栃木県つくば市のN様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

フォンテーヌの森

フォンテーヌの森

フォンテーヌの森

フォンテーヌの森

フォンテーヌの森

フォンテーヌの森

茨城県つくば市にあるのが、フォンテーヌの森である。ここ

は都心からすぐという距離であって、自動車で乗り付けてラ

イトなキャンプが楽しめる施設である。わたしはボーイスカ

ウト上がりであるから、キャンプは得意だった訳であるが、

あの頃はお風呂と言えば川で水浴び、火を起こすのにも、種

火からおこしたものである。でもそれは汗臭いものであって、

いわゆる本気であった。しかし昨今の楽しみ方はもっとお洒

落に楽しみましょうという事で、使用する小道具からお気に

入りの物を用意して、雰囲気を楽しむ訳である。この妙が実

にラシーンらしく、要するに気分なのである。そういう気分

にさせてくれる、大道具がラシーンとなる訳だ。

ラシーン フロントフェース

ラシーン フロントフェース 化粧直し

この度は、栃木県つくば市にお住いのN様の元へお届けにあが

りました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。後期モデルの

ホワイトのラシーンは天井に鉄製の籠を取り付けてよりRV感が

増す。しかし、これもある種の気分である。

ラシーン シート張替え

内装の図絵

ナルディウッドハンドルはお決まりであるが、茶色いシート

紺色のパネルのラッカーで、雰囲気が良い。

ラシーン後方姿見

ラシーントラベラー 左舷後方姿見

こうして見ると、天井の鉄製籠が良く見える。本来の取付け

はフロント側に勾配がかかっており、そのままつけるとスポ

ーティーなラインとなるので、逆転させて鈍感さを演出。こ

れがラシーンらしいイメージである。

ラシーン フォンテーヌの森

ラシーン フォンテーヌの森

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はN様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござい

ました。長くお待ち頂きましたが新車のようにお喜び頂けまし

て恐悦至極に存じます。また、駅までお送り頂き感謝致します。

今日はコレマデ。

本日の名言

ビートルズは、

ほしいだけの金を儲け、

好きなだけの名声を得て、

何も無いことを知った。

byジョン・レノン 

京都府京都市のY様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

河井寛次郎

河井寛次郎記念館

不合理の合理

ものづくりは生きるということでもある。縄文時代より続く

日本のものづくりの中で、数々の名人や工芸士、作者が生れ

た訳である。縄文では土偶というアーティスティックな女性

の焼き物がうまれ、古墳時代では埴輪というアートも生まれ

た。わたしは、ココでアートと解釈しているのは、両者とも

写実的ではないという点である。たとえば中国の兵馬俑では

一体一体が写実的でどれ一つ同じものが無いという、素晴ら

しいモノづくりではあるが、芸術性とは言い難い訳である。

同時代にあの可愛らしい埴輪を造っていた土師氏には敬意を

表したい。さて、本題の不合理の合理であるが、これはかの

作家、河井寛次郎のお言葉である。氏は、柳宗悦の唱えた民

藝運動の中心的な人物であり、バーナードリーチや濱田庄司、

等と日本中にものづくりの精神性を説いた訳である。用の美

や、無名の作家が作る日常の雑器には命が宿るなどの精神。

民藝の概念は今でも日本の一部のものづくりにおいて伝承さ

れている。わたしが感動した言葉は使えば使うほど味わいが

増すというフレーズである。これは大量生産、大量消費とい

う概念では見出す事がなかなかできないわけである。そして

今日の『不合理の合理』というフレーズ。今ある合理的な物

や事の考え方は、果たして本当に合理であるのか、一見不合

理に見える物事が、長い目で見て合理的ではないのか、はた

また、不合理こそ合理でもあるのだ、という感覚である。た

とえば、近年、日本製とドイツ製のカメラに見れた不合理の

合理があった。それは、重さである。日本製は楽をしたいか

らより軽量に造られ、そして軽くなったら手振れがするので、

マシン制御で手振れを補正している。しかしドイツ製のカメ

ラは真鍮製で重たい訳である。そのドイツ製のカメラは、重

たいがため、手振れがしない。そして、マシン制御されてい

ないので壊れない訳である。まさに不合理の合理のような、

クルマでも、日本車のハンドルは楽をしたいからより軽く設

計されている。ドイツ車はその車格にあった重さで設計して

いる。これは、なんでも一見合理的にしてしまう日本人の悪

しき感性であるとわたしは思う。もっと、その空気の微妙な

ゆれをも感じ取ってモノづくりに励みたいものである。

ラシーントラベラー 前方姿見

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、京都府京都市の山本様の元へお届けにあがりまし

た、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。ホワイトのカラー

が、ラシーンの基幹カラーである。後期モデルであるから、

フロントグリルは縦型の格子形状。

縦格子

縦格子とイヌヤライ

京都の家屋には竹で作られた柵のようなものがあるが、実は

これは犬を追い払うものが起源である。お茶屋さんなどには

雨よけご遠慮くださいという意味もあるようであるが、まあ

ラシーンのフロントグリルがイヌヤライの形状に良く似てい

る訳である。流石、日本四駆です。

きょうまちやにラシーン

京町やにラシーン

ラシーンというクルマは、日本の景色にそっと溶け込む、も

しくは、日本の景色になるクルマだと感じます。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度は山本様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうご

ざいました。末永くお乗り頂けますようにお時間かけてメン

テナンス致しました。さて、本日は山本様のお仕事のご紹介

をさせて頂きます。

銅鏡製作

葡萄神獣鏡

銅鏡の製作 葡萄神獣鏡は高松塚古墳出土のレプリカ

山本様は実に、日本でたった一軒の代々銅鏡製作のお家です。

祖父が魔鏡の仕組みを解明されたという事で、すんがすんが

すげーお家柄です。年間大小合わせて200枚ほど製作される

ということで、需要は主に博物館や神社など。しかし、これ

は伝統工芸のなかでもかなり特殊なところにあると思います。

魔鏡

魔鏡

鏡には何も描かれたおりませんが、光を当てると、文字や

カタチが浮かび上がります。卑弥呼の時代、祭祀に使用さ

れていたのも魔鏡であったと推測されていますが、鏡には

不思議な力があるようにわたしも感じます。

製作風景

銅鏡 製作風景

この度は、工房に長くお邪魔させて頂き有難うございました。

こだわりのあるものづくり、それぞれに神は宿りますね。

今日はコレマデ。

本日の名言

神が存在するということは不可解であり、

神が存在しないということも不可解である。

byパスカル

納車速報!

ラシーン 京都

京都府京都市のY様

ラシーン 茨城県

茨城県つくば市のN様

静岡県 ラシーン

静岡県焼津市のA様

静岡県西伊豆町 ラシーン

静岡県西伊豆町のS様

三重県桑名市 ラシーン

三重県桑名市のT様

本日は納車差し上げました皆様の速報でございますが、明日

以降に詳しくアップ差し上げます。皆様、おめでとうござい

ました。

福井県小浜市のM様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

雪

ラシーンと雪とわたし

雪とラシーンとわたし

五六豪雪ぶりにカンパが襲う福井県では、連日自衛隊などに

よって復旧作業が行われ、8号線も何とか開通のその時の写真

がこれであるが、福井市内では除雪車の燃料があっと底をつき

本当に大変な事になっていた。しかし、凄いのがこのラシーン

である。一般的な乗用車はバンパーの底部がモギちぎられてい

たり、はたまた走行不能の状態の中で、ラシーンはス~イスイ

走ってくれる訳である。これがラシーンの機能性ではあるが、

この機能性を隠しているところが、ラシーンの一歩引いた美し

さである、とわたしは思う。

ラシーンと小浜港

ラシーンと小浜港

この度は、福井県小浜市にお住いのM様の元へお届けに上がり

ました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。サンドベージュ

のタイプFTという1800㏄のモデルを、これからまた長くお乗

り頂けるようにセットアップして製作された車両である。

ウッドハンドルにシート張替え

ウッドハンドルにシートの張替え

茶色で統一されたインテリア。ある種のプリミティブな感覚

である。

ラシーントラベラー 平姿見

ラシーントラベラー 平姿見

後部座席からぐるりと、可視光線透過率20%のフィルムを装着

した様子。

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤ

これがなかなか、全駆は全く持ってふらつかないところに感

動する。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はM様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござい

ました。これからはラシーンを相棒にして頂き、素敵な人生の

旅に出てください。お土産も沢山有難うございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

未来とは、今である。

byマーガレット・ミード

兵庫県神戸市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ PAO

色相環の反対色

反対色、いわゆる補色といわれる色の組み合わせは、互いの

色を引き立て合う相乗効果があり、これは「補色調和」とい

われる。赤に対して緑がそれであり、オリーブグレイの車両

がブレーキランプを踏むと、色が引き立つ訳である。今回は

シートの張地をその補色で製作されており、1950年代の飴車

のような感覚で色が引き立っている。

PAO トラディショナル

PAOトラディショナル オリーブグレイ

この度は、兵庫県神戸市にお住いのK様の元へお嫁入りした

PAOトラディショナルをご覧頂きたい。

パオ フロントフェース

PAO フロントフェース

純正カラーでしたためられたフロントフェースのラッカーフ

ィニッシュ。パオの顔は本当に美しい造形である。

パオ シート張替え

補色での張替え

パオ納車 記念撮影

PAOと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうご

ざいます。すこぶるボディーにも手をかけましたのでピカピ

カに仕上げさせて頂きました。末永くお乗り頂けますと幸い

です。

今日はコレマデ。

本日の名言

服装が人をつくる。

丸裸になった者の社会での影響力など殆どないか

全くない。

byマーク・トウェイン

香川県高松市のT様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ 鬼無の伝説

犬、猿、雉

鬼無の桃太郎伝説

桃太郎の鬼退治、と言えば岡山を連想するのは、一般的では

あるが、実にここは四国の高松。鬼無という地名に桃太郎神

社がある。こちらの伝承は当時讃岐国守であった菅原道真が

漁師にこの海賊征伐の話を聞き、おとぎ話としてまとめ、全

国に「桃太郎伝説」を広めたようである。登場人物の背景は

桃太郎:第七代孝霊天皇(前342 – 215年)の第八皇子であ

る稚武彦命。鬼:高松市沖にある女木島を本拠としていた海

賊。お爺さん・お婆さん:安徳(鬼無町)の大古家(おおふ

るや)に住んでいた宇佐津彦命の後裔。お婆さんは実は年頃

の美しい娘である。2人は海賊を恐れ、約1.5km内陸にある神

高(かんだか鬼無町山口)に避難し「やらい屋敷」と呼んだ。

犬・猿・雉:実在した勇士達で「犬」は岡山県犬島の住人で、

「猿」は香川県綾川町陶の陶芸師猿王(さるおう)、「雉」は

鬼無町雉ヶ谷の住人。お爺さんが芝刈りに行った山:高松市香

西北町の「芝山」。お婆さんが洗濯に行った川:本津川。当時

鬼達は周辺各地に出没して非道の悪事を重ね、住民は恐怖の毎

日を過ごしていた。その頃、地方開拓のためこのあたりに立ち

寄った桃太郎は本津川で洗濯をしていた美しい娘(お婆さん)

に一目惚れした。そこで、悪事を重ねる鬼の話を知ると2人の

住む「神高」に養子入りして、鬼退治のため援軍を募り、犬・

猿・雉をはじめ多くの強力な軍勢を仲間にした。桃太郎はお婆

さんの作った「黍団子」を腰に鬼の本拠である女木島へ出撃し

激戦の末、大勝利を収め無事凱旋した。後日、鬼は桃太郎軍に

逆襲してきたが、「せり塚」という場所で一人残らず返り討ち

に遭い、全滅させられた。その鬼たちの屍を埋めたのが、今の

「鬼ヶ塚」である。そこでこの里を「鬼無」と言うようになっ

た。という訳である。全国には桃太郎伝説は数々あれど、どれ

も何かしらそういった戦いがあって伝承されているのには、間

違いないだろう。

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル フロントフェース

この度は、香川県高松市にお住いのT様の元へお届けにあがり

しPAOトラディショナルをご覧頂きたい。バンパーやグリルな

ど、すべてクロムトの仕上げがほどこされた今様のPAO。

PAO ノーマル ハンドル

PAO 純正ハンドルは良いデザイン

シートがグレイ色で、純正風を彷彿とさせる佇まい。

パオ レザーシート張替え

パオ

パオ 後方

PAO鬼無を一望

この度はT様、PAOトラディショナル納車おめでとうございま

す。個性あるPAOで、うどん県を走る姿が目に浮かびます。そ

れでは、末永くお乗りください。

今日はコレマデ。

本日の名言

一生懸命だと知恵が出る。

中途半端だと愚痴が出る。

いいかげんだと言い訳がでる。

by武田信玄