岐阜県美濃加茂市のT様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

日本四駆

日本四駆

ラシーンが丁度開発される頃、日本では環境破壊などのニュ

ースが連日報道されていた。特に四駆のレジャーが流行る時

代であり、海や山に四駆で乗り付けて遊ぶ姿は日常的であっ

た。しかしそういう中、ウミガメの卵が砂浜で走る車に潰さ

れてしまうという事件が起こる。少し調べてみると、1999年

改正の海岸法までは、あまり砂浜などを車で走るのが違法で

は無かったのである。その中で、もっと平和なクルマで日本

的なクルマという事で開発されたのがラシーンでもあった。

海や、山のふもとに乗り付けてそこからは徒歩で、遊びに行

く。そんなゆるい感覚がラシーンなのである。わたしの使い

方は、一駅手前のコイン駐車場に留めて、ラシーンに乗せて

おいた自転車で目的地を寄り道しながら目指す。である。都

会では、駐車料金も安くなるし、裏道を通ればいろんな物に

遭遇するので、とても楽しい。

ラシーントラベラー 前方正面姿見

ラシーントラベラー 前方正面姿見

この度は、岐阜県美濃加茂市にお住いのT様の元へお届けに

あがりました、ラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。

シダーグリーン色の仕立てられたトラベラーはこれもまた

レストアとオールペイントが行われ、これから長く乗れる

仕様に整備もこだわって製作されたもの。

往年のナルディ

往年のナルディ

すでにスピードウェルで製作されるラシーンの90%以上に

装填されているナルディウッドステアリング。こだわりの

ハンドルボスと合わせて、良い風景である。

ザ・モケット ラシーン仕立て

ザ・モケット

ザ・モケット ラシーン専用

ボタンの配置など、最適化された佇まいは、懐古趣味を超

えて、スタンダードになりつつある。特に若い世代には、

モケットの時代を過ごした経験が無いため、新鮮である。

使えば使うほど味わい深くなるのもモケットが選ばれる理

由だ。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はT様、ラシーントラベラー納車誠におめでとう御

座います。長くお待たせ致しましたが、スコブルお喜び頂

き、有難うございます。それでは、ラシーンと特別な時間

をお過ごしください。

今日はコレマデ。

本日の名言

苦しいという言葉だけは

どんなことがあっても

言わないでおこうじゃないか。

by高杉晋作

三重県鈴鹿市のT様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーンとカフェ

ラシーンな気分

ラシーンな気分とは何か、そんな事を想像しながら納車に出

て、まずは有名なカフェの前で記念撮影を行った。昨今のカ

フェには少しリゾート気分が佇まい、これもラシーンな気分

に近いものであるとわたしは思う。毎朝目覚めにコーヒーを

頂くが、早朝の鼻にかほるコーヒーの香りも、またラシーン

な気分である。ゆっくりした時間がラシーンには良く似合う

のは、ラシーン開発当初からdesignチームの中で流行ってい

た『ぽれぽれ』(スワヒリ語でゆっくりという言葉)が、今

に時空を超えてわたし達の心に伝わっているからである。

ラシーンな気分

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、三重県鈴鹿市にお住いのT様の元へお届けにあが

りました、ラシーントラベラーをご覧頂きたいと思う。元色

がライトブルーであったラシーンが、サンドベージュ色に塗

装がおこなわれ、見分けがつかない素晴らしいクォリティー

で製作された、とは手前味噌すぎる話である。

ナルディウッド

ナルディウッドにホワイトメーター化

往年のナルディウッドハンドルに、ホワイトメーター化した

ラシーンのコックピット。さらっとした印象がCOOLである。

3連風のメーターには3スポークのウッドハンドルが落ち着く

さまは、時代を超えてまさに普遍といっても過言ではない。

Wells60スタンダードレザー

Wells60スタンダードレザーシート

超防汚加工がほどこされた、Wells60スタンダードレザー。

アイボリーのカラーでも汚れが目立ちにくいのがうれしい。

日産であったフィガロもアイボリーカラーであって、これ

には海外のエンスーは面食らったようだ。

ラシーン タイプ1仕様

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

リヤタイヤも、天井のルーフレールも取り外し、スムージ

ングを行った。この度はT様、ラシーントラベラー納車、誠

におめでとうございました。末永くお乗り頂けます様に。

今日はコレマデ。

本日の名言

リーダーとは

「希望を配る人」のことだ。

byナポレオン・ボナパルト

パイクカーの祭典!!『うなオフ2017開催』のご案内!!

