石川県加賀市のK様 パオSW-LTD納車おめでとうございます

魯山人
魯山人

山代温泉からの生涯をかけ美を追求した魯山人

石川県の山代温泉に魯山人寓居跡がある。魯山人が大正4年あたりに過ごした場所であって、当時の文化サロンでもあった。この 寓居跡 からすぐのところに山代温泉の中心となる共同浴場、古総湯があり周辺は素晴らしい景観なのである。今回山代温泉で撮影となった訳であるが、実にパオデザイナーの古場田良郎氏が景観事業に携わられた事による。 『古場田良郎氏が温泉街の景観をデザイン。
明治時代にあった古総湯を再興。 1300年という時を超え現在に山代温泉の魅力が堂々とあふれている。 古場田氏曰く、文化財を目指す訳でなく、かならず文化財になるだろう。 』という以前のブログhttp://blog.speed-well.jp/archives/2999 も是非ともご覧頂きたい。

山代温泉 パオ

この度は、石川県加賀市にお住いのK様の元へお届けにあがりました、パオSW-LTD、インディゴブルーをご覧頂きます。グレイ掛かったスピードウェルオリジナルのカラー。塗料の配合は絶妙であり、ブルーのようなグレイのようななんとも言い難い深いカラーである。そこに黄色いフォグランプがとても美しいのである。

日産 パオ

レイヨットフォグランプをおごる

デッドストックのレイヨットがインディゴブルーのボディーからに映える。バンバーやグリルはパオの純正色を踏襲。フロントウィンカーレンズなどもリペアが行われすっきり。

パオ 内装

内装の仕上げ

ダッシュパネルやアンダートレイのレザー張りや、エアコンのデフロスターグリルのリペアパーツ交換、オーディオのオーバーホール等、見える個所はそれぞれにリペア等も施され、新品のようである。

ドアポケット

ドアポケットのレザー張り

トップにダブルステッチで装飾も行い、手仕事感がとても味わい深い。マスプロダクトでは味わえない、モノづくりの良さを楽しめるのである。

シートポケット

シート裏のポケット

ポケットの袋のマテリアルや、ベルトのカラー等も選ぶことが可能。すべてはクラフトマンによる手作りが成す業である。

パオ 山代温泉

古総湯とパオ

情緒深い街並みにパオはとても良く似合う。余談であるが古総湯は午前6時の一番風呂に入った客には、お札が頂けるのである。以前わたしも早朝5時に並んだ覚えがある。

パオと記念撮影

この度はK様、パオSW-LTD納車誠におめでとうございました。雨だったのがとても残念でしたが、お届けできました。ボディーカラー等お任せ頂いたところもありましたが、お喜び頂け幸いです。また、素敵なお土産を頂き恐悦至極に存じます。長くお乗り頂けます様にバックアップさせて頂きたいと思います。

今日はコレマデ。

本日の名言

人間が自分で意味を与えないかぎり

人生には意味がないのである

byフロム

大阪府豊中市のN様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

日産パオ

ゴールデンオリーブ

このカバンは、実は初めて見たのである。阪急電車に使用されているモケットの生地で製作されているのであるが、本当は阪急バス用であった。阪急電車とバスのシートでは、生地の素材の配合が少し異なるようである。しかし、手触りも良く、なかなかの質感で面白い。

パオと記念撮影

この度は、大阪府豊中市にお住いのN様に納車されました、PAOトラディショナルのオリーブグレイをご覧頂きます。バンパーやグリルなどは純正仕立ての塗装を再度行い、化粧直し。ワイパーは一癖利かせたシルバーペイント。

パオ 内装

内装のあれこれ

ハンドルコラムはパオのプロトタイプ仕様とし、アンダートレイはシートのカラ―に合わせて張替えが行われている。そっと左側に100Vのコンセントが鎮座。家電製品も使用することが可能である。

