{PAOの休日}

PAOの休日


こちらの写真は、ゴールデンウィーク前に納車差し上げました、お客様よりメールで頂きました。この季節、キャンバストップを開けて走るにはちょうど良い季候となりましたが、今年はなにやら梅雨が早くに始まるという事で、雲の合間を縫ってお楽しみ下さい。

PAOと休日


コロナ禍において、少し風を感じると気分転換になります。皆様も、感染症に最大限気をつけながら、楽しみを見つけて、皆で乗り切っていきたいと思います。

GWの日程について

皆々様、コロナ禍の休暇、いかがおすごしでしょうか。

SWでは、5月1日より5日までの休暇をいただいておりましたが、

緊急事態宣言下においてメールやお電話等の受付は5月11日より再開

させて頂きますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

一日も早く疫病の収束となります様に心よりお祈り申し上げます。

北海道帯広市のS様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーン 北海道

ラシーン

北海道 ラシーン

ラシーン ウッドハンドル

ラシーン 内装

北海道 ラシーン

ラシーン スピードウェル

ラシーンと記念撮影

この度は北海道帯広市にお住いのS様の元へお届けに上がりました、ラシーントラベラーをご覧頂きたいと思います。サンドベージュ色に仕立てられたラシーンは1800㏄専用アルミホイールにブラックペイント今様で製作されました。内装はなるべく新車に近づけれるようにリペアが施され、特別な生地でレザーシートの張替えが行われております。ウッドハンドルにパネルラッカー等、しっくりくるように色味にもこだわり製作が行われました。製作期間は多分に頂きましたが、お喜び頂けまして幸いです。また、お土産までいただき恐悦至極に存じます。末永くお乗り頂けますように。

和歌山県和歌山市のI様 ラシーントラベラー納車おめでごうございます

ラシーン専門店

和歌浦芸術区

和歌山は本州最南端とあって、とても季候が良く海岸沿いはリゾート地の装いである。和歌山市内でも和歌浦と呼ばれる地が存在し、紀州徳川家を祀る紀州東照宮から和歌浦を望めば、いや絶景かな絶景かな、と五右衛門風に声が漏れてしまう訳である。その和歌浦あたりで写真を撮影しようとしたその時、何やら和歌浦芸術区なる場所を発見した。それだけではない。そこにはホワイトのラシーンが鎮座しているではないか。平安末期の歌人、西行がこの情景をご覧になられたなら、何事のおのりにならるばしらねども、かたじけなさに なみだこぼるる 、とそう詠んだであろう。

日産 ラシーン

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

この度は、和歌山県和歌山市にお住いのI様の元へお届けに上がりました、ラシーントラベラー、シダーグリーンをご覧頂きます。内外装のリペアも行われて、美しく仕立てられたラシーン。このシダーグリーンのモデルはラシーンの中でも一番巡り合えるのに時間がかかります。

ラシーン レザーシート

アンティークレザーシートの仕上げ

昨今張替えでも人気が出てきました、アンティークレザーというマテリアルでの張替え。ウェル50デザインでの張替えが良く似合います。また、パネルラッカーにはブルックランズグリーンを採用して質感を高めています。

ラシーン タイヤカバー

タイヤカバーの張替え

巷で使用されているビニール生地(PVC)などでは、耐候性には不十分という事で、屋外用の生地の王様、ジャーマンを採用して仕立てを行います。マテリアルの質感もとても高級感があり、ラシーンのリゾート感と相まってとても上質な香りが漂います。

ラシーン専門店

ラシーントラベラー 右舷後方姿見

ワイパー、ホイールや背面スペアタイヤを支えるステーなどもブラックペイントで製作。とても引き締まった印象にラシーンの優しさと調和。

ラシーン

ラシーンちゃんと記念撮影

この度はI様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございます。長らく製作にお時間頂きましたが、きれいなーっというお言葉を頂き恐悦至極に存じます。末永くお乗り頂けます様に。

