愛知県刈谷市のK様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

わらぼっちとラシーン

藁ボッチな季節

ラシーントラベラー 後期モデル

ラシーントラベラー 後期グリルモデル

この度は、愛知県刈谷市にお住いのK様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラーのホワイトをご覧頂きたい。

純白のホワイトカラーが似合うクルマは商用車をおいて

ラシーン以外にはホンダのツデーぐらいではないか。

など主観は置いといて、この度はシュッとカラーをおまとめ頂いた

オーナーK氏は、お洒落で素敵な建築デザイナー。

ラシーン60スタンダード レザーシート

Well60 スタンダードレザーシートの張替え

あえてハンドルより色を外した、レザーシートのカラーに

ハンドルと同じく黒でパイピングを施すという外しが効いている。

ジャーマントップのタイヤカバー

Wells タイヤカバーの張替え

マテリアルで攻める、ジャーマントップのタイヤカバー。

素材の風合いが、ラシーンを美しい印象に。

ラシーンと記念撮影

ご自宅前で記念撮影

この度はK様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

素晴らしき、平屋の邸宅とラシーンがとても画になります。

それでは、ラシーンライフをお楽しみください。

今日はコレマデ。

本日の名言

自分自身を信じてみるだけでいい。

きっと、生きる道が見えてくる。

すっとあらわれる気分ですね。

香川県坂出市のH様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

中秋のPAO

中秋のPAO

春夏秋冬、日本にはすばらしい四季が存在するわけであるが

秋といえば夜長、そして月夜である。

もっとも中秋の名月はとても美しく、

さらに月夜に照らされたPAO見も、いとつきづきし。

PAOトラディショナル 利休鼠

PAOトラディショナル 利休鼠

この度は、香川県坂出市にお住いのH様の元へお届けにあがられた

PAOトラディショナル利休鼠をご覧頂く事に致そう。

PAOフロントフェース

Wells 50スタンダードレザー

PAOトラディショナル 後方正面姿見

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はH様、PAOトラディショナル25000㎞利休鼠納車おめでとうございます。

かなり少ない走行距離で、これから末永くお乗り頂ければ幸い。

また、たくさんのお土産を頂き、恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

間違いをおかした事の無い者は

何も新しい事に挑戦したことが無い

長野県松本市のS様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

道祖神祭り

松本の道祖神祭り

知る人は知る、神輿に女性がまたがり子宝を願う祭りは

松本市の美ヶ原温泉にある薬師堂のお祭りである。

例大祭は9月の第四週土曜日ということで、町内会では準備が

進められている。

安倍内閣になってから、日本の祭りにいろいろな助成金が交付され

各地で日本の歴史や文化を見直す運動が湧きおこっていることは確かで、

集落の祭りが、地域の青年らの育成や防犯、近所付き合いを円滑に

していることは、非常に素晴らしい事だと思う。

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

この度は、長野県松本市にお住いのS様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラーホワイトをご覧頂く事に致そう。

純白のと謳えるようなホワイトボディーのラシーン。

ラシーンデザイナー平林俊一氏曰く、ラシーンは四角いキャンバスである

というように、オーナーになって人生を描くための道具なのである。

松本の街並み

松本の街並み

国宝五城の一つ、松本城の城下町深志あたりは、蔵造りや古民家などが

軒を連ねて、美しい風景をなしている。

特に、陶芸や民藝などのお洒落な店が多く、

松本で採れる漆で作る漆器やさん、陶片木という陶器やさんなど

なっかなかのセンス。

ラシーン50スタンダード

Wells ラシーン50スタンダード

ラシーン タイヤカバー 張替え

Wells ラシーン専用タイヤカバー

ラシーンと松本の城下町

ラシーンと松本の城下町

電線も地中に埋め込まれ、すがすがしい。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はS様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。

