☆オートメカニック誌3月号に掲載されました☆

打ち合わせの様子

オートメカニックの打ち合わせの様子

2日間の取材という、ある意味過酷なスケジュールで、

内容てんこ盛りにして、できるだけ皆様がこれから購入

もしくはメンテナンスを行う事で気を付けて頂きたい

事をお伝え致しました。特に整備的なメンテナンスと、

ご自身で出来るメンテナンスや少しの気配りで安心し

て使用が出来る事も掲載されておりますので、是非ご参

考頂ければ幸いです。

オートメカニック誌3月号

表紙の右上にPAOちゃんが映っております。なんと10ペ

ージにも渡って掲載されますので、楽しみでございます。

エンジンや駆動系

それらも店長の森本、工場長の櫻井が詳しく語ってお

ります。次のページでは、内装、外装の詳しくをわた

しが語っております。

パオのペーパークラフトも着いてくる!!

これが凄いのが、内装とエンジンルームも再現されて

おり、出来上がりは楽しみである。また、撮影にご参

加頂きました皆様にはこの場で感謝申し上げます。

という事で、オートメカニック誌3月号を是非とも手に

入れて下さい!!

今日はコレマデ。

本日の名言

自分で薪を割れ、二重に温まる。

byヘンリー フォード

この名言、好きです。

静岡県藤枝市のI様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

楽しいパオ

楽しい

子供の目は確かなようで、楽しそうな物を見るとワクワ

クしてくれる訳である。昨今メーカー側やニュースによ

ると自動車ばなれしているのだという。わたしはその記

事を見たり読んだりするたびに、またかと感じる訳であ

るが、クルマ離れしている訳ではなく、楽しいクルマが

無いから買わないだけであると思っている。第一、首都

圏以外、地方であれば、一家に1台ではなく、一人1台が

必要な所も沢山ある訳である。果たして、新型ジムニー

でさえ過去のジムニーからすれば楽しさは薄い訳である

から、メーカーはもっと楽しいを具体的に考えた方が良

い。楽しいを売ろうとしている、新型ハスラーが電動ス

ライドドア―とかコマーシャルやっている場合じゃないし

、走る喜びであった日産スカイラインが自動運転技術、

なんて本当にお粗末甚だしいのだ。

PAOと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度は、静岡県藤枝市にお住いのI様の元へお届けにあ

がりました、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。オリ

ーブグレイのこのパオ、オーナーの子供の時代にお母さん

が乗っていたという事で、思い出のクルマであった。

藤枝 パオ

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

静岡のあぜ道をはいったところで、撮影。少し離れて

みても独特の世界観が映像素子に映し出される。

PAO フロントフェース

PAOトラディショナル フロントフェース

グリーンにイエローのフォグランプも良い良い。すで

に現在のクルマはフォグランプにイエローのカラーは

禁止となった訳であるが、その時代の法規に合格して

いるPAOに装着してもなんら合法なのである。

マグノリアクロック

純正風リダン マグノリアクロック

マグノリアクロックを純正風にリダンを行いコクピット

に装着。

純正仕立て PAO

純正仕立てを行ったシート

今回はPAOの純正風という事で、レザーを使用して仕立て

はPAOの純正風に。分厚いパイピングも良く似合っている

シートのポケット

シートのポケットの様子

シート裏のポケットもPAOの純正風に。

パオ トノカバー

トノカバーはオプション品

トノカバーと呼ばれる、トランクの目隠しはPAOの純正

ではあるが当時はオプションであり、ほとんどのPAOに

は非装着であった。

パオ

PAOトラディショナル テールエンド

パオ

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

この度はI様、PAOトラディショナル納車誠におめでとう

御座いました。PAOと共にお子様の成長も楽しみですね。

末永くお乗り頂ければ幸いです。また、お土産も沢山、

さらに駅までお送り頂き誠に有難うございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

人生には楽と苦があるが、

苦楽と書く。

苦が先にあるから楽になるのだ。

滋賀県東近江市のK様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

道路標識

道路標識

はて、素朴な疑問である。道路標識をすべて覚えている

と言う方は、どれほどいるのだろうか。しかし、標識を

無視してしまうと、違反になってしまう訳である。法律

とは知らないが通じない、しかしすべてを覚える事も、

出来ない訳である。六法全書でさえ、一般的にだれもが

目にするものでないため、法律に従い生活をしている様

な、いわゆる雰囲気で生活している訳である。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度は、滋賀県東近江市にお住いのK様の元へお届けに

