光岡製ゼロワン 幌を張り替えるの巻!

どんもす~。ウェルです。
さて本日は光岡製ゼロワンの幌を張り替えるという小話である。
まずこの車両だが、イギリスのスーパーセブンを模したデザイン
というよりは、そのまんまに近く、良く言えば和製セブンである。

謹製ウェル帆布により幌が張り替えられた。
オーナー曰く、光岡では幌の張替えは受付しないという
なんとも残念なことで、当社へ入庫。
一見すると簡単そうだが、非常複雑な形状により
その張替えが難しい意味も良く解かった。
しかし、甘えているようじゃぁ~謹製ウェル帆布ではないという
意地により張替えるコトとなった。

ドア部とトップ部はホック等で分離ができる。
今回の大きな改善点はドア部のグラス部を
アクリル(光岡純正)からポリカーボネート製に
変更をおこなったということだ。
アクリルでは少々のコトでは割れないが、
クルマには不向き。
入庫した時点ではすでに運転席のアクリルグラスはバリバリに
粉砕されて透明テープで固定されていると醜い状態。
ポリカーボネートであれば、湾曲にも強く最適である。

ポリカーボーネートグラスにヒンジを取り付け
ドアらしい開閉が可能となった。
ということで、謹製ウェル帆布では色々な幌製品の
修理や新調も可能である。
しかし、原始的なクルマの形状はなぜか見ていて
うきうきするのはウェルだけであろうか。
現代のエコカーとよばれる類の車の良さを見出せずに居るのは
ウェルがへんてこだからだろうか。
今日はコレまで~。
本日の名言
晴れた日は晴れを愛し、
雨の日は雨を愛す。
楽しみあるところに楽しみ、
楽しみなきところに楽しむ。

by吉川英治
現代のエコカーはガソリン代が安い?!という所に
楽しみがあるのでしょうか。

光岡製ゼロワン 幌を張り替えるの巻!” への2件のコメント

  1. kobatadsさま
    いまだBe-1、PAO、FIGAROとパーツをつくり続けている日産には本当に脱帽であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です