香川県木田郡のO様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

わんちゃんがお出迎え

犬も喜ぶPAO

PAOトラディショナル右舷前方姿見

PAOトラディショナル右舷前方姿見

この度は、香川県木田郡にお住いのO様の元へお届けにあがられた

PAOトラディショナルをご覧頂く事に致そう。

アクアグレイのPAO定番カラーにオーナー独自の

エッセンスを追加して製作されたPAO。

うどん県でこれからあちこち走ります。

ヘッドライトピーク

ヘッドライトピーク (通称=まつ毛)

ダッシュパネル上下の張替え

ダッシュパネル上下の張替え

カンパミアータ 60スタンダードレザー

カンパミアータ 60スタンダードレザー

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はO様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございました。

わんちゃんまで喜んで頂きまして、恐悦至極にぞんじます。

また、お父様がお造りになられます古代米など

お土産もたくさん頂き、本当に感謝いたします。

今日はコレマデ。

本日の名言

北海道札幌市のK様 PAOのレストア納車おめでとうございます

北海道のPAO

アィヌモシㇼ

先住民アイヌの言葉で、人の住む所という意味ではあるが、

北海道の平原を走っていると、カタカナ表記された

面白い地名や川の看板を良く見かける訳である。

今ではアイヌの方も日本人として住まれているが、

琉球と同じく、それぞれに異国の文化が感じられる。

PAOのレストア

PAOのレストア車両

この度は、北海道札幌市にお住いのK様の元へお届にあがられた

PAOのレストア車両をご覧頂く事に致そう。

K様から依頼を頂き、新日本海フェリーで大阪まで持ち運ばれたのは

約1年前の事になる。

つり天井の張替えや、ボディーのレストアをメインに作業をということで

進めていたが、ココに来てエンジンがオーバーヒートしているコトが発覚。

エンジンのヘッドオーバーホールも追加され、さらには

モケットシートなどにも張替えが行われ、内外装、足回り機関系の

すべてに手を加えてようやく仕上がった。

PAOのレストア

PAOのレストア

日本パオ学会が推奨するメンテナンスは、トータル的にバランス良くを

基本に、後世にPAOというクルマの良さ『モノづくりに対する』

を伝えんがためにも、伝道師として皆様にはお乗り頂ければ幸いである。

パオ検査証入れ

純正の検査証入れ

PAOイストたちがこぞって持っているのがこの検査証入れ。

発売当時のオプションになる。

モケットシートの張替え

モケットシートの張替え

内装には柔らかな印象のモケットシートに張替えが済まされた。

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はK様、PAOのレストアご注文誠に有難うございました。

またながーくお待たせ致しましたことをお詫び申し上げます。

それにしても美しく仕上がりましたねー。

末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

今日という日は、残りの人生の最初の一日。

『アメリカン・ビューティー』より

京都府京都市のN様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

本日は晴天なり

お盆も開け、工場のメンテナンスも行われた。

PAOと三十三間堂

三十三間堂は六十六間堂

1間は約1.8181818メートルというのは、近年の話。

詳しく言うならば、織田信長が言1間は6,5尺であり、

1,96969697メートル、豊臣秀吉が言う1間は6,3尺、

1,90909091メートルである。

だから、京都の三十三間堂は近年の1,8メートル換算でいうならば

丁度60メートルほどの長さのお堂であると推測し、三十三間堂の門前に

PAOを並べてみたら、その倍近くあるのだからこれはおかしい。

そもそも、三十三間堂のパンフレットを観れば120メートルもある

と書いてある。だから、2倍もあるのだからこれは六十六間堂である。

などと真剣に考えていたところに、よく読めば、柱の間が33個ある

からそう呼ばれるようになり、その所以は観音菩薩の変化身三十三身に

基づくというおちがあった。ちなみにPAOは2間(フタマ)である。

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

フロントフェース

PAOトラディショナル フロントフェース

Rステンマフラー装着

人気のRステンマフラーを装着

三十三間堂とPAO

三十三間堂の門前とPAO

N様ご家族と記念撮影

N様ご家族と記念撮影

この度はN様、PAOトラディショナル納車、誠におめでとうございます。

京都の街にPAOが走る姿は本当にお洒落でございます。

納車中も、舶来の男女にちらちら覗かれ、万国共通で人気でございます。

今日はコレマデ。

お盆休み特別企画の予告!!

小樽運河にPAO

お盆休み特別企画

遂にお盆がやって参りましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。

弊社は8月12~17日(整備は13日~17日)までの間、夏季休業致しますが、

ホームページのトップより、PAO、RASHEENの動画を14日より

ご覧頂けるようになりますので、是非ともこちらも楽しみに

して頂ければ幸いです。

上半期はPAOのレースやRASHEENのCM撮影などいろいろな

行事が御座いましたが、下半期はこれまた目玉企画が

待っておりますので、今後ともご覧頂来たいと思います。

それでは14日、ホームページのトップよりご覧ください。

今日はコレマデ。

本日の名言

「どちらでもいい」という人は、

生きているとはいえない。

by千田琢哉

お見事な名言でございます。

======================================
追記
ブログにも動画を貼り付けましたので、ぜひ御覧ください。

イオンのCMにラシーン登場!スピードウェルが車両提供させていただきました。

Tipo2015参戦動画です。

参戦レポートページはこちら

香川県小豆島のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

オリーブ公園

PAOトラディショナル

二十六の瞳

小豆島で描かれた二十四の瞳にちなんで、二十六の瞳とは

大したダジャレではないが、目下戦争法案やら徴兵制などと

騒ぎ立てている各党とマスコミの偏見報道は、中立の位置からみて

どうもフレーズに不自然さが残る訳である。先日若者を線上に送るな!!

などと掲載したポスターを見かけたが、これでは、あたかも若者を洗浄に

送るのを大前提とした言い回しであって、本当の議論にはなっていない

のであるから、市井の人をこれくらいの言葉で操ろうなどというのは

オワ党のやる事であって、もっと言葉を選んでもらいたい。

しかし、一つ言えることは日本は絶対に戦争はしない。それだけである。

※二十六の瞳 平成元年からかぞえて26年目のPAOの意味

PAOトラディショナル アイボリー

PAOトラディショナル アイボリー 前方正面姿見

この度は、小豆島にお住いのK様の元へお届けにあがられた

PAOトラディショナル アイボリーをご覧頂く事に致そう。

俗称ノーマルルーフと言われるアイボリーカラーのPAO。

特にアイボリーは絶対数が限られているなかでもさらに

限られた台数であるから、一台でも多く後世に引き継がなければ

ならないというのがオーナーの使命となる。

パオ フロントフェース

PAOトラディショナル フロントフェース

バンパーやグリルは彩色をオーナー自らが選べるというシステムであるが

バンパーのシルバーより濃いメタリックカラーのグリル、という

PAOのギャニュワンカラーが一番人気。

WELL60DESIGN PAOレザーシート

WELL60DESIGN PAOレザーシート

純正に少し近づけたような、生成り色とグレイの2色のレザーで

仕立てられたWELL60DESIGN PAOレザーシート。

オーナーの思ひのカラーにより所有欲の満たされ方は半端ではない。

PAOトラディショナル 平姿見

PAOトラディショナル 平姿見

海にかこまれると、本当にブルーが美しい。

PAOのリゾート気分も2乗である。

PAOちゃんとK様をガシャ!

PAOと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。

小豆島のオリーブの木に映えたPAOがとても美しく、

うらやましいかぎりでございます。

そしてそして、K様のおうちは小豆島でもとても人気の

創作料理のお店ということで、ちょっぴり取材させて頂きました。

野の花(ののか)

国道436号沿い、オリーブ園から歩いてでも行ける、

池田方面より赤坂のバス停から、400m先に手書きの木の看板が目印。

野の花の店内

野の花の店内の様子

ランチとディナーの両方が楽しめるお洒落な店内。

日当たりが良く内海湾まで見渡せる、

ロケーションも最高である。

ランチ 野の花

人気の野の花弁当

こちらはわたしが頂いた野の花弁当であるが、

一番最初に口にしたサラダから、うなるような美味さに

そべて食べ終わるまで終始無言。

※野の花弁当は前日までのご予約の数に加えて、若干数ご用意させていただいております。
お弁当の数と座席に限りがございますので、ご希望のお客様は前日までにご予約下さいませ。
当日ご予約なくご来店されるお客様は、事前にお問い合わせいただくことをお勧めします。

写真 15-07-14 14 15 19_1

野の花のご主人様

小豆島に旅に出られる方は、必ず覗いてみてください。

http://nonokanet.jp/

この度は、本当に有難うございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

他人を責める前に、

許す余地がないか考えるべきだ。

byリヒテンベルグ

速報!Tipoオーバーヒートミーティング2015

Tipoオーバーヒートミーティング2015

Tipoオーバーヒートミーティング2015

Tipoオーバーヒートミーティング2015

今年も岡山国際サーキットで開催されたTipoオーバーヒートミーティング。

F1のデモンストレーションからフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、

ルノーカングーや、さらにはBe-1、PAOまでが参加する初夏の祭典である。

ゲートオープン(AM5時)よりレース車両などが搬入され、

AM7時からF1のフリー走行なども行われ、早朝からスロットル全開。

ジョンプレイヤースペシャル

ロータス 78 ジョン・プレイヤー・スペシャル・マークIII

(John Player Special Mk.III)はチーム・ロータスが開発したF1カー。

1977年・1978年シーズンに使用され、ピーター・ライト、

コーリン・チャップマンらによって設計された

F1界にグラウンド・エフェクト革命を捲き起こした

歴史あるレーシングカーである。

出走回数33回のうち優勝は7回と、素晴らしい経歴のあるクルマが

日本人所有とは脱帽であるが、コスワースDFVエンジンの音は

すこぶる快調で、現在のF1よりもはるかに素敵なサウンドだった。

Be-1 Tipoオーバーヒート

Be-1もサーキット走行に参加!!