新居とラシーンの記念撮影でございます。

末永く、ラシーンと共にお幸せに。

今日はコレマデ。

本日の名言

夢見ることができれば、それは実現できる。

素敵な言葉ですね。

北海道札幌市のCHI様 ラシーントラべラー寒冷地仕様納車おめでとうございます

小樽運河

小樽運河の煉瓦倉庫

おおよそ大正末期に建てられた旧篠田倉庫は、小樽運河の海側に

連続した倉庫群の主要な建造物である。構造を見るに、柱や梁など

木造で建築したのちに煉瓦を積み上げる、いわゆる木骨煉瓦造りで

史料を拝見すると、平成8年に大改修をおこなっており、新しい煉瓦に

取り換えたとあるが、古い色合いになるようにと工夫がされたといい、

なんとも時代めいた修復が施されている訳である。

わたしが思うに、こういう価値を認める建造物は他にもたくさんあって

保存していこうという風潮は少なからず保守層には存在する訳だが、

これからの時代において、新しく造られる建造物や車などのモノに、

果たして長く残りうる価値を認めれるものが生まれるのか、ということである。

大量生産、大量消費の社会はそのような物が生まれない、と真正面から否定した

モノ創りであったが、人口が減ってゆく中において大量消費社会にも終止符が

打たれる訳であるから、今度は価値を上げていくという発想で、モノづくりを

行っていかないと生きてゆけないのである。果たして、すでに家電とまで

いわれている新車造りが、クルマ以上の価値のあるモノへ昇華する

モノ造りへと変化する事が出来るのであろうか。

また、そうした精神性を身に纏う事が出来るのであろうか。

これは20年前のRASHEEN SIDEから見た価値観であったと思う。

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、北海道札幌市にお住いのCHI様の元へお届けにあがられた

ラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。

ドラえもんブルーと通称の、藍より青しな自然派ブルー。

天井にはサンルーフが存在するタイプ3というグレードである。

丸と四角の造形

丸と四角の造形

昨今の流行の尖がった不気味なDESIGNではなく。

普遍的なDESIGNが、ラシーンを半永久的なモノにしている。

グレイの単色であつられたシート

Wells ラシーン50スタンダードレザー

グレイ単色であつらえた50DESIGNのスタンダードレザーシート。

ダッシュボードに以前のナビ取付の跡を確認し、同色のダッシュマットを新調。

ラシーントラベラー 左舷後方姿見

ラシーントラベラー 旧篠田倉庫

内装のカラーに調和させて製作されたタイヤカバーもCOOL。

後はオーナーの小物をラシーンに加えると出来上がりである。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はCHI様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。

寒冷地仕様となる仕上げも施し、北海道でもしっかり走ってもらえます様に

努力して製作致しました。末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

思った通りにはならないが

やった通りにはなる

行動あるのみですな。

全国各地へ納車ダイジェストの巻!

