沖縄県那覇市のH様 ラシーントラベラ―納車おめでとうございます

ラシーン 沖縄

やんばるにラシーン

やんばるとは山原と書いてそう読むわけであるが、現在は名護市より北東の事を指す。以前はもう少し南の方もそうであったが、開発が進み、そう呼べなくなったのである。なので、やんばるにラシーンという言葉は語弊がある。そして、ラシーンは一歩手前で降りて、そこから自身の足で歩いて旅や探検をするのが良い。けっしてジープやランクルのようなジャングルや砂漠を走るクルマでは無い、と声を出さずにラシーンは言っているのである。

ラシーントラベラー

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、沖縄県那覇市にお住いのH様の元へお届けに上がりました、ラシーントラベラーをご覧頂きたい。外装はほぼオリジナル状態を踏襲してリペイントが行われ、各部には錆止め等、沖縄仕様での製作である。

ラシーン 塗装

ラシーン フロントフェース

フロントグリルや、バンパー、ホイールキャップ等もリペイント。純正塗料よりも質の良い物を使用して塗装を行っているので、より長持ちすることが出来る。

ラシーン 内装

内装の張替え

当車両走行5万キロと少なく、さらに室内は新車の薫りも残っている。ドアヒンジやその他摺動部にも、グリスアップを施し、こちらも塩害対策は万全だ。

ラシーントラベラー

ラシーンとカワラヤー

なんとも沖縄の景色の溶け込んでいる。この一言に尽きる。

タイヤカバー ラシーン

タイヤカバーの張替え

ジャーマン生地を使用して、直射日光に配慮。これが一般的なビニール系素材であれば1年も持たないであろう。

沖縄 ラシーン

いつものブルーシールでの撮影

丁度、陸運支局からルート58にでると、そびえ立つブルーシール。いつものことながらココでかならず記念撮影してしまう。

この度はH様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。クーラーも調整して、またボディーのレストア等、沖縄で長く使用に耐えますよに努力致しましたので、末永くお乗り頂ければ幸いです。この度は誠にありがとうございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

慶良間見しが、まつげ見らん

発音:けらまーみぃしが、まちげーみぃらん

意味:遠くの慶良間島は見えるが、近くのまつげは見えない

灯台もと暗しということですわなぁ。

愛知県小牧市のN様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

なついあつ

夏のカラー

夏は暑い。しかも唸るように暑い。PAOも日陰に隠れて一息である。

PAOトラディショナル

PAOトラディショナル アクアグレイ

この度は、愛知県小牧市にお住いのN様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナル、アクアグレイをご覧頂きたい。このアクアグレイというカラーは季節で言えば春、もしくは夏であろうか。風鈴でも着ければ涼しさは漂うであろう。ボディーはレストアが行われ、エンジン等の機関類もメンテナンスは抜群である。

パオ フロントフェース

PAOトラディショナル フロントフェース

フロントグリルバッジもごらんの通り美しい。中央にPAOと英字で書かれており、その左右には羽のような模様があしらわれている。ここで豆知識であるが、この左右の羽のようなものは、大陸の遊牧民族の移動式住居(ゲル)通称PAOなのである。そして、日産PAOとは都会の遊牧民が使用する移動式住居なのである。

パオ

PAOと記念撮影

この度はN様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。この一台を愛着を持って長くご使用頂ければ幸いです。それでは、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

今を生きる

山口県周南市のO様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

毛利庭園

大江広元と毛利氏

鎌倉殿の13人、NHK大河ドラマはとても人気を博しているが、頼朝の家臣である大江広元は実に毛利氏の御先祖なのである。頼朝亡き後、鎌倉では北条氏が実権を握る事となるわけであるが、大江広元も政所別当でありナンバー2の座に君臨するのであって、その後広元の四男、季光が毛利氏を名乗るのである。これが毛利の始まりであり、毛利のルーツは鎌倉だと言える。

ラシーントラベラー

ラシーントラベラー 右舷前方姿見

この度は、山口県周南市にお住いのO様の元へお届けに上がりました、ラシーントラベラーをご覧頂きます。サンドベージュ色のラシーンは、ボディーのレストアが行われ、オールペイント。バンパーやグリル、ドアミラー、ドアのアウターハンドルなどはボディー色に、ルーフレールやホイール、リヤのステー等はブラックペイントとなり、マイルドなカスタマイズ。やり過ぎた感覚も無く、自然体に魅せている。

