大阪府大阪市のI様 ラシーンジョルジェット納車おめでとうございます

ジョルジェット70 ラシーンデザイン

革製の旅行鞄

ラシーンは旅行鞄と比べてデザインがイメージされた。

それは17年前のラシーン開発時の一つのキーワードとなっていたのだから

ラシーンが旅行鞄のように各地に携帯されて行くさまは微笑ましい。

わたしはあまり旅行はしないが、日常の業務が旅行のようなものであるから

それなりに鞄が必要になってくるわけである。

以前、古い車に乗っている物好きの友に旅行鞄を用意してほしいと

頼んだら、牛革で使い込まれた鞄を用意してくれた。

これにはいろんな外国のホテルのステッカーが貼ってあって、

どれも超一流のホテルの名が刻んでいて、調べているうちに

1890年代から1940年代まで流行ったトラベルステッカーなる文化に遭遇した。

その当時は政府の要人やお金持ちしか海外旅行なんて出来ないから

しっかりした牛革で出来た鞄が使用されていたのも解る。

ラシーンはどんな旅行鞄と比べられたのかがココで焦点となるわけだが、

角ばっているイメージからすると、ボストンバックではなく

威風堂々とした牛革の旅行鞄であると仮定したときに

ジョルジェット70デザインのシートなどには上手く当てはまる。

ラシーンジョルジェット 右舷前方姿見

ラシーンジョルジェット 右舷前方姿見

この度は、大阪府大阪市のI様の元へお届けにあがられた

ラシーンジョルジェットをご覧頂くコトに致そう。

サンドベージュのボディーに茶色のジョルジェット70シートが

オシャンティーなたたずまいである。

ラシーン フロントフェス

ラシーンジョルジェット フロントフェース

フロントグリルやバンパーなども化粧直し(ラッカーフィニッシュ)が行われ

新車に近い状態に復元が施されている。

特にフロントグリルは現状のラシーンでは褪色が酷い為

ココを美しくしてあげるコトにより全体が蘇るくらいイメージが変わるのである。

ラシーン パネルラッカーフィニッシュ

パネルラッカーフィニッシュ

今回はウッドハンドルが雪の影響で納品がマニアわずだったので

パネルラッカーのみご覧頂く。

トラディショナルな法則として、ボディー外板のカラーもしくは、

シートと同色にすることにより上手くまとまるわけであるが

ボディー外板と同色にまとめて、パネル自体を鉄板のように魅せるコトが出来るし

シートと同色にすることにより、より内装がまとまった印象になる。

この両者の選択に間違いはない。

ラシーンジョルジェット 側面姿見

ラシーンジョルジェット 側面姿見

この度はI様、ラシーンジョルジェット納車誠におめでとうございます。

大変ながらくお待たせ致しましたが、お喜びいただけて幸いです。

それでは、一か月点検もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

一生懸命努力すればするほど、運は味方する。

by コーリン・パウエル

これは間違いありません。

奈良県奈良市のH様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

PAOトラディショナル 側面姿見

PAOは美術品なのか民藝品なのか

もとよりパオは工業製品であるから、美術品でも民藝品でもない。

しかし、工業製品だから美術品に成れないといふ観念には疑問を感じるわけである。

モノ好きのわたしとしては、工業製品であるカメラではライカのM3のデザインは

完全に美術、芸術品の粋に見える。

林檎のスティーブジョブズもイフォン3を発表する場で、クラシックライカのような

美しいデザインと比喩したわけである。

パオの開発者(古場田良郎氏)のお話のなかでは、

「例えば公園などにあるモニュメントだとか、親が子や孫に譲る」

などと云ふキーワードがある。

これはパオは美術、芸術品になる事を目指して造られたと推測できる。

なぜなら、美術品だからこそ残して行くという行為が生まれるのであって、

単なる流行りを狙ったくらいのデザインであれば持ちこたえて3年位が限界で、

子や孫に譲るなど到底可能ではない。

また、「磨きこんで味が出る」という風な発想は「用の美」であり、

柳宗悦やバーナードリーチらが開花させた民藝運動の世界である。

これらから分かるように、何方にしても「美」に対する追求が

パオのデザインにはあったわけだ。

今年はパオがノックダウンされて25周年を迎え、いよいよ自動車博物館入りか?

など想像はするけれど、パオは「美」であるから、

それよりニューヨークのMoMAに入る方が正当だとわたしはそう思う。

iPhoneから送信
PAOトラディショナル 前方正面姿見

パオトラディショナル 前方姿見

この度は、奈良県奈良市のH様の元へお届けにあがられた

パオトラディショナルをご覧頂くコトに致そう。

奈良まちの旧い屋敷にコントラストが映えるアイボリー色のパオ。

住むところで車体色を選ぶといふのは面白い感覚である。

H氏はヘアーサロンを経営されており、パオがその看板の役割も果たしてくれるかもしれない。

PAOトラディショナル 後方正面姿見

パオトラディショナル 後方正面姿見

パオは後方から観るのが好きだ。

テールランプが左右三つずつ独立して配される様は感動である。

ランプ一つ5,000円以上するのだから、合計で3万円也。

現行車や未来のクルマはまずはこんな手間暇はかけて作れないだろう。

PAOトラディショナル ジャーマントップ

謹製ウェル帆布 ジャーマントップの張替え

バーガンディー色がアイボリーの車両に冴える、

ジャーマントップ生地でトップの張替えがおこなわれている。

全天候型で耐久性は抜群であり、メンテナンスさえすれば三十年以上の使用に耐える。
PAOと奈良まち

ならまちとパオ

PAOトラディショナル 納車おめでとうございます

H氏のお店の前で記念撮影

この度はH様、パオトラディショナル納車誠におめでとうございます。

点検もお越し頂きありがとうございます。

末長くお乗り頂けますよう努力致しますので今後ともよろしくお願いします。

今日はコレマデ。