皆様、残暑如何お過ごしでございましょうか。

現在スピードウェルでは、沢山のお客様のご要望により全国各地へ

お届け致しておりますが、昨今の車両の状態により、製作に時間が

掛かっており、それに加えスピードウェルのクォリティーも上げていますので、

未だ御納車前のお客様には何卒ご理解頂き、楽しみにして頂きたいと思います。

ということで、私も製作に参加しておりますのでブログがお粗末になって

申し訳ありませんが、先にダイジェスト版をお届けさせて頂きたいと思います。

埼玉県さいたま市のY様 ラシーントラベラー

ラシーントラベラー ダークブルー

ラシーントラベラー フロントフェース

Y様ご家族と記念撮影

Y様ご家族と記念撮影

京都府京都市のE様 PAOトラディショナル

PAOトラディショナル アイボリー

PAOトラディショナル アイボリー

上賀茂PAO

上賀茂での記念撮影

大阪府豊中市のH様 PAOトラディショナル

ダッシュパネル上下張替え

Wells ダッシュ上下張替え

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

香川県坂出市のH様 PAOトラディショナル27000㎞

坂出のPAO

PAOトラディショナルフロントフェース

PAOトラディショナルin坂出

往年の公民館での記念撮影

長野県松本市のS様 ラシーントラベラー 

ラシーントラベラー タイヤカバー

Wells ラシーントラベラー タイヤカバー

ラシーントラベラー 長野県松本市

松本の城下町 深志での記念撮影

という事で、詳しくは追ってブログでアップしたいと思います。

それにしても、全国津々浦々でPAOやRASHEENが元気に走っているのには

とても気持ちが良い物で、昨今のエコカーと言われる10年もたてばゴミになる

クルマにはまだまだ負けません!!

今日はコレマデ。

本日の名言

お前らが無駄に過ごした今日は

昨日死んだ、誰か死ぬほど生きたかった明日なんだ。

この言葉は本当に胸に染み込みます。

埼玉県越谷市のN様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

日産パオ スピードウェル

PAOの素顔

PAOトラディショナル テラコッタ 前方正面

PAOトラディショナル テラコッタ 前方正面姿見

この度は、埼玉県越谷市にお住いのN様の元へお届けにあがられた

PAOトラディショナルをご覧頂きたい。

テラコッタ(素焼き土器)という特徴のあるカラーは

PAOのなかでもスパイスの効いたお洒落で美しいモデルである。

ナルディクラシック&ダッシュパネル張替え

ザ・モケット PAO・DESIGN

PAOトラディショナル 後方正面姿見

根岸様 PAO納車おめでとうございます。

PAOちゃんと記念撮影

N様この度は、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございました。

内装のカラーもとてもCOOLで、面白いクルマがまた一台、埼玉を駆け巡るのが

目に浮かびます。そして、たくさんのお土産まで頂き、恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

朝は希望に起き

昼は努力に活き

夜は感謝に眠る

ホントに、日本は素敵な国ですね。

『時をかける少女』黒島結菜さんのラシーンとカメラ

黒島結菜さん ラシーン カメラ

生きる

『時をかける少女』の主人公を演じた女優、黒島結菜さん。

とても美しく気さくな方であり、それでいてしっかりした考えの持ち主である。

この度、ラシーンを納車(納車ブログは後日)させて頂き、それ以前に

ご来店になられた時より、カメラ談義が始まった。

黒島さんは、ドラマにも持ってでられたニコンF3と、そしてコンタックスT2を

使用されているという事で、どちらも味のあるフィルムカメラである。

(カメラ女子的なイメージではなく、芸術家としてカメラ活動)

この便利を主としたデジタル社会の中、あえてアナログに足を踏み入れるのには

確かな答えがある訳だが、やはり『生きる喜び』が答えではなかろうか。

その前に便利とはいったいどういう物かという前提が必要であるが、

やはり、人間が『究極に楽をする物や事』が便利というものである。

しかし、楽とは極論何も感じないという側面を持ち、楽しいとか、

面白いなどとは真逆のベクトルにあたる。

だから、便利になればなるほど、人間は何も感じなくなり、

そして能力を失って人間音痴に陥る訳である。

そのような、論議はラシーンが開発された当時からすでにあって、

ラシーンDESIGNチーム内で、便利が最優先されるテクノロジーの在り方に対して

一石を投じる取り組むを行っていた。

(その土地その土地の、にほいを感じるだとか、風を感じるとか、

そういった物に対するテクノロジーへのアプローチ)。

ということで、次回は黒島さんのラシーンをご拝見!?乞うご期待。

福島県いわき市のK様 ラシーンカスタムワーク納車おめでとうございます

ラシーン暑い夏

暑い夏

ラシーンカスタムワーク

フロントグリル

ラシーン50スタンダード シート張替え

ラシーン左舷後方姿見

ラシーンと記念撮影

晴れてラシーンと記念撮影

この度はK様、ラシーンカスタムワーク納車おめでとうございます。

カラーリングなどいろいろとお任せ頂き、こちらも力が入りました。

末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言