うなオフ2017開催のご案内です。
参加表明締め切りは10月17日です。まだの方はお早めに。
今年はBe-1発売30周年。何台集まるかな?
(当ブログでは受付していません。下記要領でお申し込みください。)

【開催日時】 2017年11月4日(土) 10:00~16:30

【開催場所】 〒431-0102 静岡県浜松市西区雄踏町宇布見
雄踏総合公園北駐車場 Googleマップ等で確認してください。
有料駐車場  ¥300  ここ数年開催している同じ場所です。

【スケジュール】
ご参考まで。「うなオフ」スタッフの当日の動きです。

10:00 雄踏総合公園 北駐車場にてスタッフがお待ちしております。   
 ~  各自、歓談・お弁当タイム

10:00 自由時間。気の合う方同士ご歓談を !!
 ~  初めての方は、スタッフと歓談しましょう !!
13:00  話好きなスタッフが多数います。大歓迎 !!

13:00 「うなオフ開会式」雄踏総合公園 北駐車場
 ~   お土産交換会などイベント
16:00 「うなオフ閉会式」予定

【参加費】 車一台につき「500円」を予定しております。
     (参加費で記念品を作り配布する予定です)

【持ち物】 お土産交換会に参加の方は、一人1000円前後
      のプレゼントをご用意ください。
     (同伴の方も、用意すれば参加可能)

【参加申込 期日】 2017年10月17日(火)まで。厳守!!

【申し込みアドレス】 pikecar_unaoff_since2001@yahoo.co.jp

—-以下をコピーして参加申し込みをしてください。—-

お申し込み方法: 1~8を必ず記入してください。

1.メールの表題 『うなオフ2017参加表明』『問い合わせ』『その他』など
2.参加者(代表者)様のお名前(ハンドルネームとご本名) :
3.車名 :
4.参加台数 :    台  (必ず明記ください。) 
5.お住まい(県名、市町村までで可) :
6.参加人数 : 大人  名  子供  名
7.携帯番号(当日連絡用): 
8.プレゼント交換会の参加 : 参加します ・ 参加しません
9.その他、質問、メッセージ等

———————————————————————-          

以上を明記の上 pikecar_unaoff_since2001@yahoo.co.jp までメールをお送りください。
折り返しスタッフの連絡先の携帯番号をお知らせいたします。
(お返事に2~3日かかる場合があります。参加受理のメールがこない場合は、アドレス等を確かめて再送信してください。)
掲示板、mixiのトピック等に参加意思の書き込みをされても参加手続きにはなりません。ご注意ください。

※ 会場までのアクセス及び道中の安全は各自の責任にてお願いします。 時間の余裕をみて参加してください。
※ 緊急連絡用に教えていただく携帯番号等の個人情報は、うなオフ以外の目的には使用しません。
※ 物販やガレッジセールなどの行為は、控えて戴きますようよろしくお願いします。
※ 毎年、締め切り後に参加表明される方が数組いらっしゃいます。
  対応できない場合もあります。申し訳ありませんが、ご理解ください。
※ 参加費とは別に駐車場代が必要です。ご了承ください。
  (公営駐車場は出庫の際に300円ずつ必要です。昼食等で一旦出ると、その都度小銭が要ります。ご注意ください。)

