金沢21世紀美術館『工芸とデザインの境目』展

21世紀美術館 工芸とデザインの境目

ラシーンデザイナー 平林俊一氏

工芸とデザインの境目展

今回は、ラシーンデザイナー平林俊一氏と共に金沢21世紀

美術館で開催されている『工芸とデザインの境目』展のお

話である。工芸とデザインは何が違うのか?という疑問を

投げかけた今回の展覧会は、プロダクトデザイナーの深澤

直人氏による企画。深澤氏といえば、現在日本民藝館5代目

の館長でもあり、民藝、工藝、デザインの立ち位置をバラ

ンス良く伝えてくれそうだ。果たして工芸とデザインに境

目はあるのか。という疑問から始まる展覧会は、その境目

あえてを見出すことによって、工芸的、よりデザイン的、

はたまた、これは工芸でもありデザインでもあるという風

な視点でモノを見ることが可能となる。沢山の若者

沢山の若者で混雑する。

工芸やデザインに対する展示会で平日にもかかわらず満員

御礼の様子。

左 工芸 右 デザイン

左によるほど工芸 右に行くほどデザインという展示

工芸は作者とつくり手が同じ人物である。もちろん分業の

場合もあるがそれは作者が一つのものに複数存在すること、

という内容から始まるが、これに対しデザインは作者とつ

くり手は異なる。そしてつくり手は人ではなく機械である

場合も少なくは無い。これは工業製品といい、工業製品に

はデザイナーとモノの間にさらに設計者がいる。というお

話から始まるが、前置きに今回の展覧会では手づくりのも

のを工芸とし、量産できる工業製品をデザインとして分け

ようとしは訳ではない。手づくりと言っても工具や機械を

使う事もある、工業製品と言っても手の作業が発生するこ

ともある。しかし、しかし、手でつくるものと機械で生産

するものがそれぞれ工芸的であり、デザイン的であるとい

う解釈は間違えてもいない。まさに、ココに核心があるか

もしれないと、これはわたしの意見である。

工芸的でデザイン的

工芸的でデザイン的

パオやラシーンがどこの位置に存在するのか、という発想

が出来る事がすでに、工芸的であったりデザイン的である

という、発想の対象物となる訳であるが、これが昨今の車

のどれほどが対象物となろうか。話はまだまだつづく。

Kurashiの手帖

建国記念日

建国記念日

2月11日は建国記念日である。

紀元前660年前の2月11日から始まり、現在に至るまで

連綿と営まれた日本という国は、世界で一番古く、

そして世界をリードするほどの大国となった。

それもこれも、皆生けるご先祖様たちが一生懸命時代を繋い

でくれたからであり、この歴史は、常に最善が尽くさてきた

訳であって、それが歴史にifは無いと言われる所以である。

そこで、生テレビ系に出演している政治家が、もしあの時

日本がほにゃららなど言い出したなら、そんな幼稚な政治家

は辞めてもらった方が良い、とまあ辛口ではあるが。

話はもどり、2月11日は神代から人代に移りかわる決定的な

日本の紀元であって、その誕生の地は奈良橿原の宮である事

は皆々ご存じであろうか。実に戦後のGHQな教育のおかげで

知る人ぞ少ないのは、とても残念なことではあるが

私達は日本人であるのだから、そろそろ真の意味でGHQから

解放され、日本民族の誇りを取り戻さなければならない。

なんぞ、言うだけで右翼だ!!

玄関に祝日に国旗を揚げるだけで右翼だ!!

