茨城県つくば市のK様 PAOトラディショナル納車おめでとうございます


スピードウェル 諸国民藝店

諸国民藝の旅

諸国民藝

以前金沢21世紀美術館で開催された、工芸とデザインの境目

という展覧会の影響もあって、工芸とデザインのバランスを

熱心に研究している。パオというクルマは、その工芸とデザ

インの丁度中央部にあるような、なんとも奇妙奇天烈摩訶不

思議な恰好で、遠い未来に向けて発射された工業製品である、

というのは少し難解な伝え回しである。それはともかく実に

パオのデザインの草案時には用の美という概念が取り入れら

れ、柳宗悦が唱えた、日曜の雑器が使えば使うほどに味わい

が増すというエッセンスが自動車というインダストリアルデ

ザインに初めて適用されたものであると推測する事が出来る。

パオデザイナーの古場田良郎氏は、後にそのことを、ホーロ

ーの鍋の日常使いの傷の味わい深さが、パオで言う、バンパ

ーが鍍金ではなくシルバーの半艶の塗装とすることで、洗車

をしながら味わい深くなるだとか、傷がついた時にホームセ

ンターでラッカーを買ってきてオーナー自身で気軽に補修が

出来る、そういう風な感覚というイメージを私達に伝えてい

る。誠に発想がユニークで、当時の最先端はパオであった事

に間違いはない。

※トップ写真右はスピードウェル諸国民藝店所蔵品 

布志名焼 船木研児作 ガレナ釉 湯呑

関連イベント

【ギャラリートーク「舩木研兒の人と仕事」】
ゲスト:舩木伸児(布志名舩木窯当主)井上一(出西窯陶工)
日時:4月29日(土・祝)14:00〜15:00
会場:出雲民藝館 本館
料金:無料

【スリップウェア実演】
ゲスト:小島鉄平(てつ工房・出雲民藝協会員)
日時:3月18日(土)1回目:11:00〜 / 2回目:14:00〜

主催:出雲民藝協会、出雲民藝館
後援:山陰中央新報社

パオトラディショナル 左舷前方姿見

PAOトラディショナル 左舷前方姿見

この度は、茨城県つくば市にお住いのK様の元へお届けにあが

られたPAOトラディショナルをご覧頂きたい。

パオ フォグランプ

PAO フロントフェース

シビエビサージュという直径13センチほどのフォグランプは

濃霧の時に活躍する。

モトリタフラット MK2ハンドル

Moto-Lita フラットMK2ウッドステアリング

パオのカラーに合わせてホーンモチーフもグリーンであしら

という細部の拘りが重要。

Wells 50 Design パオシート張替え

Wells 50 Design パオシートの張替え

こげ茶一色で統一されたパオレザーシート。落ち着いた雰囲

気が大人らしさを演出している。

アイボリー ホイール

ホイールラッカーフィニッシュ

バンパーやグリル、ホイールなどはオーナーの好みにより、

塗装のカラーが選択出来る。

パオと記念撮影

パオちゃんと記念撮影

この度はK様、PAOトラディショナル納車誠におめでとうご

ざいました。急遽キャブレーターも新品いたしましたので、

長く長くお乗り頂けますようお願い申し上げます。またお土

産まで頂き、恐悦至極に存じます。

今日はコレマデ。

本日の名言

「名もなき職人が実用のためにつくり、

庶民の日常生活の中で使われてきたものこそ美しい」

使われてきたという事は、長く愛用しているということに他

ならないわけであり、PAOのような車が美しく見えるのは、

この名言からも伺う事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>