この告知の方が見られない環境の場合は、pikecar_unaoff_since2001@yahoo.co.jp まで直接お問い合わせください。

スタッフ一同、皆様にとって思い出に残る一日となります様 頑張りますので、
いたらない点もあるかと存じますが、ご理解ご協力のほどお願い申しあげます。

高知県高岡郡のY様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

リゾート パオ

パオ リゾート

リゾートな気分

いつも思うところが、PAOのフィルターを通して見える世界は

リゾートであって、わくわくするいわゆる気分にさせてくれ

る。これは、崇高な精神性をまとったdesignがあるからこそ

その気にさせてくれる訳である。だが、最近のそのような形状

のクルマ『あられちゃんが宣伝しているクルマ』などは、やは

り、そういう高い次元でのモノづくりが出来てなく、結局はな

んちゃってで終わってしまう訳である。もしPAOに敵うクルマ

が出てこようものなら、その時代は本当の意味で成熟している

だろう。

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

この度は、高知県高岡郡にお届けにあがりました、PAOトラ

ディショナルをご覧頂く事に致そう。オーナーY氏はPAO歴

2代目という事で、スコブル気合を入れて製作を致しました

がこの車はMTという事で、なかなか希少価値が御座います。

ヘッドライトピーク

通称まつ毛というあだ名。

ヘッドライトピークは丸型ヘッドライトには良く似合う。こ

のカスタマイズは、可愛らしいルックスを求める方には必項

。若干の外側に寝かせてグデタマのような佇まいが人気。

Wells50design レザーシート

Wells50design スタンダードレザー

茶色とアイボリーの二色で製作がなされた、50designのス

タンダードレザーシート。ドライバー席には硬めのアンコを

足して、長距離にも疲れにくいようにカスタマイズ。

PAOのリヤビュー

PAOのリヤビュー

最近の仕上げでは、テールランプにクリアのコーティングを

施し、10年くらいではカサカサになりません。仕上げも日進

月歩の勢いで良くなっております。

PAOと記念撮影

PAOと記念撮影

この度はY様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござ

います。末永くお乗り頂けます様に整備も頑張りました。高知

を時代と共に駆け抜けてください。

今日はコレマデ。

本日の名言

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、

うまく行かない方法を

見つけただけだ。

byトーマス・エジソン -

福岡県福岡市にお住いのY様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

一筋

一筋

とんかつを一筋にすると、こんなボリュームになるとは、その

気持ちは解る。スピードウェルもPAO、ラシーンを一筋に、全

国のオーナー様にお届けさせて頂いているが、製作時には、あ

れも換えてあげたい、これも替えてあげたいと、ボリュームが

膨らみ、10の仕事は10で終わることなく、11、12と時間が許

す限り作業は続くのである。

ウッドパネル ラシーン

ウッドパネルが鎮座した。

ラシーン専用ウッドパネルにナルディの木星ハンドル。さらに

緑のモケットシートとなると、往年の温泉宿のような佇まい。

ラシーンのコンセプトは旅行鞄であるが、それを超えて、旅行

先の仕様とでもいえばよろしかろう。

革の旅行鞄

革の旅行鞄

こうなると、味わい深い旅行鞄が欲しくなるのはわたしだけで

はないはず。一泊二日の旅に、ラシーンと共に出かけるのであ

る。自分探しの旅に出るのも乙なものだ。

ナルディクラシックウッド

ナルディクラシック

古典的を古いと捉える感覚は捨て去るのが良い。何も新しい物

が良いという訳ではないのだから。要するに自分にとって味わ

いさを感じるか、美しいか否かが重要なのである。

ラシーントラベラーと記念撮影

ラシーントラベラーと記念撮影