モケットシート

モケットシートとウッドハンドル

グリーンのモケットシートにウッドハンドルがファニチャー感があってとてもCOOL。これぞ往年のデザイン。

ラシーントラベラー

ラシーントラベラー 後方妻姿見

タイヤカバーはジャーマントップ生地を用いたブラック仕様。とてもシンプルなラシーンが好感である。

ラシーンと記念撮影

ラシーンと記念撮影

この度はO様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。長らくお待ち頂き、またお土産まで頂き心より感謝申し上げます。長くお使い頂けます様に整備に力を入れましたので、相棒として大切にして頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

道を歩いてつまづくのはありがちなことだ。

少しも気にすることはない。

by毛利元就

沖縄県浦添市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

沖縄とラシーン

いつものルート58

とかくに沖縄は暑いと思いきや、昨今は沖縄は34度を超える事も少なく、避暑地化しているのである。東京や大阪、名古屋、福岡でも35度以上はざらであり、温暖化の影響がひしひしと体に伝わってくる。しかし、日差しは沖縄の方がはるかに射しており、本州より赤道に近い事が伺える。そんな日差しの中、ブルーシールの看板はさわやかな貿易風をたなびかせ、PAOをそっと停めてみれば、必ず撮影してしまう訳である。

パオ 沖縄

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、沖縄県浦添市にお住いのK様の元へお届けに上がりました、PAOトラディショナルをご覧頂きたい。ボディーは上物のクリアを使用してオールペンが行われ、日差し対策も万全。キャンバストップにはジャーマンがあつらわれ、ガラスにはUVカットフィルム、ゴム類の交換を含め、沖縄仕様として製作が進められた。

パオ 沖縄

PAOトラディショナル 平姿見

とても美しいフォルムである。ボディーの仕上がりの良さも見て取れる。ピカピカなPAOである。

パオ 沖縄

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

やはり質の良い塗料を使用してペイントすると、光が射した時の表情が美しい。テールランプ類もUVカットを行い、表面がざらざらし難いように加工が施されている。

パオ 内装

内装の張替え

アンダートレイとシートのカラ―リングはとてもシンプルでありモダンである。SWで使用するマテリアルは世界的にも最高品質であり、この素材は他ではなかなか手に入らない。

パオ 内装

何気なく100Vコンセントは可愛らしい。

パオ

やんばるにPAOで冒険がしたい。

パオと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。沖縄仕様で製作差し上げました。長くお乗り頂けます様に各部の部品交換などもこだわりましたので、お楽しみ頂ければ幸いです。また、沢山のお土産を頂き、心より感謝申し上げます。それでは、またお邪魔致しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

人間は神が創ったということは僕は信じられない。
神が創ったものとしては人間は無情すぎ、不完全すぎる。
しかし自然が生んだとしたら、あまりに傑作すぎるように思えるのだ。

by武者小路実篤

栃木県小山市のO様 ラシーントラベラー納車おめでとうございます

ラシーントラヴェラー

梅雨のラシーン

わたしが小さな頃、すでに40年も前の話であるが、梅雨となると毎日しとしと雨が降り続いたものである。昨今の梅雨は中休みが多く、このブログを書いている今は太陽が雲間より顔をのぞかせている。おそろしくも気候変動を感じざるを得ない訳である。また近年まで、北海道には梅雨というものが無かったのだが、遂に北海道も梅雨入りするという事態になり、いよいよ温暖化の影響は否めない。しかしながら、恐竜が生きていた時代は二酸化炭素は現代より20倍、平均気温は7度も高かった。だから、あくまでも人間の基準という、とても勝手な話なのである。現に二酸化炭素が多く暖かいと植物は喜び、そして繁栄するだろう。いかに人間の都合というフィルターを通してこの世の中を生きているか、考えさせられる訳である。

ラシーントラベラー

ラシーントラベラー 左舷前方姿見

この度は、栃木県小山市にお住いのO様の元へお届けにあがりました、ラシーントラベラーをご覧頂きます。ライトブルーという名の空色のラシーン。外装はほぼ純正を踏襲したカラーリング。リヤのステーや背面タイヤカバーはオーナーのセンスで可愛らしくアプローチ。

