納車速報!

ラシーン 京都

京都府京都市のY様

ラシーン 茨城県

茨城県つくば市のN様

静岡県 ラシーン

静岡県焼津市のA様

静岡県西伊豆町 ラシーン

静岡県西伊豆町のS様

三重県桑名市 ラシーン

三重県桑名市のT様

本日は納車差し上げました皆様の速報でございますが、明日

以降に詳しくアップ差し上げます。皆様、おめでとうござい

ました。

福井県小浜市のM様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

雪

ラシーンと雪とわたし

雪とラシーンとわたし

五六豪雪ぶりにカンパが襲う福井県では、連日自衛隊などに

よって復旧作業が行われ、8号線も何とか開通のその時の写真

がこれであるが、福井市内では除雪車の燃料があっと底をつき

本当に大変な事になっていた。しかし、凄いのがこのラシーン

である。一般的な乗用車はバンパーの底部がモギちぎられてい

たり、はたまた走行不能の状態の中で、ラシーンはス~イスイ

走ってくれる訳である。これがラシーンの機能性ではあるが、

この機能性を隠しているところが、ラシーンの一歩引いた美し

さである、とわたしは思う。

ラシーンと小浜港

ラシーンと小浜港

この度は、福井県小浜市にお住いのM様の元へお届けに上がり

ました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。サンドベージュ

のタイプFTという1800㏄のモデルを、これからまた長くお乗

り頂けるようにセットアップして製作された車両である。

ウッドハンドルにシート張替え

ウッドハンドルにシートの張替え

茶色で統一されたインテリア。ある種のプリミティブな感覚

である。

ラシーントラベラー 平姿見

ラシーントラベラー 平姿見

後部座席からぐるりと、可視光線透過率20%のフィルムを装着

した様子。

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤ

これがなかなか、全駆は全く持ってふらつかないところに感

動する。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はM様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござい

ました。これからはラシーンを相棒にして頂き、素敵な人生の

旅に出てください。お土産も沢山有難うございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

未来とは、今である。

byマーガレット・ミード

兵庫県神戸市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ PAO

色相環の反対色

反対色、いわゆる補色といわれる色の組み合わせは、互いの

色を引き立て合う相乗効果があり、これは「補色調和」とい

われる。赤に対して緑がそれであり、オリーブグレイの車両

がブレーキランプを踏むと、色が引き立つ訳である。今回は

シートの張地をその補色で製作されており、1950年代の飴車

のような感覚で色が引き立っている。

PAO トラディショナル

PAOトラディショナル オリーブグレイ

この度は、兵庫県神戸市にお住いのK様の元へお嫁入りした

PAOトラディショナルをご覧頂きたい。

パオ フロントフェース

PAO フロントフェース

純正カラーでしたためられたフロントフェースのラッカーフ

ィニッシュ。パオの顔は本当に美しい造形である。

パオ シート張替え

補色での張替え

パオ納車 記念撮影

PAOと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうご

ざいます。すこぶるボディーにも手をかけましたのでピカピ

カに仕上げさせて頂きました。末永くお乗り頂けますと幸い

です。

今日はコレマデ。

本日の名言

服装が人をつくる。

丸裸になった者の社会での影響力など殆どないか

全くない。

byマーク・トウェイン

香川県高松市のT様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ 鬼無の伝説

犬、猿、雉

鬼無の桃太郎伝説

桃太郎の鬼退治、と言えば岡山を連想するのは、一般的では

あるが、実にここは四国の高松。鬼無という地名に桃太郎神

社がある。こちらの伝承は当時讃岐国守であった菅原道真が

漁師にこの海賊征伐の話を聞き、おとぎ話としてまとめ、全

国に「桃太郎伝説」を広めたようである。登場人物の背景は

桃太郎:第七代孝霊天皇(前342 – 215年)の第八皇子であ

る稚武彦命。鬼:高松市沖にある女木島を本拠としていた海

賊。お爺さん・お婆さん:安徳(鬼無町)の大古家(おおふ

るや)に住んでいた宇佐津彦命の後裔。お婆さんは実は年頃

の美しい娘である。2人は海賊を恐れ、約1.5km内陸にある神

高(かんだか鬼無町山口)に避難し「やらい屋敷」と呼んだ。

犬・猿・雉:実在した勇士達で「犬」は岡山県犬島の住人で、

「猿」は香川県綾川町陶の陶芸師猿王(さるおう)、「雉」は

鬼無町雉ヶ谷の住人。お爺さんが芝刈りに行った山:高松市香

西北町の「芝山」。お婆さんが洗濯に行った川:本津川。当時

鬼達は周辺各地に出没して非道の悪事を重ね、住民は恐怖の毎

日を過ごしていた。その頃、地方開拓のためこのあたりに立ち

寄った桃太郎は本津川で洗濯をしていた美しい娘(お婆さん)

