静岡県磐田市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

池田の渡し

5代目当主

姫街道

東海道は東京の日本橋より始まり、京都三条大橋で終わる。

というのは、一般的であるが実は終点は大坂の京橋までで

続いている、というお話はなかなかの玄人好みである。

そして、東海道には裏街道というものが存在し、俗に姫街道

と呼ばれるそれは、当時女人は自由に街道を往来することが

許されておらず、関所を通行しない難所を進む道の事である。

池田の渡しは、天竜川を浜松に向けて渡る際に、輿に乗せて

川を渡るのだが、江戸時代の文献を見るに、雨が降ると2,3

日渡れなくなるようである。なので、川近辺には宿場町が

存在する。この磐田の池田周辺もそのような街の景観が見て

取れるから、PAOに乗って400年前を思い起こしながら走るの

も味わい深い。写真を撮影していると、その渡しの角にある

髪きり屋の5代目亭主がPAOを不思議そうに眺めながら近寄っ

てきて雑談がはじまった。人を魅了する車、PAOはそれである。

PAOトラディショナル 左舷前方

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は静岡県磐田市にお住いのK様の元へお届けにあがられ

たPAOトラディショナルをご覧頂く事に致そう。アクアグレイ

の走行距離6万キロとすでにPAOとしては、非常にめずらしい

個体は、約1年ほどかけて製作が行われた。

フロントグリル パオ

PAOトラディショナル フロントフェース

バンパーやグリルはPAOの純正カラーで復元がなされており、

特にグリルのメタリック色の仕上げ方によって、黒味がまし

引締まる印象を受ける。ヘッドライトには通称まつ毛が装填。

少しのリメイクにより女性らしい可愛いPAOに。

ザ モケット パオ専用

ザ モケット パオ専用

最高級のモケット生地を使用しはりかえられたシート。乗れば

乗るほどシートに輪郭がついて味わいが増すのが特徴。

お母様と娘さんと記念撮影

お母様と娘さまと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうござ

います。末永くお乗り頂けますように、定期点検もご来店ど

うぞよろしくお願いします。また、沢山のお土産も感謝致し

ます。

今日はコレマデ。

本日の名言

寝る時間を犠牲にしていた連中は、

早々とあの世に行ってしまった

by水木しげる

昨今、電通の問題により長時間労働のニュースが何かと話題に

なってはおりますが、まず日本人は幸せが何かという定義を

しっかり行うところから始めないといけませんなぁ。

大阪府貝塚市のY様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

気分なパオ

走る工芸品

PAOトラディショナル

PAO フェイス

この度は、大阪府貝塚市にお住いのY様の元へ嫁入りした

PAOトラディショナルをご覧頂く事に致そう。

テラコッタ(素焼きの土器)色のカラーはPAO純正の中で

一番の希少車であり、すでに1年に3台ほどが入荷すれば

万々歳である。

PAO ザ・モケット

ザ・モケット

超高級素材であるザ・モケットを用いて、

PAOの内装の張替え。

自分だけの宇宙

自分だけの宇宙

住みたくなるクルマ。これはある種にクルマではない

という事の位置づけであり、PAOにとってはしてやったり。

PAOトラディショナル 左舷後方姿見

PAOトラディショナル 左舷後方姿見

PAOちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はY様、PAOトラディショナル納車

誠におめでとうございました。お父様にはとても評判が

宜しい様で、素敵なご両親をお持ちでございます。

本日の名言

夢見る事を止めた時、その人の青春は終わるのだ。

愛媛県西条市のF様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

日本の原風景

日本の原風景

日本の原風景

日本の原風景。この場合、個人単位によっての原風景の

イメージは異なって当然であって、それは「茅葺屋根の

民家が建ち、よく手入れされた田畑のある農村風景」で

あるかもしれないし、ある人にとっては「東京のビル街」

である場合もあれば、夕暮れ時に味噌汁の匂いのたち

込める低い軒の立ち並ぶ下町の町かもしれない。

しかし、日本の原風景となると、その最大公約数を

表す事となるから、稲作定住が行われた紀元前300年から

変わらない農村の風景は日本の一番の原風景と

言っても過言ではない。

パオトラディショナル 後方姿見

PAOトラディショナル後方姿見

この度は、愛媛県西条市にお住いのF様の元へ