ザグ

携帯ホルダーは 有人操縦式の人型機動兵器の ザク

この後、オリーブグレイの車体色に塗装が行われる予定である。

パオ 内装

PAOの内装の張替え

今回は、パオの純正シートのデザインを踏襲して特別はレザー生地により張替えが行われている。シフトノブも張替えをと思っていたのだが、あまりにもアイボリーすぎるのと、やり過ぎても良くないのでココはマイナス一の方程式である。

シート裏のポケット

背面のポケット

シート裏のポケットもパオ純正に踏襲。パオはとかくに収納するところがポケットしかなく、重宝するのである。メッシュ生地が可愛らしい。

パオ マフラー

ステンレスマフラー

5ZIGENとの共同開発により実現したリプレイスメントマフラー。適材を適所に使用して、馬力、燃費、耐久性をアップさせた逸品。SWの人気商品である。

PAO

内外装のレストア、リペアを行えばこれからまだまだ長くの使用が可能である

この度はN様、PAOトラディショナル、オリーブグレイ納車誠におめでとうございました。バランス良く製作さしあげましたので、想像以上に乗りやすく、楽しいクルマになったと思います。これからも末永くよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

伝統無しでは、芸術は羊飼いのいない羊の群れであり、

革新無しでは、それはただの死体です。

三重県桑名市のM様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

桑名の伊勢大神楽

江戸時代には全国を巡り、伊勢に参りたくても、参れない人々の為にお札を配って獅子舞を舞った。それが伊勢大神楽である。現在では、担手も減り西日本を中心に、いつもの季節に、そしていつもの日にちに町を訪れて、こうしてお祓いをしてくれる風物詩となっている。スピードウェルでは毎年11月末には宗家の山本源太夫社中が獅子舞を披露してくれるのである。関東では伊勢大神楽は現在おこなわれていないが、その名残は今は亡き海老一染之助・染太郎であった。近年では、青森県むつ市にある大畑八幡宮の祭礼『ミナカダ祭 』の獅子舞が伊勢の御師が伝え残したものとして、山本 勘太夫社中が招かれ伊勢大神楽を舞ったのはヨウツベでも確認することが出来る。その伊勢大神楽であるが、なんと現在は三重県の桑名が本拠地とあって、毎年12月24日には、諸国を巡る大神楽師が桑名の増田神社に集まり、一斉に神楽を奉納するのである。そして、そこからまた新しい年に向けて出陣するというのだから、一度は観てみたい。これからも長く続いてもらいたいものである。


ラシーン トラベラー

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、三重県桑名市にお住いのM様の元へお届けにあがりました、ラシーントラベラー、ダークブルーをご覧頂きたい。外装は、オーナーの思いによって各部のカラーリングが施され、内装もいつもながら特別なマテリアルを使用して張替えが行われた。

ラシーン フロントグリル

フロントグリルのウレタンラッカーフィニッシュ

タイプSというグレードでは純正標準でグリル中央がマットなガンメタリックでラッカーフィニッシュされているが、今回は、重くならずエレガントに、少しだけ明るくして、艶のある仕上げで塗装を行った。ダークブルーのカラーには良く映えている。

ラシーン 内装張替え
ラシーン レザーシート
ラシーン タイヤカバー

ラシーンの各部張替え

シートの特別なマテリアルでのレザー張り、スペアタイヤのカバーのジャーマン生地での張替えと、質感を意識して製作。高級車にしか使用されていないマテリアルである。スピードウェルではおしげもなく投入する。

ラシーン スピードウェル

ラシーントラベラー 左舷後方姿見

ダークブルーにバーガンディーの生地が妙。タイヤカバーのパイピングがリアステーのカラーと同様にして、ひとつずつたまらない。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はM様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。各部にこだわって頂けまして、製作サイドも楽しく作業させて頂きました。また、沢山お土産も頂き恐悦至極に存じます。それでは、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

