千葉県柏市のM様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーントラベラー 蔦屋

蔦屋のポイント

蔦屋のポイントカードは、以前わたしも持っていたが、これが

なんとも個人が購入する商品がどういう物なのかという情報を

企業に売ってポイントが還元される仕組みという事を知って驚

いた。この情報社会では、何が流行して何が良く売れるという

情報そのものを売り買いしてる訳である。かの羽柴秀吉も情報

をいち早く取り入れる事によって天下をとった訳であるから、

時代は常に情報なのである。しかしラシーンというフィルター

を通して見ると、そんな情報など必要ではなく、風の向くまま

気の向くままに、そして大自然に生きる喜びを味わう事こそが

大切な事である。もっとゆっくり生きる時代を考えてみては如

何だろうか。

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

この度は、千葉県柏市にお住いのM様の元へお届けにあがられ

たラシーントラベラーをご覧頂きたい。シダーグリーンという

カラーは非常に希少であり、実にこの車両は新車のように美し

く、すべてに塗装が施されて製作が進められた。

wells50デザイン レザーシート

wells50デザイン レザーシート

ダークブラウンカラー一色でシックにまとめられた、レザー

シート。乗り心地も考慮して内部のスポンジの仕様も刻々と

変化させている。とりわけ硬く調整すると長距離では疲れに

くい。

タイヤカバーの張替え

タイヤカバーの張替え

シートのカラーに合わせて耐候性を向上させた生地での張替

え。若干の余裕をもたせているのは、少し時間が経つと丁度

良い寸法になるからである。細かな計算も抜かりはない。

蔦屋前でラシーン撮影

この度はM様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござい

ました。末永くお乗り頂けます様に、整備に力をいれました。

それでは、また関西にお戻りの時はご来店ください。

今日はコレマデ。

本日の名言

青森県八戸市のS様 パオSW-LTD納車おめでとうございます

八戸 漁師町のPAO

漁師町のPAO

パオSW-LTD

パオSW-LTD 姿見

この度は、青森県八戸市にお住いのS様の元へお届けにあがら

れたパオSW-LTDをご覧頂きたい。

パオ シビエビサージュ

シビエビサージュ

マグノリアクロック

マグノリアクロック(パオ仕立)