あがりました、ラシーントラベラーをご覧頂きましょう。

サンドベージュは人気色であるが、数は少ない。なかなか

天に運を任せて待つようなクルマである。

ラシーントラベラー

ラシーンと琵琶湖

バンパーを今様にブラックペイントを施して製作された

ラシーントラベラー。この車は走行2万キロ台と本当に、

奇跡的な低走行距離である。

ウッドパネル ラシーン

ラシーン用 ウッドパネル

ゼブラノと言われる縞杢を使用して製作されたラシーン

専用のウッドパネル。

ラシーン モケットシート

ラシーン専用 モケットシート

ウッドパネルとなかなか相性の良いブロンズ色のモケッ

ト生地を使用して張り替えられた内装。オーナーもお気

に入りである。

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

グリルやその他もリペイントを施し、美しくまとまった

フロントフェース。これからも長く残すためにそれらの

塗装の作業はSWでは標準である。

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

この度はK様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうご

ざいます。長くお待ち頂きましたが、美しく仕上げる事が

出来ました。お喜び頂けまして恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

夢を見るから、人生は輝く。

byモーツァルト

京都府京都市のI様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

広隆寺 十善戒

松尾大社 ラシーン

秦王国にラシーン

魏志倭人伝という書物をご存じだろうか。そう卑弥呼が

登場する魏書の倭人の条部分の事である。未だ邪馬䑓国

はどこにあったのかという論争は尽きない訳であるが、

秦王国という国名が出てくるのは隋書である。隋書には

日本には秦王国が存在するという記述があるが、その根

拠は京都にも存在する。京都には太秦、ウズマサという

映画村あたりの地名であるが、広隆寺という秦氏が創建

したお寺が存在し、弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつ

はんかしゆいぞう)という国宝の仏像第一号が安置され

ているのである。秦氏の起源をさかのぼると、シルクロ

ードにある弓月という所に城まで存在したわけであって、

さらにさかのぼると、ペルシャであろうとも言われてい

る。日本では第十五代天皇であるホムタワケ(応神天皇)

の頃、120県の人(12万人)が朝鮮半島から渡来し

てきたというのである。それほどの民族大移動が行われ

た事を知っている人は博学に認定。また、前方後円墳が

超巨大化したのが応神天皇であり、もはやこれは秦氏の

大陸の土木技術を生かしたとしか言いようが無いわけで

ある。その後応神天皇は八幡神としてあがめられ、全国

の八幡宮で主祭神としてお祀りされているが、八幡これ

はヤハタとも読む。ペルシャ人が使用する言葉ヘブライ

語で記述すると、Yah(ヤー)は神の意味。やはり、八

幡はヤー秦、ヤーハタが言語ではなかろうか。秦氏を

12万人を渡来させた応神天皇なら秦の神とあがめられ

ても、何ら疑問ではないだろう。京都の伏見稲荷大社も

松尾大社も、秦氏が創建しているし、春日大社は渡来系

の藤原氏が創建しているし、八幡の総本宮、宇佐八幡宮

や石清水八幡宮それらは、秦氏や藤原(中臣)という渡

来系との関わりが強い神社はすべてが朱塗りなのは七不

思議の一つでもある。と言う事で、この話はこれ以上行

くと長くなるので、今日はコレで堪忍。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度は、京都府京都市にお住いのI様の元へお届けにあ

がりました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。サンド

ベージュよりほんの少し濃い目に調色を行って全塗装がお

こなわれたボディー、ブラックペイントもあわせて現代の

風が吹く。

ナルディウッド

ナルディウッドハンドルとウッドパネル

ラシーンはなぜウッドハンドルが良く似合うのであろう

か。それは、三連風メーターや丸や四角で構成されたプ

リミティブな形状のおかげである。

ウェル50デザイン

ウェル50デザイン レザーシートの張替え

高品位なレザーを使用して張替えが行われた内装。特に

ブラウンやベージュ、キャメル色はとりわけ人気。座り

心地、触り心地も良くさらに耐久性も抜群である。

ラシーン 月読宮

ラシーン後方正面姿見

ラシーントラベラー

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

この度はI様、ラシーントラベラー納車誠におめでとう

御座ました。足回りも含めて長くお乗り頂けます様、

整備に努力致しました。エンジンの調子も良くしま

したので、これから先10万、20万キロとお乗り

いただければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

奪い合えばたらぬ

わけ合えばあまる

byみつを

鳥取県倉吉市のN様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

鳥取

マハトマ・ガンジー

鳥取

バーミヤンの石仏

鳥取 パオ

PAO カールヴァーン

日本の中でも有数の砂丘地帯といえば、鳥取県だとは皆

が膝をたたく。私は鳥取に由縁があり正月3日に出雲にお

とずれ、その後鳥取砂丘の方へ足を進めてみたら丁度20

20年の1月5日まで鳥取砂丘の横にある砂の美術館で南ア

ジア展というものが開催されていた。これは何かの思し

召しだと感じて足を運んでみたら(これは納車の以前の

出来事である。)砂の美術館では、毎回題材を変えて砂

の彫刻作品展を行っているが、題材が南アジアといえば

アフガニスタン、印度、パキスタンなど、そもそも砂漠

地帯が多い地域であるから、リアリティーが半端ではな

いだろうと、そう思い込んで館内に入場したのである。

先にあらわれたのが、マハトマ・ガンジーだ。もう本当

に素晴らしいの一言であるが、ぐるりと回ってこれは凄

いと息を飲んだのが、バーミヤンの石仏である。シルク

ロードを旅して、絵にしたためた平山郁夫氏も描いた同

石仏。実は現在はパキスタンの武装勢力が偶像崇拝を廃

止させるために、近年爆弾ですべて破壊してしまったの

である。イスラムの過激派の恐ろしいのは、他を認めな

いと言う事だろう。仏教では宗論はどちらが勝っても釈

迦の恥と言って、争い自体認められないし、そもそも仏

教は宇宙の心理であるため、宗教という言葉にするのも

おかしい訳である。と話は逸れたが、このバーミヤンの

石仏の面白い所は、顔や衣、手などもある程度残ってい

るところにある。それはどういう事かと言えば、紀元5世

紀から6世紀にバーミヤンの石仏が完成し、既に1500年

経つ訳であって、平山郁夫氏が描いた石仏は、すでに顔

や手も崩れ落ちてしまっていたのだから、この鳥取の石

仏は概ね1000年ほど前くらいの物をイメージして製作さ

れたと言っても良い。そう、わたしはココで1000年前に

タイムトリップをした気分になったのである。般若心経

を編纂した、玄奘三蔵も630年前後にこの地を訪れており

、その頃は美しく装飾もされ金色に光り輝き、数千人の

僧が居住していたそうである。まさにPAOに乗ってシルク

ロードを旅したら、出会えそうな光景である。

PAOと記念撮影

PAOと記念撮影

この度は、鳥取県倉吉市にお住いのN様の元へお届けにあ

がりました、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。アイ

ボリーのまさにカールヴァーンが使用する移動式住居、パ

オ。程よくレストアが施され、新車に近い存在。以前はフ

ィガロにもお乗りになられていたという事で、オーナーは

パイクカー通である。

60スタンダードレザー

ウェル60 レザーシートの張替え

特別なシート生地を用意し張替えが行われている。より長

持ちして、耐候性も十二分である。

ステッチ

ダッシュ上下の張替

上面には装飾のダブルステッチがほどこされ、ステッチに

関してはカラーも選択が可能だ。

パオトラディショナル

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル 後方姿見

この度はN様、PAOトラディショナル納車おめでとうご

ざいました。納車時には晴れ間が出て本当に良かった

です。またご当地のお土産もどれもすごいものばかり

ご用意して頂き、本当に脱帽致します。これからも、

お付き合いどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

成すことすべて、考えていることの結果です。

心がすべてなのですから。

byブッダ

パオの取材を頂きました。

パオ

2月上旬に発売される書物の取材を頂きました。

天候にも恵まれ昨日、本日と2日間で写真撮影とリポー

トを行い、後は出来上がりを待つだけです。10ページに

および、パオが掲載されますので、これからパオをご検

討になられる方々には是非ご期待頂きたいと思います。

パオ

撮影の様子

パオ

撮影風景 ジムニーは私物。

今回は、パオの専門店ということで、内外装の気になる

ところや、整備の様子などを詳しく解説も致しました。

詳しくはオートメカニック2月号をご覧ください!!

今日はコレマデ。

本日の名言

雲の向こうは、いつも青空。

byルイーザ・メイ・オルコット

大阪府大阪市のM様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ユニバーサルシティー
ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度は、大阪府大阪市にお住いのM様の元へお届けに