お届けにあがられたPAOトラディショナルをご覧頂きたい。

パオ まつ毛

パオとヘッドライトピーク

ヘッドライトピークは、角度を変えるとパオちゃんの

雰囲気もがらりと変えることが出来る。

パオ60スタンダードレザー

Wells60スタンダードレザー

タンレザー一色で仕立てられた、60DESIGNのレザーシート。

ダッシュパネル上部は少し濃い茶を選定し、

一連の空気の流れをつくっている。

パオちゃんとご夫婦の記念撮影

PAOちゃんとご夫婦の記念撮影

この度はF様、パオトラディショナル納車

おめでとうございました。

末永くお乗り頂けます様に、心を込めて製作致しました。

西条で元気に走る姿を、また拝見させて頂ければ幸いです。

美容室 マジョラム

マジョラム 美容室

とてもお洒落でこだわりのある美容室を営まれておる

という事で、ご覧頂く事に致そう。

マジョラム

完全予約制

それでいて、お一人様づつのご案内。

昨今の数をこなす理美容ではなく、

丁寧にお客様思いである。

こだわりの美容液

こだわりの美容液など、

センスは抜群

価格

西条からお近くの方は、一度ご来店なされては

如何でしょうか。

PAOも停まっているので、お話も弾む事間違いはない。

今日はコレマデ。

本日の名言

人生という試合で最も重要なのは、

休憩時間の得点である。

byナポレオン・ボナパルト

昨今、ブラック企業やら、長時間労働など巷では

賑わせておりますが、日本人は働き過ぎで

その時間分の対価がない、いわゆるワーキングプア

とはうん十年前から言われておりました。

今に始まったことではなく、そもそも不要なサービス

も多いわけであります。24時間営業や盆、正月なども

営業するという仕組みは自由経済主義と超資本主義の

中で起こって当たりまえ。

そこに、国家がメスを入れ、人間らしい社会を構築

しなければなりません。まだまだ、日本の社会は

未熟という事ですかな。

埼玉県越谷市のN様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

日産パオ スピードウェル

PAOの素顔

PAOトラディショナル テラコッタ 前方正面

PAOトラディショナル テラコッタ 前方正面姿見

この度は、埼玉県越谷市にお住いのN様の元へお届けにあがられた

PAOトラディショナルをご覧頂きたい。

テラコッタ(素焼き土器)という特徴のあるカラーは

PAOのなかでもスパイスの効いたお洒落で美しいモデルである。

ナルディクラシック&ダッシュパネル張替え

ザ・モケット PAO・DESIGN

PAOトラディショナル 後方正面姿見

根岸様 PAO納車おめでとうございます。

PAOちゃんと記念撮影

N様この度は、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございました。

内装のカラーもとてもCOOLで、面白いクルマがまた一台、埼玉を駆け巡るのが

目に浮かびます。そして、たくさんのお土産まで頂き、恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

朝は希望に起き

昼は努力に活き

夜は感謝に眠る

ホントに、日本は素敵な国ですね。

新潟県新潟市のH様 PAO『SW-LTD』納車おめでとうございます

ブライドルレザー

ブライドルレザーの質感

レザーのそのほとんどが知られてはいないが、レザーの表面のゴツゴツした

質感は、通称=しぼりと言い、加工して後から着けられてあって、

一般的には、その(しぼり)があって初めてレザーだと認識される訳である。

しかし、レザーにもいろんな仕上げがあって、柿渋などのタンニンに漬け込み

腐食しないようにしてからロウ掛けをして丁寧に鞣されたものが

今回のご覧になられているブライドルレザーと言われる質感である。

ポケットに装填されている検査証入れは、栃木レザーを贅沢にに使用した

SWのオリジナルであるが、その質感に合わせてシートなどを最高級の合革で

張替えを施した。とても贅沢なモデルが完成したと言える。

パオ スピードウェル リミテッドモデル

PAO スピードウェルリミテッドモデル

この度は、新潟県新潟市のH様の元へお届けにあがられた『SW-LTD』モデルを

ズズイとご覧頂きたい。

OGモデル専用のブルーを用いて外装を仕上げが施され、さらに鏡面加工が追加された。

ナルディウッドハンドル

官能の美学とは

ナルディウッドハンドルの枕詞であるが、PAOに共通する点は

パーツのデザインがひとつづつ美しく完結しているところだろう。

ブライドルレザー パオ シ-ト張替え

馬の鞍のような質感

パオのコンセプトにある冒険という言葉をを基に、純正シートを模りしたモデルは

今後は新たに仲間に加わった。鞍をイメージしたような、なめし革風のシートである。