なにごとの おわしますかは 知らねども

かたじけなさに なみだこぼるる

by西行

西行が伊勢の神宮に参拝した時の句である。

奥の細道で知られる松尾芭蕉は西行の500回忌にあたる年に、出発するというくらい芭蕉は西行にあこがれていたのであった。

北海道帯広市のU様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ 北海道

シラカンバ

白樺の正式な名称である。光沢のある白い表皮、樹高は20メートルにも及ぶ。東海地方から以西には見かける事の無い樹木であり、とくに北海道に沢山自生もしている。パオを留め置いて白樺と合わせて切り取ると、どこか欧州の風を感じてしまう訳である。この撮影にて、わたしの靴と靴下は溶けかけた雪でびしょびしょであるが、その風を感じてもらえたであろうか。ちなみに、この写真、今回納車差し上げますオーナーの自宅より200米ところと、北海道はなんとも大自然である。

パオ トラディショナル 帯広

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

この度は、北海道帯広市にお住いのU様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナル、オリーブグレイをご覧頂きます。ボディー全体にリペアが施されて製作された同パオ。雪景色にとても凛々しい佇まいであります。それは、しっかりした整備や、各部の洗練されたボディーワークにより匂い立つと言えるでしょう。新車にはなりませんが、新車のような匂いを追い求めて製作が進められました。

パオ トラディショナル 帯広

PAOトラディショナル 前方妻姿見

均整されたボディーワーク。バンパーやグリル、ヘッドライトのリムや、ワイパー、天井の左右のレールやドアミラー、さらにはドアミラーのステーの小物などそれぞれに塗装がお直さが施されている。スピードウェルのPAOには全車標準である。

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

雪景色にオリーブグレイが映える。ボディー摺動部各部に丁寧にグリスアップも施されている。北海道仕様は極寒にも耐える事が優先される。

パオ シート張替え

ウェル帆布謹製のレザーシート


最高のマテリアルを使用し オーナーの希望により、シックなカラーで仕立てられたレザーシートとアンダートレイの張替え。座席のあんこも強化が行われており、長時間にも耐える仕上がりに。

パオ 白樺

パオと白樺

白銀の世界にPAOも良く似合うのである。特にオリーブグレイは森の色であって、大自然的。マフラーは錆びがこないように、スピードウェルのステンレス製に。下回りのアンダーコートは油性の塩害対策用を使用し、被膜を厚くして製作が行われている。

パオ 記念撮影

この度はU様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。寒冷地仕様として製作差し上げましたので、寒い冬でも使用に耐えると思います。帯広の大地を優雅にお走りください。

今日はコレマデ。

本日の名言

目指す港がないような航海をしていたら

どんな風が吹いても助けにはならない

byモンテーニュ

宮城県柴田郡柴田のO様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

レイヨット フォグランプ

ピーク・フォグ・ シルバーワイパー

ヨーロッパの三点盛りである。ヘッドライトピークは通称まつ毛。これがどのような経緯で成り立ったのかは、インターでググっても出てこない。ベスパや、英国車、ドイツのワーゲンなど、幅広く愛好されているわけであるが。次にフォグ。霧灯である。昨今の新車はイエロ―色が禁止となったが、パオの年式はOKである。そのイエローの意味は光の波長が長い色であって、より遠くまで光が届くようにイエロー色が使用されている訳である。このレイヨットのような時代物のフォグは鉄とガラスで出来ており、物としての価値も高いのである。最後にシルバーのワイパー。本来は鍍金もしくはステンのポリッシュとなるわけであるが、パオには他部にメッキパーツは使用されておらず、それに倣いシルバーの艶消しもしくは、半艶で仕上げるのが丁度良い。

パオ 宮城県

この度は、宮城県柴田郡柴田町にお住いのO様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。柴田町は『樅の木は残った』伊達騒動で有名な所である。という歴史的な話はさておき、今回はアクアグレイのPAOのマニュアル車をレストアして製作が進められた。