ザ・モケットシートの張替え

ザ・モケット

ザ・モケットシートの張替え

トノカバーの張替え

トノカバーの張替え

Wリプレイスメントマフラー

ウェル リプレイスメントマフラー

ウェル リプレイスメントマフラー

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

北海道釧路郡のH様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ニポポ

ニポポな民藝

民衆の工藝の字の藝とは、本来たがやすという字であって、

農民が冬の休農時に、草鞋をつくったり、彫刻や陶芸をやっ

たりした訳である。北海道には熊の彫刻やニポポなどがそれ

であって、作家としてこればかりやっているのは、本来の民

藝の意に反していると、柳宗悦にはこっぴどく怒られてしま

う。などと、時代背景が異なるから当時の民藝の神髄は現代

に当てはまらない部分が多い。

ラシーンと白樺

ラシーントラベラー 後方の風景

この度は、北海道釧路郡のH様の元へお届けにあがられたラシ

―ントラベラーをご覧頂きたいと思う。内装のお写真を取り損

ねたが、ニポポなダークブラウン色で、とても大人らしい仕上

がりであった。

タイヤカバーの張替え

タイヤカバーの張替え

丁度ラシーンをそっと留め置いたわけであるが、なぜココにお

いたのか、わたしは解らなかったが、そういえば看板のカラー

がラシーンと同じ色であったからであろう。今回のラシーンは

実はドラえもんブルーではなく、オーナーと協議の末に決まっ

た藍色で塗装を行うという美妙な仕上げが施されている。

白樺とラシーン

白樺とラシーン

前期モデルのドラえもんブルーではない、特別なラシーン。青

は藍より出でて藍より青しという言葉が良く似合う。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影。

この度はH様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござい

ます。ラシーン2代目ということで、末永くお乗り頂けますよ

う、寒冷地仕様での製作も差し上げました。お仕事頑張って

ください。

今日はコレマデ。

本日の名言

作るのではない、生まれるんだ。

by柳宗悦

パオの納車風景

皆様、GWも明けまして如何お過ごしでしょうか。SWでは、

沢山の方へ夢のクルマをお届けにあがり、GWが明けてまた

今から北海道へ向かう最中でございます。このブログの沢山

の皆様にご覧頂いているのは承知致しておりますが、少し時

間が足らずなにかとアップ出来ずじまいでおりますので、本

日はその少しを納車風景としてご覧頂き、またそれぞれのお

客様のブログをアップ差し上げますので一部をご覧ください。

青森県八戸市のPAO

青森県八戸市のS様のPAO

ロイヤルブルーを基調として製作が進められた、SW-LTD。

なんと女性オーナーですが、男前のMT車両です。

大阪府大阪市のPAO

大阪府大阪市のN様のPAO

アクアグレイのカラーを一新して製作が行われた、ピカピカ

のPAO。天王寺周辺をのんびり走っています。

栃木県那須塩原市のPAO

栃木県那須塩原市のN様のPAO

那須の御用邸近くのオシャンティーなカフェへお届けにあが

られたPAO。オーナーもただただイケメンです。

愛知県田原市のPAO

愛知県田原市のO様のPAO

オリーブグレイがナチュラルで、農業を営まれてているオー

ガニックなオーナー夫妻の元へお届け。

神奈川県横浜市のPAO

神奈川県横浜市のK様のレストアPAO

エンジンから新品を積んでボデーもレストアされたPAOは、

日産のおひざ元、横浜市のK様のPAO。渾身の力作です。と

いうことで、本日は全国にお住いの皆様へPAOをお届け致し

ました一部のお写真をアップさせて頂きました。

今日はコレマデ。

本日の名言

不合理の合理

by河井寛次郎

不合理だからこそうまくいく。だからこそ楽しい。美しい。

そういった、理屈にとらわれない柔軟な発想が世の中を新

しくそして楽しくしていくのだとわたしは思います。

長野県長野市にお住いのH様 ラシーンジョルジェット納車おめでとうございます

ラシーン 桜

ラシーンジョルジェット イエロー

ラシーンジョルジェット OGイエロー

ナルディ―ウッド

エンリコ ナルディ ウッドハンドル

ジョルジェット70 レザーシート

ジョルジェット70 ラシーンレザーシート

ラシーン フロントフェース

フロントフェース

ラシーンジョルジェット

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

第三十五回 大阪樂所 雅楽演奏会

樂所_1

雅楽

雅楽(ががく)とは、大陸(中国、朝鮮半島)を経て、日本で

花開した伝統的な音楽である。古い文献などを読み解くと、聖

徳太子の時代に遣隋使を派遣した頃に大陸の音楽が輸入され、

それらが平安時代には芸術的に昇華し、大成されたのである。

今では世界最古のオーケストラ(管絃楽)と言われる雅楽であ

るが、実になじみは少ない。なぜなら、明治までは天皇、公家

や大名の一部、そして楽家にしか演奏することが許されておら

ず、一般的にふれる機会がなかったからである。現代では結婚

式や、各団体の雅楽演奏などでお耳にかかる事が出来るから、

教養のためにも一度は鑑賞されては如何であろうか。

IMG_1439_1

宮内庁式部職楽部

皇居内にある楽部は江戸城の隣に位置し、当時は大奥の屋敷が

あった場所である。左右にある大太鼓は太陽つ月を表し、陰陽

の思想なども音楽に取りこまれている事が伺い知る事が出来る。

という事で、本日はわたしが所属している大阪樂所の雅楽演奏

会が来る7月2日に大阪国立文楽劇場で開催されるから、少しの

コマーシャルである。

今日はコレマデ。

本日の名言

一オクターブ弱しか出ないからこそ、

一つの音にこだわるんです。

by東儀雅季

雅季先生の篳篥の音は、心が洗われます。

愛知県豊田市のO様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ブラックデニムタイヤカバー

素材で楽しむ

ラシーントラベラー 前方正面姿見

ラシーントラべラー 前方正面姿見

この度は、愛知県豊田市にお住いのO様の元へおとどけにあが

られたラシーントラベラーをご覧頂く事に致そう。シダーグリ

ーンと言われる深緑色のカラーリングは当時の販売台数が少な

く、現在は超希少価値の高いモデルとなった。

フロントフェース ラシーン

ラシーントラベラー フロントフェース

ラシーンのフロントグリルは2モデルが存在する、というのは

ある程度ラシーンを勉強すれば解る。そして、平成8年末、9

年初頭に横穴式から竪穴式に変更があった、という事はもう

少し勉強すれば解るはずだ。また、タイプSというグレードは

グリル中央部がガンメタリックで塗り分けられていた、という

所までくると、立派なラシーンイストである。

ナルディクラシックウッド

ナルヂクラシックウッドステアリング

Wells 60 スタンダードレザー

Wells 60 スタンダードレザー

Wells タイヤカバーの張替え

Wells タイヤカバーの張替え

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はO様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござい

ます。長らくお待たせ致しましたが大切にお造り致しました。

末永くお乗り頂ければ幸いです。それでは、人生の旅に。

今日はコレマデ。

本日の名言

弱っているときにしか見えないものがある。

調子のいいときには飛ばしてしまっている。

よしもとばなな

茨城県つくば市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

スピードウェル 諸国民藝店

諸国民藝の旅

諸国民藝

以前金沢21世紀美術館で開催された、工芸とデザインの境目

という展覧会の影響もあって、工芸とデザインのバランスを

熱心に研究している。パオというクルマは、その工芸とデザ

インの丁度中央部にあるような、なんとも奇妙奇天烈摩訶不

思議な恰好で、遠い未来に向けて発射された工業製品である、

というのは少し難解な伝え回しである。それはともかく実に

パオのデザインの草案時には用の美という概念が取り入れら

れ、柳宗悦が唱えた、日曜の雑器が使えば使うほどに味わい

が増すというエッセンスが自動車というインダストリアルデ

ザインに初めて適用されたものであると推測する事が出来る。

パオデザイナーの古場田良郎氏は、後にそのことを、ホーロ

ーの鍋の日常使いの傷の味わい深さが、パオで言う、バンパ

ーが鍍金ではなくシルバーの半艶の塗装とすることで、洗車

をしながら味わい深くなるだとか、傷がついた時にホームセ

ンターでラッカーを買ってきてオーナー自身で気軽に補修が

出来る、そういう風な感覚というイメージを私達に伝えてい

る。誠に発想がユニークで、当時の最先端はパオであった事

に間違いはない。

※トップ写真右はスピードウェル諸国民藝店所蔵品 

布志名焼 船木研児作 ガレナ釉 湯呑

関連イベント

【ギャラリートーク「舩木研兒の人と仕事」】
ゲスト:舩木伸児(布志名舩木窯当主)井上一(出西窯陶工)
日時:4月29日(土・祝)14:00〜15:00
会場:出雲民藝館 本館
料金:無料

【スリップウェア実演】
ゲスト:小島鉄平(てつ工房・出雲民藝協会員)
日時:3月18日(土)1回目:11:00〜 / 2回目:14:00〜

主催:出雲民藝協会、出雲民藝館
後援:山陰中央新報社

パオトラディショナル 左舷前方姿見

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、茨城県つくば市にお住いのK様の元へお届けにあが

られたPAOトラディショナルをご覧頂きたい。

パオ フォグランプ

PAO フロントフェース

シビエビサージュという直径13センチほどのフォグランプは

濃霧の時に活躍する。

モトリタフラット MK2ハンドル

Moto-Lita フラットMK2ウッドステアリング

パオのカラーに合わせてホーンモチーフもグリーンであしら

という細部の拘りが重要。

Wells 50 Design パオシート張替え

Wells 50 Design パオシートの張替え

こげ茶一色で統一されたパオレザーシート。落ち着いた雰囲

気が大人らしさを演出している。

アイボリー ホイール

ホイールラッカーフィニッシュ

バンパーやグリル、ホイールなどはオーナーの好みにより、

塗装のカラーが選択出来る。

パオと記念撮影

パオちゃんと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうご

ざいました。急遽キャブレーターも新品いたしましたので、

長く長くお乗り頂けますようお願い申し上げます。またお土

産まで頂き、恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

「名もなき職人が実用のためにつくり、

庶民の日常生活の中で使われてきたものこそ美しい」

使われてきたという事は、長く愛用しているということに他

ならないわけであり、PAOのような車が美しく見えるのは、

この名言からも伺う事ができます。

香川県木田郡にお住いのM様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーンと西欧風

ラシーンと西欧の風

非日常を意識してdesignされたラシーンというクルマの物語は

西欧にあって、南仏あたりのリゾートな気分がロケーションで

あるという。プロヴァンスの昼下がりにサンドイッチを片手に

運転している姿を想像すると、容易にラシーンな雰囲気を味わ

う事が出来る訳である。何度も紹介するがここで重要なのは、

あくまで気分であって、それが人間を幸せにしてくれるエネル

ギーの源であるという事に、DESIGNの本質が隠されている。

ラシーントラベラー フロントフェース

ラシーントラベラー フロントフェース

この度は、香川県木田郡にお住いのM様の元へお届けにあがら

れたラシーントラべラーをご覧頂きたい。サンドベージュ色で

製作された前後のバンパーは、ラシーンの四駆感をスポイルさ

せた、とても優しい仕様。オーナーの拘りは細部に及ぶ。

ラシーン 内装張替え

Wells50 スタンダードレザー

ラシーン専用のスタンダードレザー仕様で張替えられたシー

ト。座、側、パイピングのそれぞれにカラーを選定し縫製が

される。

ラシーン タイヤカバー

Wells タイヤカバーの張替え

シートとは少しのアレンジを加えて、タイヤカバーが製作。オ

ーナーのオリジナリティーが主張される部分である。

ラシーン 西欧の風

ラシーンと西欧の風

ラシーン 納車

ラシーンとご家族の記念撮影

この度はM様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござい

ます。沢山のお土産もいただき、更には高速バス停まで、お送

り頂き、恐悦至極に存じます。末永くお乗り頂けます様にお祈

り申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

日本の美術品と西洋の美術品のもっとも大きな違いは、

観賞用の西洋に対して、日本は用の美を愛でるところ。

茶器のように茶会に使われてはじめて美が完成する。

by柳宗悦