パオちゃんとご家族の記念撮影

ご家族との記念撮影

この度はH様、PAO『SW=LTD』納車誠におめでとうございました。

長らくお待ち頂きまして恐縮ですが、名物のお土産まで頂き、

恐悦至極に存じます。

それでは、末永くお乗り頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

利休にたずねよ

美しい事に生涯をささげた千利休。まさに未来永劫日本の美意識の

頂点である事に間違いはありません。

滋賀県守山市のT様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル アクアグレイ

貿易風

PAOトラディショナル 前方正面姿見

PAOトラディショナル 前方正面姿見

この度は、滋賀県守山市にお住いのT様の元へお届けにあがられた、PAOトラディショナルをご覧頂こう。

アクアグレイの車両はレストアを施し、バンパーやグリル、ホイール、ワイパーはオーナーがチョイス。

バンパーはアイボリーに、グリルはグレイ色でラッカーフィニッシュが施されており、個性を演出。

50スタンダード レザーシート

Well+50DESIGNパオレザーシート

乗り心地などにも手を加え、ロングドライビングも可能としている。

オーナーのカラーの選定には時間が用意され、心置きなく拘る事が可能だ。

パオ フロントフェース

PAO フロントフェース

フロントフェース部のカラーリングを拘ると楽しいものになる事間違いはない。

他と差をつけたいようであれば、個性を出してみては如何だろうか。

PAOトラディショナル 後方妻姿見

PAOトラディショナル 後方妻姿見

パオの見どころでもあるヒップスタイル。

パオちゃんと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はT様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。

オシャンティーなご自宅にPAOが在る姿は、近所でも評判となる事間違いはありません。

またお土産まで頂き、恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

運は努力でつかむ。

間違いありませんなぁ。

愛知県豊川市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル 平姿見

佳き時代

旧きではない。現在でも進行形であるPAOには佳き時代が

連綿と続いている訳である。

PAOトラディショナル 豊川市

PAOトラディショナル

この度は、愛知県豊川市のK様の元へお届けにあがられた

PAOトラディショナルをご覧頂きたいと思う。

アイボリーの車体は古今東西すこぶる希少となってきた為、

そろそろ10万キロから15万キロの車体を基に

レストアを行って、これからまた長くお乗り頂けるPAOとなるように試みた。

パオ フロントフェース

フロントフェースもすっきり

走行が多くなっても、しっかり組み上げて行けば

すっきり新車のようなイメージに仕上がる訳である。

ココまですれば、だれも文句は出ますまい。

パオ 60スタンダードレザーシート

PAO60DESIGN

60スタンダードのレザーシートは、PAOの本来のコンセプトからは

逸脱している訳であるが、クルマの歴史から見ればレザーシートが

良く似合うクルマは名車ぞろいでもある。

パオな風景

PAOな風景

都会の大冒険というPAOのテーマは、現在では

日本という国に生きる喜びに。

パオ PAO

PAOちゃんと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。

末永くお乗り頂けます様に、整備に力を入れました。

それでは、どうぞ素敵なPAOLIFEを。

今日はコレマデ。

本日の名言

DESIGNは一生もの。

使い捨てのような形は、もうDESIGNではなく低俗な物なのでしょう。

京都府舞鶴市のS様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

舟屋

舟屋のある生活

PAOトラディショナル 平姿見

舟屋

PAOフロントフェース

PAOトラディショナル モノクローム

この度は、京都府舞鶴市にお届け差し上げました

PAOトラディショナルをご覧頂きました。

白黒なので、解りにくいかもしれませんが

車体色はアクアグレイでございます。

納車日当日は雪雨の模様で、写真がなかなか難しく

立派にお撮りすることが出来ませんでした。

しかし、舞鶴は戦後の最後の引揚げ港であり、

大勢の方々が祖国の地に足を踏みしめた歴史的な場所であります。

この度はS様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございました。