京都府南丹市のK様 ラシーンフォルザ納車おめでとうございます

ラシーン 園部

生身天満宮

ラシーン

ラシーンに菅原道真公

市井の人が正月に学業祈願に訪れる天満宮。京都は北野、

福岡は大宰府、山口には防府、大阪は日本三大祭の一つ

に数えられる大阪天満宮に、菅原道真の宝物の9割を所有

している道明寺天満宮がある。そのそれぞれの創建は、

道真公が大宰府へ左遷され、お隠れになられた後に数々

の天変地異が朝廷内に起こった事による天満信仰が発端

であり、天神様の対象となった事に由来するのである。

実に人が神になったというのは少なからずあるが、菅原

道真が学問の神様として崇められているのは、誰もが知

る訳である。その天満宮にも最古となる天満宮が、京都

府丹南市園部にある生身天満宮であった。生身というの

は、道真公が左遷される折、生きているまゝ祀られた事

に由来する。今日は、そんな天神様の信仰の場の一部を

ご覧頂いた。

ラシーン 記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度は京都府南丹市にお住いのK様の元へお届けに上が

がりました、ラシーンフォルザをご覧頂きたい。今回の

車両も、内外装にリペアと塗装が施されて、SWのLTDカラ

ーでの仕上げが行われた。

ラシーン フォルザ

ラシーン シート張替え

ラシーン シート張替え

ラシーン 右舷後方姿見

ラシーン 後妻姿見

ラシーン フォルザ

愛知県あま市のA様 フォルザ納車おめでとうございます

ラシーンと暮らし

フォルザ

ラシーンと暮らし

暮らす、生活するという2つの言葉には実に大きな違いがある

。(生活する)は、経済活動や衣食住などの習慣、手段など、

日々の営みの具体的な側面に関して使用する言葉であって、

一方、(暮らす)はこれに限らず、「生き方」などを含めた

言葉である。そして暮らしとは、日々、何かを選ぶ、という

選択と、その決断に満ちていて、人生を華やかにするための

行動でもあると思ふ。そんな、暮らしに、ラシーンを選択す

るのはとても有意義であると言い切れるのは、昨今のただ、

ただ便利だけの自動車ではあじわう事の出来ない、まさしく

『生きる喜び』を感じる事である。

ラシーン フォルザ

フォルザ 左舷前方姿見

この度は、愛知県あま市にお住いのA様の元へお届けいたし

ました、フォルザをご覧頂きたい。SW特製のカラーに仕立て

られたフォルザは、オーナーのセンスが生かされて、細かな

配色にも応えて仕上げられた。至極の一台。

フロントフェース

フロントフェース

フォルザのバンパーはとても大きい。中央下のシルバー部は

ペイントでアンダーガードがイメージしている。金属製のア

ンダーガ-ドを装着すると、より良いわけであるが、それで

は、汗臭くなってしまうから、これくらいが望ましいと思う。

また、左右の下部には別色のブラックペイントで仕上げて、

質感の差でシャープに魅せている。これがSWの拘り。

ラシーン フォルザ

フォルザ 後方妻姿見

シルバーのタイヤカバーが乙なもんですな、乙なもんですよ

というのは木村伊兵衛の口癖であるが、どこかで力を抜いて

良い意味でのどん臭さがフラットでやさしいイメージにして

あげるのが良い。ここでも愚痴をこぼしてしまうが、どうし

てT社のクルマは威嚇するようなツリ目のデザインが多いのだ

ろうか。ツリ目のランプを見て不愉快だと思う方も多いはず

だろう。

ラシーン フォルザ

フォルザ 右舷後方姿見

オーバーフェンダーも黒無塗(くろむと)仕上げで、これが

塗装職人にとっては非常に気を使う仕上げである。

ホイール

インチダウンされたスチールホイール

フォルザは15INCHIが標準であるが、こちらは14INCHIのス

チールホイール。時代はインチアップが主流であるが、果た

して乗り心地を悪くして、本来のタイヤの意味を為していな

いのにいつ気付くのであろう。

ザ モケット
ザ モケット

ラシーン専用 ザ モケット仕様

べっちん仕上げは、夏はすずしく、冬はあたたかく、それ

でいて使えばつかうほど味わい深くなる。

フォルザと暮らし

フォルザと記念撮影

この度は、A様フォルザ納車誠におめでとうございます。仕

上げには十分にこだわり、長くお乗り頂けます様に努力致し

ました。お子様のご成長と共にラシーンとの暮らし、お楽し

みください。

今日はコレマデ。

暮らしのヒント

それはほんとうに、少しでも良い解決方法でしょうか?

「もっとこうしたい」の新しい答えでしょうか?

お金を払ってでも、知りたい、得なことでしょうか?

貴重な時間を費やしても、必要なことでしょうか?

わかりやすく、今すぐにできることでしょうか?

親しみのある、身近なものでしょうか?

最も愛する人へ向けたものでしょうか?

たくさんの人と、分かち合えるものでしょうか?

面白くて、楽しくて、新しいことでしょうか?

それはほんとうに、人をしあわせにすることでしょうか?