パオ モケットシート

モケットの内装

マスタード色のかわいらしい、これまた特別なモケット生地を使用して、張替えが行われたPAOの内装。アンダートレイも同様に。ナビや100Vのコンセントなど右端にはタコメーターも埋め込みが行われ、手の込んだ仕上げ。

パオ

ボディーワークも行われ、美しい仕上がりに

バンパーやフロントグリル、ドアミラーやリヤのライセンスランプだけではない。各部の蝶番やルーフレール、ドアアウターハンドル、目に見えるパーツはそのすべてにリフレッシュが行われており、新車にはならないが、新車のような佇まいである。

パオ PAO 日産PAO パイクカー

パオと記念撮影

この度はO様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございました。末永くお乗り頂けます様に、各部に手を入れて製作差し上げました。乗り心地もとても良いと思いますので、遠出も楽しんで頂ければ幸いです。また、お土産も沢山頂き、恐悦至極に存じます。この度は、本当に有難うございました。

今日はコレマデ

本日の名言

何より大事なのは、人生を楽しむこと。
幸せを感じること、それだけです。

byオードリー ヘプバーン

大阪府泉佐野市のY様 ラシーントラベラーCUSTOM-MADE納車おめでとうございます。

御料車

御料車 プリンスロイヤル

40年も長きに渡って、昭和天皇、上皇陛下に愛された御料車、プリンスロイヤルの、ヨネザワが製作した旧いミニカーである。ボディーは漆黒のようなソリッドカラーで高貴さが演出されている。今回はその漆黒の塗装をラシーンにて再現。ライカというドイツのカメラでも、ブラックペイントという特別なモデルが存在する訳であるが、まさしくそのような特別な仕様として今回は製作が進められた。

漆黒のラシーン

漆黒のラシーン

この度は、大阪府泉佐野市にお住いのY様の愛車となりました、ラシーントラベラーCUSTOM-MADEをご覧頂きたいと思います。外装のすべては漆黒のようなブラックペイントで製作致しましたが、バンパーやリップ、リヤエプロン、サイドステップ、ルーフレール、グリルの中央等はセミグロス『半艶』で手の込んだ仕上げを行い、漆黒の中でも特に味わい深い仕上げを致しております。

ラシーン トラベラー

ラシーントラベラーCUSTOM-MADE 左舷前方姿見

フロントグリル、ヘッドライトも角型に変更が行われ、益々男らしい佇まい。ウィンカーのアンバーレンズ色が挿し色に決まっております。ボディーのドアをご覧頂くと、漆黒のペイントにより風景が反射しているのが良くわかります。

ラシーン専用 ルーフレール

ラシーン専用 ルーフレール

SWが製作するラシーン専用ルーフレール。今回は、ボディーカラーに合わせてブラックペイントで仕上げを行いました。

ラシーン シート張替え

レザーシートの張替え 50デザイン

SWでは、販売車両の全車に最高級のマテリアルを使用したレザーシートの張替えが着いてきます。カラーは100色以上、単色でもツートーンでもはたまた何色でも使用することは可能。今回のラシーンはリヤのスペアタイヤは取り外しが行われたが、スペアタイヤカバーの張替えも着いてきます。

ラシーン トラベラー

ラシーンのある風景

ラシーンはそのクルマの存在だけで画になるわけであって、これが昨今のエコカーであればココはたわいもない、ただの駐車場となるだろう。

ラシーン 日産ラシーン RASHEEN

ラシーンと記念撮影

この度はY様、ラシーントラベラーCUSTOM-MADE納車誠におめでとうございました。末永くお乗り頂けます様に、整備に力を入れて製作差し上げました。また、洗車は大変だと思いますが、じっくりワックスで磨き上げて頂ければ艶々になると思います。