上がりました、ラシーントラベラーをご覧頂きます。ユ

ニバーサルスタジオの近くにお住いという事で、劇中に

使用されるようなインパクトがあり、それでいて可愛ら

しいラシーントラベラーをイメージして、フロントフェ

ースの艤装を行い、外装のカラーリングはお任せ頂き、

製作致しました。

フロントフェース

ラシーン フロントフェース

丸目ヘッドライトに合わせて、フロントグリルガード、

通称カンガルー除けもブラックペイント。フォグランプ

の鍍金リムの一点を光らせるために、グリルやバンパー

はブラック一色で仕上げ。取付のビスもステンレスに交

換が行われ、物々しさもアップ。個性が光ります。

ウッドパネル ラシーン

ラシーン用ウッドパネル

縞杢製ウッドパネルにウッドステアリングのコンビ。

ラシーン シート張替え

ウェル60スタンダード仕様 シート張替え

ハーレーダビッドソンのシート張替えに使用される、

US製のブラックレザーを使用して張替えが行われたシ

ート。アイボリーのパイピングが外装と調和させます。

ラシーントラベラー

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

やはり、ワンポイントなのはウィンカーがアンバーカラー

であるという事。前期モデルはアンバーであるが、後期モ

デルからはクリアレンズに変更が行われている。また、ク

リアからアンバー、アンバーからクリアレンズに変更は配

線から交換しないと出来ないから注意が必要だ。

ラシーントラベラー

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

タイヤカバーも内装の仕様に準じて製作。

ラシーントラベラー 妻姿見

この度はM様、ラシーントラベラー納車誠におめでとう御

座いました。各部に拘って製作を行いましたので、楽しん

で頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

どんなに悔いても過去は変わらない。

どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。

いま、現在に最善を尽くすことである。

by松下幸之助

迎春!本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2680年 お伊勢参路

安倍総理 伊勢

お伊勢さんと安倍さん

皆様改めまして、あけましておめでとうございます。

本年は、今まで以上に製作の技術を磨き、皆様のご要望

にしっかりお応え出来ます様、努力致すと共に真の喜び

を感じて頂けます様に精進致します。まずは、心をあら

ためて仕事始めという事で、日本人の総氏神、皇室の祖

でもある伊勢の神宮へお参りに行きましたら、安倍総理

も御参拝という事で、見事にハイタッチをして帰ってき

ました。なかなか安倍総理も気さくな方でございます。

オールドタイマー 2月号

2020年2月号

スピードウェルのブース

オールドタイマー2月号に掲載されました。

昨年11月中に行われました、大阪レトロカー万博の情報

が、オールドタイマー2月号に掲載されました。当日は、

お日柄もよく、昭和の時代のクルマが沢山集まる中、唯一

平成生まれの自動車の参加。PAO、RASHEEN、共にSWの駄菓

子ブースに陳列され、子供たちの人気者。特設ステージの

トリでは、オールドタイマー編集長と、ラシーンデザイナ

ーの責任者、坂口氏、そしてデザイナー平林氏、それとわ

たしとのトークショーが30分ほど行われました。という事

で、本年もまだまだ始まったばかりでございますが、既に

新しい企画も御座いますので、これはまた後日にお伝え致

し候。今日はコレマデ。

本日の名言

すべては

自分から

はじまる

令和元年師走の全国納車風景速報!!

パオ 静岡

静岡県 浜松市 パオ

パオ 内装張替え

静岡県浜松市のT様 PAOトラディショナル

静岡県浜松市にお住いのT様の元へお届けに上がりました

PAOトラディショナル。全体的にすっとまとめられた姿が

とてもお洒落でございます。

パオ 静岡

パオ 浜松

静岡県浜松市のM様 PAOトラディショナル

こちらも静岡県浜松市にお住いのM様にお届けに上がりま

した、PAOトラディショナルのアイボリー。各部までリペ

アが施され、新車のような雰囲気が素敵です。

ラシーン 長野県

ラシーン 松本

長野県松本市のK様 ラシーントラベラー

長野県松本市のK様の元へお届けにあがりました、ラシー

ントラベラー、ダークブルー。内装のカラーもシックに

まとめられて、センスが光ります。

徳島県 阿南市 パオ

モトリタウッドハンドル

隠れ家

徳島県阿南市のH様 PAOトラディショナル

徳島県阿南市にお住いのH様の元へお届けにあがりました

PAOトラディショナル。走行3万キロとかなりの低走行距離

の車体。隠れ家のカラーに合わせられたPAO。大人の楽し

みですね。

パオ 純正風

パオ 純正シート風

パオ 藤枝市

静岡県藤枝市のI様 PAOトラディショナル

静岡県藤枝市にお住いのI様の元へお届けにあがりました

PAOトラディショナル。シートは50、60デザインではなく、

PAOの純正風をイメージして製作致しました。

という事で、掲載できなかった方々にも今後随時アップ

させて頂きたいと思います。SW社は平成31年、令和元年は

これにて幕を閉じようと致しておりますが、来る令和弐年

には、これ以上に製作に努力致しますので何卒ご愛顧のほ

ど、宜しくお願い申し上げます。新年は1月7日より営業を

開始致します。では皆様、良いお年をお迎えください。