に一目惚れした。そこで、悪事を重ねる鬼の話を知ると2人の

住む「神高」に養子入りして、鬼退治のため援軍を募り、犬・

猿・雉をはじめ多くの強力な軍勢を仲間にした。桃太郎はお婆

さんの作った「黍団子」を腰に鬼の本拠である女木島へ出撃し

激戦の末、大勝利を収め無事凱旋した。後日、鬼は桃太郎軍に

逆襲してきたが、「せり塚」という場所で一人残らず返り討ち

に遭い、全滅させられた。その鬼たちの屍を埋めたのが、今の

「鬼ヶ塚」である。そこでこの里を「鬼無」と言うようになっ

た。という訳である。全国には桃太郎伝説は数々あれど、どれ

も何かしらそういった戦いがあって伝承されているのには、間

違いないだろう。

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル フロントフェース

この度は、香川県高松市にお住いのT様の元へお届けにあがり

しPAOトラディショナルをご覧頂きたい。バンパーやグリルな

ど、すべてクロムトの仕上げがほどこされた今様のPAO。

PAO ノーマル ハンドル

PAO 純正ハンドルは良いデザイン

シートがグレイ色で、純正風を彷彿とさせる佇まい。

パオ レザーシート張替え

パオ

パオ 後方

PAO鬼無を一望

この度はT様、PAOトラディショナル納車おめでとうございま

す。個性あるPAOで、うどん県を走る姿が目に浮かびます。そ

れでは、末永くお乗りください。

今日はコレマデ。

本日の名言

一生懸命だと知恵が出る。

中途半端だと愚痴が出る。

いいかげんだと言い訳がでる。

by武田信玄

群馬県藤岡市のS様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

日本の四駆

日本四駆

ラシーンというクルマ、現在では丁度良いという言葉が実に

良く似合う訳である。丁度良いという言葉は、一般的には過

不足を感じる事の無い所であるが、わたしが思うに少し過不

足を感じるポイントが、丁度良いという所の妙である。ここ

が、人間の心の入いる隙間になり得るのだとわたしは思う。

次に、古来日本人の精神性ではあるが、たとえば完成させず

ひとつ未完のところをわざわざ作る事によって、持続性をあ

あらわすのである。これがなかなかのモノで、日光東照宮の

陽明門にある逆さ柱などは、有名である。『完成した時点で、

衰退しか道は残されていないから、未完成のように作ってい

る』。少し丁度良いという話からは逸れたが、陽明門が人為

的にその精神性をカタチに落とし込んでいるという所が、人

間の心の入る隙間をわざと作っている、という事であれば、

それは、過不足が少しある絶妙な丁度良さ、これが言いた

かった訳である。ラシーンにしても人為的な過不足の良さを

造っているところでは、共通している。さて、本日のお題は

日本四駆ではあるが、この言葉はラシーンデザイナーの平林

俊一氏よりお話を頂いたものである。たとえば、ランドクル

ーザーやパジェロのような大きなクルマは、果たして日本と

いう土壌、風土で必要かどうかと言われれば、実際必要では

ない。大げさに例えるなら、F1が一般道で60㎞制限ではしっ

ているようなものである。だから、日本の土壌で丁度良い物

を造りましょうということで、出来上がったものがラシーン

である。これが日本四駆の所以だ。やっぱり丁度良い。

ラシーンとアベラ― モハベサンド

ラシーントラベラー モハベサンド

この度は、群馬県藤岡市にお住いのS様の元へお届けに上が

りました、ラシーントラベラー、モハベサンドをご覧頂きた

い。モハベサンドは、クライスラーの純正カラーであり、こ

の度はレストアも兼ねて、オールペイントをして製作。

アウターハンドル ラシーン

アウターハンドルも同色という妙

ラシーンは、パーツごとに外に出したカタチを選んでいる。

アウターハンドルも、このように外に出たカタチではあるが

カラーリングはボディー同色にして今様に。

ウッドパネル ラシーン

ラシーン専用ウッドパネル

wells50スタンダードレザー

wells50スタンダードレザー

風合いも素晴らしく、落ち着きのあるカラーリングがCOOL。

タイヤカバー ラシーン

タイヤカバーの張替え

モハベサンドとブラックの2色で攻めたので、まとまりある

印象が素敵。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はS様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうござい

ます。末永くお乗り頂ければ幸いです。また、お土産も沢山、

頂きまして恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

人生には、三つの坂がある。

「上り坂」「下り坂」そして

「まさか」

by友近

静岡県浜松市のM様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーン トラベラー 平姿見

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、静岡県浜松市にお住いのM様の元へお届けに上がり

ました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。ライトブルー

のさわやかなカラーリングに、生成りのホイールカラーがす

こぶるクールな一台。オーナーM氏はギタリストであり、後部

にギターとアンプを乗せて、ライブ会場を転々とされる。

ナルディ85th ウッドハンドル

ナルディ85th ウッドパネルの風景

プリミティブという言葉、直訳すると原始的であるが、その

言葉の内に魅力が隠れているとわたしは思うのである。それ

は、designの始まりにある概念がそこにあり、時間が経つに

つれて、形を変えながら、概念が失われてしまうから、面白く

なくなるものでもあると思う。西欧人が発明した自動車は、

馬車が自動化されたものであるから、このハンドルやパネル

の風景はまさしくプリミティブである。逆に、現在の国産車

はプラスチックの塊のへんてこなカタチの家電製品としか見

るコトが出来ない。

モケットシート

ウッドにモケットのコンビ

これも馬車のようなあつらえが、プリミティブである。生地

の王様と評されるモケットが昨今の新しい風。

ラシーントラベラー 清々しい

ラシーントラベラー 左舷後方姿見

ラシーン と記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はM様、ラシーントラベラー納車誠におめでとう御座

います。これからライブ活動もラシーンと共にたくさん行っ

てください!!応援致しております。

今日はコレマデ。

本日の名言

あなたに影の部分があるなら

それは、光が当たっている証拠よ。

レディーガガ

広島県広島市のI様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

平和大通りにPAO

平和大通り2108

パオトラディショナル 左舷前方姿見

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、広島県広島市にお住いのI様の元へお届け致しまし

た、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。アクアグレイの

ボディーは全体的にレストアが施され、美しさが溢れている

のが観て解る。

パオな内装

Wells50 スタンダードレザーシート

人気のブラウンカラーで、シートとアンダートレイを張替えて

、オーナーの好みにアレンジが施されている。

テールランプの仕上げ

テールランプの仕上げ

フロントグリルの仕上げで前方正面に仕上げが美しいなら、

ということで、テールランプには磨き直してクリア塗装仕上

げを行い製作。SWが選ばれる理由がココにある。

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

木漏れ日の中、ただたたずむPAOが平和である。

PAOと記念撮影

PAOと記念撮影

この度はI様、PAOトラディショナル納車おめでとうございま

す。お子様のご成長と共にPAOが在る姿。末永くお幸せに。

今日はコレマデ。

本日の名言

災難に遭って 普通の有難き

大阪府箕面市のY様 東京ヌーベルバーグ納車おめでとうございます

東京ヌーベルバーグ

東京ヌーベルバーグ

すでに28年前の話にはなるが、東京の新しい風というタイト

ルが付いたクルマ、フィガロが2万台限定で発売された。こち

らは、3回に分けた抽選であったから、欲しいひとが誰でも買

える訳ではなかった。こういう、心をくすぐるクルマを販売し

ていた日産は素晴らしかったと思う訳であるが、これもデザイ

ナーの意図があっての事である。今は解らないが、当時のデザ

イナーの方々は本当に面白いことをしてくれた。だから、皆で

感謝しよう。

フィガロ

フィガロ 東京ヌーベルバーグ

この度は、大阪府箕面市のY様へ納車されたフィガロをご覧い

ただきたい。ペールアクアカラーのフィガロは内装も含めて

バランスよく仕上げが施された。


フィガロ フロント

オリジナル ヘッドライトピーク

これを探している方も多いはずだが、日産純正でまつ毛が

販売されていたのだから、遊び心は十二分。

フィガロ 内装

内装も整えられる。

ナビ フィガロ

ナビの装着はオーディオボックスで化粧がされた。

サイドブレーキ フィガロ

サイドブレーキのレザー張り。

フィガロのサイドブレーキは劣化が進むともろもろと音を

たてて崩れてゆくから、レザーを張って手触りを良く。

フィガロ レザーシート

フィガロ専用レザーシートの張替え

本革 フィガロ シート張替え

本革で製作はフィガロの證

フィガロ

フィガロ

この度はY様、フィガロ納車おめでとうございます。なかな

かお時間を頂きましたが、お待ち頂きましてありがとうござ