みたいな残念な思想がGHQが占領の本当の意味でなのある。

僕たち、私たちは日本に生まれたから日本人なのではない。

しっかりと日本という国の歴史を知り、国風を体で感じて

その延長線上で豊かで美しい社会を形成していかなければ

真の日本人になったとは言えないのではなかろうか。

民藝かデザインか。

工藝か。デザインか。

先日、長野県松本市にラシーンの納車に伺った。久しく松本

に来たのだから、松本と言えば今は工藝、民藝の集まる町と

話題であり、お洒落なうつわを物色しに少し立ち寄った。

多数のセレクトショップや、陶芸を間近でしている店もあり

うつわ好きにはたまらない、そんな風景が中町にあった。

うつわにもいろんな表情があるが、どれも鳥取民藝運動後の

河井寛次郎先生やバーナード・リーチ氏、浜田庄司先生らの

定番のカタチが多く、一通り所有しているので一ひねり考え

ながら歩いていると、ひとつ八多良に心をくすぐるカップが

目の前に現れ驚愕した。その粉引のカップは、それは見事に

使いづらいカタチをしていたのである。

これは民藝か、工藝か、はたまたデザインかと問われれば

間違いなくデザインであるだろう。日常使いには難しそうな

印象であるが休日に遊び心を込めて使うと、とても心が豊か

になるように思えて仕方がない。

そのポイントは『使い辛い』『非日常』であって、

これを楽しいと感じれる教養のある人間のみ使う事が許され

る、そんな威風たる風貌が魅力的である。

先日、日曜美術館で15代楽吉左衛門氏の楽焼が放送されたが

どう茶筅を回せばよいのか、どこに口をつけて良いのか解ら

ない難解な茶碗で、皆楽しんでいたのを観てヤッタと思った。

民藝、工藝、デザイン、アートのどれも人が心で感じる事が

出来るからこそ楽しめるわけであって、感じれる豊かな心が

ある、もしくはありたいと願うからこそ、

人はさらに豊かな心を育む事が出来るのだろう。

パオやラシーンというクルマも実にそうであって、

心を豊かにしたい、そう思う人のみぞ選ばれしクルマ

であると、わたしは思う。

知的な旅―伝統芸術の巻

雅楽

はたして、われわれは日本という国に生まれ育ち、おおよそ日本という国が

どういう起源で、どのようにして文明を育んで来たのか、端的にでも答えれる

人が、どれだけいるのだろうか。

パオやラシーンに乗って、日本中を旅をして日本は素敵な国だと感じた方は

多いはずであるが、もっともっと日本を知りたい方もいるはず。

時を重ね歴史となり、新たな時代に文化が開きいにしえより移り変わった

もの、こと、はたくさんあるが、時空を超えて神代より続く日本の

動かないモノの一つに伝統音楽がある。

聖徳太子の時代に遣隋使によってもたらされた大陸の音楽と、

日本の神代よりつたわる国風のうたまひなどと融合し、平安時代に

大成された、これぞ『雅楽』である。

%e8%8b%a5%e8%91%89%e4%bc%9a11_1_1

昨今では宮中はもとより、神社やお寺などで演奏される雅楽。

明治のご維新までは、宮廷音楽であり天皇家をはじめお公家や楽家などで1500年

もの間、たゆまず伝承されてきた。

雅楽にはいろいろな楽器が存在するが、笙(天から差し込む光)、

篳篥(地にはう人の声)、龍笛(天と地を行きかう空間)という三管が

音で宇宙を形成しており、自然に対する概念が楽声に宿っている。

最近では、癒しの音として人気があり、これも大自然の霊力である。

%e8%8b%a5%e8%91%89%e4%bc%9a111_1_1

wakabakai_1

若葉会は、大阪楽所(おおさかがくそ)の新人研修から会員になりたてが

舞台にあがる、初々しいステージである。

夏には宮内庁式部職学部の先生方に合宿していただき、その成果を見せる事が

出来るかいなかは、お楽しみ。

当日は入場無料であるから、日本の文化を感じたい方は是非ご来場ください。

『こだわり』は人生を豊かにするルール

ポルシェボクスターS 板金風景

『ポルシェボクスターS 板金風景 オリジナル塗装を大切にするコダワリ』

こだわりこそ、自分を進化させるエネルギーかもしれない。

これはENGINEの編集長、村上氏の言葉である。

そのエネルギーが人を輝かせ、その人生を豊かにしてくれる訳である。

わたしが思うに、こだわりのある人の話はたいてい面白い。

また、こだわりのある人が、こだわりの無い人に話をすると、

そのすべてを真っ向から全否定するのであるから、難儀である。

こだわりの無い人のとは、こだわる才能が無い人なのだ。

しかし、なんでもこだわっていれば良いという訳でもなく、

ココはセンスが必要で、美しい物や事にこだわるのには

絶対に間違いはない。

そして、大人な趣味にこだわるのが、大人の時間の使い方である。

謹んで初春のお慶びを申し上げます

伊勢の神宮 おかげ横丁
伊勢の神宮 おかげ横丁より

謹賀新年

皆様、あけましておめでとうございます。

平成28年はすでに始まりましたが、松の内までは正月気分を

味わっていたいものです。

この松の内(門松がある小正月までの期間ですが)

関東では1月7日、関西では1月15日までと期日が

異なっているのも、裏には歴史があって面白い物です。

それでは、今年はより一層皆様にお喜びいただけます様に

精進致しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

それでは良いお年をお迎えください

10014686_1069468063103797_8570041387808449519_n

大晦日

今年も一年、流星のごとく過ぎ去りましたが

皆様には多大なるご声援とご指導を賜り、誠に有難うございました。

ご迷惑をおかけした事、私共の力不足により夢がかなえられなかった事などを

改善し、次年こそ、皆様に心底からお喜びいただけます会社となりますよう

努力いたします。

皆様には良いお年をお迎え頂けます様に、お祈り申し上げます。

株式会社ガレージスピードウェル 代表取締役 雑喉泰行

お盆休み特別企画の予告!!