Be-1 Tipoオーバーヒート

ワンオーナー車両であるBe-1が、サーキットを全開で走る。

場内のアナウンスでもBe-1が走っていま~すと流れるほど、

この勇士は観客の目に焼付いたことであろう。

レーシングPAO Tipoオーバーヒートミーティング2015

レーシングPAO Tipoオーバーヒートミーティング2015

後程ムーヴィーでアップされる予定であるが、なんと

レースではインテグラタイプRに勝ってしまった。

特に今回はエンジン性能の大幅アップに加え、足回りの強化が功を奏し

コーナーリングスピードはポルシェを上回ったのである。

これは、かの有名なトゥデイもそうであるが、車両重量によるものでもある。

レースタイムは2分11秒と、素人が運転しているのだからタイムは上々。

さらに進化を遂げて来年は1分59秒台を目指したい。

Tipoオーバーヒートミーティング2015

Tipoオーバーヒートミーティング2015

SWでの備後大会。

なんと最新のカメラ付きドローンが1等賞だけあって、50名ほどの観客が

ビンゴ大会で大汗をかいた。

ということで、今回も無事にTipoオーバーヒートミーティング2015を終えました。

たくさんの皆様からのご声援と、ご厚意も賜りこの場をお借り致しまして

厚く御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

それでは、引き続き車両の製作を進めて参ります。

今日はコレマデ。

本日の名言

男の一生は、美しさをつくるためのものだ。

俺はそう信じている。

by 土方歳三

世の男性は見習わないといけませんね。

愛知県知多郡のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル

PAOの向かう道

地球規模で、永続的に生活が困難である。

国連や大司教などが演説する中で、一番ポイントとなるのは、

やはり環境問題であるわけであるが、大量生産、大量消費をする

という事自体が資源を無駄にしてゴミをたくさん造るという事を

大手企業は真っ先に考えなければならない訳である。

そもそも、13年で自動車税が高くなるという仕組み自体、

悪の根源であって、それぐらいで乗り捨てるクルマを造る

各メーカーは早々に頭を冷やさなければならない。

燃費が良いという一部を切り取ってエコカーであるという考え方は、

大きな間違いであるという事を、奇しくも市井の人は気づきはじめている。

だから、PAOのように永続的に乗れて、メンテナンスの部品以外に大きなゴミを出さず、

それ以上に乗る人に、夢と感動を与え続けているのだから、

それこそが、PAOが向かおうとしている道である。

PAOトラディショナル前方姿見

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、愛知県知多郡にお住いのK様の元へお届けにあがられた

PAOトラディショナルをご覧頂く事に致そう。

フロントフェース

フロントフェースも個性的。

アイボリーのバンパーやグリルに、ヘッドライトピークなど

可愛く、個性的なフェース。

カンパミアータ 50スタンダードレザーシート

カンパミアータ50スタンダードレザーシート

まるで菜の花畑にいるような、そんな印象のカラーで

オーナーの個性を前面に押し出した印象。

リヤバンパーもアイボリー

PAOトラディショナル 後方正面

バンパーがアイボリーというのは、近年見受けることはなくなったが

天井がホワイトやアイボリーな仕様の新型車が出るくらいなので、

もしかしたら、バンパーがアイボリーの仕様も出るのかも。

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

パオと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございました。

お母様もとても気に入っていただけまして、恐縮です。

これからは家族の一員として、ピピちゃんと共にお過ごしください。

今日はコレマデ。

本日の名言

止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。

by孔子

孔子さんの教えはとても素晴らしいものばかりですが、

この方、紀元前500年くらいに生きた方なのですね!!

今年もTipoオーバーヒートミーティング2015に参戦!!

熱い夏

今年も、遂にやってきた。Tipoオーバーヒートミーティング2105が

7月19日に岡山県国際サーキットで開催される。

SWでは例年よりも早く準備に取り掛かり、万全を期して

PAOレーシングカーのメンテナンスを行ってきたが、

今回は、足回りの摺動部にピロボールという接続部品を使用し、

コーナーリング特製を高める加工が施された。

また、1100㏄ボアアップエンジンでは、鍛造ピストンに加え

作用角をギリギリまで高めたハイリフトカムシャフトを製作。

より高回転域で力を発揮する仕様へとバージョンアップが

施されている。

これらは、一昨年のTipoオーバーヒートミーティングや

春の鈴鹿テストよりフィードバックされたデーターを基に

製作されている為、今回は、完全なデーター測定のレースになる模様。

レースという究極のフィールドで開発がおこなわれることによって

市販化されるSWのパーツ群はこれから発売になるから

楽しみにして頂きたい。

奈良県大和高田市のT様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル

マル

この度は奈良県大和高田市のT様、PAOトラディショナル納車おめでとうございました。

ダイジェストムービーをご覧ください。