この度はY様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござ

いました。長らくお待ち頂きましたが、大変お喜び頂き幸い

です。末永くお乗り頂けます様に。

今日はコレマデ。

本日の名言

人生は芝居のごとし、

上手な役者が乞食になることもあれば、

大根役者が殿様になることもある。

とかく、あまり人生を重く見ず、

捨て身になって何事も一心になすべし。

by福沢諭吉

全国津々浦々納車の旅

全国津々浦々納車の旅

全国津々浦々

9月もとても忙しく、ブログの更新が滞っており、本日はダ

イジェストをご覧頂き候。後程皆様のお車拝見と成りますか

ら、ご期待頂きたい。という事で、それではまず最初に。。

ラシーン

ラシーン

栃木県下都賀郡のT様 ラシーントラベラー 寿納車

サンドベージュのカラーは塗装が施されて製作されたモノ。

森に帰りたくなるのは人間の本能なのか、ラシーンは自然

が良く似合います。

ラシーン

ラシーン

愛知県名古屋市のI様 ラシーントラベラー 寿納車

トップを飾る壁画はI様が渾身の力作。念願のラシーンと共

に死ぬまで生きてもらいます。

ラシーン

ラシーン

鹿児島県鹿児島市のM様 ラシーントラベラー 寿納車

シダーグリーンのラシーンに天井にルーフキャリアが鎮座。

キャンプもこれで安心ですわな。

パオ

パオ

宮城県石巻市のY様 PAOトラディショナル 寿納車

レストアを行い製作が施されたPAOトラディショナル。モン

カルロルーフキャリアも装着され、なかなかの仕上がりに笑

顔がこぼれます。

パオ

パオ

徳島県板野郡のT様 PAOトラディショナル 寿納車

こちらもレストアしたボディーにMTのキャンバストップの

アイボリーPAOは非常にめずらしい!!オーナーは藍染の

職人さまで、民藝とPAOは同じにほいでございます。

ラシーン

千葉県佐倉市のM様 ラシーントラベラー 寿納車

ペールグリーンのタイプ2がサンルーフ仕様という珍しい

ラシーンがこのトラベラー。ラシーンと生きる、はロハス

でございます。

という事で、まだまだずずいと納車させて頂きます。そして

、なんと9月16日、17日が誉田八幡宮のだんじり祭りでござ

いまして、お仕事をお休み致しますので、ご不便おかけ致し

ますが、よろしくお願い申し上げます。20日からは平常通り

作業を致します。

誉田 馬場町

誉田 馬場町

試験曳きの風景

誉田のだんじり祭りはだんじりの発祥と称され、今も地域

総出で曳行しています。12月1日金、歴史ヒストリアでの

放送には、何かが映りますので、是非ともご期待ください。

香川県観音寺市のI様 ラシーントラベラーS納車おめでとうございます

ラシーントラベラーS

フォルツァ

ラシーンの2000㏄モデルは『フォルツァ』というイタリア語

で力強さ(頑張れ)というネーミングであった。その通り、ラ

シーンの中でも一番大きな排気量であるから、その力強さとい

うネーミングが示す通りである。今回はそのモデルに、戦闘機

のような機能美を彷彿とさせるカラーリングでオールペイント

を行い、より力強いイメージにして製作が進められている。昨

今の国外の動向により、慎まなければならないが、平和の世の

コスプレとしてこれはこれで見てもらいたい。

ラシーントラベラーS 左舷前方姿見

ラシーントラベラーS 左舷前方姿見

この度は、香川県観音寺市にお住いのI様の元へお届け致しまし

た、ラシーントラベラーSをご覧頂く事に致そう。機能的なパ

ーツには少し濃いめのセミグロスグレーをあしらい、ホイール

には最近流行の黒に縁取りをシルバーで取るという拘りを見せ

て純正ホイールで仕上げた。

Well50design スタンダードレザー

Well50design スタンダードレザー

内部にも外装色が取り入れられ、モノトーンで調整されてい

る。その中で、ナルディのウッドステアリングが挿し色で効

いている。

部分のカラーリング

やり過ぎた感覚を排除し、自然に魅せるのが大人らしさとの

事。質感は表面の艶の程度や、色合いのバランスから生れる。

ラシーントラベラーS 右舷後方姿見

ラシーントラベラーS 右舷後方姿見

機能美に満ち溢れたトラベラーS。カラーリングで見え方が