小樽運河にPAO

お盆休み特別企画

遂にお盆がやって参りましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。

弊社は8月12~17日(整備は13日~17日)までの間、夏季休業致しますが、

ホームページのトップより、PAO、RASHEENの動画を14日より

ご覧頂けるようになりますので、是非ともこちらも楽しみに

して頂ければ幸いです。

上半期はPAOのレースやRASHEENのCM撮影などいろいろな

行事が御座いましたが、下半期はこれまた目玉企画が

待っておりますので、今後ともご覧頂来たいと思います。

それでは14日、ホームページのトップよりご覧ください。

今日はコレマデ。

本日の名言

「どちらでもいい」という人は、

生きているとはいえない。

by千田琢哉

お見事な名言でございます。

======================================
追記
ブログにも動画を貼り付けましたので、ぜひ御覧ください。

イオンのCMにラシーン登場!スピードウェルが車両提供させていただきました。

Tipo2015参戦動画です。

参戦レポートページはこちら

大阪楽所 第三十三回 雅楽講演会 6月27日開催

日本という国は、世界で一番古い国である。

という話をすると、皆がきょとんとするのは、戦後の間違った教育による後遺症である。

話を紐解くと、かの伊探検家アメリゴベスプッチがアメリカ大陸を発見した事によって生まれた

アメリカ合衆国は1783年に独立して国家が生まれるわけであるから、それは近年の話であって、

日本は神代の時代に始まり、神武天皇が奈良の橿原の宮で紀元前660年に即位し建国した

わけであるから、今から2675年前に始まった。

国民が祝う建国記念日は、神武天皇即位起源の2月11日の事であるという事実は

日本民族として誇りを持ってもらいたい。

そんな、一番ふるーい国には、いろいろな芸術や文化がそなわっており、

雅楽は5世紀頃から古代アジア大陸諸国の音楽と舞が仏教文化の渡来と前後して

中国や朝鮮半島から日本に伝わり、これらが融合してできた芸術で,

ほぼ10世紀に完成し,皇室の保護の下に伝承されて来たも。

世界で一番古いオーケストラ『管弦楽』なのである。

大阪楽所 第33回雅楽演奏会

国立文楽劇場(地下鉄・近鉄日本橋駅下車7号出口より東へ約1分)
入場料=3,000円(全席自由席)
【国立文楽劇場窓口・チケットぴあ(Pコード:258-233)】にて発売

[昼の部]開場=午後1時30分/開演=午後2時
[夜の部]開場=午後5時30分/開演=午後6時

プログラム

[第1部]  管 絃

・壱越調音取
・春鶯囀颯踏
・武徳楽

講師演奏
・壱越調音取
・胡飲酒破

[第2部] 舞 楽 
・振鉾一節、二節
・承和楽
・納曽利
・長慶子

演出=国立劇場元演出室長/木戸敏郎
音楽監督=宮内庁楽部楽長/多 忠輝
[講師]
笙・右舞=宮内庁楽部楽長/多 忠輝
左舞=宮内庁楽部元首席楽長/安斎省吾
篳篥=宮内庁楽部楽長補/東儀雅季
笛・琵琶=宮内庁楽部楽長補/上 研司
笛・箏=宮内庁楽部楽師/岩波孝昌

●主 催 大阪楽所
●後 援 大阪府教育委員会 大阪市教育委員会
大阪商工会議所 (公財)関西・大阪21世紀協会
お問い合せ:06-6214-8260(大阪楽所連絡センター)

篳篥 尾本玄翠

篳篥 尾本玄翠 作

雅楽は読んで字のごとく、みやびな音楽である。

宮廷や寺社などと共に発展したのが特に影響をうけたのだろうか、

楽器も伝統工芸というより芸術の域に達している。

尾本氏の説明を受ける

煤竹(茅葺の民家の骨組みに使用される竹が囲炉裏の煙によって鍛えられた物)

200年から300年という歳月をかけて囲炉裏のけむに炊かれた

煤竹が龍笛や篳篥の管の材料になる訳である。

カーボンより硬いというのだから、十分な響きを得られるのに

最適である。

管筒

龍笛や篳篥をしまう管筒

秋田の樺で仕立てた管筒は美しい光を放っている。

とき澄まされた時間は、まさに大人らしい生き方である。

日本という国を感じ、大人らしい時間を演出してくれる

大阪楽所による雅楽演奏会を覗いてみてはいかがだろうか。

PAO 25年前のカタログ

パオ カタログ

PAOのカタログが出土した

街を見わたすと、なんだかみんな冒険を求めている。

でも、未開の地とか秘境に挑むには、

金も暇も 勇気もない。

それなら、頭の中で、心の中で冒険しましょ。

都会にいるから、PAO。

街並みに、新鮮な貿易風が吹いてくる。