いました。今後のメンテナンスにも努力いたします。

今日はコレマデ。

本日の名言

朝は希望に起き

昼は努力に活き

夜は感謝に眠る

広島県福山市のD様 PAOトラヂィショナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル 風景

この度は、広島県福山市にお住いのD様の元へお届け致しま

した、PAOトラヂィショナルをご覧頂く事に致そう。アイボ

リーというカラーのPAOは、生成り色(自然)なイメージで

絹のようなという表現がぴったりである。

PAOトラディショナル コックピット

タコメーター

PAOトラディショナル 操縦席

ウッドハンドルに、大小3連のメーターの風景は、往年のと

言いたいカタチである。色々な物を付けたり、カタチを変え

ると、本来のPAOのコンセプトからははみ出してしまう訳であ

るが、オーナーの好みに変更され、末長くお乗り頂けるので

あれば、それはそれで良い。ただ、基本はオリジナルがあっ

ての話であるから、カスタマイズする際は注意が必要だ。

パオ モケットシート

ザ モケット パオシート張替え

木のハンドルとグリーンのモケットシートは、往年のカリモ

クカラーを彷彿とさせる。

パオと記念撮影

パオと記念撮影

この度はD様、PAOトラディショナル納車おめでとうございま

す。なんとPAO所有2代目という事で、やっぱりPAOは忘れら

れませんね。

今日はコレマデ。

本日の名言

たくさん経験をして

たくさん苦しんだほうが、

死ぬときに、

ああよく生きたと思えるでしょう。

逃げていたんじゃあ、

貧相な人生しか送れませんわね。

by瀬戸内寂聴

大晦日だよ。

大晦日

今年も残すところわずかとなりましたが、皆様如何お過ごし

でしょうか。1年はアッという間に過ぎ去って行きましたが、

スピードウェルでは全国沢山のお客様とのご縁を頂きました。

この場では恐縮でございますが、厚く御礼申し上げます。ま

た、来る平成30年も今まで以上にご期待にお応え出来ますよ

う精進してまいります。すでにお休みを頂いておりますが、

新年7日からの営業となりますので、来年もどうぞよろしく

お願い申し上げます。それでは、皆様良いお年をお迎えくだ

さい。

とあいさつは、ココまでですが、12月中にもたくさんのお客

様の元へお届け致しましたが、お写真をお撮り出来ていない

方々へは申し訳ありませんが、先にお撮りさして頂きました

皆様を速報版でご紹介いたしましょう。

ラシーン スピードウェル

ラシーン シート

ラシーン 記念撮影

奈良県奈良市にお住いのN様 ラシーントラベラー御納車

パオ 墨俣城

パオ シート張替え

パオ

岐阜県大垣市のN様 パオトラディショナル御納車

ラシーン

ラシーン シート張替え

ラシーン 記念撮影

静岡県浜松市のM様 ラシーントラベラー御納車

パオな気分

パオ

パオと記念撮影

神奈川県横須賀市のY様 パオトラディショナル御納車

ラシーン

ラシーン シート張替え

ナルディ ラシーン

宮崎県延岡市のK様 ラシーントラベラー御納車

今年はコレマデで御座います。

それでは皆様、必ず良いお年をお迎えください。

本日の名言

悲観主義者は風に恨みを言い、

楽観主義者は風が変わるのを期待し、

現実主義者は帆を合わせる。