今日はコレマデ。

本日の名言

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議のまけ無し

by野村克也

愛知県稲沢市のY様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ

トラディショナル

クルマという概念はその国々の国民性によって変わる、とはクルマ以外でも同じ事が言える訳であるが、クルマは欧州で始まった文化であり、その欧州でのトラディショナルな造り込みが、今回のイメージである。日本では1970年代まではその欧州のトラディショナルに習い自動車のデザインなど行われていたと思う訳であるが、昨今の日本のクルマの概念は家電製品に近くなっている。一概には言えないが、10年10万キロで乗換え、というような消耗品という位置づけにもなっているだろう。果たして数百万円する物がそのような物で良いのであろうか。と常々思う訳であるが。日本人の国民がそれで良いと考えれば、それ以上の物を造らなくて良いというメーカーサイドの感覚もあると思う。また、電気自動車が新しいものである事により新しい形を求めるメーカーサイドと、タイヤが4つ着いていたらそれはクルマであるから、もう少し車らしいデザインを求めている消費者の感覚のずれを相当感じる訳である。PAOがそのまま電気自動車になったほうが既存の電気自動車より売れると思うのはわたしだけであろうか。

パオトラディショナル

PAOトラディショナル 桜の下で

この度は愛知県稲沢市にお住いの、Y様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナル、アクアグレイをご覧頂きたい。内外装もレストアが施され、33年という歳月を取り戻すべく、部品交換も行われ仕立てられた。

パオ 

PAOトラディショナル左舷前方姿見

純正のフォグランプのは位置が少し高いところにあり、ちょいと下げたいという事で、今回はフロントバンパーを加工して、フォグステーを取り付けた。

フォグランプ

ワイパックフォグランプ

鋼をバンパーに直接溶接を行い、左右の間隔は純正に準ずる。前への飛び出しはそこまで大きくはならず、さして問題は無い。

レザーシート

ウェル60スタンダード レザーシート

最高級の生地を使用した60形状のレザーシート。安価なPVCではなく、耐久性も抜群である。同生地でダッシュパネル上とアンダートレイも張替えを行った。

パオ
PAO

PAOトラディショナル 後方姿見

この度はY様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。長らくお待ち頂きましたが、お喜び頂けまして恐悦至極に存じます。また、駅までお送り頂き、感謝致します。末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

今日の我に明日は勝つ

by美空ひばり

京都市伏見区のO様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

寺田屋

坂本龍馬

刀痕は いずこ 寺田屋宝柱

京都は伏見にある寺田屋旅館。坂本龍馬が間一髪で逃げ出したと言われ、刀痕や銃痕が柱などに残っていると言われている。しかし近年の調査では、鳥羽伏見の戦によって寺田屋周辺は火災が発生し、寺田屋もあえなく消失していたことが分った。そう、この寺田屋は再建されたモノであったという訳である。しかし、客室にはたしかに刀痕や銃痕はある、とここで、再建には使える部材を使用しているのかもしれないという事で、いったん話は落ち着いたようである。本物か偽物か、野暮な話は個人的にはどうでも良い。それより幕末のロマンとして感じては如何であろうか。

ラシーン

ラシーントラベラー 寺田屋での姿見

この度は、京都市伏見区にお住いのO様の元へお届けにあがりました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。シダーグリーンの1,8lモデルという超希少車両が今回製作さしあげましたラシーントラベラー。ホイールもテッチンブラックペイントで無骨さを演出している。

ラシーン レザーシート

ラシーン専用 50スタンダードレザー

特別なマテリアルを使用して張替えられた、ラシーン専用設計の50スタンダードレザーシート。熟練の職人が一台ずつ張替えていく。この上質のレザーマテリアルは、スピードウェル以外では手に入れる事は出来ない。

タイヤカバー

タイヤカバーの張替え

ブラックのタイヤカバーは、表皮に舶来品の生地を使用して製作される。パイプにはビニルレザーが使用され、そのコントラストがカッコよい。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はO様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。新車にはなりませんが、乗り心地なども極力近づけれるように努力致しました。末永くお乗り頂ければ幸いです。また、お土産も頂き恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ

本日の名言

日本を今一度 洗濯いたし申候

by坂本龍馬

鳥取県米子市のM様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

出雲の勢力

日本の歴史は神代の時代までさかのぼる事が出来る。神話とは一般的に現代市井の人にはまったく関係のないものであると、そう思いがちである。が、一人一人、神代より繋がっている。もし、繋がっていなければそこにあなたは居ないわけであって、祖先崇拝的な観念を持って神代を見つめてみると、点と点が線でつながるような風に見えてくるのだから面白い。そう、私達は命のリレーによって、神代より今にバトンはつなげられているのである。今日のこの場所は、
国譲り神話の中で、天津神の建御雷神(たけみかづち)と国津神の大国主命が対面した場所で稲佐ノ浜という。わたしは、国譲りとは縄文から弥生時代にかけての勢力争い であると思っているのであるが、出雲は国を譲る代わりに大きな社を建てる事を約束させた。それが出雲大社である。 大社は本殿の高さ16丈(約48m)というのが社伝であるが、 平成12年に大社跡を調べてみると、なんと当時の柱が出土したのである。 大社には古代の巨大な本殿の設計図とされる金輪御造営差図が伝わっており、発見された柱は心御柱(しんのみはしら)や宇豆柱(うずばしら)で、鎌倉時代のものと推定。この時代までの出雲大社が巨大だったことの証明となっているのだから、これもロマンである。

パオ

PAOトラディショナル むぎばんだ遺跡

この度は鳥取県米子市にお住いのM様の元へお届けにあがりました、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。オリーブグレイの車体は、概ね18万キロの車体を時間をかけてレストアを施し、また新たに長くお乗り頂けるように仕上げが施されている。

パオ

PAOトラディショナル オリーブグレイ

内外装やゴム類のリペアを行い、最終はガラス系コーティングで保護したパオ。新車にはならないが、味わい深い仕上げが施されている。

パオ

PAOトラディショナル 左舷後方姿見

ルーフレールやアウターヒンジ類、バンパーやホイール、ドアミラーやライセンスランプ、そのすべてがリペイントが施され製作されている。また、テールランブ群も表面処理とUVクリア仕上げが施され艶々。

パオ納車

PAOちゃんと記念撮影

この度はM様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございました。米子の美しい街にPAOが走る姿を想像するだけでとても感動いたします。長くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

心がすべてである。
あなたはあなたの考えたとおりになる。

byブッダ

神奈川県川崎市のS様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーン専用レザーシート

ラシーン

ラシーントラベラーSW 右舷前方姿見

この度は、神奈川県川崎市にお住いのS様の元へお届けに上がりました、ラシーントラベラーSWをご覧頂きたいと思います。

USB

USBコンセント

シルバーリム

純正アロイのシルバーリム仕立て

ラシーン1800cc専用のアロイホイールをブラックペイントでラッカーフィニッシュを行い、リムはシルバーに残して今様としている。

ラシーン

手の込んだフィニッシュ

フロントグリルは丸型ヘッドライト用にアレンジが加えられ、さらにカラーの塗分けも手の込んだ仕様に。

この度はS様、ラシーントラベラーSW納車誠におめでとうございました。末永くお乗り頂けます様に整備には沢山の部品交換も行いましたので、楽しくお乗り頂ける事だと思います。

今日はコレマデ。

兵庫県神戸市のK様 ラシーンSWフォルザ納車おめでとうございます

ラシーン

アルミ製アンダーガード

ラシーンには1500㏄、1800ccと2000㏄という排気量のエンジンが存在する。そのうち1500㏄と1800ccの排気量を持つエンジンのラシーンのボディー形状は同一であるが、2000㏄のボディー形状は横幅も大きくなり、前後の形状も大きく変わるいわゆるフォルザというネーミングになるのである。ヘッドライトの形状も丸目4灯となりバンパーもワイド化。そしてアルミ製アンダーガードが装着された、というのは語弊があるがその形を模したのである。バンパー形状にアンダーガードが装着されているような雰囲気であるため、こうしてアルミ粉で出来ているシルバーで塗装を行うと、それがあたかもアルミ製アンダーガードが装着されているという風に見えるのである。純正ではそういう塗装はされていないから、アンダーガードのイメージは薄い。

ラシーン

ラシーンSWフォルザと記念撮影

この度は、兵庫県神戸市にお住いのK様の元へお届けに上がりました、ラシーンSWフォルザをご覧頂きたい。実は日産PAOのオリーブグレイにオールペンが行われ、各部をブラックペイントで仕上げている。

シート張替え ラシーン

ウェル50スタンダード ラシーンレザーシート張替え

安価なPVCではなく、特別は生地が用意され張替えが行われた内装。メーターパネルは右から左まで、さらにドアの一部にまで外装色でペイントが施されている。また、特殊な溶剤を組み合わせキズや剥がれが起きにくいように配慮が施されている。

ラシーン ホイール
ラシーン ホイール

15インチより1インチアップ

今様に変化させるべく、ホイールはシュッとしたものに交換を行った。サイドのオーバーフェンダーはバンパーと同じくブラックペイントで仕上げが施されている。

ラシーン クォーター

フォルザのクォーターガラス

ポリカーボネート製のクォーターガラスはブラックペイントで塗装を施して、アクセントとして使用。

ラシーン フォルザ スピードウェル

ラシーンSWフォルザの完成

この度はK様、フォルザ納車誠におめでとうございました。製作には多大にお時間を頂きましたが、凄い雰囲気のある車両の製作をさせて頂き感謝致します。末永くお乗り頂けると幸いです。また、お土産も頂戴し、恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

この世に生を受けたこと。

それ自体が最大のチャンスではないか 

byアイルトン・セナ・ダ・シルバ

広島県東広島市のY様 PAOフルオリジナル納車おめでとうございます

PAO 平和通り

リペア パオ

フルオリジナルの定義

フルオリジナル(以下フルOG)とは狭義で言えば、ノン

レストアであって新車の状態の事である。しかしながら、

そのような新車状態の車はなかなか存在しない訳である。

と前置きした上で今回はフルOGという言葉は新車状態のパ

ーツを使用して、レストアやリペアを行ったものと広義

で使用させて頂くことにする。すでにPAOも発売より33年

という長い時間が経過し、オリジナル状態を維持する車両

はめずらしい。しかしオリジナルあるがゆえに、カスタム

という言葉が存在する訳であるから、絶対的な位置にフル

OGがあるというのが、大前提であり、それゆえカスタムも

楽しめるという事になる。

※写真はスピードウェルでリペアされたサイドデフロスター

東広島

PAOトラディショナル 記念撮影

この度は、広島県東広島市にお住いのY様の元へお届けに

上がりました、PAOフルオリジナルをご覧頂きたい。アク

アグレイの車体カラーがとても美しいのはボディーもレス

トアが施されている証。

パオ

PAOフルオリジナル フロントフェース

バンパーやグリル等、当時のカラーにウレタンラッカー

フィニッシュが行われ、発売当時の輝きを発している。

オリジナル 内装 パオ

PAO 純正 内装リペア

パオ

PAOフルオリジナル 平姿見

前傾姿勢がなにやら今様。エイドリアン・ニューウィー

もびっくり、とはF1好きな人だけに解る四方山話。

パオ

PAOフルオリジナル 妻姿見

この度はY様、PAOフルオリジナル納車誠におめでとうご

ざいました。製作にはお時間を頂きましたが、お喜び頂

き有難うございました。末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ

本日の名言

過去は運命であり

未来は可能性である。