Well Magazine 日産PAOのはじまりPART2を配信!!

どんもす~。ウェルです。
さて、5月2日に日産PAOのはじまりが創刊されたのだが、
これを読まなきゃPAOを語ることなどできないという
大げさな謳い文句でさらに、PART2を配信。
20年以上前のエピソードは現在を詳しく知るために
今回もPAOチーフデザイナー古場田良郎氏のお話を交えてご覧頂く。

お宝『パオポスターだ』 古場田良郎氏所蔵
今回は色々な感覚からPAOを提案する意味が掲載されている。
たとえば、クルマをエンジンの性能や空力、エアロダイナミクスなど
そのような技術性能ではなく、
『生活を演出するための道具』と考えるBe-1で開拓した
新しいトレンドをさらに深く追求している。
※PART2は創刊号の一番下からリンクしているゆえ、注意が必要だ。
『クルマの既成概念から一歩踏み出す。そこにこのクルマを提案する意味があった』
をご覧頂き、さらにPAOの素晴らしさを理解して頂こう。

Well Magazine 日産PAOのはじまりPART2を配信!!” への2件のコメント

  1. Vol.2 楽しく拝読させていただきました。
    我が家にはニュービートルカブリオレがありますがやはりデザイン・オシャレ・オープンの開放感などを求めて購入しました。
    動力性能や使い勝手はまったく気にしませんでした。
    「気分」を求めてたのかな?
    新たにスピードウェルさんでPAOを成約しましたので我が家には「気分なクルマ」が2台になります。
    PAOの納車が楽しみです。

  2. 名古屋のTさま
    お世話になります。
    この気分ですが、これがPAOの性能なのです。
    如何にデザインで気分にさせるか、気分を
    売る事が出来るか。日本のクルマのさきがけ
    でもありますね。
    デザインは性能である。(古場田良郎氏の名言)
    Tさまの車両は
    ただ今着々と準備中ですので、お楽しみ下さい。

名古屋の T にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です