ウッドハンドル ウッドパネル

ウッドハンドル ウッドパネル モケットシート

内装は茶系のカラー。ナルディウッドやウッドパネルはようやく入荷し、組み込むことが可能となった。

ラシーン グリル

フロントフェース

バンパーや、フロントグリルなどもリペイントが行われる。お色直しが行われる事によって、また長く使用に耐えるというわけだ。

ラシーン タイヤカバー

タイヤカバーの張替え

今回は、タイヤカバーのパイピングとボディー側のステーのカラーを統一して可愛らしくアレンジ。オーナーの細かな要望にもお応えできますように、心掛けております。

この度はO様、ラシーントラベラー納車誠におめでとうございました。また、素敵なお土産まで頂き、恐悦至極に存じます。それでは、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

すべて八分目。

by小林一三

大阪府堺市のO様 フォルツァリード納車おめでとうございます

フォルツァリード

フォルツァリードの避弾経始

これである。リヤスペアタイヤを取り外したフォルツァの佇まいは、なんとも美しいではないか。リヤハッチの避弾経始が一般的なラシーンより深く、これもまた味わい深い。ホイールは小径のオフセットのある物を使用し、オーバーフェンダーの張り出しが小憎く、ここがまるで東欧のような、そんな貿易風を感じる事が出来る。このようなフォルツァの造形を最大限引き出したモデルが、フォルツァリードである。

ラシーン フォルザ

フォルツァリード

この度は、大阪府堺市にお住いのO様に納車されましたフォルツァリードをご覧頂きたいと思います。ボディーはレストアが行われ、SWでオールペイント。バンパーやオーバーフェンダーなど、拘りのブラックペイントで仕上げ、何とも色気のあるフォルツァである。

フォルザ ラシーン

フロントフェース

フロント廻りの変更は、ウィンカーをホワイトからアンバーレンズに。バンパーの下部のアンダーガードをシルバーカラーに。グリルなど細かな彩色も加え、風情が増す。

内装張替え

内装の張替え

今回はグレイのモケットシートに張替えが行われ、ハンドルはナルディではなく、すこし太めのウッドに。外装のカラーともCOOLにまとまっている。

ホイール

ホイールは小径 14inch

また、リヤのスペアタイヤのステーの取り外しの際に、バンパーもスムーシング加工を施しすっきりした。フェンダ等はすべて脱着して塗装が行われており、細部の拘りによってクルマの表情に与える影響は大きいのである。

ラシーン
ラシーン
フォルツァリード

フォルツァリードの姿見

ラシーンと記念撮影

フォルツァリードと記念撮影。

この度はO様、ラシーンフォルツァリード納車誠におめでとうございます。パオからの乗り換えという事で、また新しい気分でラシーンをお乗り頂ける事を嬉しく思います。しかし、このように美しい車両を製作させて頂き感謝申し上げます。

今日はコレマデ。

本日の名言

変化こそ唯一の永遠である

by岡倉天心

兵庫県宝塚市のH様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ

キュービルワーゲンのような

ホイールはそんなイメージである。アルミホイールでこのような形状をしたものは他にはない。それだけ特別なホイールは好みはあるだろうが、わたしは好きである。やはり冒険、アドベンチャーを意識したデザインがPAOには良く似合う。

パオトラディショナル

PAOトラディショナル フォグランプ

この度は、兵庫県宝塚市にお住いのH様に納車されましたPAOトラディショナルのテラコッタをご覧頂きます。フロントフェースにはシビエビサージュのフォグからレイヨットDL91に変更が加えられ、化粧直しを行い製作。

パオ 内装
パオ 内装張替え

内装の張替え一式

シートはボディーカラーテラコッタと、ハンドルなどのアイボリーに合わせてシンプルに製作。コップ受けやアンダートレイの張替えなども行っている。そう、気付いた方もおられるだろうが、テラコッタパオのMTは非常にめずらしい。

ステンレスマフラー

5ZIGENと共同開発 Rステンレスマフラー

純正代替品のR、リプレイスメントである。アイドリング時の音量は純正と同等であるが、走り出すと大人らしいサウンドが特徴である。しかもこのサウンドは音楽家が監修しており非整数次倍音がふんだんであり、ポルシェやフェラーリのような、いわゆる乾いたサウンドが特徴である。