これほど変わるものかと、思い知らされる一台である。

ご家族と記念撮影

ご家族と記念撮影

この度はI様、ラシーントラベラーS納車誠におめでとうござ

います。スペシャルなラシーンを製作させて頂きまして、末

長くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

一人ひとりに天の使命があり、

その天命を楽しんで生きることが、

処世上の第一要件である。

by渋沢栄一

栃木県下都賀郡のH様 PAOミントコンディション納車おめでとうございます

PAOトラディショナル

ミントコンディション

PAOフロントフェース

PAOフロントフェース

この度は、栃木県下都賀郡にお住いのH様の元へお届けに

上がりました、PAOミントコンディションをご覧頂きたい。

アイボリーに仕立てられたボディーは時を重ね入念に仕上

げが施され、ピカピカである。

時計

マグノリアクロック

埋め込み型のSMIS製マグノリアクロックをPAOのメーター

仕様に変更を加えた。時計はアナログ式で、四六時中動い

ている。

Wells50 スタンダードレザー

Wells50 スタンダードレザー

50designスタンダードレザーシート。乗り心地などは60ス

タンダードと共通である。

PAO リヤビュー

PAO リヤビュー

PAOのリヤビューはとても美しい。テールレンズのdesignは

しゅっと立ち上がった感覚で、ただの球状ではないところが

実にクールである。

PAOちゃん記念撮影

PAOと記念撮影

この度はH様、PAOミントコンディション納車おめでとう御

座いました。長らくお待ち頂きましたが素敵な車両が出来

大変うれしく思います。これからはPAOと共に楽しいカーラ

イフをお過ごしください。また、沢山のお土産まで頂き、恐

悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

兵庫県姫路市のH様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーンと姫路城

ラシーンと姫路城

ラシーンと白鷺の城

ラシーンと姫路城の共通点は白いというところである。ラシー

ンは、ホワイトカラーが基幹モデルであったので、このお話は

ホワイトのラシーンを納車させて頂いた時にするべきではある

が、姫路の納車なので今日である。姫路城も白漆喰で塗り固め

られた名城であり、別名、白鷺城という。となりの岡山城は、

黒々しているので、烏城とも呼ばれている。話は戻り、ラシー

ンでもっとも重要なのは、ボディーで使用されているゴム類や

フロントエプロン、サイドステップ、リヤエプロンなどの、黒

い部分である。これがより黒々していると、ボディーカラーに

見栄えがする訳である。だから、ラシーンを綺麗に見せたいな

ら、黒い部分はより黒くするのが良い。姫路城も同じように、

部分に見える黒いパーツはより黒くあってこそ、しろが引き立

ってみえるのである。白と城である。

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

この度は、兵庫県姫路市にお住いのH様の元へお届けに上がり

ました、ラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。こちらの

ラシーンは、実にPAOのグリーンを模して塗装が行われて仕上

げられており、なんともやわらかな印象を受ける。

ナルディウッドハンドル

往年のナルディウッドステアリング

エアバックでさえ不要というのは、より安全運転を心掛ける、

という心のブレーキでもある。ラシーンに乗ってびゅんびゅん

飛ばすのは、ラシーンの精神に反するから、これはこれで良い。

Well50スタンダードレザーシートの張替え

Well50design スタンダードレザーシートの張替え

あたりの良いベージュのカラーでまとめられたシートカラー。

外装色を持ってきたパネルラッカーと調和して、ウッドハンド

ルが挿し色に丁度良い風景をなしている。

タイヤカバーの張替え

タイヤカバーの張替え

こちらもまた、シートと同様のベージュからを持ってきて、パ

イピングにバーガンディ色を入れて調和させている。いやはや