今日はコレマデ。

本日の名言

変化こそ唯一の永遠である。

by岡倉天心  

東京都葛飾区のM様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ ルーフキャリア

民藝の100年

民藝とは柳宗悦らが民衆的工芸という言葉を端的に表した造語であって、ココ100年来の言葉である。その民藝という概念の生みの親である柳宗悦が没後60年ということで、東京国立近代美術館で今年の2月13日まで開催された民藝の100年に足を運んだ。どこかローカルでありモダンである、それまで見過ごされてきた日常の生活道具の中に潜む美を見出し、工芸を通じて生活と社会を美的に変革しようと試みられた時代であり、これがまた戦前戦中と過酷な時代の中であったわけであるから、とてもエネルギッシュである。柳宗悦にはたくさんの同志が集まり以降民藝運動に発展していくのであるが、パオにもその民藝の息吹を少し感じるわけである。パオチーフデザイナー古場田良郎氏が仰った言葉に、擦れれば擦れるほど味わい深くなる、とか少し凹んでも美しく見えるだとか、古場田さん、間違っていたらごめんなさい。そのような用の美は、まさに民藝に通ずるものであるとわたしは思うのである。また、パオは現代のクルマからすれば遥かに手づくりであり、一台いちだいが、同じように見えて、しかし少しずつ風合いが違うのである。こういったものもデザインと工藝のハザマであり、工業製品のなかでも味わい深いモノ、となるのであろう。現在パオ用のルーフレールを試作しているが、取付部など昨今のルーフキャリアと違い、味わい深く仕上げてみたが如何だろうか。

パオ 東京

この度は、東京都葛飾区にお住いのM様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。アクアグレイの車体は、本当に希少となったMTである。M氏のこだわりにより、フェンダーミラーに取替られ製作が進められた。

パオ フェンダーミラー

TEX ストレートショートアーム 丸型

英国製TEXの丸型ショートストレートアーム仕様である。一般的にはルーカスフェンダーミラーが装着される事が多いが、いかんせんアームが短く、特に左側はワイパーブレードに隠れて見ずらい。このTEXショートストレートアームなら、改善出来、またパオのボディーサイズにマッチする。

パオ レザーシート

純正仕立てのレザーシート

アイボリーの最高級レザーで仕立てた純正仕立てのレザーシート。アイボリーであるが、トップのコーティングによりジーンズなどの色移りもほとんどしない。

パオ ルーフキャリア

パオ専用 ルーフキャリア

パオの天井に最大限の大きさのルーフキャリアという事で、前後は足の幅がギリギリの丁度良いところに納めて製作。プロトタイプゆえ、一般の販売は改めてブログ等で告知差し上げ候。

この度はM様、PAOトラディショナル納車、誠におめでとうございました。頼んで良かったと仰せ頂き、本当に感動致しました。改めて御礼申し上げます。それでは、PAOちゃんと素敵な人生を歩んでください。またお土産も頂き、心より感謝申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

人生に失敗がないと、人生を失敗する。

by齋藤茂太

大分県大分市のH様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

薦枕

薦枕

『たがにへびとぞ しぎつきのぼる あみおろし さでさしのぼる』

こもまくらという御神楽の本歌である。 すでに奈良時代、平安時代の言葉であって現在ではインターでググろうとも、意味は見つからない。時は養老四年、西暦でいう720年の事である。朝廷は隼人の反乱を抑えようと出兵。この地を訪れ、三角池に生えている真薦(マコモ)で枕を編んで八幡大神の憑代とし、八幡大神の神託によって隼人は鎮圧されたのである。以降卯酉年の6年に一度に宇佐神宮に神の憑代となる薦枕が送られる事となった。大分県は温泉県でもあるが、古代の神話の伝承地も多く、神秘的な地域である。

ラシーン 大分県

一村一品

この度は、大分県大分市にお住いのH様の元にお届けに上がりました、ラシーントラベラーをご覧頂きたいと思います。ダークブルーの車体をベースに再整備を行い、内外装も十分に手を入れて製作されたラシーン。オーナーH氏の拘りもふんだんに詰め込んで製作差し上げました。