パオと記念撮影

この度はH様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございました。色々なお車をお持ちの中、パオがとても楽しいと仰られて嬉しい限りです。長くお乗り頂けます様にメンテナンスも行い製作差し上げましたので、大切にして頂ければ幸いです。

今日はコレマデ。

本日の名言

何もしなかったら、何もうまれない。

byシェイクスピア

香川県木田郡のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

パオ

other side

すでにPAOが生産されてから34年という歳月が流れ、発売当時のパオグッズ等を大切に持っている人も少なくなってきた。そこでヤッホーオークションやカリメロでの個人売買で出てくるのがPAOSIDEというブランドである。キーホルダーやサングラス、ネクタイピンなどノベルティーグッズや、宇宙のような貯金箱。はたまたチョロQなどもPAOSIDEというブランドで販売されていたのである。昨今はガチャガチャでパイクカー等のミニカーが再現されているが、やはりPAOSIDEのは逸品である。是非探してみては如何だろうか。

PAO トラディショナル

PAOトラディショナル 右舷前方姿見

この度は、香川県木田郡にお住いのK様の元へ、お届けに上がりましたPAOトラディショナル、アクアグレイをご覧頂きたいと思います。ボディーは内外装もレストアが施され、外装はオリジナルの配色でお直し。長くお乗り頂けます様にこだわりを持って製作致しました。

パオ モケット

モケットシート

ベージュのモケットシートもとてもCOOL.インストルメントパネル周辺を眺めると、マグノリア限定クロックや100Vコンセントなどオーナーの思いも詰め込んで製作。

トノカバー

トノカバー

荷室の目隠しであり、さらに上に荷物を積み込むことも出来るという、優れもの。当時の純正オプションであり、シートと合わせて張替えがおこなわれておわします。

パオ

PAOトラディショナル 右舷後方姿見

素晴らしい造形美。その一言に尽きます。ルーフレールや細かなシルバーパーツ、ランプ類もリペア済みで美しい。

パオと記念撮影

PAOちゃんと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうございます。長らくお待たせ致しましたが、お喜び頂けまして嬉しく思います。また、素敵なお土産も頂き、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。それでは、また大阪にお越しの際は是非お立ち寄りください。この度は誠に有難うございました。

今日はコレマデ。

本日の名言

人間は誰もが胸のなかに、宝石となる石を持っている。

一生懸命磨いて、美しく光り輝く玉になる。

by空海

寿 京都府京都市のA様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます

寿 京都

寿

この度は、京都府京都市にお住いのA様の御婚礼に合わせてPAOを納車させて頂けるという大役を賜り、誠に有難うございました。京都市の中心に旧島津製作所の建物が使用されたフォーチューンガーデン。撮影のタイミングに合わせましてPAOをお届けさしあげました。お二人のハレの舞台に私も感動致しました。

パオちゃんと新郎新婦

パオちゃんと新郎新婦

本当に美しいんです。そしておめでたいんです。

会場のスタッフさん達も、映え感に驚きの様子。このまま、カンカンをひもでつなげて走ってもらいたかったのですが、流石にその演出はわたくしの心の中で秘かに行われました。

パオ ブーケ

パオ ブーケ

パオ レザーシート

ちょっとピンぼけ内装

オーナーが考えに考え、選定されてレザーシートカラー。ナルディウッドハンドルとあわせてクールである。アンダートレイもシートパイピング等にコーディネートされ、とても味わい深い。

パオ 京都

PAOトラディショナル

この度はA様、ご結婚おめでとうございました。また、PAOも納車となり、どれをどうして喜んで良いのやら、私も頭の中がいっぱいでございます。記念撮影は本当に新婦様がお美しくて、うらやましく思います。それでは、永遠に幸あれ。

見取り図じゃん!!

見取り図じゃん

昨今、パイクカーは各種メディア媒体に引っ張りだこである。しかし今回は、別の角度からパオがバラエティーTVに登場する!!来る5月16日、と23日の月曜深夜(火曜1時56分-2時16分)見取り図じゃん(テレビ朝日)が放送されるのだ。わたしもロケに足を運び一部始終をライブで観れて、おまけにサインまで頂いて、ロケ地までは本当に遠かったけど楽しくさせて頂きました。ADの赤城さま、大変お世話になりました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。それでは、皆様乞うご期待!!