これはプロの仕業ですな。

H様の元へ ラシーンをお届け

H様の元へ ラシーンをお届け

この度はH様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござい

ます。キャンプをたくさん行かれるということで、この車であ

れば、きっと幸せな時間を手に入れる事が出来る事でしょう。

この度は、駅までお送り頂きどうもありがとうございました。

今日はコレマデ。

ということで、せっかく姫路城をご覧頂きましたので、姫路城

番外編をご覧頂きましょう。

菱の門前

菱の門前より

入場券売り場ちかくの菱の門前よりの姿見がこちら。さすがに

このポーズが姫路城の全景に近く、美しい。

そして、ここより菱の門をくぐって城内に侵入するわけである

が、その前に右側のずっと奥に進むと、黒田官兵衛が築かせた

石垣を見ることが出来るのである。

黒田官兵衛が築いた石垣

黒田官兵衛が築いた石垣。

野面積み

すばらしい野面積み。

安土桃山文化を象徴するような、美しい野面積み。いろんな城

を見ましたが、ココまで細かい石で積上げているのは初めて。

野面積みは一見すると不安定に見えるのだが、400年と守って

いる、その不安定の安定に魅力を覚えてしまう訳であります。

姫路城 東側より

東側より

1年を通じて修復がおこなわれる姫路城。東側の景色もそうと

う美しく(足場があり残念ではあるが)、素晴らしいお城が、

大東亜戦争の戦火ものがれたのは奇跡である。

という事で、姫路城の散策もご覧いただきました。

本日の名言

多勢は勢ひをたのみ、

少数は一つの心に働く。

by徳川家康

号外!!全国へのお届け近況のご報告の巻

木梨サイクルの雑貨

木梨サイクルの店長

東京都世田谷区のH様 ラシーントラベラー

お盆までが本当に忙しく、先日ブログで書きかけていた、木梨

サイクルの店長H氏にお届けに上がりましたラシーントラベラ

ー。H氏はお休みの日にはサイクリングに出かけられるという

事で、ラシーンに自転車を乗せてこれから夢が広がります。

岐阜県美濃市のH様 パオトラディショナル

岐阜県美濃市のH様 PAOトラディショナル

和紙の里、美濃市にお住いのH様の元へお届けに上がりまし

た、PAOトラディショナル。世界遺産にも登録されている和

紙は、古くは奈良の正倉院の宝物にも使用されているほどの

歴史あり。うだつが上がる街並みにPAOが良く似合います。

札幌の時計台

札幌の時計台にPAO

北海道札幌市のT様 PAOレストアトラディショナル

2年という歳月をかけて、製作が進められた北海道雪害対策仕

様のPAOトラディショナル。アイボリーの涼しげな色合いに、

北海道の景色が良く似合います。

ラシーントラベラーOF山梨県

ザ モケット シート

山梨県南アルプス市のS様 ラシーントラべラー

甲斐武田氏の領地であるこの地に、ラシーントラベラーが

参りました。オーナーのS様には、外装のカラーから、シー

トのあつらえまでを練りに練ってこだわっていただきました。

ホイールラッカーフィニッシュ

モトリタウッドフラット

大阪府東大阪市のF様 PAOトラディショナル

オリーブグレイのカラーにアイボリーのホイールが良く似

合う、F様のPAOトラディショナル。ステアリングには拘り

のモトリタフラットウッドを装填し、気分は上々である。

沖縄にラシーンが良く似合う

やちむんの里

やちむんの里にラシーン

沖縄県うるま市のO様 ラシーントラベラー

オーナーO氏はやちむん北窯の陶工である。北窯は年4回登

窯を行うという素晴らしい集団である。手作業で作られる

味わい深い器たちは、若い女性にも人気。民藝の極意がコ

コにもありました。

香川県観音寺市のI様 ラシーントラベラーS

漫画家がご職業のS様、ラシーントラベラーSのカラーリング

は、なんとアメリカの軍艦色である。トラベラーSのベースは

フォルザであって、その分厚いイメージがカラーリングとクロ

スオーバーして、なんともクールである!

という事で、北海道から沖縄まで納車が続いており、随時の

アップが遅れておりますが、後日、ズズイとアップさせて頂

着たいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。