお餅を焼いたように膨れている物が多く、スピードウェルのリペアパーツへ交換が行われる。

パオ レストア

パオ レストア 内張り

内張りは褪色もしくは日焼けにより変色しているところ、リペアが行われ、内張りのピン類はすべて新品に交換を行い美しいアイボリー色に。さらにインナーハンドル類のシルバーパーツもリペイント。

パオ レストア

パオ レストア

三角窓のゴムはもちろん、ドアの水切りモールやリヤクォーターのゴムモールもリペアが行われる。ドアミラー上下のシルバーパーツやビス類、ドアアウターハンドルや、クォーターガラスの蝶番も再塗装済み。

パオ レストア

パオ レストア ワイパー廻り

ワイパーカウルも取り外し、ワイパーのリンク自体も錆止めを行う。フロントガラスゴムも新しい。

パオ レストア

パオ レストア ウェルリプレイスメントマフラー

GEN5へとバージョンアップされたウェルリプレイスメントマフラー。アイドリング時の音量は純正同等であり、走り出すと小気味良い上質なサウンドが得られる。大人らしいマフラーである。

パオ レストア

パオ レストア ヘッドライト

ヘッドライト廻りやバンパー、グリル、ウィンカーなどそれぞれにリペアが施され、純正色に色入れが行われる。使用される塗料の拘りは半端ない。

パオ 納車

パオちゃんと記念撮影

この度はN様、PAOトラディショナルレストア納車、誠におめでとうございます。また、長くお乗り頂けますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

本当の美しさは、目に見えないところにある 。

日産フィガロオーナー必見☆純正オプションドリンクホルダーのリプロダクトを発売!!

フィガロ ドリンクホルダー
日産フィガロの純正オプション、ドリンクホルダーのリプロダクト品

日産フィガロオーナーは必見となります、純正オプションのドリンクホルダーをリプロダクト致しました。取付方法は至って簡単で、センターコンソールを装着している+ネジ4個を外してオーディオ下部とコンソールに挟み込むだけとなります。

日産フィガロの純正オプション、ドリンクホルダーのリプロダクト品

むかって右側(運転席)は350ml、500lm対応。むかって左側(助手席)は270mlカンサイズとなります。これも純正と同じ造り込み。

日産フィガロの純正オプション、ドリンクホルダーのリプロダクト品

正面裏側にはNISSANの文字が、ここまで含めてリプロダクトしてしまうと、問題が。今回の物は原型ですので、製品はバリ取りもおこないます。NISSANの文字はお楽しみに。

初回限定20個 価格は23800円+税

ご注文、お問い合わせはメール、info@speed-well.jp もしくはお電話にてお問い合わせください。

それでは、皆様良いクリスマスを。

価格据置き!パイクカースタッドレスの販売の巻

パイクカー

パイクカー専用スタッドレス販売

今年も師走となりました。東北地方は既に完売となっていますパイクカー専用のスタッドレスの販売を行います。

ブリジストンブリザック 155/80R12 スチールホイール付き

価格は61200円+税となります。

全国発送が可能でございますので、どうぞご検討ください。

愛知県田原市のM様 パオレストア納車おめでとうございます

パオ レストア

ヨミガエリの儀式

甦る、蘇る、ヨミガエル、日本語には同音の言葉は多い訳である。黄泉から帰ると書いて、ヨミガエルと読める訳であって、自動車においてそのヨミガエリの儀式はレストレーション、俗にレストアであり、それは護摩を焚き、100万遍経を唱え、、それは冗談であるが、沢山の工程を行い、元通りに組み上げて行く作業である。今回もまた、エンジン廻りのメンテナンスと共に、ボディーの内外装のヨミガエリの儀式を行い、愛知県は田原市のお客様の元へパオを納車さしあげました。

パオ

パオ レストア 完成車

この度は、愛知県田原市のM様の元へ納車差し上げますパオをご覧頂きたいと思います。エンジンやミッション、足回り等、メンテナンスが必要なパーツ、寿命が近いパーツは交換を行い、ボディーの内外装はレストア。34年経つ車には見えない!!そんなパオでございます。