ラシーン 大分県

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

ラシーン ウッドパネル

ラシーン用ウッドパネル Dバーズアイ

ラシーン フロントフェース

ラシーントラベラー フロントフェース

タイヤカバー

ラシーントラベラー 謹製タイヤカバー

ラシーン スピードウェル

この度はH様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。長く使用に耐えれます様に、各箇所に部品交換を行い製作差し上げました。お楽しみ頂ければ幸いです。また、豪華なお昼ご飯をごちそうになり、厚く御礼申し上げます。それでは、ラシーンライフをお楽しみ下さい。

今日はコレマデ。

本日の名言

人間が自分で意味を与えないかぎり、

人生には意味がない。

byエーリッヒ フロム

神奈川県大和市のO様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

父親から譲られたナルディウッド

若かれし頃、愛車に使用していたナルディが、世代を渡り受け継がれるという事に、どれだけ喜ばしいことであろうか。そして、これから未来の自動車産業にどう訴えかける事ができるだろうか。価値のあるモノは必ず残り続けようという力が働く訳である。価値のあるモノづくりとは、いったいどのようなものなのであろうか。2月13日まで、東京国立近代美術館で民藝の100年という展覧会があった。わたしは、モノづくりの視点からとても興味深々であり、柳宗悦没後60年という節目の開催と云われて回顧的にも手仕事の良さを存分に楽しんできたのである。民藝の話は、長くなるのでココからは少しそれるが、自動車は工業製品である。ナルディウッドハンドルは手仕事である。この工業製品と手仕事の違いと良さであるが、工業製品は同じものを沢山作る事が出来るということである。そして手仕事の良さは、肌触りの良さや温もりを感じる事が出来るであろうか。と、そう単純な話ではない。またこの話は長く長くなってしまうので、いきなりであるが、工業製品とは出来上った時が一番美しい。しかし手仕事は、生まれてから、人の手に渡り、そこから使えば使うほど味わい深くなっていくものである。これは、時間と共にある程度正比例しているように思える。

パオ PAO スピードウェル
PAO パオ 内装

この度は、神奈川県大和市にお住いのO様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナルのアイボリーMT車をご覧頂きました。どうしてもMTということで、長くお待ち頂きまして、晴れてオーナーとなられましたO氏。全体的には純正風という事で、内装もマテリアルはレザーでありますが、純正カラーを踏襲して縫製。ざっくりしたシートがなんともPAOの風を感じます。ハンドルは父親より譲られたという事で、取付さしあげました。O様、この度は納車大変おめでとうございました。末永くお乗り頂けます様に。

今日はコレマデ。

本日の名言

悲観主義者は風にうらみを言う。
楽観主義者は風が変わるのを待つ。
現実主義者は、帆を動かす。

byウィリアム・アーサー・ウォード

愛知県一宮市のM様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーントラベラー

若草色

今年は久しぶりに首都圏でも雪が降り、滋賀県の米原では観測史上最大の降雪となったようである。米原から少し行けば、日本一の豪雪を誇る伊吹山がそびえており、熊襲平定に向かったヤマトタケルへと思いを馳せてしまう訳である。という話に頷けるのは歴史好きな証拠である。しかしながら、雪の内ではすでに春が始まっており、今回のそのラシーンはペールグリーンという前期モデルのカラーは、若草であるから、今の季節にぴったりである。

ラシーントラベラー
ラシーン

この度は、愛知県一宮市のM様の元へお届けにあがりました、ラシーントラベラー、ペールグリーンをご覧頂きました。内外装のレストアによりピカピカに復元された車体、ナルディウッドのハンドルやレザーシートの張替えに、外装後部は、背面タイヤレス化しスムーシング加工。オーナーM氏の拘りを詰め込んだ仕様となりました。この度はM様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。お土産も頂き恐悦至極に存じます。末永くお乗りいただけますように。

今日はコレマデ

本日の名言

何歳まで生きたかは重要ではない。

いかにして生きたかが重要なのだ。

byリンカーン