パオ ドアミラー

ドア廻りの仕上げ

ミラーも上下の接続部のシルバーパーツも三角窓モールやドアサッシも、新車時の様子。ボディーは全て塗装が行われ、ブリリアントフィニッシュ。さらにコーティングまで行われる。

ワイパーカバー

ワイパーカウル廻り

ワイパーも、カウル内のリンク類も、フロントガラス、ガラスモールなども、全て取り外して、レストアが行われる。

内装

ダッシュパネル廻り

クーラーの吹き出し口の劣化もあり、デフロスタグリル等も交換。センターコンソールは表面処理を行い、黒さが増す。各シルバーパーツの塗装やリペアも行い、なかなかの味わいである。ココまで仕上げる事が出来るのはSW以外無いと手前味噌ながら自負している。

パオ
パオ

内装の仕上げ

内張りの仕上がりも美しい。さらに、すべてのプラスチックビス、ピンは新品に交換が行う事により、さらに20年30年と残る事であろう。内張りが付いた状態で見る事は出来ないが、ドアの内部も全て特殊なグリスにより注油済み。動きもすこぶるスムースである。

パオ

リヤ廻り

ランプ類もピカピカである。SWで施工されるランプのリペアは、レンズとなる樹脂の経年劣化した表面を落とし、さらにUVカットと耐候性を兼ねた塗料で仕上げられる。これは、販売車両すべてに着いてくる。

パオオーナー

PAOちゃんと記念撮影

この度はM様、パオレストア納車誠におめでとうございます。これからも長く楽しく、パオと共に人生を豊かにして頂ければ幸いです。この度は、長らくお時間頂き感謝申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

技術は長く、人生は短し 。

永久保存版!!日産パイクカーデザイナー 古場田良郎氏のBe-1の巻

遂に今年も師走となり、一年の締めくくりにかかるところでございますが、皆様如何おすごしでしょう。今年はパオやラシーンの販売、レストアも含めて気合を入れて年末まで走り続けますが、11月30日、日本自動車博物館へ日産パイクカーデザイナー、古場田良郎氏の愛車Be-1を寄贈なされるという事で、お手伝いさせて頂きました。今回は、ご一報を受け、Be-1をお預かり致しまして、ショーモデルとはいきませんが、動態保存チェックと、ホイール等純正化、長く鑑賞に耐えるようにボディーに手を入れて、最後の仕上げを差し上げました。1987の発売より36年、夢をありがとうございます。

Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル
Be-1 スピードウェル

こちらの撮影は11月21日。この後、日本自動車博物館へ搬送。11月30日には、日本自動車博物館に於いて、古場田良郎氏より博物館の館長へ受け渡し式を開催。スピードウェル社は古場田氏に同行させて頂き、その模様を撮影させて頂きましたので、改めましてご報告させて頂きたいと思います。

最後に古場田氏が思い出深く、ドアミラーのお話をお聞かせ下さいました。ドアミラーは左右対称ではない。助手席側のほうがボディー内側へ角度がついており、当時CADの技術はなく、すべて手書きで図面をおこさないといけなく、相当苦労した。

ココからはウェルの四方山。このお言葉を聞いて、わたしは一つ思う訳でありますが、やはり良い物、長く残るモノは出来上がるまでの熱量が多いという事。昨今のデジタル技術に進歩に合わせて、熱量は限りなく低くなっており、少なからずモノづくりと熱量という方程式は成り立つかもしれません。そういった事を感じながら、スピードウェルで製作させて頂いております、販売車両、レストア車両にはしっかり熱量を詰め込んで価値のある物に仕上げて行きたいと思う所でございます。

という事で、本日は、日産パイクカーデザイナー、古場田良郎氏の愛車Be-1をご覧頂きました。来年は日本自動車博物館90周年のイベントが御座います。こちらのほうでBe-1が展示されますので、どうぞご来場ください。

今日はコレマデ。

本日の名言

いつだって、偉大な先人達は

凡人達の熾烈な抵抗に遭ってきた

Byアインシュタイン